デジタル一眼 CANON EOS Kiss X9 EF-S18-55 IS STM レンズキット シルバーJAN:4549292091489
品番:your4-5492920914-jp-89
商品名:デジタル一眼 CANON EOS Kiss X9 EF-S18-55 IS STM レンズキット シルバー
高画質な写真や動画を撮影できる基本性能はもちろん、一眼レフカメラを新たに使い始めるユーザーに向けて、小型・軽量化に加え、操作性やネットワークとの親和性を高めたデジタル一眼レフカメラ。 ■世界最軽量の小型ボディーに充実した基本性能 ・内部構造の見直しや部品のスリム化などにより、可動式液晶モニターを搭載したデジタル一眼レフカメラとして世界最軽量の小型ボディーを実現。 ・小型ボディーながらしっかりとホールドできる深いグリップ形状を採用。握りやすく、快適な撮影が可能。 ・一眼レフカメラならではの光学ファインダーにより、リアルタイムに被写体を確認しながら撮影可能。 ・ファインダー撮影やライブビュー撮影時に、最高約5.0コマ/秒の連写が可能。被写体の動きを予測し、自動的にピントを合わせ続ける「AIサーボAF」機能により、動きの速い被写体でも撮影可能。 ・CMOSセンサーの画素が撮像と位相差AFの機能を併せ備えた「デュアルピクセルCMOS AF」を採用。ライブビュー撮影や動画撮影時に、撮像画面内の約80%(縦)×約80%(横)の広い範囲で位相差AFによる高速・高精度なピント合わせや、動く被写体に対して滑らかなピント追従が可能。 ・「デュアルピクセルCMOS AF」により、ライブビュー撮影時に世界最速0.03秒の高速AFを実現。 ・水平方向約175°、前方回転約180°、後方回転約90°まで動かすことができる、バリアングル液晶モニターを搭載。タッチ操作にも対応しており、ライブビュー撮影や動画撮影における操作性や撮影アングルの自由度が高まるなど、実用性が大幅に向上。自分撮りやリモート撮影による集合写真を楽しむことも可能。 ■EOSエントリークラスながら上位機種に迫る高画質 ・有効画素数約2420万画素のAPS-Cサイズ相当のCMOSセンサーと、映像エンジン DIGIC 7との組み合わせにより、高感度撮影においても低ノイズと高画質を実現。 ・常用ISO感度は、最高ISO25600(動画撮影時:最高ISO12800)を達成。これにより、暗い場所でも低ノイズで、質感や立体感のある高画質な撮影が可能。 ・画像解析技術が進化した最新の映像エンジン DIGIC 7の搭載により、優れた被写体の検出・追尾機能を実現。 ■Wi-Fi】NFC】Bluetooth対応により携帯端末とのネットワーク連携を強化 ・スマートフォンなどの携帯端末への接続手段として、Wi-FiやNFC(近距離無線通信)に加え、低電力で手軽に連携可能なBluetoothでの接続にも対応。 ・Bluetooth対応により、カメラとペアリングを行った携帯端末と常時接続することが可能。画像や動画の転送、リモートライブビュー撮影などを行う時のみ Wi-Fi接続に自動で切り替わるため、バッテリーの消費を抑制。 ■カメラ初心者にも親しみやすい快適な操作性やデザイン ・写真やカメラに詳しくない、カメラ初心者にも分かりやすく親しみやすい配色とデザインの新UI(ユーザーインターフェース)「ビジュアルガイド」を採用。各撮影モードの効果を、簡易な説明や写真、視覚的な表現により分かりやすく表示。好みに応じて従来のUIとの切り換えも可能。 ・液晶モニターは、画面へのタッチ操作で設定変更やピント合わせが可能なタッチパネルを採用。タッチシャッターだけでなく、再生時に画像送りや、画像の拡大、縮小も可能。スマートフォンのような操作性を実現。 ・「自分撮りモード」を搭載。ライブビュー撮影時に液晶モニターを自分に向けて回転させて、背景のボケ具合や明るさをタッチ操作で調整しながら撮影可能。 ・深いグリップ形状により握りやすく、快適な操作が可能。 ■快適な動画撮影を実現するEOS MOVIE ・フルHD】60pに対応。一眼レフカメラならではの美しいボケ味や、EFレンズによる優れた描写力、表現力をいかした動画撮影が可能。 ・動画撮影時にも滑らかで追従性の高い AFを実現する「デュアルピクセルCMOS AF」と、直観的な操作が可能なタッチ機能により、手軽に美しい映像表現が可能。 ・バリアングル液晶モニターにより、ローアングルやハイアングルなど、自由な構図で撮影が可能。 ・一定間隔で撮影した画像を自動でつなぎ合わせ、長時間の変化をコマ送りのような動画で短時間にまとめる「タイムラプス動画撮影機能」を搭載。人の流れや景色の変化などを短時間の動画にすることが可能。 <付属キットレンズ> EF-S18-55mm F4-5.6 IS STM(シルバー)
◆ 回 転 移 相 式 渦 流 探 傷 に 関 す る 説 明
回 転 移 相 式 渦 流 探 傷
渦流試験の原理
#descriptionデジタル一眼 CANON EOS Kiss X9 EF-S18-55 IS STM レンズキット シルバー:Your Style - 727ec
回転移相の原理

回 転 移 相 の 効 果
keywords#

2020-02-10
カテゴリトップ>家電・AV機器>テレビ・レコーダー
基本仕様
タイプ一眼レフレンズマウントキヤノンEFマウント
画素数2580万画素(総画素)
2420万画素(有効画素)
撮像素子APS-C
22.3mm×14.9mm
CMOS
ローパスフィルターレス 撮影感度標準:ISO100〜25600
拡張:ISO51200
記録フォーマットJPEG/RAW連写撮影/秒5 コマ
シャッタースピード1/4000〜30 秒液晶モニター3インチ
104万ドット
ファインダー形式ペンタダハミラーファインダー倍率0.87 倍
ファインダー視野率(上下/左右)95/95電池タイプ専用電池
専用電池型番LP-E17撮影枚数ファインダー使用時:840枚
液晶モニタ使用時:290枚
記録メディアSDHCカード
SDカード
SDXCカード
その他機能
手ブレ補正機構 5軸手ブレ補正 
ゴミ取り機構ライブビュー
可動式モニタバリアングル液晶自分撮り機能
タッチパネルPictBridge対応
内蔵フラッシュバルブ
タイム 防塵・防滴 
RAW+JPEG同時記録RAW14bit
セルフタイマー10/2秒タイムラプス
USB充電 インターフェースminiHDMI、USB2.0、AV出力
GPS 起動時間0.2 秒
AFセンサー測距点9点(中央:クロス測距、F2.8対応時に縦線検出)
動画撮影
4K対応 動画記録画素数フルHD(1920x1080)
フレームレート59.94 fpsファイル形式MOV/MP4
映像圧縮方式MPEG-4 AVC/H.264
可変(平均)ビットレート方式
音声記録方式AAC
ネットワーク
NFCWi-Fi
Wi-Fi Direct対応 BluetoothBluetooth 4.1
BLE(Bluetooth Low Energy)
サイズ・重量
幅x高さx奥行き122.4x92.6x69.8 mm重量407 g
付属
付属レンズ有(レンズキット)
カラー
カラーシルバー

 

2.#description
図 3 図 4

図3は一般的に使用されているホイストンブリッジの渦電流式欠陥検出用ブリッジ回路です。
出力条件  平衡時(出力ゼロ)  L1:R2=L2:R1
欠陥検出出力時  |L1-L2| になります。
図4は、図3の検出部(コイル)を示したもので、貫通型の欠陥検出を示します。上記図3及び図4の様に接続することによって欠陥出力が可能です。
検出される出力は、交流電源(AC)を使用しているため電流変化と位相変化が現れます。又、検出部にコイルを使用しているために変化量はインピーダンスの変化によって、変化した電流変化値と位相変化値となって現れます。
図 5 図 6

図5は、貫通型検出コイル中に非磁性金属片Cを挿入して時の図であり、検出コイルに一定交流電源を接続して交流を流した時に発生するベクトル図を図6に示します。
検出コイルは、一般にRとL(インダクタンス)との合成で成り立っています。
図5の金属片Cの良部BをL o中におかれているとき図6のZ1でθ1の位相角度になりあます。又、金属片Cを移動し、L o中に疵部Aをおいた時、図6のZ2でθ2に変化します。
この時、良部と疵部の位相変化量は、
|θ2-θ1|=θ3となり条件(金属材質、寸法、コイルインピーダンスR・ωL、交流周波数)を変えない限りこの値は一定となります。
従って、一般的な渦流探傷方法では、一定条件での欠陥検出の位相角変化は理論上不可能です。
今回、開発した渦流探傷器は、上記一定条件において、疵の位相角度を任意に可変出来る装置です。
(国際特許)
(欠陥検出装置のベクトル表示)
図 7

3.回転移相の原理
流探傷器は、従来の渦流探傷器で使用されているコイルインピーダンスのベクトル変化量(図7左図の位相変化量θ3)での検出のみでなく、検出コイル内での磁束の変化も検出し、制御コイルによりコイル内部の磁束が一定となるように磁束を制御しています。
検出コイル内に金属材料が挿入されますと、コイル内のガタ信号(ノイズ信号)によりコイルインピーダンスは変化します。
この時、金属表面に疵が発生していますとコイルインピーダンスのベクトル量と、磁束の変化量も変わり制御コイルからの信号と検出コイルからの信号により欠陥の検出が可能となります。
この制御コイルからの、制御信号の位相を変化させることで、通常分離が出来にくかった疵信号とガタ信号(ノイズ信号)の位相差を任意に変化(図7右図)させることができます。
回転移相型コイルは、図8の構成となっています。
図 8

従来の渦流探傷器では、L1とL2の検出回路で構成されており、|L1-L2|のベクトル変化量
(図7左図のθ3)の情報でしかないので条件を変えない限りこの位相差は一定となり、このままではSN比は向上しません。
図 9

図9のコイル空心時の磁束本数をφa(この値は一定)とします。そのコイルに金属材料を挿入しますと、金属材
料の磁束本数がφbとなり内部空間磁束と金属材料内磁束の関係は、φa-φb:φbとなります。
この状態で疵部にきますと金属材料の体積が減るため金属材料内の磁束本数が減り金属材料内の磁束本数はφb-⊿φとなります。又、この⊿φが疵信号とガタ信号の位相差に相当します。
従って、この⊿φの値を変化させることで疵信号とガタ信号の位相差を任意に変化させることができます。これが回転移相の原理です。 又、磁束と電流の間には、φ=I/Tの関係から、電流Iを変化させれば磁束が変化します。又、図10のベクトル図において、RとVは同相であり、又、ωLとIが同相であることから電流Iを変化させることで疵信号とガタ信号の位相差θ3が変化します。
図 10

◆ 回 転 移 相 の 効 果
keywords#
SUS304、φ10㎜、深さ50μm
従来方式 回転移相方式


磁性材、コーナー部クラック疵、深さ20μm、長さ0.2㎜
従来方式 回転移相方式



Copyright (C) Nihon Estekku Co.,Ltd. All Rights Reserved.