Pearl UCA1450/B
◆ 回 転 移 相 式 渦 流 探 傷 に 関 す る 説 明
回 転 移 相 式 渦 流 探 傷
渦流試験の原理
#descriptionPearl UCA1450/B:イケベ楽器ショップ - 79652
回転移相の原理

回 転 移 相 の 効 果
keywords#

2019-07-11
カテゴリトップ>ドラム&パーカッション>ドラム>スネアドラム>Pearl>HYBRID
“UltraCast” 〜パワーがあってキレもある、ロックドラマーに最適なスネアドラム。
メタルの鳴りにあたたかさを加え、ウッドの響きにシャープなキレ味を与えたかのようなサウンドキャラクター。削り出しキャストアルミ・シェルの“ウルトラキャスト”は、まさにメタルとウッドの持ち味をブレンドしたハイブリッドなサウンドが特徴。クリアでウォーム、パワフルかつセンシティヴ。相反する要素がみごとにミックスされた“ウルトラキャスト”のサウンドは、音楽ジャンルやドラマーのスタイルを全く問題にしないフレキシビリティがあり、世界中で圧倒的な人気を獲得。ウルトラサウンド・スナッピー、グライドロック・ストレイナーを装備し、よりセンシティブなレスポンスを実現。
Cast Aluminum Shell
鋳造(キャスト)アルミをレインフォースメント部分とともに精密に削り出し、胴厚3mmのシェルに仕上げたウルトラキャスト。この独自の製造プロセスにより、シェルは抜群の真円度と剛性を与えられ、ベアリングエッジも比類ない精度を実現。その結果、すべてのレンジで緻密で正確なチューニングが可能となり、ドラマーのイメージする音づくりを完璧にサポート。
Glide-Lock Strainer(グライドロック・ストレイナー)
スナッピーの“ON”の状態を完璧にロックするメカニズムをストレイナー部に搭載。テンションの調整はバット部のノブで行なえ、同時に演奏中の緩みを防ぐシステム。また内部のカムにより、動作は極めて静かでスムーズに。ストレイナー部およびバット部はシェルからスナッピーごと取り外せるため、ボトムヘッドの交換も自由自在。
Ultra Sound Snare Wires/C-Type:Graduated Tension
ワイヤーのテンションが中央部で最もルーズに、両端ではよりタイトに設定されているため、レスポンスの幅が広がり、パワフルな響きが得られる。ロック系のサウンドキャラクターで、メタル系のスネアに装備すると効果的。
・ブロンズ製0.6mmエンドプレート
・メッキなしワイヤー
サイズ(口径×深さ):14”×5”
シェル:3mm Cast Aluminum w/Reinforcement
フープ/テンション数:Super Hoop II/10
ストレイナー(スイッチ部/バット部):SR-1000A/B / SR-1000E/B
スナッピー:SN-1420C
ラグ/ボルト:TB-50B/SST-5042
ソフトケース付き

トップ ⇒ 現在地


Pearl
≪パール≫
UCA1450/B

スネアドラム

【スネアドラム】

2.#description
図 3 図 4

図3は一般的に使用されているホイストンブリッジの渦電流式欠陥検出用ブリッジ回路です。
出力条件  平衡時(出力ゼロ)  L1:R2=L2:R1
欠陥検出出力時  |L1-L2| になります。
図4は、図3の検出部(コイル)を示したもので、貫通型の欠陥検出を示します。上記図3及び図4の様に接続することによって欠陥出力が可能です。
検出される出力は、交流電源(AC)を使用しているため電流変化と位相変化が現れます。又、検出部にコイルを使用しているために変化量はインピーダンスの変化によって、変化した電流変化値と位相変化値となって現れます。
図 5 図 6

図5は、貫通型検出コイル中に非磁性金属片Cを挿入して時の図であり、検出コイルに一定交流電源を接続して交流を流した時に発生するベクトル図を図6に示します。
検出コイルは、一般にRとL(インダクタンス)との合成で成り立っています。
図5の金属片Cの良部BをL o中におかれているとき図6のZ1でθ1の位相角度になりあます。又、金属片Cを移動し、L o中に疵部Aをおいた時、図6のZ2でθ2に変化します。
この時、良部と疵部の位相変化量は、
|θ2-θ1|=θ3となり条件(金属材質、寸法、コイルインピーダンスR・ωL、交流周波数)を変えない限りこの値は一定となります。
従って、一般的な渦流探傷方法では、一定条件での欠陥検出の位相角変化は理論上不可能です。
今回、開発した渦流探傷器は、上記一定条件において、疵の位相角度を任意に可変出来る装置です。
(国際特許)
(欠陥検出装置のベクトル表示)
図 7

3.回転移相の原理
流探傷器は、従来の渦流探傷器で使用されているコイルインピーダンスのベクトル変化量(図7左図の位相変化量θ3)での検出のみでなく、検出コイル内での磁束の変化も検出し、制御コイルによりコイル内部の磁束が一定となるように磁束を制御しています。
検出コイル内に金属材料が挿入されますと、コイル内のガタ信号(ノイズ信号)によりコイルインピーダンスは変化します。
この時、金属表面に疵が発生していますとコイルインピーダンスのベクトル量と、磁束の変化量も変わり制御コイルからの信号と検出コイルからの信号により欠陥の検出が可能となります。
この制御コイルからの、制御信号の位相を変化させることで、通常分離が出来にくかった疵信号とガタ信号(ノイズ信号)の位相差を任意に変化(図7右図)させることができます。
回転移相型コイルは、図8の構成となっています。
図 8

従来の渦流探傷器では、L1とL2の検出回路で構成されており、|L1-L2|のベクトル変化量
(図7左図のθ3)の情報でしかないので条件を変えない限りこの位相差は一定となり、このままではSN比は向上しません。
図 9

図9のコイル空心時の磁束本数をφa(この値は一定)とします。そのコイルに金属材料を挿入しますと、金属材
料の磁束本数がφbとなり内部空間磁束と金属材料内磁束の関係は、φa-φb:φbとなります。
この状態で疵部にきますと金属材料の体積が減るため金属材料内の磁束本数が減り金属材料内の磁束本数はφb-⊿φとなります。又、この⊿φが疵信号とガタ信号の位相差に相当します。
従って、この⊿φの値を変化させることで疵信号とガタ信号の位相差を任意に変化させることができます。これが回転移相の原理です。 又、磁束と電流の間には、φ=I/Tの関係から、電流Iを変化させれば磁束が変化します。又、図10のベクトル図において、RとVは同相であり、又、ωLとIが同相であることから電流Iを変化させることで疵信号とガタ信号の位相差θ3が変化します。
図 10

◆ 回 転 移 相 の 効 果
keywords#
SUS304、φ10㎜、深さ50μm
従来方式 回転移相方式


磁性材、コーナー部クラック疵、深さ20μm、長さ0.2㎜
従来方式 回転移相方式



Copyright (C) Nihon Estekku Co.,Ltd. All Rights Reserved.