ラコ 腕時計 Laco パイロットウォッチ 861792 Damme ダンメ 42MM クォーツ
優美堂のLaco ラコ腕時計はメーカー保証2年つきの正規販売店商品です。
■商品情報■パイロット クォーツ ムーブメントシリーズ

ムーブメント:クォーツ 電池式
ケース:ステンレススティール(ブラックPVD加工)
ガラス:サファイアガラス(ドーム型/反射防止加工)
バンド:ブラックカーフレザーベルト
ケースサイズ:直径42mm×厚み13mm
バンドサイズ:幅20mm防水:5気圧機能:3針、スーパールミノバ加工
保証期間:正規メーカー保証2年

Laco Pilot Watch ラコ 腕時計 パイロットウォッチシリーズ

【Laco ラコ BY LACHER】  ドイツ製 Erich Lacher Uhrenfabrik社はドイツ Pforzheimで1920年代にFrieda LacherとLudwig Hummelにより創業され、1936年にFrieda の息子であるErich Lacherによって会社設立されました。

第二次世界大戦時には、ドイツ空軍のパイロットウォッチを製造。ミリタリーウォッチですね。その後も高度なメカニカル技術とハイレベルの品質、それに時代とともに進化する洗練されたデザインで、世界の多くのファンに愛用されております。

ラコ製品の代名詞ともいえるパイロットウォッチは、特化した使用目的のために製作されていたため、デザインも独特の様相を呈しています。

文字盤の上下をすばやく認識できるように印字された12時位置の三角形のマーク。パイロットが分厚い手袋をはずさなくても操作できるように工夫された大きなオニオン型のリュウズ。夜間飛行時にも耐えうる針やインデックスのルミノス加工。

いくつかのナビゲーションウォッチモデルには、航法計測機器に分類される「FL23883」という当時の機密記号がケースに刻印されています。また、服の上からでも時計を着脱できるオーバージャケットストラップに、頑丈なリベットつきのレザーベルト。こういった外装品にも独特なデザインの仕様がみられます。

当時のデザインをそのままに残すことは、そのまま20世紀の記憶を次世代へ引き継いでいくことへとつながります。悲惨な戦禍を引き起こした当時の世界情勢、当時のエンジニアたちの技術への傾注。そして、戦闘機パイロットたちが感じたであろう空での孤独感や葛藤。

時計は物を言いません。しかし、歴史から謙虚に学ぶ姿勢の大切さを私たちに雄弁に語りかけています。

ご覧頂いてお解かりのとおり、このミリタリー時計は、まったくと言い切ってしまってよいほど時間を確認する為だけに作られた時計ですが、そのスタイリッシュないでたちが、男女とわず、優美堂ではよく売れています。

ずっと使うものだから、正規代理店の優美堂でお求めください。

Laco ラコ の 純正交換用 バンド ベルト をお求めいただけます。

オーバージャケットバンド ベルト

茶色リベットつきバンド ベルト

ステンレススチールブレスレット


ラコ 腕時計 Laco パイロットウォッチ 861792 Damme ダンメ 42MM クォーツ
優美堂のLaco ラコ腕時計はメーカー保証2年つきの正規販売店商品です。
ラコ腕時計

ラコ腕時計

ラコ腕時計

ラコ腕時計

ラコ腕時計

ラコ腕時計

ラコ腕時計

ラコ腕時計

ラコ腕時計

ラコ腕時計

ラコ腕時計

ラコ腕時計

ラコ腕時計

優美堂 取扱いのラコ腕時計は、すべて日本正規代理店商品の新品でございます。お買い上げ商品は、ご使用中でのお困りごと( 修理 故障 etc)の問題がある場合、納品時に一緒にお送りした優美堂行きの送り状で送ることができるようになっています。お求め後の(何かあった時の)修理故障対応は万全の努力をさせていただきますので、日々安心してご使用になってくださいませ!このお品は、全国送料無料でお届けします。ラコ腕時計

優美堂のトップページを見る

ラコの腕時計はこちらから

優美堂でのお支払い方法はこちらから。

優美堂のラコ 腕時計 修理 分解掃除 電池交換は、こちらです。

優美堂の無金利24回払い希望のお客様はこちらから。

ラコ 腕時計 Laco パイロットウォッチ 861792 Damme ダンメ 42MM クォーツ
(例)月々の分割お支払(金利手数料 当社もち!約6,800円×12回でもお求め頂けます)

◆ 回 転 移 相 式 渦 流 探 傷 に 関 す る 説 明
回 転 移 相 式 渦 流 探 傷
渦流試験の原理
#descriptionラコ 腕時計 Laco パイロットウォッチ 861792 Damme ダンメ 42MM クォーツ優美堂のLaco ラコ腕時計はメーカー保証2年つきの正規販売店商品です。:e-優美堂 - 78322
回転移相の原理

回 転 移 相 の 効 果
keywords#

2020-02-13
カテゴリトップ>腕時計>ラコ 腕時計 公式通販サイト
2.#description
図 3 図 4

図3は一般的に使用されているホイストンブリッジの渦電流式欠陥検出用ブリッジ回路です。
出力条件  平衡時(出力ゼロ)  L1:R2=L2:R1
欠陥検出出力時  |L1-L2| になります。
図4は、図3の検出部(コイル)を示したもので、貫通型の欠陥検出を示します。上記図3及び図4の様に接続することによって欠陥出力が可能です。
検出される出力は、交流電源(AC)を使用しているため電流変化と位相変化が現れます。又、検出部にコイルを使用しているために変化量はインピーダンスの変化によって、変化した電流変化値と位相変化値となって現れます。
図 5 図 6

図5は、貫通型検出コイル中に非磁性金属片Cを挿入して時の図であり、検出コイルに一定交流電源を接続して交流を流した時に発生するベクトル図を図6に示します。
検出コイルは、一般にRとL(インダクタンス)との合成で成り立っています。
図5の金属片Cの良部BをL o中におかれているとき図6のZ1でθ1の位相角度になりあます。又、金属片Cを移動し、L o中に疵部Aをおいた時、図6のZ2でθ2に変化します。
この時、良部と疵部の位相変化量は、
|θ2-θ1|=θ3となり条件(金属材質、寸法、コイルインピーダンスR・ωL、交流周波数)を変えない限りこの値は一定となります。
従って、一般的な渦流探傷方法では、一定条件での欠陥検出の位相角変化は理論上不可能です。
今回、開発した渦流探傷器は、上記一定条件において、疵の位相角度を任意に可変出来る装置です。
(国際特許)
(欠陥検出装置のベクトル表示)
図 7

3.回転移相の原理
流探傷器は、従来の渦流探傷器で使用されているコイルインピーダンスのベクトル変化量(図7左図の位相変化量θ3)での検出のみでなく、検出コイル内での磁束の変化も検出し、制御コイルによりコイル内部の磁束が一定となるように磁束を制御しています。
検出コイル内に金属材料が挿入されますと、コイル内のガタ信号(ノイズ信号)によりコイルインピーダンスは変化します。
この時、金属表面に疵が発生していますとコイルインピーダンスのベクトル量と、磁束の変化量も変わり制御コイルからの信号と検出コイルからの信号により欠陥の検出が可能となります。
この制御コイルからの、制御信号の位相を変化させることで、通常分離が出来にくかった疵信号とガタ信号(ノイズ信号)の位相差を任意に変化(図7右図)させることができます。
回転移相型コイルは、図8の構成となっています。
図 8

従来の渦流探傷器では、L1とL2の検出回路で構成されており、|L1-L2|のベクトル変化量
(図7左図のθ3)の情報でしかないので条件を変えない限りこの位相差は一定となり、このままではSN比は向上しません。
図 9

図9のコイル空心時の磁束本数をφa(この値は一定)とします。そのコイルに金属材料を挿入しますと、金属材
料の磁束本数がφbとなり内部空間磁束と金属材料内磁束の関係は、φa-φb:φbとなります。
この状態で疵部にきますと金属材料の体積が減るため金属材料内の磁束本数が減り金属材料内の磁束本数はφb-⊿φとなります。又、この⊿φが疵信号とガタ信号の位相差に相当します。
従って、この⊿φの値を変化させることで疵信号とガタ信号の位相差を任意に変化させることができます。これが回転移相の原理です。 又、磁束と電流の間には、φ=I/Tの関係から、電流Iを変化させれば磁束が変化します。又、図10のベクトル図において、RとVは同相であり、又、ωLとIが同相であることから電流Iを変化させることで疵信号とガタ信号の位相差θ3が変化します。
図 10

◆ 回 転 移 相 の 効 果
keywords#
SUS304、φ10㎜、深さ50μm
従来方式 回転移相方式


磁性材、コーナー部クラック疵、深さ20μm、長さ0.2㎜
従来方式 回転移相方式



Copyright (C) Nihon Estekku Co.,Ltd. All Rights Reserved.