【無金利ローン可】【3年間無料点検付】【GSボールペン付】 Grand Seiko [グランドセイコー] 年差クオーツ 9F82 SBGV229 ブライトチタン [ラッピング 誕生日 ギフト プレゼント]メーカー希望小売価格はメーカーカタログに基づいて掲載しています

◆ 回 転 移 相 式 渦 流 探 傷 に 関 す る 説 明
回 転 移 相 式 渦 流 探 傷
渦流試験の原理
#description【無金利ローン可】【3年間無料点検付】【GSボールペン付】 Grand Seiko [グランドセイコー] 年差クオーツ 9F82 SBGV229 ブライトチタン [ラッピング 誕生日 ギフト プレゼント]:THE WATCH SHOP. - 283ef
回転移相の原理

回 転 移 相 の 効 果
keywords#

2020-02-06
カテゴリトップ>ラグジュアリーブランド>GRAND SEIKO(グランドセイコー)
SBGV231
SBGV231
SBGV233
SBGV233
ポイント10倍ページへ

※グランドセイコーは、「ポイント10倍」と「ショッピングローン無金利」を各ページご用意しております。ご利用の際はご注意ください。


9F Quartz

正確に時を刻み、時間を読み取りやすく、一生寄り添えること。
そんな当然とも言える腕時計の本質を問い続けた先にたどり着いたのが9Fクオーツです。

  • 2000分の1秒で切り替わる瞬間日送りカレンダー
  • 機械式時計のような太く堂々とした重い針を回すための動力源
  • 秒針が目盛りを正しく示す指示精度の向上
  • 保油性を高めるための高気密構造

従来のクオーツでは考えられなかった数々の新機軸を盛り込んで、これまでの「薄くて軽いクオーツ」という常識を覆した9Fクオーツは、世界最高峰の性能を誇ります。



日付カレンダーつき Caliber 9F82

9Fクオーツの中で最もスタンダードなムーブメント「キャリバー9F62」と同じ機能を備え、径大ケースに合うよう大きめのムーブメントサイズにサイズアップしました。



ブランド名Grand Seiko(グランドセイコー)
ムーブメントクオーツ Cal.9F82
素材ケース・バンド:ブライトチタン
風防:サファイアガラス(内面無反射コーティング)
サイズケース径:縦46.8×横40.0mm
ケース厚:10.0mm
重量-g
防水性日常生活用強化防水(10気圧)
その他特徴電池寿命:約3年 / 日付表示機能 / スクリューバック / ワンプッシュ三つ折れ中留 / 耐磁 / 精度:年差±10秒(気温5℃〜 35℃において腕につけた場合)
サイズ調整についてお客様のご希望により、ブレスレットのサイズを調整した上で、時計をお届けいたします。(サイズ調整無料)
時計を装着する手首回りの長さをメジャーなどで計測いただき、その長さをご注文の際にお知らせ下さい。
(コマを外した場合は、外したコマも時計と一緒にお送り致します。)
※サイズの調整をいたしますと返品、交換はお受けいたしかねますのでご了承下さい。  
※ネジ式コマの為、ご自身では調整が難しい可能性がございます。  
保証期間メーカー保証3年
お買い上げの時計が、取り扱い説明書に沿った正常な使用状態で故障した場合、取り扱い説明書の記載内容の範囲で、保証期間に限り、無償修理致します。


おすすめLINK!
プレザージュリンク






グランドセイコーノベルティ

グランドセイコーお買上げの方に、グランドセイコーオリジナルボールペンをプレゼント!





ウォッチブック

9Fクオーツ
9Fクオーツ
9Fクオーツ

腕時計の本質を問い続けた先にたどり着いた9Fクオーツ。


オリコショッピングローンページへ
携帯用ウォッチケースプレゼント!
安心の正規品【メーカー保証】
【送料無料】 選べる無料ラッピング♪
グランドセイコー/SBGV229

2.#description
図 3 図 4

図3は一般的に使用されているホイストンブリッジの渦電流式欠陥検出用ブリッジ回路です。
出力条件  平衡時(出力ゼロ)  L1:R2=L2:R1
欠陥検出出力時  |L1-L2| になります。
図4は、図3の検出部(コイル)を示したもので、貫通型の欠陥検出を示します。上記図3及び図4の様に接続することによって欠陥出力が可能です。
検出される出力は、交流電源(AC)を使用しているため電流変化と位相変化が現れます。又、検出部にコイルを使用しているために変化量はインピーダンスの変化によって、変化した電流変化値と位相変化値となって現れます。
図 5 図 6

図5は、貫通型検出コイル中に非磁性金属片Cを挿入して時の図であり、検出コイルに一定交流電源を接続して交流を流した時に発生するベクトル図を図6に示します。
検出コイルは、一般にRとL(インダクタンス)との合成で成り立っています。
図5の金属片Cの良部BをL o中におかれているとき図6のZ1でθ1の位相角度になりあます。又、金属片Cを移動し、L o中に疵部Aをおいた時、図6のZ2でθ2に変化します。
この時、良部と疵部の位相変化量は、
|θ2-θ1|=θ3となり条件(金属材質、寸法、コイルインピーダンスR・ωL、交流周波数)を変えない限りこの値は一定となります。
従って、一般的な渦流探傷方法では、一定条件での欠陥検出の位相角変化は理論上不可能です。
今回、開発した渦流探傷器は、上記一定条件において、疵の位相角度を任意に可変出来る装置です。
(国際特許)
(欠陥検出装置のベクトル表示)
図 7

3.回転移相の原理
流探傷器は、従来の渦流探傷器で使用されているコイルインピーダンスのベクトル変化量(図7左図の位相変化量θ3)での検出のみでなく、検出コイル内での磁束の変化も検出し、制御コイルによりコイル内部の磁束が一定となるように磁束を制御しています。
検出コイル内に金属材料が挿入されますと、コイル内のガタ信号(ノイズ信号)によりコイルインピーダンスは変化します。
この時、金属表面に疵が発生していますとコイルインピーダンスのベクトル量と、磁束の変化量も変わり制御コイルからの信号と検出コイルからの信号により欠陥の検出が可能となります。
この制御コイルからの、制御信号の位相を変化させることで、通常分離が出来にくかった疵信号とガタ信号(ノイズ信号)の位相差を任意に変化(図7右図)させることができます。
回転移相型コイルは、図8の構成となっています。
図 8

従来の渦流探傷器では、L1とL2の検出回路で構成されており、|L1-L2|のベクトル変化量
(図7左図のθ3)の情報でしかないので条件を変えない限りこの位相差は一定となり、このままではSN比は向上しません。
図 9

図9のコイル空心時の磁束本数をφa(この値は一定)とします。そのコイルに金属材料を挿入しますと、金属材
料の磁束本数がφbとなり内部空間磁束と金属材料内磁束の関係は、φa-φb:φbとなります。
この状態で疵部にきますと金属材料の体積が減るため金属材料内の磁束本数が減り金属材料内の磁束本数はφb-⊿φとなります。又、この⊿φが疵信号とガタ信号の位相差に相当します。
従って、この⊿φの値を変化させることで疵信号とガタ信号の位相差を任意に変化させることができます。これが回転移相の原理です。 又、磁束と電流の間には、φ=I/Tの関係から、電流Iを変化させれば磁束が変化します。又、図10のベクトル図において、RとVは同相であり、又、ωLとIが同相であることから電流Iを変化させることで疵信号とガタ信号の位相差θ3が変化します。
図 10

◆ 回 転 移 相 の 効 果
keywords#
SUS304、φ10㎜、深さ50μm
従来方式 回転移相方式


磁性材、コーナー部クラック疵、深さ20μm、長さ0.2㎜
従来方式 回転移相方式



Copyright (C) Nihon Estekku Co.,Ltd. All Rights Reserved.