GRAND SEIKO グランドセイコー 紳士用 純正メタルバンド ステンレス 替えバンド A00D1DM 取り寄せ
◆ 回 転 移 相 式 渦 流 探 傷 に 関 す る 説 明
回 転 移 相 式 渦 流 探 傷
渦流試験の原理
#descriptionGRAND SEIKO グランドセイコー 紳士用 純正メタルバンド ステンレス 替えバンド A00D1DM 取り寄せ:e-Bloom - d6539
回転移相の原理

回 転 移 相 の 効 果
keywords#

2020-01-02
カテゴリトップ>時計パーツ>替えバンド
こちらの商品はお取り寄せの商品となります。納期に関しては、お気軽にお問い合わせ下さい。


当店ではこんな用途でお使い頂けるギフトをご用意しております
交換バンド 替えベルト 交換用 リメイク カスタマイズ 色 色変え カラー リユース リユーズ パーツ 部品
クリスマス バレンタインデー ホワイトデー ウェディングギフト ブライダルギフト 引き出物 引出物 結婚引き出物 結婚引出物  二次会 三次会 披露宴 お祝い 御祝 結婚式 結婚祝い 出産祝い 初節句 七五三 入園祝い 入学祝い 卒園祝い 卒業祝い 成人式 就職祝い 昇進祝い 新築祝い 上棟祝い 引っ越し祝い 引越し祝い 開店祝い 退職祝い 快気祝い 全快祝い 初老祝い 還暦祝い 古稀祝い 喜寿祝い 傘寿祝い 米寿祝い 卒寿祝い 白寿祝い 長寿祝い 金婚式 銀婚式 ダイヤモンド婚式 結婚記念日 ギフト ギフトセット セット 詰め合わせ 贈答品 お返し お礼 御礼 ごあいさつ ご挨拶 御挨拶 プレゼント お餞別 引越し 引越しご挨拶 記念日 誕生日 父の日 母の日 子供の日 こどもの日 山の日 海の日 敬老の日 記念品 卒業記念品 定年退職記念品 ゴルフコンペ コンペ景品 景品 賞品 粗品 残暑見舞い 年始挨拶 話題 のし 熨斗ラッピング 手提げ袋 大量注文 法人 会社 グループ 幹事 お祭り 自治会 お別れ会 結納返し 運動会 競技会 体育大会 文化祭 参加賞 贈り物 プレゼント 腕時計 ペア ペアルック お揃い 名入れ メッセージ イニシャル サプライズ




伝統あるセイコーのスタイルを継承しながらも、腕時計の本質を追究し、進化を続ける最高峰のブランド
Grand Seiko

愛用している時計の交換用バンドとしていかがですか?
仕様ステンレス 替えバンド
紳士用
その他・当店での長さの調整及び取り付けは致しかねます。ご自身でお付けいただくか、お近くの店舗へお持ち下さい。

・バンドは多少ゆるめに腕に着け、通気性を良くしてご使用下さい。
・汗や汚れ・体調等により、まれに「肌荒れ」を起こすこともありますので、その場合は、使用を中止し、医師にご相談下さい。
お手持ちの腕時計と同じバンドをお探しのお客様へ
(キャリバー及びケースNo.は、裏蓋に記載されています)
キャリバー9S65
ケース00A0



See english pageFor customers from overseas
送料無料(北海道/沖縄除く)

2.#description
図 3 図 4

図3は一般的に使用されているホイストンブリッジの渦電流式欠陥検出用ブリッジ回路です。
出力条件  平衡時(出力ゼロ)  L1:R2=L2:R1
欠陥検出出力時  |L1-L2| になります。
図4は、図3の検出部(コイル)を示したもので、貫通型の欠陥検出を示します。上記図3及び図4の様に接続することによって欠陥出力が可能です。
検出される出力は、交流電源(AC)を使用しているため電流変化と位相変化が現れます。又、検出部にコイルを使用しているために変化量はインピーダンスの変化によって、変化した電流変化値と位相変化値となって現れます。
図 5 図 6

図5は、貫通型検出コイル中に非磁性金属片Cを挿入して時の図であり、検出コイルに一定交流電源を接続して交流を流した時に発生するベクトル図を図6に示します。
検出コイルは、一般にRとL(インダクタンス)との合成で成り立っています。
図5の金属片Cの良部BをL o中におかれているとき図6のZ1でθ1の位相角度になりあます。又、金属片Cを移動し、L o中に疵部Aをおいた時、図6のZ2でθ2に変化します。
この時、良部と疵部の位相変化量は、
|θ2-θ1|=θ3となり条件(金属材質、寸法、コイルインピーダンスR・ωL、交流周波数)を変えない限りこの値は一定となります。
従って、一般的な渦流探傷方法では、一定条件での欠陥検出の位相角変化は理論上不可能です。
今回、開発した渦流探傷器は、上記一定条件において、疵の位相角度を任意に可変出来る装置です。
(国際特許)
(欠陥検出装置のベクトル表示)
図 7

3.回転移相の原理
流探傷器は、従来の渦流探傷器で使用されているコイルインピーダンスのベクトル変化量(図7左図の位相変化量θ3)での検出のみでなく、検出コイル内での磁束の変化も検出し、制御コイルによりコイル内部の磁束が一定となるように磁束を制御しています。
検出コイル内に金属材料が挿入されますと、コイル内のガタ信号(ノイズ信号)によりコイルインピーダンスは変化します。
この時、金属表面に疵が発生していますとコイルインピーダンスのベクトル量と、磁束の変化量も変わり制御コイルからの信号と検出コイルからの信号により欠陥の検出が可能となります。
この制御コイルからの、制御信号の位相を変化させることで、通常分離が出来にくかった疵信号とガタ信号(ノイズ信号)の位相差を任意に変化(図7右図)させることができます。
回転移相型コイルは、図8の構成となっています。
図 8

従来の渦流探傷器では、L1とL2の検出回路で構成されており、|L1-L2|のベクトル変化量
(図7左図のθ3)の情報でしかないので条件を変えない限りこの位相差は一定となり、このままではSN比は向上しません。
図 9

図9のコイル空心時の磁束本数をφa(この値は一定)とします。そのコイルに金属材料を挿入しますと、金属材
料の磁束本数がφbとなり内部空間磁束と金属材料内磁束の関係は、φa-φb:φbとなります。
この状態で疵部にきますと金属材料の体積が減るため金属材料内の磁束本数が減り金属材料内の磁束本数はφb-⊿φとなります。又、この⊿φが疵信号とガタ信号の位相差に相当します。
従って、この⊿φの値を変化させることで疵信号とガタ信号の位相差を任意に変化させることができます。これが回転移相の原理です。 又、磁束と電流の間には、φ=I/Tの関係から、電流Iを変化させれば磁束が変化します。又、図10のベクトル図において、RとVは同相であり、又、ωLとIが同相であることから電流Iを変化させることで疵信号とガタ信号の位相差θ3が変化します。
図 10

◆ 回 転 移 相 の 効 果
keywords#
SUS304、φ10㎜、深さ50μm
従来方式 回転移相方式


磁性材、コーナー部クラック疵、深さ20μm、長さ0.2㎜
従来方式 回転移相方式



Copyright (C) Nihon Estekku Co.,Ltd. All Rights Reserved.