Ibanez 《アイバニーズ》
AF75-BS  
 【ibz_new】

Ibanez ARTCORE SERIES

ホロウ・ギターはJAZZのイメージが強すぎて、ちょっと敷居が高い…、そんな印象を抱いている方も多いのではないでしょうか。ARTCORE(アートコア)シリーズは、IbanezがGeorge BensonやJohn Scofield、Pat Methenyら数々のミュージシャンとともに築き上げてきたホロウ・ギターづくりのノウハウを受け継ぎながら、もっと自由に、そしてより気軽にジャンル・レスに演奏を楽しむためのギターとして位置付けるシリーズです。自宅のソファで爪弾いたり、仲間とのセッションに持ち込んだり。アンプラグドから、大音量まで。いつでも肩肘張らずにホロウ・ボディのサウンドとトーンを楽しむためのギターにしたい、そんな願いを込めています。

・最大幅約400ミリのボディがもたらすふくよかな鳴りが特徴のAFシェイプ・フルホロウ・モデル
(センター・ブロックの無い構造で、ふくよかな胴鳴りとロング・ノートでの温かなトーンを求めやすいのが特徴です。)
・1フレットで21mm、9フレットで24mmのやや薄く握りやすいネック・グリップを採用
・クランチでもオーバードライブ・サウンドでも、程良い粒立ちが特徴のClassic Eliteピックアップ
・コントロールのしやすさと視認性の高さを兼ね備えたSure Grip IIIノブ

Neck type: Artcore Mahogany set-in neck (20frets)
Body: Maple top/back/sides
Fretboard: Bound Laurel fretboard w/Acrylic block inlay
Fret: Medium frets
Body size: Max body thickness: 3 5/8”, Width at lower bout: 15 3/4”
Bridge: ART-1 bridge
Tailpiece: VT60 tailpiece
Neck pickup Classic Elite (H) neck pickup
Bridge pickup: Classic Elite (H) bridge pickup
Hardware color: Chrome

ソフトケース付き

■Finish :
・BS (Brown Sunburst)

※画像はサンプルとなります。製品の特性上、木目・色身は1本1本異なります。

【商品取扱い店舗】
・イケベグランディ&ジャングル(03-3464-2750)


 Ibanez ARTCORE SERIES

◆ 回 転 移 相 式 渦 流 探 傷 に 関 す る 説 明
回 転 移 相 式 渦 流 探 傷
渦流試験の原理
#descriptionIbanez 《アイバニーズ》 AF75-BS    【ibz_new】:渋谷IKEBE楽器村 - 278d3
回転移相の原理

回 転 移 相 の 効 果
keywords#

2019-10-06
カテゴリトップ>エレキギター>エレキギタータイプ別>フルアコ/セミアコ>Ibanez
2.#description
図 3 図 4

図3は一般的に使用されているホイストンブリッジの渦電流式欠陥検出用ブリッジ回路です。
出力条件  平衡時(出力ゼロ)  L1:R2=L2:R1
欠陥検出出力時  |L1-L2| になります。
図4は、図3の検出部(コイル)を示したもので、貫通型の欠陥検出を示します。上記図3及び図4の様に接続することによって欠陥出力が可能です。
検出される出力は、交流電源(AC)を使用しているため電流変化と位相変化が現れます。又、検出部にコイルを使用しているために変化量はインピーダンスの変化によって、変化した電流変化値と位相変化値となって現れます。
図 5 図 6

図5は、貫通型検出コイル中に非磁性金属片Cを挿入して時の図であり、検出コイルに一定交流電源を接続して交流を流した時に発生するベクトル図を図6に示します。
検出コイルは、一般にRとL(インダクタンス)との合成で成り立っています。
図5の金属片Cの良部BをL o中におかれているとき図6のZ1でθ1の位相角度になりあます。又、金属片Cを移動し、L o中に疵部Aをおいた時、図6のZ2でθ2に変化します。
この時、良部と疵部の位相変化量は、
|θ2-θ1|=θ3となり条件(金属材質、寸法、コイルインピーダンスR・ωL、交流周波数)を変えない限りこの値は一定となります。
従って、一般的な渦流探傷方法では、一定条件での欠陥検出の位相角変化は理論上不可能です。
今回、開発した渦流探傷器は、上記一定条件において、疵の位相角度を任意に可変出来る装置です。
(国際特許)
(欠陥検出装置のベクトル表示)
図 7

3.回転移相の原理
流探傷器は、従来の渦流探傷器で使用されているコイルインピーダンスのベクトル変化量(図7左図の位相変化量θ3)での検出のみでなく、検出コイル内での磁束の変化も検出し、制御コイルによりコイル内部の磁束が一定となるように磁束を制御しています。
検出コイル内に金属材料が挿入されますと、コイル内のガタ信号(ノイズ信号)によりコイルインピーダンスは変化します。
この時、金属表面に疵が発生していますとコイルインピーダンスのベクトル量と、磁束の変化量も変わり制御コイルからの信号と検出コイルからの信号により欠陥の検出が可能となります。
この制御コイルからの、制御信号の位相を変化させることで、通常分離が出来にくかった疵信号とガタ信号(ノイズ信号)の位相差を任意に変化(図7右図)させることができます。
回転移相型コイルは、図8の構成となっています。
図 8

従来の渦流探傷器では、L1とL2の検出回路で構成されており、|L1-L2|のベクトル変化量
(図7左図のθ3)の情報でしかないので条件を変えない限りこの位相差は一定となり、このままではSN比は向上しません。
図 9

図9のコイル空心時の磁束本数をφa(この値は一定)とします。そのコイルに金属材料を挿入しますと、金属材
料の磁束本数がφbとなり内部空間磁束と金属材料内磁束の関係は、φa-φb:φbとなります。
この状態で疵部にきますと金属材料の体積が減るため金属材料内の磁束本数が減り金属材料内の磁束本数はφb-⊿φとなります。又、この⊿φが疵信号とガタ信号の位相差に相当します。
従って、この⊿φの値を変化させることで疵信号とガタ信号の位相差を任意に変化させることができます。これが回転移相の原理です。 又、磁束と電流の間には、φ=I/Tの関係から、電流Iを変化させれば磁束が変化します。又、図10のベクトル図において、RとVは同相であり、又、ωLとIが同相であることから電流Iを変化させることで疵信号とガタ信号の位相差θ3が変化します。
図 10

◆ 回 転 移 相 の 効 果
keywords#
SUS304、φ10㎜、深さ50μm
従来方式 回転移相方式


磁性材、コーナー部クラック疵、深さ20μm、長さ0.2㎜
従来方式 回転移相方式



Copyright (C) Nihon Estekku Co.,Ltd. All Rights Reserved.