医療用ウィッグ 医療用 ウイッグ ウィッグ かつら 医療 ショート IU7156-N4オーダーメイド!
◆ 回 転 移 相 式 渦 流 探 傷 に 関 す る 説 明
回 転 移 相 式 渦 流 探 傷
渦流試験の原理
#description医療用ウィッグ 医療用 ウイッグ ウィッグ かつら 医療 ショート IU7156-N4オーダーメイド!:私元気ウィッグ・かつら専門店 - e1eba
回転移相の原理

回 転 移 相 の 効 果
keywords#

2019-10-15
カテゴリトップ>その他
素 材耐熱繊維、絡みにくい、不燃性タイプ
植毛方法機械編み
ベース抗菌防臭医療用ベース
カラー上記の色写真を参考の上、ご注文後、弊社からの実物のカラーチャートにて、色を選んでいただきます。
カラーチャートにない色でも色の見本があれば、製作が可能です。まず、お問い合わせください。
サイズ上記写真のように、頭部のサイズを測っていただき、ご注文の際、注文フォームにご記入ください。
(微調整可能のアジャスター付き)
髪の長さプロの美容師がお客様のサイズと髪型に合わせて、決めます。
ショートは30cmまで、ミディアムは40cmまで、ロングは50cmまでご指定できます。
特別な要求がある場合はお問い合わせください。
製作時間30日−45日間前後
備 考素材、人工皮膚、植毛方法、カラー、サイズ、髪の長さなどについて、特別な要求がある場合はお気軽にお問い合わせください。
▼お支払い、発送、返品、交換について▼
お支払い銀行振込
カード決済
代金引換
オーダーメイド商品はまず申込金2万円お支払い(2万円以下商品は代金全額のお支払い)いただき、残金は商品完成した後、銀行振込か代引きにてお支払いください。
発送佐川急便 送料無料
(沖縄の場合は送料1,960円をご注文後追加させていただきます。離島など地域中継料が発生する場合は改めて送料お見積もりの場合もございます。予めご了承くださいませ。)
オーダーメイド商品の製作時間は約30〜45日です。
製作完了次第、商品を発送いたします。
返品・
キャンセル
オーダーメイド商品の返品はできません。ご了承ください。但し、弊社の原因での不良品の場合は修正させていただきます。
お客様が指定したサイズに合わない場合は無料で修正いたします。
申込金お支払い後のキャンセルは申込金の返金ができません。ご了承ください。



ウイッグ

ウイッグ

ウイッグ

ウイッグ

ウイッグ


医療用ウィッグ 特徴医療用ウィッグ 特徴

サイズをお測りください
以下の4つのサイズを測っていただき、注文フォームにご記入ください。


お客様の声
東京都 N.K.様
先ほどウィッグが届きました。開けたとたんに思わず『うわーっ!』と声を上げてしまいました。こんなお安く、しかも思い通りのウィッグが届いて感激しております。本当にありがとうございました。
早速かぶってみましたら、とても似合っています。私元気さんに出会って本当に良かったと思っております。本当にありがとうございました。

愛知県A.B.様
昨夜、届きました。
ありがとうございます。
予想以上に立派な物でとても嬉しいです。

鹿児島県 M.I.様
本日、無事商品が届きました。メールの対応や梱包など迅速・丁寧な上に細やかなご連絡をいただき、大変気持ちの良いお取引をさせていただきました!
また、お会いできたら嬉しいです。今回は有難うございました♪

他にも貴重な好評をたくさんいただいております!



上品さがサラリと香る!
かつら 医療!オーダーメイド!自分にびったり

2.#description
図 3 図 4

図3は一般的に使用されているホイストンブリッジの渦電流式欠陥検出用ブリッジ回路です。
出力条件  平衡時(出力ゼロ)  L1:R2=L2:R1
欠陥検出出力時  |L1-L2| になります。
図4は、図3の検出部(コイル)を示したもので、貫通型の欠陥検出を示します。上記図3及び図4の様に接続することによって欠陥出力が可能です。
検出される出力は、交流電源(AC)を使用しているため電流変化と位相変化が現れます。又、検出部にコイルを使用しているために変化量はインピーダンスの変化によって、変化した電流変化値と位相変化値となって現れます。
図 5 図 6

図5は、貫通型検出コイル中に非磁性金属片Cを挿入して時の図であり、検出コイルに一定交流電源を接続して交流を流した時に発生するベクトル図を図6に示します。
検出コイルは、一般にRとL(インダクタンス)との合成で成り立っています。
図5の金属片Cの良部BをL o中におかれているとき図6のZ1でθ1の位相角度になりあます。又、金属片Cを移動し、L o中に疵部Aをおいた時、図6のZ2でθ2に変化します。
この時、良部と疵部の位相変化量は、
|θ2-θ1|=θ3となり条件(金属材質、寸法、コイルインピーダンスR・ωL、交流周波数)を変えない限りこの値は一定となります。
従って、一般的な渦流探傷方法では、一定条件での欠陥検出の位相角変化は理論上不可能です。
今回、開発した渦流探傷器は、上記一定条件において、疵の位相角度を任意に可変出来る装置です。
(国際特許)
(欠陥検出装置のベクトル表示)
図 7

3.回転移相の原理
流探傷器は、従来の渦流探傷器で使用されているコイルインピーダンスのベクトル変化量(図7左図の位相変化量θ3)での検出のみでなく、検出コイル内での磁束の変化も検出し、制御コイルによりコイル内部の磁束が一定となるように磁束を制御しています。
検出コイル内に金属材料が挿入されますと、コイル内のガタ信号(ノイズ信号)によりコイルインピーダンスは変化します。
この時、金属表面に疵が発生していますとコイルインピーダンスのベクトル量と、磁束の変化量も変わり制御コイルからの信号と検出コイルからの信号により欠陥の検出が可能となります。
この制御コイルからの、制御信号の位相を変化させることで、通常分離が出来にくかった疵信号とガタ信号(ノイズ信号)の位相差を任意に変化(図7右図)させることができます。
回転移相型コイルは、図8の構成となっています。
図 8

従来の渦流探傷器では、L1とL2の検出回路で構成されており、|L1-L2|のベクトル変化量
(図7左図のθ3)の情報でしかないので条件を変えない限りこの位相差は一定となり、このままではSN比は向上しません。
図 9

図9のコイル空心時の磁束本数をφa(この値は一定)とします。そのコイルに金属材料を挿入しますと、金属材
料の磁束本数がφbとなり内部空間磁束と金属材料内磁束の関係は、φa-φb:φbとなります。
この状態で疵部にきますと金属材料の体積が減るため金属材料内の磁束本数が減り金属材料内の磁束本数はφb-⊿φとなります。又、この⊿φが疵信号とガタ信号の位相差に相当します。
従って、この⊿φの値を変化させることで疵信号とガタ信号の位相差を任意に変化させることができます。これが回転移相の原理です。 又、磁束と電流の間には、φ=I/Tの関係から、電流Iを変化させれば磁束が変化します。又、図10のベクトル図において、RとVは同相であり、又、ωLとIが同相であることから電流Iを変化させることで疵信号とガタ信号の位相差θ3が変化します。
図 10

◆ 回 転 移 相 の 効 果
keywords#
SUS304、φ10㎜、深さ50μm
従来方式 回転移相方式


磁性材、コーナー部クラック疵、深さ20μm、長さ0.2㎜
従来方式 回転移相方式



Copyright (C) Nihon Estekku Co.,Ltd. All Rights Reserved.