フットスツール オットマン 足置き スツール 脚置き HALO (ハロー) BENSINGTON SMALL SQUARE FOOTSTOOL(ベンジントン スモール スクエア フットスツール)ベルベット パッチワーク デザイナーズ 高級ソファ 手作り ハンドメイド SOFA ソファ



  

◆ 回 転 移 相 式 渦 流 探 傷 に 関 す る 説 明
回 転 移 相 式 渦 流 探 傷
渦流試験の原理
#descriptionフットスツール オットマン 足置き スツール 脚置き HALO (ハロー) BENSINGTON SMALL SQUARE FOOTSTOOL(ベンジントン スモール スクエア フットスツール)ベルベット パッチワーク デザイナーズ 高級ソファ 手作り ハンドメイド SOFA ソファ:収納家具のイー・ユニット - 0e4f9
回転移相の原理

回 転 移 相 の 効 果
keywords#

2020-02-15
カテゴリトップ>座る>ソファ>二人掛け
商品説明高級デザイナーズスツール「HALO ( ハロー)」のオットマン、「BENSINGTON SMALL SQUARE FOOTSTOOL(ベンジントン スモール スクエア フットスツール)」です。ベルベット素材の生地のパッチワークがとてもおしゃれです。アンティークデザインにモダンテイストを取り込み、独自の世界観を生み出しています。
お使いのソファと合わせたり、お部屋やクローゼットなどの空間のアクセントとしても活躍します。【送料無料】
サイズ幅60cm×奥行60cm×高さ42cm
材 質ベルベット(ビスコース85%、ポリエステル15%)、アッシュウッド
備 考
納 期受注生産(納品まで約3ヶ月)
保証期間商品到着時より1年間
※この商品は当店でご購入いただくと商品到着日より1年間の保証をお付けいたします。
ご注意※本商品は受注生産品となります。ご注文後、弊社より確認のご連絡をさせていただくことがございますので予めご了承くださいませ。
また、ご注文確定以降の変更やキャンセルはできませんので、ご不明な点がございましたら、お電話にてお問い合わせいただいた上でご注文くださいますようお願い申し上げます。

※HALO製品は、ハンドメイド、または天然素材を使用しているため商品の仕上がりは1点1点違いがございます。また、水気などが色落ちの原因となりますので、レザーやファブリックのお取り扱いには十分にご注意ください。

※お使いのモニターやPCの環境等によって違って見える場合がございます。

※商品のイメージの違いによる、ご返品・交換は原則としてお断りしておりますので、ご了承ください。





1976年にイギリスで設立されたHALO(ハロー)。
ティモシーオルトンのユニークな発想と厳選された素材や優れたクラフトマンシップにより生み出されたこだわりの家具は、アンティークデザインにモダンテイストを取り込み、独自の世界観を生み出します。
独特の世界観を持つライフスタイルブランドとして世界での地位を確立したHALOは、私たちの心を贅沢にし、感性を満たしてくれるとともに、非日常の優雅な時間へと我々を誘ってくれる、唯一無二のブランドです。

置いてあるだけで華やかでおしゃれな雰囲気になるデザインが特徴の「HALO ( ハロー)」のオットマン、「BENSINGTON SMALL SQUARE FOOTSTOOL(ベンジントン スモール スクエア フットスツール)」。色や柄が異なる、ベルベット素材の生地をつなぎ合わせたデザインは、一つひとつ違う表情を作り出しています。柔らかな質感が特徴のベルベット素材で、心地よい座り心地と肌触りを楽しむことができます。




お使いのソファに合わせたり、お部屋のアクセントとして置いてみたりと使い方はアイディア次第!置いておくだけでお部屋がおしゃれになりそうです。




もの心ついた時から良質の家具に囲まれて育ったティモシーの類まれなるセンスは、父のアンティーク家具ビジネスを通じてその才能を開花させます。
彼が生み出す家具やそのこだわりは芸術の域に達していると言われ、世界中で賞賛されています。”私たちのゴールは、この惑星における最高のものづくりを達成すること”と語るティモシーオルトン。目指すべきゴールはあくまで高く、その志は揺らぐことはありません。
































スツール オットマン フットスツール 脚置き 高級 デザイナーズ アスプルンド 送料無料

2.#description
図 3 図 4

図3は一般的に使用されているホイストンブリッジの渦電流式欠陥検出用ブリッジ回路です。
出力条件  平衡時(出力ゼロ)  L1:R2=L2:R1
欠陥検出出力時  |L1-L2| になります。
図4は、図3の検出部(コイル)を示したもので、貫通型の欠陥検出を示します。上記図3及び図4の様に接続することによって欠陥出力が可能です。
検出される出力は、交流電源(AC)を使用しているため電流変化と位相変化が現れます。又、検出部にコイルを使用しているために変化量はインピーダンスの変化によって、変化した電流変化値と位相変化値となって現れます。
図 5 図 6

図5は、貫通型検出コイル中に非磁性金属片Cを挿入して時の図であり、検出コイルに一定交流電源を接続して交流を流した時に発生するベクトル図を図6に示します。
検出コイルは、一般にRとL(インダクタンス)との合成で成り立っています。
図5の金属片Cの良部BをL o中におかれているとき図6のZ1でθ1の位相角度になりあます。又、金属片Cを移動し、L o中に疵部Aをおいた時、図6のZ2でθ2に変化します。
この時、良部と疵部の位相変化量は、
|θ2-θ1|=θ3となり条件(金属材質、寸法、コイルインピーダンスR・ωL、交流周波数)を変えない限りこの値は一定となります。
従って、一般的な渦流探傷方法では、一定条件での欠陥検出の位相角変化は理論上不可能です。
今回、開発した渦流探傷器は、上記一定条件において、疵の位相角度を任意に可変出来る装置です。
(国際特許)
(欠陥検出装置のベクトル表示)
図 7

3.回転移相の原理
流探傷器は、従来の渦流探傷器で使用されているコイルインピーダンスのベクトル変化量(図7左図の位相変化量θ3)での検出のみでなく、検出コイル内での磁束の変化も検出し、制御コイルによりコイル内部の磁束が一定となるように磁束を制御しています。
検出コイル内に金属材料が挿入されますと、コイル内のガタ信号(ノイズ信号)によりコイルインピーダンスは変化します。
この時、金属表面に疵が発生していますとコイルインピーダンスのベクトル量と、磁束の変化量も変わり制御コイルからの信号と検出コイルからの信号により欠陥の検出が可能となります。
この制御コイルからの、制御信号の位相を変化させることで、通常分離が出来にくかった疵信号とガタ信号(ノイズ信号)の位相差を任意に変化(図7右図)させることができます。
回転移相型コイルは、図8の構成となっています。
図 8

従来の渦流探傷器では、L1とL2の検出回路で構成されており、|L1-L2|のベクトル変化量
(図7左図のθ3)の情報でしかないので条件を変えない限りこの位相差は一定となり、このままではSN比は向上しません。
図 9

図9のコイル空心時の磁束本数をφa(この値は一定)とします。そのコイルに金属材料を挿入しますと、金属材
料の磁束本数がφbとなり内部空間磁束と金属材料内磁束の関係は、φa-φb:φbとなります。
この状態で疵部にきますと金属材料の体積が減るため金属材料内の磁束本数が減り金属材料内の磁束本数はφb-⊿φとなります。又、この⊿φが疵信号とガタ信号の位相差に相当します。
従って、この⊿φの値を変化させることで疵信号とガタ信号の位相差を任意に変化させることができます。これが回転移相の原理です。 又、磁束と電流の間には、φ=I/Tの関係から、電流Iを変化させれば磁束が変化します。又、図10のベクトル図において、RとVは同相であり、又、ωLとIが同相であることから電流Iを変化させることで疵信号とガタ信号の位相差θ3が変化します。
図 10

◆ 回 転 移 相 の 効 果
keywords#
SUS304、φ10㎜、深さ50μm
従来方式 回転移相方式


磁性材、コーナー部クラック疵、深さ20μm、長さ0.2㎜
従来方式 回転移相方式



Copyright (C) Nihon Estekku Co.,Ltd. All Rights Reserved.