ダンロップ 2017NEW ゼクシオ フォージド アイアン N.S.PRO 930GH DST スチールシャフト 6本セット[#5-PW]ダンロップ 2017年モデル ニュー ゼクシオ フォージド アイアン DUNLOP NEW XXIO FORGED Iron N.S.PRO 930GH DST スチールシャフト NS930
メーカー希望小売価格はメーカーカタログに基づいて掲載しています。

ピンをやさしく、かつデッドに狙える戦略的ゼクシオ
NEW ゼクシオ フォージド アイアン
◆ 回 転 移 相 式 渦 流 探 傷 に 関 す る 説 明
回 転 移 相 式 渦 流 探 傷
渦流試験の原理
#descriptionダンロップ 2017NEW ゼクシオ フォージド アイアン N.S.PRO 930GH DST スチールシャフト 6本セット[#5-PW]:ゴルフレンジャー - fd1bf
回転移相の原理

回 転 移 相 の 効 果
keywords#

2020-03-03
カテゴリトップ>メイン>アイアン>メーカー名:ア行〜タ行>ダンロップ
ピンをデッドに狙える飛びと操作性に、ゼクシオシリーズならではのやさしさと安定性を兼ね備えた軟鉄鍛造アイアンのNEW「ゼクシオ フォージド アイアン」を12月10日から発売します。


1. V字構造の「V.T. ソール for XXIO FORGED」がボールスピードのバラつきを低減



「ゼクシオ フォージド アイアン」ユーザーのスイングを研究し、「スリクソンZシリーズ」で好評だった「Tour V.T.ソール」を「V.T. ソール for XXIO FORGED」として専用開発しました。
ゼクシオユーザーと比べて打ち込み傾向にあるゼクシオ フォージドユーザーのスイング特性にあわせ、バンス角をやや大きくしたV字ソールにすることでソールの抜けが改善。
それによりボールスピードのバラつきが低減し、飛距離が安定することでよりピンをデッドに狙えるアイアンに仕上がりました。





2.薄肉エリアを拡大した高反発フェースにより、フェース全体の反発性能が向上



フェース裏のトウ、ヒール下の薄肉エリアを拡大したことで、高反発エリアが5%拡大。
フェース全体の反発性能が向上し、オフセンターヒット時の飛距離のバラつきが改善されたことで、より戦略的にグリーンを狙いやすくなりました。





3.シャフトの新開発加工技術、新素材の採用によるヘッドスピードアップ



「ゼクシオ ナイン」と同様にヘッドの重量増によって生まれるタメと、手元のやわらかさと軽量化を両立させたシャフトがヘッドスピードをアップするテクノロジーを搭載。
またスチールシャフトには新開発「多段階形状調整加工技術(MSAテクノロジー)」を搭載。
シャフトのステップ部位の厚みを薄く抑えることで軽量化を図りました。
カーボンシャフトは先端に新開発高弾性・高強度樹脂「クロスフィル(三菱レイヨン社製)」を採用。
これらの改良により、さらなる大きな飛びと方向安定性を実現しました。



4.NEW「ゼクシオ フォージド アイアン」デザインの特長

バックフェースを直線的なラインで構成したことにより、「ゼクシオ フォージドアイアン」の持つシャープなイメージや、キレのあるショットを表現しました。
またバッジに新たに加えられたブルーラインのアクセントがスタイリッシュ、かつクールな印象を強めています。



ヘッド素材フェース:HT1770鋼、ボディ:軟鉄
ヘッド製法鍛造
仕上げミラー+サテン+ショット仕上げ



モデル硬度調子重さトルク
N.S.PRO 930GH DST スチールシャフトS932.7
R892.9
MX-6000 カーボンシャフトS633.9
R603.9

※重さはクラブ装着時の重量です。



番手#4#5#6#7#8#9PWAWSW
ロフト角(°)22.024.027.030.034.039.044.050.056.0
ライ角(°)60.561.061.562.062.563.063.5
クラブ長さ(インチ)38.538.037.537.036.536.035.5
バランスN.S.PRO 930GH DSTD2(S)/D1(R)D3(S)/D2(R)
MX-6000D0(S)/C9(R)D1(S)/D0(R)
クラブ重さ(g)N.S.PRO 930GH DST396(#5/S)
MX-6000363(#5/R)
グリップゼクシオ フォージド専用フルラバーグリップ(ロゴ入り)

リリース内の重さ等は設計値であるため、実測値と異なる場合があります。予めご了承ください。

ダンロップ 2017年モデル ニュー ゼクシオ フォージド アイアン DUNLOP NEW XXIO FORGED Iron N.S.PRO 930GH DST スチールシャフト NS930

2.#description
図 3 図 4

図3は一般的に使用されているホイストンブリッジの渦電流式欠陥検出用ブリッジ回路です。
出力条件  平衡時(出力ゼロ)  L1:R2=L2:R1
欠陥検出出力時  |L1-L2| になります。
図4は、図3の検出部(コイル)を示したもので、貫通型の欠陥検出を示します。上記図3及び図4の様に接続することによって欠陥出力が可能です。
検出される出力は、交流電源(AC)を使用しているため電流変化と位相変化が現れます。又、検出部にコイルを使用しているために変化量はインピーダンスの変化によって、変化した電流変化値と位相変化値となって現れます。
図 5 図 6

図5は、貫通型検出コイル中に非磁性金属片Cを挿入して時の図であり、検出コイルに一定交流電源を接続して交流を流した時に発生するベクトル図を図6に示します。
検出コイルは、一般にRとL(インダクタンス)との合成で成り立っています。
図5の金属片Cの良部BをL o中におかれているとき図6のZ1でθ1の位相角度になりあます。又、金属片Cを移動し、L o中に疵部Aをおいた時、図6のZ2でθ2に変化します。
この時、良部と疵部の位相変化量は、
|θ2-θ1|=θ3となり条件(金属材質、寸法、コイルインピーダンスR・ωL、交流周波数)を変えない限りこの値は一定となります。
従って、一般的な渦流探傷方法では、一定条件での欠陥検出の位相角変化は理論上不可能です。
今回、開発した渦流探傷器は、上記一定条件において、疵の位相角度を任意に可変出来る装置です。
(国際特許)
(欠陥検出装置のベクトル表示)
図 7

3.回転移相の原理
流探傷器は、従来の渦流探傷器で使用されているコイルインピーダンスのベクトル変化量(図7左図の位相変化量θ3)での検出のみでなく、検出コイル内での磁束の変化も検出し、制御コイルによりコイル内部の磁束が一定となるように磁束を制御しています。
検出コイル内に金属材料が挿入されますと、コイル内のガタ信号(ノイズ信号)によりコイルインピーダンスは変化します。
この時、金属表面に疵が発生していますとコイルインピーダンスのベクトル量と、磁束の変化量も変わり制御コイルからの信号と検出コイルからの信号により欠陥の検出が可能となります。
この制御コイルからの、制御信号の位相を変化させることで、通常分離が出来にくかった疵信号とガタ信号(ノイズ信号)の位相差を任意に変化(図7右図)させることができます。
回転移相型コイルは、図8の構成となっています。
図 8

従来の渦流探傷器では、L1とL2の検出回路で構成されており、|L1-L2|のベクトル変化量
(図7左図のθ3)の情報でしかないので条件を変えない限りこの位相差は一定となり、このままではSN比は向上しません。
図 9

図9のコイル空心時の磁束本数をφa(この値は一定)とします。そのコイルに金属材料を挿入しますと、金属材
料の磁束本数がφbとなり内部空間磁束と金属材料内磁束の関係は、φa-φb:φbとなります。
この状態で疵部にきますと金属材料の体積が減るため金属材料内の磁束本数が減り金属材料内の磁束本数はφb-⊿φとなります。又、この⊿φが疵信号とガタ信号の位相差に相当します。
従って、この⊿φの値を変化させることで疵信号とガタ信号の位相差を任意に変化させることができます。これが回転移相の原理です。 又、磁束と電流の間には、φ=I/Tの関係から、電流Iを変化させれば磁束が変化します。又、図10のベクトル図において、RとVは同相であり、又、ωLとIが同相であることから電流Iを変化させることで疵信号とガタ信号の位相差θ3が変化します。
図 10

◆ 回 転 移 相 の 効 果
keywords#
SUS304、φ10㎜、深さ50μm
従来方式 回転移相方式


磁性材、コーナー部クラック疵、深さ20μm、長さ0.2㎜
従来方式 回転移相方式



Copyright (C) Nihon Estekku Co.,Ltd. All Rights Reserved.