◆ 回 転 移 相 式 渦 流 探 傷 に 関 す る 説 明
回 転 移 相 式 渦 流 探 傷
渦流試験の原理
#descriptionSHARP PN-SP05 【液晶モニタ・液晶ディスプレイ】:でんすけ  - 2c6dd
回転移相の原理

回 転 移 相 の 効 果
keywords#

2019-10-06

SHARP PN-SP05 【液晶モニタ・液晶ディスプレイ】
   ★★★ お届け先地域により、納期が異なります。
    
     正式ご注文前の、お見積書・ご請求書の発行も承ります。
     
       お気軽にお電話にてご相談くださいませ。
       
        株式会社ダイコー電機 
               03-3707-5971 (平日10:00〜18:00迄)
              お問合せ専用フォームからのご相談/お問合せも賜ります。★★★


SHARPPN-SP05の参考情報
 

*ご利用には別途、e-Signage Pro EX(PN-SS05)、あるいはネットワーク版(PN-SS02)+e-Signage Pro(PN-SP02)が必要です。



*参考情報は万全を保証致しかねます。正確な情報はメーカーサイト等にてご確認下さいませ。


■デジタルサイネージ、電子看板、電子黒板は でんすけ にお任せ下さい!■


でんすけでは、インターネット上でのデジタル機器販売を1999年より開始し、
法人、個人、官公庁様など、多くのお客様へ、業務用/民生品問わず納入させて頂いております。

当社は、販売のみではなく、格安レンタルも行っておりますので、


・壁掛け、取り付けはどうやればいいの?
・壁面取付金具など、別途必要なものはあるの?
・視聴時の距離は、どのくらいがベストなの?
・電子POP、電子広告として集客用に使う場合、特別なソフトは必要?
・USBメモリだけで自動再生はできないの?


・・など・・・お客様の 「実際のご利用時の疑問」 に対して、
豊富な知識と経験を持ったプロがご対応させて頂きます。

*実際の商品をご覧になりたい場合は、ショールームもご案内可能です。


モチロン!ご注文前に気になる、即納可否等の正確な納期 や、
再販/工事/入札案件の進行中で「注文は先の予定」等の個別のご相談についても、

お電話や、事前お問合せフォームよりご連絡を頂ければ、
逐次、担当者よりご連絡をさせて頂きます。

ご注文前にお気軽にお問合せください
株式会社ダイコー電機 03-3707-5971 (平日10:00〜18:00迄)



関連商品情報
PN-SS05 液晶モニタ・液晶ディスプレイ e-Signage Pro EX
PN-SV01 液晶モニタ・液晶ディスプレイ ソフトウェアe-Signage[イーサイネージ] ビューア版
PN-ZP35 モニタオプション★ アドバンストコントローラーe-Signage対応フルHD動画表示可
PN-ZP20  
PN-ZP02 モニタオプション★ 約250GB HDD搭載 e-Signageビューア版プリインストール
PN-L602B  
PN-L603B PCモニター・液晶ディスプレイ BIGPAD・タッチディスプレイ 60V型
PN-L603A  
PN-L702B  
PN-L703B  
PN-L703A  
PN-L802B  
PN-R603 PCモニター・液晶ディスプレイ 60型デジタルサイネージ
PN-R703 PCモニター・液晶ディスプレイ 70型デジタルサイネージ
PN-R903  
PN-U423  
PN-U473  
PN-U553  
PN-V601  
PN-V602  
PN-A601  
PN-E602  
PN-E702  
PN-E802  
LB-T461  
LB-T601  

*未リンク商品は、現在扱いがございません。(生産完了や欠品中等)
*未記載の場合も、メーカーが関連性を保証している場合がございます
*正確な関連性は仕様変更等の関係から保証致しかねますので、メーカーへご確認下さい


他店舗併売の為、売切の場合がございます。ご了承下さいませ。

でんすけ TOP - 【液晶モニタ・液晶ディスプレイ】 - SHARP - SHARP PN-SP05 【液晶モニタ・液晶ディスプレイ】

 ●製品名称:SHARP 【液晶モニタ・液晶ディスプレイ】 e-Signage Pro EXからWEBサーバー版へのアップグレードライセンス PN-SP05
 ●JANCode:4974019749532
 ●更新日時:2/19 12:22 (本商品ページの作成・更新時刻)
PN-SP05
e-Signage Pro EXからWEBサーバー版へのアップグレードライセンス

2.#description
図 3 図 4

図3は一般的に使用されているホイストンブリッジの渦電流式欠陥検出用ブリッジ回路です。
出力条件  平衡時(出力ゼロ)  L1:R2=L2:R1
欠陥検出出力時  |L1-L2| になります。
図4は、図3の検出部(コイル)を示したもので、貫通型の欠陥検出を示します。上記図3及び図4の様に接続することによって欠陥出力が可能です。
検出される出力は、交流電源(AC)を使用しているため電流変化と位相変化が現れます。又、検出部にコイルを使用しているために変化量はインピーダンスの変化によって、変化した電流変化値と位相変化値となって現れます。
図 5 図 6

図5は、貫通型検出コイル中に非磁性金属片Cを挿入して時の図であり、検出コイルに一定交流電源を接続して交流を流した時に発生するベクトル図を図6に示します。
検出コイルは、一般にRとL(インダクタンス)との合成で成り立っています。
図5の金属片Cの良部BをL o中におかれているとき図6のZ1でθ1の位相角度になりあます。又、金属片Cを移動し、L o中に疵部Aをおいた時、図6のZ2でθ2に変化します。
この時、良部と疵部の位相変化量は、
|θ2-θ1|=θ3となり条件(金属材質、寸法、コイルインピーダンスR・ωL、交流周波数)を変えない限りこの値は一定となります。
従って、一般的な渦流探傷方法では、一定条件での欠陥検出の位相角変化は理論上不可能です。
今回、開発した渦流探傷器は、上記一定条件において、疵の位相角度を任意に可変出来る装置です。
(国際特許)
(欠陥検出装置のベクトル表示)
図 7

3.回転移相の原理
流探傷器は、従来の渦流探傷器で使用されているコイルインピーダンスのベクトル変化量(図7左図の位相変化量θ3)での検出のみでなく、検出コイル内での磁束の変化も検出し、制御コイルによりコイル内部の磁束が一定となるように磁束を制御しています。
検出コイル内に金属材料が挿入されますと、コイル内のガタ信号(ノイズ信号)によりコイルインピーダンスは変化します。
この時、金属表面に疵が発生していますとコイルインピーダンスのベクトル量と、磁束の変化量も変わり制御コイルからの信号と検出コイルからの信号により欠陥の検出が可能となります。
この制御コイルからの、制御信号の位相を変化させることで、通常分離が出来にくかった疵信号とガタ信号(ノイズ信号)の位相差を任意に変化(図7右図)させることができます。
回転移相型コイルは、図8の構成となっています。
図 8

従来の渦流探傷器では、L1とL2の検出回路で構成されており、|L1-L2|のベクトル変化量
(図7左図のθ3)の情報でしかないので条件を変えない限りこの位相差は一定となり、このままではSN比は向上しません。
図 9

図9のコイル空心時の磁束本数をφa(この値は一定)とします。そのコイルに金属材料を挿入しますと、金属材
料の磁束本数がφbとなり内部空間磁束と金属材料内磁束の関係は、φa-φb:φbとなります。
この状態で疵部にきますと金属材料の体積が減るため金属材料内の磁束本数が減り金属材料内の磁束本数はφb-⊿φとなります。又、この⊿φが疵信号とガタ信号の位相差に相当します。
従って、この⊿φの値を変化させることで疵信号とガタ信号の位相差を任意に変化させることができます。これが回転移相の原理です。 又、磁束と電流の間には、φ=I/Tの関係から、電流Iを変化させれば磁束が変化します。又、図10のベクトル図において、RとVは同相であり、又、ωLとIが同相であることから電流Iを変化させることで疵信号とガタ信号の位相差θ3が変化します。
図 10

◆ 回 転 移 相 の 効 果
keywords#
SUS304、φ10㎜、深さ50μm
従来方式 回転移相方式


磁性材、コーナー部クラック疵、深さ20μm、長さ0.2㎜
従来方式 回転移相方式



Copyright (C) Nihon Estekku Co.,Ltd. All Rights Reserved.