マルニ60
オークフレームチェア3シーター・ブラック塗装
バリ・ブラック

広島県の老舗家具メーカー『マルニ木工』が、1960年代のロングライフ製品を復刻生産する「60VISION(ロクマルビジョン)」に参加して立ち上げた新ブランド「マルニ60(ロクマル)」。その復刻第一弾となったのが、1961年発売開始から1977年までロングセラー商品として人気を博したリビングソファ「みやじま」(広島県宮島にある厳島神社の大鳥居をモチーフにしたことがその名の由来)です。

当時の造形はそのままに、座り心地や使い勝手を改良して、2006年「オークフレームチェア」シリーズとして新たな息吹が吹き込まれました。
「天然木の風合いをいかしたナチュラルな塗装」「美しいアームトップの仕上げ」「外からボルトが見えないデザイン」等、熟練の職人の技術で美しく機能的なデザインに仕上げています。
また、「ノックダウン式」といって、とても簡単な組立式の構造を採用。4本のボルトをとめるだけで、女性でも簡単に組み立てることができます。

置き型タイプの背座クッションの中身は、上部にスモールフェザー、中央に硬質ウレタ ン、下部に中質ウレタンを配した3層構造となっています。異なる硬さのウレタン層はクッションの型崩れを抑え、粘りのある座り心地になっています。さらに上層のスモール フェザーと、クッション全体を覆った合成綿が身体をやさしく受け止めます。 そして最終的な座りごこちの決め手は、座面下の「ゴムベルト」。通常のソファはバネ式が多いので すが、マルニではこれをゴムベルトにすることで「おしりが宙に浮いている」ような感覚を実現しています。
移動もらくらくで、引っ越しの多いご家庭には特におすすめの家具です。

また、オークフレームチェアの復刻に合わせ、現代のライフスタイルに適応した張地も素材と配色にもこだわりました。柔らかな手触りが特徴の定番「ビニールレザー(ブラック/ブラウン)」、肌触りのやさしい段モケット「コロニー(イエローグリーン)」、タテ・ヨコに太番手のモール糸でさっくりと織られた「シュプール(ベージュ/オレンジ)」 、使いこんだような風合いの「帆布(ダークグリーン/ライトグレー/マスタード)」、細番手のモール糸を織りまぜた細やかな表情の「サガ(ブルー/オレンジ)」、シンプルな表情ながら奥行を感じさせる美しい張布でテフロン防汚撥水加工が施されている「バリ(ブラック/アイボリー)」。両面モールスキンのダブルフェイスで、使い込むうちに表面の糸が擦り減ることで裏面の色が現れる性質を持ち、経年変化が楽しめる「dopタンバリンブラック/グレー/ブルー/イエロー)」は、ファッションブライド「mina perhonen(ミナペルホネン)」のインテリアファブリックです。さらに、マルニ木工創業90周年を記念した限定モデル「タツノレザー」は2018年12月31日までの期間限定でご注文受付中です。

フレームは、綺麗な木目のオーク材を使用した定番の「ナチュラル塗装」「ブラック塗装」に加え、色むら・節・虫穴などの不揃いな表情を活かした「オーク・キノママ」「ウォールナット・キノママ」がございます。


■素材
[張地] ファブリック
[クッション中材] フェザー、ウレタン(中質/硬質)
[フレーム] オーク材(ウレタン樹脂塗装)

■サイズ
幅1790 奥行775 高さ770mm
(座面高さ440 肘高前540/後545mm)
├シングルアーム(左):幅610 奥行775 高さ770mm
├シングルアーム(右):幅610 奥行775 高さ770mm
└アームレス:幅570 奥行775 高さ770mm

■ブランド
マルニ60(マルニロクマル)
[2006年 60VISON参加]

■メーカー
株式会社マルニ木工(広島県)

■納期
受注生産の為、入荷までに約3〜4週間程度お時間を頂きます。
※メーカー長期連休(年末年始、GW、お盆など)を挟む場合は、通常よりお時間が掛かります。
※受注生産商品の為、ご注文確定後の変更およびキャンセルはお受けできかねます。

■備考
・メーカー10年保証 (無償保証3年+有償保証7年)
・要組み立て商品


◆ 回 転 移 相 式 渦 流 探 傷 に 関 す る 説 明
回 転 移 相 式 渦 流 探 傷
渦流試験の原理
#descriptionマルニ60オークフレームチェア3シーター・ブラック塗装バリ・ブラック:felice - 01e0c
回転移相の原理

回 転 移 相 の 効 果
keywords#

2020-01-01
カテゴリトップ>ブランド別一覧>マルニ60>ソファ&オットマン>3シーター
2.#description
図 3 図 4

図3は一般的に使用されているホイストンブリッジの渦電流式欠陥検出用ブリッジ回路です。
出力条件  平衡時(出力ゼロ)  L1:R2=L2:R1
欠陥検出出力時  |L1-L2| になります。
図4は、図3の検出部(コイル)を示したもので、貫通型の欠陥検出を示します。上記図3及び図4の様に接続することによって欠陥出力が可能です。
検出される出力は、交流電源(AC)を使用しているため電流変化と位相変化が現れます。又、検出部にコイルを使用しているために変化量はインピーダンスの変化によって、変化した電流変化値と位相変化値となって現れます。
図 5 図 6

図5は、貫通型検出コイル中に非磁性金属片Cを挿入して時の図であり、検出コイルに一定交流電源を接続して交流を流した時に発生するベクトル図を図6に示します。
検出コイルは、一般にRとL(インダクタンス)との合成で成り立っています。
図5の金属片Cの良部BをL o中におかれているとき図6のZ1でθ1の位相角度になりあます。又、金属片Cを移動し、L o中に疵部Aをおいた時、図6のZ2でθ2に変化します。
この時、良部と疵部の位相変化量は、
|θ2-θ1|=θ3となり条件(金属材質、寸法、コイルインピーダンスR・ωL、交流周波数)を変えない限りこの値は一定となります。
従って、一般的な渦流探傷方法では、一定条件での欠陥検出の位相角変化は理論上不可能です。
今回、開発した渦流探傷器は、上記一定条件において、疵の位相角度を任意に可変出来る装置です。
(国際特許)
(欠陥検出装置のベクトル表示)
図 7

3.回転移相の原理
流探傷器は、従来の渦流探傷器で使用されているコイルインピーダンスのベクトル変化量(図7左図の位相変化量θ3)での検出のみでなく、検出コイル内での磁束の変化も検出し、制御コイルによりコイル内部の磁束が一定となるように磁束を制御しています。
検出コイル内に金属材料が挿入されますと、コイル内のガタ信号(ノイズ信号)によりコイルインピーダンスは変化します。
この時、金属表面に疵が発生していますとコイルインピーダンスのベクトル量と、磁束の変化量も変わり制御コイルからの信号と検出コイルからの信号により欠陥の検出が可能となります。
この制御コイルからの、制御信号の位相を変化させることで、通常分離が出来にくかった疵信号とガタ信号(ノイズ信号)の位相差を任意に変化(図7右図)させることができます。
回転移相型コイルは、図8の構成となっています。
図 8

従来の渦流探傷器では、L1とL2の検出回路で構成されており、|L1-L2|のベクトル変化量
(図7左図のθ3)の情報でしかないので条件を変えない限りこの位相差は一定となり、このままではSN比は向上しません。
図 9

図9のコイル空心時の磁束本数をφa(この値は一定)とします。そのコイルに金属材料を挿入しますと、金属材
料の磁束本数がφbとなり内部空間磁束と金属材料内磁束の関係は、φa-φb:φbとなります。
この状態で疵部にきますと金属材料の体積が減るため金属材料内の磁束本数が減り金属材料内の磁束本数はφb-⊿φとなります。又、この⊿φが疵信号とガタ信号の位相差に相当します。
従って、この⊿φの値を変化させることで疵信号とガタ信号の位相差を任意に変化させることができます。これが回転移相の原理です。 又、磁束と電流の間には、φ=I/Tの関係から、電流Iを変化させれば磁束が変化します。又、図10のベクトル図において、RとVは同相であり、又、ωLとIが同相であることから電流Iを変化させることで疵信号とガタ信号の位相差θ3が変化します。
図 10

◆ 回 転 移 相 の 効 果
keywords#
SUS304、φ10㎜、深さ50μm
従来方式 回転移相方式


磁性材、コーナー部クラック疵、深さ20μm、長さ0.2㎜
従来方式 回転移相方式



Copyright (C) Nihon Estekku Co.,Ltd. All Rights Reserved.