【ポイント10倍!】
JAKOBSSON LAMP(ヤコブソンランプ)
パイン[F-217](ランプ別)【コードカット無料】
北欧の厳しい自然の中で、少しずつ年輪を重ねた目の詰まったパイン材を十分に自然乾燥させ、薄くスライスし組み合わせたヤコブソン・ランプは、スウェーデンを代表する照明デザイナー 、ハンス・アウネ・ヤコブソンによるデザイン。パイン材を通した温かみを感じさせる光は、お部屋を優しく包み込みます。
天然素材を使用しているため、木目や色が多少異なることがありますが、使い込むほど味わいが深くなります。

●E26 LED電球 100Wタイプ(LDG13)×3
●消費電力・39W
●高・390 巾・φ540 全長・1700mm
●質量・1.0kg
●パイン材 白木
●引掛シーリング コードハンガー付
プルスイッチ付(3灯→1灯→豆球→消)
※コードハンガー使用時のみ、45度までの傾斜天井に取付け可能です
※天然素材を使用しているため、木目や色が多少異なることがあります
(ランプ別売)

【attention!】

※発送予定日の表記がある場合でも、自社販売と在庫を共有しているため、一時的に品切れとなっている場合がございます。在庫切れの場合、やむおえずキャンセルさせて頂く場合がございます。お急ぎの場合や現時点での在庫数を確認する場合は、メールもしくは、お電話にて在庫状況をお問い合わせください。











ペンダントライト_コードカット無料
ヤマギワ (yamagiwa ) 照明器具のお求めはヤマギワオフィシャルショップへ!ペンダントライト 照明 
◆ 回 転 移 相 式 渦 流 探 傷 に 関 す る 説 明
回 転 移 相 式 渦 流 探 傷
渦流試験の原理
#description【ポイント10倍!】JAKOBSSON LAMP(ヤコブソンランプ)パイン[F-217](ランプ別)【コードカット無料】:ヤマギワ (yamagiwa ) - 715df
回転移相の原理

回 転 移 相 の 効 果
keywords#

2020-02-07
カテゴリトップ>照明器具>ペンダント(北欧系)
この商品を購入された方のレビューすべてのレビューを見る(21件)
このショップのレビューを見る
総合評価4.71

購入者さん 

評価5.00

投稿日:2018年08月30日

とてもよかった。落ち着いて、いい雰囲気。LEDの大きなホワイトボールを3つ付けました。「ODELIC OA075023 ペンダントサポーター 取付パーツ」と組み合わせて利用しています。おすすめです。とてもよいです。 

購入者さん 

評価5.00

投稿日:2015年11月23日

以前、こちらでヤコブソンのフロアランプを購入。商品の素晴らしさは納得済み。今回、ダイニング用に購入です。予想より大きかったけど、存在感があってとてもおしゃれです。癒されますね〜 

使い道実用品・普段使い使う人自分用購入回数リピート

購入者さん 

評価5.00

投稿日:2015年10月31日

商品にもお店の対応にも大満足です。

デザインが気に入ったのですが自宅のあるアメリカ国内では購入できなかったため、主人の日本出張に合わせて注文し、アメリカまで運んできました。大きさについて予めご相談したのですが丁寧に答えていただき(ダイニングテーブルが6人がけであれば大きいランプがいいとのアドバイスでした)、また、配達時期についても迅速に対応して頂いた上に、最後の最後(恐らく発送後)に配送先を急遽変更する必要がでた時にも迅速に対... 

使い道実用品・普段使い使う人自分用購入回数はじめて

2.#description
図 3 図 4

図3は一般的に使用されているホイストンブリッジの渦電流式欠陥検出用ブリッジ回路です。
出力条件  平衡時(出力ゼロ)  L1:R2=L2:R1
欠陥検出出力時  |L1-L2| になります。
図4は、図3の検出部(コイル)を示したもので、貫通型の欠陥検出を示します。上記図3及び図4の様に接続することによって欠陥出力が可能です。
検出される出力は、交流電源(AC)を使用しているため電流変化と位相変化が現れます。又、検出部にコイルを使用しているために変化量はインピーダンスの変化によって、変化した電流変化値と位相変化値となって現れます。
図 5 図 6

図5は、貫通型検出コイル中に非磁性金属片Cを挿入して時の図であり、検出コイルに一定交流電源を接続して交流を流した時に発生するベクトル図を図6に示します。
検出コイルは、一般にRとL(インダクタンス)との合成で成り立っています。
図5の金属片Cの良部BをL o中におかれているとき図6のZ1でθ1の位相角度になりあます。又、金属片Cを移動し、L o中に疵部Aをおいた時、図6のZ2でθ2に変化します。
この時、良部と疵部の位相変化量は、
|θ2-θ1|=θ3となり条件(金属材質、寸法、コイルインピーダンスR・ωL、交流周波数)を変えない限りこの値は一定となります。
従って、一般的な渦流探傷方法では、一定条件での欠陥検出の位相角変化は理論上不可能です。
今回、開発した渦流探傷器は、上記一定条件において、疵の位相角度を任意に可変出来る装置です。
(国際特許)
(欠陥検出装置のベクトル表示)
図 7

3.回転移相の原理
流探傷器は、従来の渦流探傷器で使用されているコイルインピーダンスのベクトル変化量(図7左図の位相変化量θ3)での検出のみでなく、検出コイル内での磁束の変化も検出し、制御コイルによりコイル内部の磁束が一定となるように磁束を制御しています。
検出コイル内に金属材料が挿入されますと、コイル内のガタ信号(ノイズ信号)によりコイルインピーダンスは変化します。
この時、金属表面に疵が発生していますとコイルインピーダンスのベクトル量と、磁束の変化量も変わり制御コイルからの信号と検出コイルからの信号により欠陥の検出が可能となります。
この制御コイルからの、制御信号の位相を変化させることで、通常分離が出来にくかった疵信号とガタ信号(ノイズ信号)の位相差を任意に変化(図7右図)させることができます。
回転移相型コイルは、図8の構成となっています。
図 8

従来の渦流探傷器では、L1とL2の検出回路で構成されており、|L1-L2|のベクトル変化量
(図7左図のθ3)の情報でしかないので条件を変えない限りこの位相差は一定となり、このままではSN比は向上しません。
図 9

図9のコイル空心時の磁束本数をφa(この値は一定)とします。そのコイルに金属材料を挿入しますと、金属材
料の磁束本数がφbとなり内部空間磁束と金属材料内磁束の関係は、φa-φb:φbとなります。
この状態で疵部にきますと金属材料の体積が減るため金属材料内の磁束本数が減り金属材料内の磁束本数はφb-⊿φとなります。又、この⊿φが疵信号とガタ信号の位相差に相当します。
従って、この⊿φの値を変化させることで疵信号とガタ信号の位相差を任意に変化させることができます。これが回転移相の原理です。 又、磁束と電流の間には、φ=I/Tの関係から、電流Iを変化させれば磁束が変化します。又、図10のベクトル図において、RとVは同相であり、又、ωLとIが同相であることから電流Iを変化させることで疵信号とガタ信号の位相差θ3が変化します。
図 10

◆ 回 転 移 相 の 効 果
keywords#
SUS304、φ10㎜、深さ50μm
従来方式 回転移相方式


磁性材、コーナー部クラック疵、深さ20μm、長さ0.2㎜
従来方式 回転移相方式



Copyright (C) Nihon Estekku Co.,Ltd. All Rights Reserved.