■送料無料■7年保証■ Vita-Mix バイタミックス TNC 5200 ホールフードマシーン マクロビオティック vitamix バイタミックス TNC5200

◆ 回 転 移 相 式 渦 流 探 傷 に 関 す る 説 明
回 転 移 相 式 渦 流 探 傷
渦流試験の原理
#description■送料無料■7年保証■ Vita-Mix バイタミックス TNC 5200 ホールフードマシーン マクロビオティック vitamix バイタミックス TNC5200:なでしこスタイル - 18547
回転移相の原理

回 転 移 相 の 効 果
keywords#

2020-03-22
カテゴリトップ>Brand (Kitchen)>Vita-Mix(バイタミックス)
バイタミックスは食物を丸ごと粉々にして、細胞内の栄養素までも引き出す、ホールフードマシーン (Whole Food machine)です。
毎分37000回転(2馬力)の脅威のパワーと特殊ステンレス4枚刃が、数十秒で食物細胞を破壊、野菜果物・穀物などが
本来持つ栄養素をまるごと抽出して体内に効果的に摂取可能にしてくれます。

ブルーベリーの種・パイナップルの芯・オレンジ・りんごの皮なども丸ごと、なめらかなジュースにすることが可能で、
そのパワーはアボガドの種まで砕くことができます。
他の調理器具では抽出しにくいとされる抗酸化物質(ファイトケミカル)の摂取にも優れた効果を発揮します。
ファイトケミカルは糖質、たんぱく質、ビタミン、ミネラル、脂質、食物繊維とは別の第七の栄養素といわれ
近年注目を浴びる機能性成分で、(リコピン・セサミン・ポリフェノール他)
体を老化させる活性酸素を除去し免疫力を高め、病気の予防に役立つ成分です。
バイタミックスを使う全ての人がこの世界最高水準の性能で健康な
ライフスタイルを送ることができるのです。

ホールフード提唱者で料理人でもあるタカコ・ナカムラ先生も、この「Vita-Mix」を20年前から愛用しています。

バイタミックスで調理したホールフーズには皮膚の皺、シミに効果がある
ビタミンA・C・Eや細胞の新陳代謝を活性化するアルファリポ酸、
健康維持に欠かせない生きた食物酵素などが含まれています。


酵素には消化酵素・代謝酵素・食物酵素の3つがあり、
その中の食物酵素は消化を促す働きがあります。
ホールフーズから生きた酵素を積極的に体に取り込むことで、
免疫力や自然治癒力もアップ、便秘、冷え性、アレルギーなどの体質改善、
お肌への様々な効果などが期待できます。


バイタミックスの機能により、身体の機能を高め抵抗力を作るビタミンA・E・D・Kを含む
脂質(リピッド)を効果的に遊離させることで、
脂肪に溶け込むことなく有効に身体に取り込むことができます。
しかもリピッドは腸管を刺激してコレストシトキニンを分泌させるので食欲を抑制して
食べ過ぎを防ぎダイエットに効果的です。

またリピッドは太陽光に当たるとカルシウムの代謝を促すビタミンDに変換され、 活力の源となります。
2.#description
図 3 図 4

図3は一般的に使用されているホイストンブリッジの渦電流式欠陥検出用ブリッジ回路です。
出力条件  平衡時(出力ゼロ)  L1:R2=L2:R1
欠陥検出出力時  |L1-L2| になります。
図4は、図3の検出部(コイル)を示したもので、貫通型の欠陥検出を示します。上記図3及び図4の様に接続することによって欠陥出力が可能です。
検出される出力は、交流電源(AC)を使用しているため電流変化と位相変化が現れます。又、検出部にコイルを使用しているために変化量はインピーダンスの変化によって、変化した電流変化値と位相変化値となって現れます。
図 5 図 6

図5は、貫通型検出コイル中に非磁性金属片Cを挿入して時の図であり、検出コイルに一定交流電源を接続して交流を流した時に発生するベクトル図を図6に示します。
検出コイルは、一般にRとL(インダクタンス)との合成で成り立っています。
図5の金属片Cの良部BをL o中におかれているとき図6のZ1でθ1の位相角度になりあます。又、金属片Cを移動し、L o中に疵部Aをおいた時、図6のZ2でθ2に変化します。
この時、良部と疵部の位相変化量は、
|θ2-θ1|=θ3となり条件(金属材質、寸法、コイルインピーダンスR・ωL、交流周波数)を変えない限りこの値は一定となります。
従って、一般的な渦流探傷方法では、一定条件での欠陥検出の位相角変化は理論上不可能です。
今回、開発した渦流探傷器は、上記一定条件において、疵の位相角度を任意に可変出来る装置です。
(国際特許)
(欠陥検出装置のベクトル表示)
図 7

3.回転移相の原理
流探傷器は、従来の渦流探傷器で使用されているコイルインピーダンスのベクトル変化量(図7左図の位相変化量θ3)での検出のみでなく、検出コイル内での磁束の変化も検出し、制御コイルによりコイル内部の磁束が一定となるように磁束を制御しています。
検出コイル内に金属材料が挿入されますと、コイル内のガタ信号(ノイズ信号)によりコイルインピーダンスは変化します。
この時、金属表面に疵が発生していますとコイルインピーダンスのベクトル量と、磁束の変化量も変わり制御コイルからの信号と検出コイルからの信号により欠陥の検出が可能となります。
この制御コイルからの、制御信号の位相を変化させることで、通常分離が出来にくかった疵信号とガタ信号(ノイズ信号)の位相差を任意に変化(図7右図)させることができます。
回転移相型コイルは、図8の構成となっています。
図 8

従来の渦流探傷器では、L1とL2の検出回路で構成されており、|L1-L2|のベクトル変化量
(図7左図のθ3)の情報でしかないので条件を変えない限りこの位相差は一定となり、このままではSN比は向上しません。
図 9

図9のコイル空心時の磁束本数をφa(この値は一定)とします。そのコイルに金属材料を挿入しますと、金属材
料の磁束本数がφbとなり内部空間磁束と金属材料内磁束の関係は、φa-φb:φbとなります。
この状態で疵部にきますと金属材料の体積が減るため金属材料内の磁束本数が減り金属材料内の磁束本数はφb-⊿φとなります。又、この⊿φが疵信号とガタ信号の位相差に相当します。
従って、この⊿φの値を変化させることで疵信号とガタ信号の位相差を任意に変化させることができます。これが回転移相の原理です。 又、磁束と電流の間には、φ=I/Tの関係から、電流Iを変化させれば磁束が変化します。又、図10のベクトル図において、RとVは同相であり、又、ωLとIが同相であることから電流Iを変化させることで疵信号とガタ信号の位相差θ3が変化します。
図 10

◆ 回 転 移 相 の 効 果
keywords#
SUS304、φ10㎜、深さ50μm
従来方式 回転移相方式


磁性材、コーナー部クラック疵、深さ20μm、長さ0.2㎜
従来方式 回転移相方式



Copyright (C) Nihon Estekku Co.,Ltd. All Rights Reserved.