COCA-COLA BRAND コカコーラブランド ダイナーテーブル 「Coke Dinner Table with Glass Top」 PJ-600DL インテリア 家具 コーラ雑貨 アメリカ雑貨 アメリカン雑貨コカコーラブランド(COCA-COLA BRAND)の4人掛けダイナーテーブルです。
クローム仕上げのトリムに、大きくコーラのロゴが描かれたガラストップ仕様の、憧れのダイナーテーブルです!!

白い天板には“Coca-Cola”のロゴと”ICE COLD SINCE1886”と大きく書かれています。

天板周囲にはラインの入ったトリム(縁飾り)が取り付けられています。
天板は白のメラミン塗装の上に割れにくい強化ガラスを使用。
トリムと脚部はスチール製、クロムメッキ仕上げです。

ガラスの天板が清潔感があってオシャレ!
ご家庭以外にも、ショップやカフェ等の店舗用テーブルとしてもおすすめです。
レトロでアメリカンな雰囲気を楽しめます♪

※こちらの商品は簡単な組み立てが必要です。


【スペック】
本体サイズ:高さ75cm ×幅115cm×奥行き78cm
重量:17.4kg
素材:天板:MDF*メラミン塗装、
脚部:スチール(クロムメッキ)
※ 画像に写っているチェアは付属しません。


【送料について】
大型商品につき、商品代金の他に別途送料が掛かります。


【お届けについて】
弊社在庫商品のため、ご注文後即日〜2営業日で発送します!!
ご注文が重なり、急な品切れの場合でも2〜3営業日で発送しております。
お急ぎの場合は弊社までお問い合わせください。

「COCA-COLA BRAND コカコーラブランド ダイナーテーブル 「Coke Dinner Table with Glass Top」 PJ-600DL」

COCA-COLA BRAND コカコーラブランド ダイナーテーブル 「Coke Dinner Table with Glass Top」 PJ-600DL
憧れのコカコーラ4人掛けテーブル(ガラストップ付)です!!
質感、雰囲気ともに最高ですよ〜〜〜!!





上からみたコーラ4人掛けテーブルです。
白と赤のコントラストがとても美しいです。



ダイナーテーブルらしいクローム仕上げのテーブルのふち。
これが無いとダイナーテーブルの雰囲気が出ませんっ。



ガラスにコカコーラのロゴが大きく描かれています。
このガラストップがとてもいい雰囲気を出してくれるんですよ!!



裏側から見た足の付け根。こんなになっているんですよ〜♪
※奥に写っているm&m'sは気にしないでくださいね。



梱包状態と、開梱したところです。
テーブルとガラストップの2小口でお届けいたします。
※組み立てですが意外と簡単です。楽しみながら組み立ててみてください♪



コーラのチェアが横に2脚入ります。
また、コーラのベンチシートもピッタリのサイズです。




アメリカンな雰囲気を楽しめる憧れの50'sダイナーファニチャー。
◆ 回 転 移 相 式 渦 流 探 傷 に 関 す る 説 明
回 転 移 相 式 渦 流 探 傷
渦流試験の原理
#descriptionCOCA-COLA BRAND コカコーラブランド ダイナーテーブル 「Coke Dinner Table with Glass Top」 PJ-600DL インテリア 家具 コーラ雑貨 アメリカ雑貨 アメリカン雑貨:アメリカン雑貨COLOUR - 1d815
回転移相の原理

回 転 移 相 の 効 果
keywords#

2019-11-14
カテゴリトップ>インテリア>テーブル、チェア、ソファ
この商品を購入された方のレビューすべてのレビューを見る(1件)
このショップのレビューを見る
総合評価条件に満たないため総合評価は表示できません。

SEIRYU-RYUさん 40代/男性

評価5.00

投稿日:2015年12月01日

前に、ある家具屋さんで見かけて、欲しいと言われ・・・自分も欲しくなり・・・テーブル単品では、金額的にちょっと高いかなぁって思っていたんですけど。実際届いて、組み立てて、使ってみたら、良い!元々有った椅子との高さもぴったりで。良い買い物でした。ただ、ベンチも欲しくなった。。。 

2.#description
図 3 図 4

図3は一般的に使用されているホイストンブリッジの渦電流式欠陥検出用ブリッジ回路です。
出力条件  平衡時(出力ゼロ)  L1:R2=L2:R1
欠陥検出出力時  |L1-L2| になります。
図4は、図3の検出部(コイル)を示したもので、貫通型の欠陥検出を示します。上記図3及び図4の様に接続することによって欠陥出力が可能です。
検出される出力は、交流電源(AC)を使用しているため電流変化と位相変化が現れます。又、検出部にコイルを使用しているために変化量はインピーダンスの変化によって、変化した電流変化値と位相変化値となって現れます。
図 5 図 6

図5は、貫通型検出コイル中に非磁性金属片Cを挿入して時の図であり、検出コイルに一定交流電源を接続して交流を流した時に発生するベクトル図を図6に示します。
検出コイルは、一般にRとL(インダクタンス)との合成で成り立っています。
図5の金属片Cの良部BをL o中におかれているとき図6のZ1でθ1の位相角度になりあます。又、金属片Cを移動し、L o中に疵部Aをおいた時、図6のZ2でθ2に変化します。
この時、良部と疵部の位相変化量は、
|θ2-θ1|=θ3となり条件(金属材質、寸法、コイルインピーダンスR・ωL、交流周波数)を変えない限りこの値は一定となります。
従って、一般的な渦流探傷方法では、一定条件での欠陥検出の位相角変化は理論上不可能です。
今回、開発した渦流探傷器は、上記一定条件において、疵の位相角度を任意に可変出来る装置です。
(国際特許)
(欠陥検出装置のベクトル表示)
図 7

3.回転移相の原理
流探傷器は、従来の渦流探傷器で使用されているコイルインピーダンスのベクトル変化量(図7左図の位相変化量θ3)での検出のみでなく、検出コイル内での磁束の変化も検出し、制御コイルによりコイル内部の磁束が一定となるように磁束を制御しています。
検出コイル内に金属材料が挿入されますと、コイル内のガタ信号(ノイズ信号)によりコイルインピーダンスは変化します。
この時、金属表面に疵が発生していますとコイルインピーダンスのベクトル量と、磁束の変化量も変わり制御コイルからの信号と検出コイルからの信号により欠陥の検出が可能となります。
この制御コイルからの、制御信号の位相を変化させることで、通常分離が出来にくかった疵信号とガタ信号(ノイズ信号)の位相差を任意に変化(図7右図)させることができます。
回転移相型コイルは、図8の構成となっています。
図 8

従来の渦流探傷器では、L1とL2の検出回路で構成されており、|L1-L2|のベクトル変化量
(図7左図のθ3)の情報でしかないので条件を変えない限りこの位相差は一定となり、このままではSN比は向上しません。
図 9

図9のコイル空心時の磁束本数をφa(この値は一定)とします。そのコイルに金属材料を挿入しますと、金属材
料の磁束本数がφbとなり内部空間磁束と金属材料内磁束の関係は、φa-φb:φbとなります。
この状態で疵部にきますと金属材料の体積が減るため金属材料内の磁束本数が減り金属材料内の磁束本数はφb-⊿φとなります。又、この⊿φが疵信号とガタ信号の位相差に相当します。
従って、この⊿φの値を変化させることで疵信号とガタ信号の位相差を任意に変化させることができます。これが回転移相の原理です。 又、磁束と電流の間には、φ=I/Tの関係から、電流Iを変化させれば磁束が変化します。又、図10のベクトル図において、RとVは同相であり、又、ωLとIが同相であることから電流Iを変化させることで疵信号とガタ信号の位相差θ3が変化します。
図 10

◆ 回 転 移 相 の 効 果
keywords#
SUS304、φ10㎜、深さ50μm
従来方式 回転移相方式


磁性材、コーナー部クラック疵、深さ20μm、長さ0.2㎜
従来方式 回転移相方式



Copyright (C) Nihon Estekku Co.,Ltd. All Rights Reserved.