RTS65AWG35R2NGDBL13A リンナイ ガステーブル【都市ガス12A13A用】 クリアグレージュ Rinnai ラクシエプライム 左ハイカロリーバーナー
【返品種別A】
□「返品種別」について詳しくはこちら
2017年08月 発売

メーカー保証期間 1年

※必ずお使いのガスの種類をお確かめの上、ご購入ください。
お住まいの地域によってガス種が異なります。ガス種が違いますと火災・やけどの原因となります。
※ご使用になる場合は、別売のガスホースが必要です。ガスホースは、本体に付属されておりません。

※ガス栓のタイプによりましては、他の器具が必要な場合がございます。
◆◇ガスホースは関連商品よりご注文いただけます◇◆
◆◇ガスホース接続口はガステーブル正面向かって左側背面です◇◆

安心(safety)・便利(Support)・笑顔(Smile)を約束する、賢い(intelligent)温度センサーをすべてのコンロに搭載した「Siセンサーコンロ」です。

◆リンナイのココットシリーズなら直火なのに油の汚れ99.9%※カット! 
ココットプレートを使うと、油の飛び散りはわずか1mg。
グリル庫内の汚れを99.9%※カットして、お手入れはココットプレートひとつ。
直火が届くから断然 美味しい。
さんまをまるごと焼ける、大型サイズ。


※ 試験方法 :「焼き網」「ココットプレート」にてさんま2尾を調理し、調理後グリル扉を閉めたまま30秒間放置。
グリル庫内各お手入れ部品(焼き網・ココットプレートは除く)への飛び散り量を5回測定し平均値を算出。
焼き網はオートグリル【姿焼 標準モード】ココットプレートは【ココットプレート 魚 強めモード】で調理。【リンナイ(株)調べ】

◆使いやすさを考えた新設計
大きくて見やすいスイッチ操作部、立ち位置から見やすいよう約30度の傾斜角もつけています。

【温度調節機能】
130〜220℃まで、10℃刻みでお好みの温度に自動調節します。
揚げ物はカリッと、ハンバーグやホットケーキなど、焼き物にも便利です。

【W温度おまかせ】
度調節機能が左右両方のバーナーで使えます。
コンロタイマーも併用できるので、焼きすぎも防ぐことができます。

【湯沸し機能】
スイッチを押しておけばお湯が沸いたらお知らせして自動消火。
保温時間の設定もできるので、ゆで卵などをつくる時にも便利。

【コンロ調理タイマー】
時計のマークを押して時間をセット。
設定時間が経過したら自動で消火します。
茹ですぎ、煮すぎを防ぐ上、消し忘れ防止にも役立ちます。
※設定可能時間:1〜120分

【炊飯機能】
スイッチを押すだけで、手軽に直火炊きのご飯が味わえます。
火力も消火も自動で、ふっくらおいしく炊きあげます。

◆グリル機能
遠赤外線でおいしい! 外はカリッ、中はふっくら。
水なしグリルなので、お手入れラクラク! 水こぼれの心配ナシ。
安全設計でうれしい、あんしんグリル。
・グリル過熱防止センサー
・グリル消し忘れ消火機能(両面焼は約15分で自動消火します)
・防炎パイプ

【オートグリル】
オートメニューと魚の焼き加減を設定するだけで、火力と焼き時間を自動でコントロール。
自動で消火するので、焼きすぎる心配もありません。

【グリル調理タイマー】
好みの時間に設定すれば、その時間で自動消火します。
消し忘れ、焼きすぎの心配もありません。

【スムーズグリル】
引き出し幅31.5cm。
食材の出し入れが簡単になりました。

◆煮こぼれても、拭き取りやすく、煮こぼれシャットアウト!  スーパーシールド
スーパーシールド構造だから、バーナーまわりは凹凸がないため、うっかり煮こぼれもサッと拭くだけ。
煮こぼれがバーナーリングとトッププレートのスキマからコンロ内部に入る心配もありません。

【ガラストッププレート(CERANガラス)】
熱に強く、汚れにくい、いつまでも美しいトッププレート。
世界品質のドイツ・ショット社製CERANガラスを採用。
熱による膨張・収縮がほとんどないため、調理中に高温で割れる心配もありません。

◆炎を見張るあんしん機能

【鍋無し検知機能】
調理中に鍋を持ち上げると自動で弱火になり、さらに約1分間続くと自動消火します。
消し忘れも防止でき、青い炎が見えにくいといわれるご高齢の方にも安心です。

【感震停止機能】
万一の地震に対応します。
震度約4以上の揺れを感知して自動消火します。

◆調理油過熱防止機能
◆高温自動温度調節機能
◆あぶり・高温炒めモード:約290℃で自動温度調節。
◆コンロ消し忘れ消火機能:約2時間で自動消火します。
◆焦げつき消火機能
◆立ち消え安全装置
◆水無し両面焼きグリル

◆左ハイカロリーバーナー
※標準バーナー:ハイカロリーバーナーではない側のバーナーです。
例:左ハイカロリーバーナーの場合は、右側のバーナーが標準バーナーとなります。

■ 仕 様 ■

  • 左ハイカロリーバーナー
  • カラー(天板):クリアグレージュ 
  • 前面パネル:ダークブラウン
  • 本体サイズ(約):幅59.6×奥行49.3×高さ21.8cm
               (※本体の高さは18.0cm ごとくを含む高さは21.8cnm)
  • 重量:約16.5kg
  • トッププレートのタイプ:ガラストップ(CERANガラス)
  • ガラストップ:熱に強く、汚れにくい、いつまでも美しいトッププレート。
  • 付属品:ココットプレート
  • ガス消費量
    ・全点火時:8.6kW
    ・強火力:4.20kW
    ・標準:2.97kW
    ・グリル:1.86kW
  • 省エネ基準達成率
  • コンロ部省エネ基準達成率:100%
  • コンロ部エネルギー消費効率:56.3%
  • グリル部省エネ基準達成率:100%
  • グリル部エネルギー消費効率:211Wh
  • 年間目安燃料消費量:57.5m3/年


[RTS65AWG35R2NGDBL13A]

リンナイ




(※この説明文はの記載内容です。URLはhttps://item.rakuten.co.jp/jism/で始まります。URLが異なる際はサイトを利用することのないよう十分ご注意ください。)

調理家電>ガステーブル・カセットコンロ>都市ガス(12A13A)用>左ハイカロリーバーナー




・まごころ長期修理保証(保証5年)[加入料:対象商品代金の5%]商品「RTS65AWG35R2NGDBL13A」専用加入料(※加入料のみ注文不可)

※対象商品と専用加入料を分けてのご注文は承れません。上記リンク先の専用加入料と一緒にご注文して下さい。
※長期修理保証についての詳細・注意事項はこちらのページをご一読下さい。

◆ 回 転 移 相 式 渦 流 探 傷 に 関 す る 説 明
回 転 移 相 式 渦 流 探 傷
渦流試験の原理
#descriptionRTS65AWG35R2NGDBL13A リンナイ ガステーブル【都市ガス12A13A用】 クリアグレージュ Rinnai ラクシエプライム 左ハイカロリーバーナー:Joshin web 家電とPCの大型専門店 - b78b6
回転移相の原理

回 転 移 相 の 効 果
keywords#

2020-02-04
カテゴリトップ>調理家電>ガステーブル・カセットコンロ>都市ガス(12A13A)用>左ハイカロリーバーナー
2.#description
図 3 図 4

図3は一般的に使用されているホイストンブリッジの渦電流式欠陥検出用ブリッジ回路です。
出力条件  平衡時(出力ゼロ)  L1:R2=L2:R1
欠陥検出出力時  |L1-L2| になります。
図4は、図3の検出部(コイル)を示したもので、貫通型の欠陥検出を示します。上記図3及び図4の様に接続することによって欠陥出力が可能です。
検出される出力は、交流電源(AC)を使用しているため電流変化と位相変化が現れます。又、検出部にコイルを使用しているために変化量はインピーダンスの変化によって、変化した電流変化値と位相変化値となって現れます。
図 5 図 6

図5は、貫通型検出コイル中に非磁性金属片Cを挿入して時の図であり、検出コイルに一定交流電源を接続して交流を流した時に発生するベクトル図を図6に示します。
検出コイルは、一般にRとL(インダクタンス)との合成で成り立っています。
図5の金属片Cの良部BをL o中におかれているとき図6のZ1でθ1の位相角度になりあます。又、金属片Cを移動し、L o中に疵部Aをおいた時、図6のZ2でθ2に変化します。
この時、良部と疵部の位相変化量は、
|θ2-θ1|=θ3となり条件(金属材質、寸法、コイルインピーダンスR・ωL、交流周波数)を変えない限りこの値は一定となります。
従って、一般的な渦流探傷方法では、一定条件での欠陥検出の位相角変化は理論上不可能です。
今回、開発した渦流探傷器は、上記一定条件において、疵の位相角度を任意に可変出来る装置です。
(国際特許)
(欠陥検出装置のベクトル表示)
図 7

3.回転移相の原理
流探傷器は、従来の渦流探傷器で使用されているコイルインピーダンスのベクトル変化量(図7左図の位相変化量θ3)での検出のみでなく、検出コイル内での磁束の変化も検出し、制御コイルによりコイル内部の磁束が一定となるように磁束を制御しています。
検出コイル内に金属材料が挿入されますと、コイル内のガタ信号(ノイズ信号)によりコイルインピーダンスは変化します。
この時、金属表面に疵が発生していますとコイルインピーダンスのベクトル量と、磁束の変化量も変わり制御コイルからの信号と検出コイルからの信号により欠陥の検出が可能となります。
この制御コイルからの、制御信号の位相を変化させることで、通常分離が出来にくかった疵信号とガタ信号(ノイズ信号)の位相差を任意に変化(図7右図)させることができます。
回転移相型コイルは、図8の構成となっています。
図 8

従来の渦流探傷器では、L1とL2の検出回路で構成されており、|L1-L2|のベクトル変化量
(図7左図のθ3)の情報でしかないので条件を変えない限りこの位相差は一定となり、このままではSN比は向上しません。
図 9

図9のコイル空心時の磁束本数をφa(この値は一定)とします。そのコイルに金属材料を挿入しますと、金属材
料の磁束本数がφbとなり内部空間磁束と金属材料内磁束の関係は、φa-φb:φbとなります。
この状態で疵部にきますと金属材料の体積が減るため金属材料内の磁束本数が減り金属材料内の磁束本数はφb-⊿φとなります。又、この⊿φが疵信号とガタ信号の位相差に相当します。
従って、この⊿φの値を変化させることで疵信号とガタ信号の位相差を任意に変化させることができます。これが回転移相の原理です。 又、磁束と電流の間には、φ=I/Tの関係から、電流Iを変化させれば磁束が変化します。又、図10のベクトル図において、RとVは同相であり、又、ωLとIが同相であることから電流Iを変化させることで疵信号とガタ信号の位相差θ3が変化します。
図 10

◆ 回 転 移 相 の 効 果
keywords#
SUS304、φ10㎜、深さ50μm
従来方式 回転移相方式


磁性材、コーナー部クラック疵、深さ20μm、長さ0.2㎜
従来方式 回転移相方式



Copyright (C) Nihon Estekku Co.,Ltd. All Rights Reserved.