【送料無料】DENON AVR-X2500H-K ブラック [AVサラウンドレシーバー (7.2ch)]
◆ 回 転 移 相 式 渦 流 探 傷 に 関 す る 説 明
回 転 移 相 式 渦 流 探 傷
渦流試験の原理
#description【送料無料】DENON AVR-X2500H-K ブラック [AVサラウンドレシーバー (7.2ch)]:総合通販PREMOA - 8ffba
回転移相の原理

回 転 移 相 の 効 果
keywords#

2020-02-09
カテゴリトップ>家電>AV・情報家電>音響関連>AVアンプ
延長保証価格4200円延長保証価格7140円


【送料無料】

商品説明

★ Dolby AtmosR / DTS:XTMに対応
新世代のオブジェクトオーディオ技術「Dolby Atmos」、「DTS:X」に対応。頭上も含む全方位に展開する自然な音響空間に包み込まれることにより、リスナーはあたかも映画の世界に入り込んだような感覚を 得ることができます。

★ 柔軟なアンプアサイン
[5.1.2]のスピーカー配置に対応しており、2つのハイトチャンネルスピーカーを接続することができます。ハイトチャンネルスピーカーには、フロントハイト、トップフロント、トップミドル、フロントドルビーイネーブルド、サラウンドドルビーイネーブルドのいずれかを選択できます。

★ DTS Virtual:Xに対応
DTS Virtual:Xは、ハイトスピーカーやリアスピーカーを設置していないステレオ、5.1ch、7.1chなどの環境においても高さ方向も含むあらゆる方向からのサウンドに包み込まれるイマーシブオーディオ体験を可能にする新しいバーチャル3Dサラウンドテクノロジーです。

★ ドルビーアトモス・イネーブルドスピーカー「SC-EN10」
天井や壁面にスピーカーを設置できない環境でも、Dolby AtmosやDTS:Xの立体的な3Dサウンドを楽しむことができるようにドルビーアトモス・イネーブルドスピーカー「SC-EN10」をご用意しています。フロントスピーカーやサラウンドスピーカーの上に設置して使用します。

★ 最大出力185W( 6Ω、1kHz、THD 10%、1ch 駆動) 7ch ディスクリート・パワーアンプ
よりエネルギッシュなサウンドを実現するために、デノンのHi-Fi オーディオアンプの設計思想を継承した全チャンネル同一構成のディスクリート・パワーアンプを搭載。

★ クラス最多のHDMI 8入力/2出力

HDMI出力機器の増加にも余裕で対応できるクラス最多の8系統のHDMI入力を装備(フロント1系統を含む)。すべてのHDMI端子がデジタル映像コンテンツの著作権保護技術「HDCP 2.2」に対応しています。
★ 4K Ultra HDビデオパススルー対応
すべてのHDMI入出力端子が最大毎秒60フレームの4K映像信号に対応。4K / 60p入力に対応したテレビと接続することで、4K映像ならではの高精細でスムーズな映像を楽しめます。

★ HDR10 / Dolby Vision / HLG対応
映像のダイナミックレンジを拡張する新技術「HDR(High Dynamic Range)」映像信号のパススルーに対応しています。「UltraHD Blu-ray」に採用されているHDR10に加え、Dolby Vision、HLG(Hybrid Log-gamma)にも対応するため、パッケージメディア、ストリーミング、放送など様々なソースでHDR映像を楽しむことができます。

★ 4Kアップスケーリング
DVDビデオやブルーレイディスクなどのSD / HD解像度の映像信号(HDMI入力)を、最大4K(3

スペック

* パワーアンプ部…
・搭載パワーアンプ数: 7ch
・定格出力: 95W+95W(8Ω、20Hz 〜 20kHz、THD 0.08%、2ch駆動)
・実用最大出力: 185W(6Ω、1kHz、THD 10%、1ch駆動、JEITA)
・適合インピーダンス: 4 〜 16Ω
* 周波数特性: 10Hz 〜 100kHz (+1.-3dB、ダイレクトモード時)
* S/N比: 100dB(IHF-A、ダイレクトモード時)
* 無線LAN…
・ネットワーク種類(無線LAN 規格): IEEE 802.11a / b / g / n 準拠(Wi-Fi 準拠)
・セキュリティ WEP 64bit、WEP 128bit、WPA/WPA2-PSK(AES)、WPA/WPA2-PSK(TKIP)
・無線周波数: 2.4GHz / 5GHz
* Bluetooth…
・バージョン: 3.0+ EDR
・対応プロファイル: A2DP 1.2、 AVRCP 1.5
・対応コーディック: SBC
・周波数帯域 / 送信出力 / 通信距離: 2.4GHz 帯域 / Class 1 / 約30m (見通し距離)
※実際の通信範囲は機器間の障害物、電子レンジの電磁波、静電気、コードレスフォン、受信感度、アンテナの性能、操作システム、アプリケーションソフトウェアなどの影響により異なります。
* HDMI端子…
・入力× 8 (フロント × 1)
・出力× 2 (4K、HDCP 2.2、BT.2020、HDR10、Dolby Vision、HLG※、3D、DeepColor、x.v.Color、Auto Lip Sync、ARC、HDMIコントロール対応)
* アナログ映像入出力端子:コンポジット入力 × 2、コンポジット出力 × 1、コンポーネント入力 × 2、コンポーネント出力 × 1
* 音声入出力端子: アナログ音声入力 × 4、Phono入力(MM)×1、光デジタル入力 × 2
* サブウーハー:プリ出力 × 2、ゾーンプリ出力 × 1、ヘッドホン出力× 1
* その他の入出力端子:Network × 1、USB端子 × 1(フロント)、FMアンテナ端子 × 1、AMアンテナ端子 × 1、 セットアップマイク入力 × 1
* チューナー受信周波数帯域:FM(76.0 〜 95.0MHz)、 AM(522 〜 1629kHz)
* 外形寸法(フット、端子、つまみ含む):W434 × H237 × D341mm (アンテナを立てた場合)、W434 × H167 × D341mm (アンテナを寝かせた場合)
* 質量:9.4kg
* 消費電力:500W
* 待機電力:0.1W (通常スタンバイ)、0.5W (CEC スタンバイ)


Dolby Atmos、DTS:X、HDR、HEOSなど最新機能と 高音質を兼ね備えたミドルクラスAVサラウンドレシーバー

2.#description
図 3 図 4

図3は一般的に使用されているホイストンブリッジの渦電流式欠陥検出用ブリッジ回路です。
出力条件  平衡時(出力ゼロ)  L1:R2=L2:R1
欠陥検出出力時  |L1-L2| になります。
図4は、図3の検出部(コイル)を示したもので、貫通型の欠陥検出を示します。上記図3及び図4の様に接続することによって欠陥出力が可能です。
検出される出力は、交流電源(AC)を使用しているため電流変化と位相変化が現れます。又、検出部にコイルを使用しているために変化量はインピーダンスの変化によって、変化した電流変化値と位相変化値となって現れます。
図 5 図 6

図5は、貫通型検出コイル中に非磁性金属片Cを挿入して時の図であり、検出コイルに一定交流電源を接続して交流を流した時に発生するベクトル図を図6に示します。
検出コイルは、一般にRとL(インダクタンス)との合成で成り立っています。
図5の金属片Cの良部BをL o中におかれているとき図6のZ1でθ1の位相角度になりあます。又、金属片Cを移動し、L o中に疵部Aをおいた時、図6のZ2でθ2に変化します。
この時、良部と疵部の位相変化量は、
|θ2-θ1|=θ3となり条件(金属材質、寸法、コイルインピーダンスR・ωL、交流周波数)を変えない限りこの値は一定となります。
従って、一般的な渦流探傷方法では、一定条件での欠陥検出の位相角変化は理論上不可能です。
今回、開発した渦流探傷器は、上記一定条件において、疵の位相角度を任意に可変出来る装置です。
(国際特許)
(欠陥検出装置のベクトル表示)
図 7

3.回転移相の原理
流探傷器は、従来の渦流探傷器で使用されているコイルインピーダンスのベクトル変化量(図7左図の位相変化量θ3)での検出のみでなく、検出コイル内での磁束の変化も検出し、制御コイルによりコイル内部の磁束が一定となるように磁束を制御しています。
検出コイル内に金属材料が挿入されますと、コイル内のガタ信号(ノイズ信号)によりコイルインピーダンスは変化します。
この時、金属表面に疵が発生していますとコイルインピーダンスのベクトル量と、磁束の変化量も変わり制御コイルからの信号と検出コイルからの信号により欠陥の検出が可能となります。
この制御コイルからの、制御信号の位相を変化させることで、通常分離が出来にくかった疵信号とガタ信号(ノイズ信号)の位相差を任意に変化(図7右図)させることができます。
回転移相型コイルは、図8の構成となっています。
図 8

従来の渦流探傷器では、L1とL2の検出回路で構成されており、|L1-L2|のベクトル変化量
(図7左図のθ3)の情報でしかないので条件を変えない限りこの位相差は一定となり、このままではSN比は向上しません。
図 9

図9のコイル空心時の磁束本数をφa(この値は一定)とします。そのコイルに金属材料を挿入しますと、金属材
料の磁束本数がφbとなり内部空間磁束と金属材料内磁束の関係は、φa-φb:φbとなります。
この状態で疵部にきますと金属材料の体積が減るため金属材料内の磁束本数が減り金属材料内の磁束本数はφb-⊿φとなります。又、この⊿φが疵信号とガタ信号の位相差に相当します。
従って、この⊿φの値を変化させることで疵信号とガタ信号の位相差を任意に変化させることができます。これが回転移相の原理です。 又、磁束と電流の間には、φ=I/Tの関係から、電流Iを変化させれば磁束が変化します。又、図10のベクトル図において、RとVは同相であり、又、ωLとIが同相であることから電流Iを変化させることで疵信号とガタ信号の位相差θ3が変化します。
図 10

◆ 回 転 移 相 の 効 果
keywords#
SUS304、φ10㎜、深さ50μm
従来方式 回転移相方式


磁性材、コーナー部クラック疵、深さ20μm、長さ0.2㎜
従来方式 回転移相方式



Copyright (C) Nihon Estekku Co.,Ltd. All Rights Reserved.