NISSIN 宇崎日新 ゼロサム 磯 尾長X4 タイプ1 4775050 5005 磯竿こちらの商品は 宇崎日新(NISSIN) ゼロサム 磯 尾長X4 タイプ1 4775050 5005 磯竿 【釣り具 フィッシング ロッド グレ竿】 です。

最高峰X4シリーズ、超大物攻略ハイパワーロッド!
高密度4軸を纏い さらに進化。

ゼロサム尾長V2シリーズのコンセプトを継承、基軸とし、その能力をさらに最大限に活かすべく高い技術、積み上げたノウハウを用いて、x4シリーズの特徴である高密度4軸カーボンを元竿から#2まで惜しみなく使用し設計、融合させております。
超大物とのガチンコ勝負を挑めるポテンシャルは健在。形状復元力の速さに大きく影響するゆがみを効果的に抑える高密度4軸カーボンが、従来なら曲げこむことで捻じれ失われていた力を高次元で温存する事を可能とし、「強靭なパワーと高バランス、大型に挑む為の性能」を実現。ブランクポテンシャルを極限まで引き出し、最大限の実釣能力、安定感と安心感を更に高めながら、よりモンスターと正面からパワーを持って勝負頂けるモデルです。
この竿が多くの磯師の心を据えて離さないと信じて疑いません。

●尾長X4 TYPEI...離島の沖磯での60cmオーバーの尾長グレに照準を合わせつつ、地磯での中〜大型尾長グレの釣りも意識したオールラウンダーパワフルロッド。
穂先には中空タイプを採用。(目安号数2.5号)
●尾長X4 TYPEII...フィールドを離島の沖磯に限定し、より強引な攻めとモンスター攻略を意識したモデル。65cmクラスの尾長グレや青物なども想定内。
X4モデルの穂先には中空タイプをセッティング。(目安号数2.75号)

【高密度4軸カーボンって何?】...X方向のみならず縦横方向にもカーボン繊維を配置。高い技術で組み上げられたカーボンシート【4軸カーボン】このシートの構造は建築分野では筋交い構造として広く知られ、耐震性を高める為の構造体のひしゃげ(ゆがみ変形)を防ぐ高い効果が認知、また使用も義務づけられている構造。当社はこの構造を釣り竿として、より本体設計を活かす為に取り入れる事が出来ないかと試行錯誤し、ノウハウを積み上げてきました。当ロッドはこの構造を利用した従来4軸カーボンを更に高弾性化、高密度化しプライアップ、最外層を固めています。ねじれ方向への力はもちろん、形状復元力の速さに大きく影響するゆがみを効果的に抑え、パワーロスを防ぎ、直進性、伝達性を向上。操作性、振り抜き、感度、竿ぶれ等のあらゆる部分に貢献。ブランクポテンシャルを更に極限にまで引き出す事が可能となりました。

※バランサー下栓参考...I/II-500はバランサー下栓品番22.5が対応しております。

■高密度4軸カーボン(#1以外全て)
■オールチタンフレームSIC、IM&LGトップガイド
■INSリールシート(滑り防止処理有)
■IDTCトップカバー
■防サビ、固着防止下栓
■元上〜#2までベタ付き防止処理塗装採用
■全節ガイド合わせ用ライン付
■グリップ部滑り防止処理
■ニット製竿袋付

◆ 回 転 移 相 式 渦 流 探 傷 に 関 す る 説 明
回 転 移 相 式 渦 流 探 傷
渦流試験の原理
#descriptionNISSIN 宇崎日新 ゼロサム 磯 尾長X4 タイプ1 4775050 5005 磯竿:eSPORTS eケンコー支店 - 6845d
回転移相の原理

回 転 移 相 の 効 果
keywords#

2020-02-01
カテゴリトップ>アウトドア・ウィンター・ゴルフ・釣り・自転車>フィッシング>竿・ロッド>磯竿
【関連商品はこちらです】
その他の宇崎日新(NISSIN)の商品はコチラ

●管理code:79849271

【商品スペック】
全長(m) : 5
継数(本) : 5
仕舞寸法(cm) : 117
自重(g) : 245
先径(mm) : 1.2
元径(mm) : 24.2
適合ハリス(号) : 3-7
錘負荷(号) : 2-7
カーボン含有率(%) : 99
対応バランサー(別売) : 22.5


釣り具 フィッシング ロッド グレ竿

2.#description
図 3 図 4

図3は一般的に使用されているホイストンブリッジの渦電流式欠陥検出用ブリッジ回路です。
出力条件  平衡時(出力ゼロ)  L1:R2=L2:R1
欠陥検出出力時  |L1-L2| になります。
図4は、図3の検出部(コイル)を示したもので、貫通型の欠陥検出を示します。上記図3及び図4の様に接続することによって欠陥出力が可能です。
検出される出力は、交流電源(AC)を使用しているため電流変化と位相変化が現れます。又、検出部にコイルを使用しているために変化量はインピーダンスの変化によって、変化した電流変化値と位相変化値となって現れます。
図 5 図 6

図5は、貫通型検出コイル中に非磁性金属片Cを挿入して時の図であり、検出コイルに一定交流電源を接続して交流を流した時に発生するベクトル図を図6に示します。
検出コイルは、一般にRとL(インダクタンス)との合成で成り立っています。
図5の金属片Cの良部BをL o中におかれているとき図6のZ1でθ1の位相角度になりあます。又、金属片Cを移動し、L o中に疵部Aをおいた時、図6のZ2でθ2に変化します。
この時、良部と疵部の位相変化量は、
|θ2-θ1|=θ3となり条件(金属材質、寸法、コイルインピーダンスR・ωL、交流周波数)を変えない限りこの値は一定となります。
従って、一般的な渦流探傷方法では、一定条件での欠陥検出の位相角変化は理論上不可能です。
今回、開発した渦流探傷器は、上記一定条件において、疵の位相角度を任意に可変出来る装置です。
(国際特許)
(欠陥検出装置のベクトル表示)
図 7

3.回転移相の原理
流探傷器は、従来の渦流探傷器で使用されているコイルインピーダンスのベクトル変化量(図7左図の位相変化量θ3)での検出のみでなく、検出コイル内での磁束の変化も検出し、制御コイルによりコイル内部の磁束が一定となるように磁束を制御しています。
検出コイル内に金属材料が挿入されますと、コイル内のガタ信号(ノイズ信号)によりコイルインピーダンスは変化します。
この時、金属表面に疵が発生していますとコイルインピーダンスのベクトル量と、磁束の変化量も変わり制御コイルからの信号と検出コイルからの信号により欠陥の検出が可能となります。
この制御コイルからの、制御信号の位相を変化させることで、通常分離が出来にくかった疵信号とガタ信号(ノイズ信号)の位相差を任意に変化(図7右図)させることができます。
回転移相型コイルは、図8の構成となっています。
図 8

従来の渦流探傷器では、L1とL2の検出回路で構成されており、|L1-L2|のベクトル変化量
(図7左図のθ3)の情報でしかないので条件を変えない限りこの位相差は一定となり、このままではSN比は向上しません。
図 9

図9のコイル空心時の磁束本数をφa(この値は一定)とします。そのコイルに金属材料を挿入しますと、金属材
料の磁束本数がφbとなり内部空間磁束と金属材料内磁束の関係は、φa-φb:φbとなります。
この状態で疵部にきますと金属材料の体積が減るため金属材料内の磁束本数が減り金属材料内の磁束本数はφb-⊿φとなります。又、この⊿φが疵信号とガタ信号の位相差に相当します。
従って、この⊿φの値を変化させることで疵信号とガタ信号の位相差を任意に変化させることができます。これが回転移相の原理です。 又、磁束と電流の間には、φ=I/Tの関係から、電流Iを変化させれば磁束が変化します。又、図10のベクトル図において、RとVは同相であり、又、ωLとIが同相であることから電流Iを変化させることで疵信号とガタ信号の位相差θ3が変化します。
図 10

◆ 回 転 移 相 の 効 果
keywords#
SUS304、φ10㎜、深さ50μm
従来方式 回転移相方式


磁性材、コーナー部クラック疵、深さ20μm、長さ0.2㎜
従来方式 回転移相方式



Copyright (C) Nihon Estekku Co.,Ltd. All Rights Reserved.