【送料無料】GPRO SkyTrak モバイル [ポータブル弾道測定機(3Dアプリケーションソフト付属)]【送料無料】

商品説明

★ ポータブル弾道測定機「SkyTrak」
スコアアップのための個人練習用、フィッティングやレッスンでの商業用、また実際のコースをラウンド出来るシミュレーションゴルフ用としてなど、様々なゴルフシーンでお役に立てるオールマイティなゴルフツールです。
これまでのゴルフ業界に革新をもたらす程の精度の良さと抜群のコストパフォーマンスから、 SkyTrakは今や多くのプロゴルファーも使うほど、ゴルフに関わる全ての人にとって今後必要不可欠なアイテムとなってくるでしょう。

★ 弾道データを正確に測定する
弾道データを解析すれば、上達スピードが間違いなく加速します。一般のゴルファーでもお求めやすく、かつ同等の機能・精度を備え、さらにもっと使いやすい弾道測定機として「SkyTrak」は誕生しました。
高性能・ 高精度ながら、小型で軽量なので持ち運びも簡単です。
自分の弾道の傾向を把握し、欠点や修正点を明確にすることができる、上達スピードを早めるのに非常に効果的なツールです。

★ 新しい3Dアプリケーションソフト「SkyTrak Asia」
SkyTrakお持ちの方のための専用アプリです。

・ゴルフ練習場
迫力のある3Dバーチャル画像は、まるで開放的なゴルフコースで練習している気分を味わえます。
また、セッションヒストリー内蔵で弾道データ分析も可能となっています。ご自身のスキルアップやクラブフィッティングの貴重なデータとしてご利用いただけます。

・2D
SkyTrakが実測して飛びの3大要素(ボールスピード、打出角度、バックスピン)はもちろん、弾道分析に必要なデータはこの画面だけで一目瞭然。まるで高級スポーツカーのインパネのようなクールでかっこいいデザインです。

・管理画面
ユーザー登録をすると、ご自身の練習履歴、使用クラブのデータ管理ができます。
また、セッションセッティングにより、練習場でのカメラアングルや左打ちなどもワンタッチで切り替え可能となり、良き練習アシスタントとして活躍してくれます。

・ゲーム
仲間と楽しく、そして一人でも飽きずに練習できるようにチャレンジモードを搭載しています。
10Y〜300Yまで設定可能な「ニアピン」、的の大きさを選べる「ターゲット」、競技のように横幅が選択可能な「ドラコン」と3種類のゲームで貴方のスキルアップを応援します。

スペック

* センサータイプ:カメラ
* 対応OS:Windows/iOS
* 接続方法:Wi-Fi
* サイズ(本体):147(幅)×173(高さ)×62(奥行)mm
* 重量(本体):725g
* 電源:AC電源または内蔵バッテリー
* ボールスピード:1〜200MPH
* 打出角度:0〜55度
* サイドアングル:0〜20度
* サイドスピン:0〜4000RPM
* バックスピン:0〜12000RPM
* 利用環境:室内・室外問わず ※非防水仕様
* 右打ち・左打ち両対応


あなたのゴルフを進化させる、ポータブル弾道測定機「SkyTrak」と新しい3Dアプリケーションソフト「SkyTrak Asia」のセットです。

◆ 回 転 移 相 式 渦 流 探 傷 に 関 す る 説 明
回 転 移 相 式 渦 流 探 傷
渦流試験の原理
#description【送料無料】GPRO SkyTrak モバイル [ポータブル弾道測定機(3Dアプリケーションソフト付属)]:総合通販PREMOA - 962c7
回転移相の原理

回 転 移 相 の 効 果
keywords#

2019-10-02
カテゴリトップ>ゴルフ>ゴルフ>ゴルフ練習機器>ショット用
2.#description
図 3 図 4

図3は一般的に使用されているホイストンブリッジの渦電流式欠陥検出用ブリッジ回路です。
出力条件  平衡時(出力ゼロ)  L1:R2=L2:R1
欠陥検出出力時  |L1-L2| になります。
図4は、図3の検出部(コイル)を示したもので、貫通型の欠陥検出を示します。上記図3及び図4の様に接続することによって欠陥出力が可能です。
検出される出力は、交流電源(AC)を使用しているため電流変化と位相変化が現れます。又、検出部にコイルを使用しているために変化量はインピーダンスの変化によって、変化した電流変化値と位相変化値となって現れます。
図 5 図 6

図5は、貫通型検出コイル中に非磁性金属片Cを挿入して時の図であり、検出コイルに一定交流電源を接続して交流を流した時に発生するベクトル図を図6に示します。
検出コイルは、一般にRとL(インダクタンス)との合成で成り立っています。
図5の金属片Cの良部BをL o中におかれているとき図6のZ1でθ1の位相角度になりあます。又、金属片Cを移動し、L o中に疵部Aをおいた時、図6のZ2でθ2に変化します。
この時、良部と疵部の位相変化量は、
|θ2-θ1|=θ3となり条件(金属材質、寸法、コイルインピーダンスR・ωL、交流周波数)を変えない限りこの値は一定となります。
従って、一般的な渦流探傷方法では、一定条件での欠陥検出の位相角変化は理論上不可能です。
今回、開発した渦流探傷器は、上記一定条件において、疵の位相角度を任意に可変出来る装置です。
(国際特許)
(欠陥検出装置のベクトル表示)
図 7

3.回転移相の原理
流探傷器は、従来の渦流探傷器で使用されているコイルインピーダンスのベクトル変化量(図7左図の位相変化量θ3)での検出のみでなく、検出コイル内での磁束の変化も検出し、制御コイルによりコイル内部の磁束が一定となるように磁束を制御しています。
検出コイル内に金属材料が挿入されますと、コイル内のガタ信号(ノイズ信号)によりコイルインピーダンスは変化します。
この時、金属表面に疵が発生していますとコイルインピーダンスのベクトル量と、磁束の変化量も変わり制御コイルからの信号と検出コイルからの信号により欠陥の検出が可能となります。
この制御コイルからの、制御信号の位相を変化させることで、通常分離が出来にくかった疵信号とガタ信号(ノイズ信号)の位相差を任意に変化(図7右図)させることができます。
回転移相型コイルは、図8の構成となっています。
図 8

従来の渦流探傷器では、L1とL2の検出回路で構成されており、|L1-L2|のベクトル変化量
(図7左図のθ3)の情報でしかないので条件を変えない限りこの位相差は一定となり、このままではSN比は向上しません。
図 9

図9のコイル空心時の磁束本数をφa(この値は一定)とします。そのコイルに金属材料を挿入しますと、金属材
料の磁束本数がφbとなり内部空間磁束と金属材料内磁束の関係は、φa-φb:φbとなります。
この状態で疵部にきますと金属材料の体積が減るため金属材料内の磁束本数が減り金属材料内の磁束本数はφb-⊿φとなります。又、この⊿φが疵信号とガタ信号の位相差に相当します。
従って、この⊿φの値を変化させることで疵信号とガタ信号の位相差を任意に変化させることができます。これが回転移相の原理です。 又、磁束と電流の間には、φ=I/Tの関係から、電流Iを変化させれば磁束が変化します。又、図10のベクトル図において、RとVは同相であり、又、ωLとIが同相であることから電流Iを変化させることで疵信号とガタ信号の位相差θ3が変化します。
図 10

◆ 回 転 移 相 の 効 果
keywords#
SUS304、φ10㎜、深さ50μm
従来方式 回転移相方式


磁性材、コーナー部クラック疵、深さ20μm、長さ0.2㎜
従来方式 回転移相方式



Copyright (C) Nihon Estekku Co.,Ltd. All Rights Reserved.