バカラ (Baccarat) アルクール タンブラー ペア 2-811-288【あす楽対応】◆商品仕様
◆ 回 転 移 相 式 渦 流 探 傷 に 関 す る 説 明
回 転 移 相 式 渦 流 探 傷
渦流試験の原理
#descriptionバカラ (Baccarat) アルクール タンブラー ペア 2-811-288【あす楽対応】:輸入ブランド洋食器専門店2本の剣 - 40a9b
回転移相の原理

回 転 移 相 の 効 果
keywords#

2020-03-06
カテゴリトップ>2本の剣おすすめの【逸品】>新入荷商品
素材クリスタル・ガラス(Lead glass)
生産国フランス(Made in France)
セット内容タンブラー×2
口直径7cm
高さ14cm
ブランドBOX付属しております。


世界最高峰のクリスタル

バカラの魅力は輝きと重量感のあるクリスタル。
クリスタルの秘密はガラスに美しく輝かせる為に鉛を含有し、特有の重量感と輝きを放ち、バカラならではの虹色の輝きは人々を魅了します。



フランス郊外にあるバカラ村。
1764年から始まり250年の歴史を持つバカラは、 製造した商品のうち、実に半数以上の製品を処分し、一流品のみを出荷しています。


バカラの代表作

1841年の発表以来、バカラの代表作になったのが“アルクール”。
バカラの中でも世界のセレブリティに最も人気の高いシリーズで、1825年にアルクール公爵家の婚礼のためにこのデザインの完成形が作られたというストーリーがあります。

特にワイングラスは、そのシェイプがキリスト教の “聖餐杯”に似ていて、1917年にはローマ法王のベネディクト15世の意向によりバチカンで使用されることになった歴史を持つ逸品。



ご注文時に以下の内容を必ずご確認ください
当店の定休日は土・日・祝日となっております。営業日13時以降にいただいたご注文につきましては、翌営業日以降の発送となりますので、ご注意ください。

※翌日着が可能な商品は、当店にて在庫がある商品に限ります。また、
対象商品の商品名の下に、「翌日配送 対応可能エリア」が記載された図が表示されているものに限りますので、ご注意ください。

あす楽対応商品と非対応商品を同時に購入(同梱発送)する場合、あす楽対応外となりますので、ご注意ください。対象商品であっても、5点以上になる場合はあす楽対象外となります。

お届け時間のご指定は原則できません。もしご指定があった場合でも、原則翌日中にお届けするよう手配いたします。もし翌々日以降となってもお届け時間の方を優先されたい場合は、ご注文STEP の配送日時指定でご希望の時間を選択してください(あす楽商品とはなりません)。

※交通機関の不具合や悪天候などその他の不可抗力が生じた場合には、商品の到着時間帯および到着日が前後することがあります。また、年末年始やゴールデンウィークなどの繁忙期は、輸送量の増加により翌日お届けできないこともございますのでご了承願います。
銀行振り込みの場合、およびクレジット決済で承認が取れなかった際など、翌日配送ができない場合がございます。また、バンク決済で店舗側での入金確認に時間がかかった場合(決済されてから確認まで4 時間ほどかかることがあります)も翌日配送ができない場合がございますので、ご了承ください。

注文内容ご確認メール(自動配信メール)記載の購入日時(注文確定日時)が、注文受付時間となります。 翌日のお届けには、記載の時刻が正午よりも前である必要があります。

※特定の商品へのアクセスが集中した場合、システムの都合上、受注時間に誤差が生じる可能性がございます。自動配信メールを必ずご確認ください。自動配信メールが届かない場合は、当店へ直接ご連絡ください。
バカラ アルクール タンブラー / ペア セット

2.#description
図 3 図 4

図3は一般的に使用されているホイストンブリッジの渦電流式欠陥検出用ブリッジ回路です。
出力条件  平衡時(出力ゼロ)  L1:R2=L2:R1
欠陥検出出力時  |L1-L2| になります。
図4は、図3の検出部(コイル)を示したもので、貫通型の欠陥検出を示します。上記図3及び図4の様に接続することによって欠陥出力が可能です。
検出される出力は、交流電源(AC)を使用しているため電流変化と位相変化が現れます。又、検出部にコイルを使用しているために変化量はインピーダンスの変化によって、変化した電流変化値と位相変化値となって現れます。
図 5 図 6

図5は、貫通型検出コイル中に非磁性金属片Cを挿入して時の図であり、検出コイルに一定交流電源を接続して交流を流した時に発生するベクトル図を図6に示します。
検出コイルは、一般にRとL(インダクタンス)との合成で成り立っています。
図5の金属片Cの良部BをL o中におかれているとき図6のZ1でθ1の位相角度になりあます。又、金属片Cを移動し、L o中に疵部Aをおいた時、図6のZ2でθ2に変化します。
この時、良部と疵部の位相変化量は、
|θ2-θ1|=θ3となり条件(金属材質、寸法、コイルインピーダンスR・ωL、交流周波数)を変えない限りこの値は一定となります。
従って、一般的な渦流探傷方法では、一定条件での欠陥検出の位相角変化は理論上不可能です。
今回、開発した渦流探傷器は、上記一定条件において、疵の位相角度を任意に可変出来る装置です。
(国際特許)
(欠陥検出装置のベクトル表示)
図 7

3.回転移相の原理
流探傷器は、従来の渦流探傷器で使用されているコイルインピーダンスのベクトル変化量(図7左図の位相変化量θ3)での検出のみでなく、検出コイル内での磁束の変化も検出し、制御コイルによりコイル内部の磁束が一定となるように磁束を制御しています。
検出コイル内に金属材料が挿入されますと、コイル内のガタ信号(ノイズ信号)によりコイルインピーダンスは変化します。
この時、金属表面に疵が発生していますとコイルインピーダンスのベクトル量と、磁束の変化量も変わり制御コイルからの信号と検出コイルからの信号により欠陥の検出が可能となります。
この制御コイルからの、制御信号の位相を変化させることで、通常分離が出来にくかった疵信号とガタ信号(ノイズ信号)の位相差を任意に変化(図7右図)させることができます。
回転移相型コイルは、図8の構成となっています。
図 8

従来の渦流探傷器では、L1とL2の検出回路で構成されており、|L1-L2|のベクトル変化量
(図7左図のθ3)の情報でしかないので条件を変えない限りこの位相差は一定となり、このままではSN比は向上しません。
図 9

図9のコイル空心時の磁束本数をφa(この値は一定)とします。そのコイルに金属材料を挿入しますと、金属材
料の磁束本数がφbとなり内部空間磁束と金属材料内磁束の関係は、φa-φb:φbとなります。
この状態で疵部にきますと金属材料の体積が減るため金属材料内の磁束本数が減り金属材料内の磁束本数はφb-⊿φとなります。又、この⊿φが疵信号とガタ信号の位相差に相当します。
従って、この⊿φの値を変化させることで疵信号とガタ信号の位相差を任意に変化させることができます。これが回転移相の原理です。 又、磁束と電流の間には、φ=I/Tの関係から、電流Iを変化させれば磁束が変化します。又、図10のベクトル図において、RとVは同相であり、又、ωLとIが同相であることから電流Iを変化させることで疵信号とガタ信号の位相差θ3が変化します。
図 10

◆ 回 転 移 相 の 効 果
keywords#
SUS304、φ10㎜、深さ50μm
従来方式 回転移相方式


磁性材、コーナー部クラック疵、深さ20μm、長さ0.2㎜
従来方式 回転移相方式



Copyright (C) Nihon Estekku Co.,Ltd. All Rights Reserved.