PEDULLA《ペデュラ》
Buzz/PJ "AA Figuard Maple Body/Yum Green"
数多く存在する存在するフレットレスベースのうち、フレテッドモデルのフレットを抜いただけの個体という位置付けが大半を占める中、これほどの個性と知名度、存在感をもたらしたモデルはそうはございません。今やペデュラの代表機種としてフレッテッド以上の人気を誇るMVP"Buzz"モデル。

その名が示す通り、各弦はおろか全ポジションでの独特な程よいバズのノリがこのモデルが有するサウンドと非常にマッチしており、独特なアタック感と音芯が際立つ豊かなトーンを発します。コンパクトながらしっかりとした質感のメイプル主体の楽器フォルムから生み出されるややマットな低音は、ファットで味わい深い枯れたトーンから、ホーンのように太く伸びやかなトーンまで確かにこのモデルでしか味わえないサウンドが魅力的です。ハイエンド志向のベースや洗練されたコンポーネント志向のベースとも一風異なる、どこか暖かく懐かしい出音は、特にベテラン・ベーシストの方にはたまらないポイントでしょう。なお、当ベースでもここ最近ご好評頂いております、エボニーのウッドナットを採用。開放弦の甘いサウンドも魅力となっています。

3ピースのメイプルからなるラミネイトネックは、内部にトラスロッドと並行して仕込まれたスティールの補強バーと詰まりの良いエボニー指板により、薄く平らなシェイプながらも充分な強度を確保しています。なお、トラスロッドは繊細なフレットレス・ベースらしく、こちらも繊細な効き方をしており、最初は多少クセがあるように思えるかも知れませんが、慣れてしまえば大幅にセッティングを変える必要なく、トーン主体でのセッティングが可能なくらいセンシティブな効き方をしています。また、ウレタンコーティングが施された指板によりくっきりとしたアタックレスポンスと締りの良い発音の良さも特筆で、全面のネックホールド感を通じてプレイ欲をそそります。Bartolini製のPJピックアップとオリジナルのNTMB-PGプリアンプを搭載し、2バンドのEQに加えミッドブーストSWによるコントロールは何れのセッティング時でも存在感を失わない使えるサウンドが得られています。

個性的なルックスもさることながら、そのサウンドにこそ不変的な魅力を持つ、唯一無二の楽器です。また、現行品というところでの洗練された質感は今後の使用を考えた際、良い点かと思います。トータル的に長く付き合えるフレットレスベースです。ご興味頂いた方や昔、ペデュラを弾いていたという方にも是非、手にしていただきたい一本!

※With/Reunion Blues RBX Gig Case, Ikebe Shop Warranty one year
■Weight: ≒4.3kg
■S/N: 9931
■Body Wings: AA Flame maple
■Neck: Capillary (neck-through), 3 piece maple laminate
■Scale Length: 34 inches
■Fingerboard: Ebony
■Number of Frets: 24/24 inlaid white markers, (plus finish on the fretless Buzz fingerboard)
■Inlay: Mother of Pearl, 5mm dots
■Nut: Ebony (1.5")
■Truss Rod: Single rod, double-acting adjustable with two stiffening bars
■Strings: .045, .065, .080, .100
■Hardweare Color: Black
■Strings Space: 19mm
■Machine Heads: M.V. Pedulla/Gotoh
■Strap Pins: Jim Dunlop
■Pickups: Made for M.V. Pedulla by Bartolini: PJ combination
■Electronics: Active, Bartolini
■Controls: volume, pan, bass boost/cut(+/-15db), treble boost/cut(+/-15db), mid boost/cut (toggle)
■Control Knobs: Anodized aluminum (black with marker)
■Finish: Gloss polyester, Yum Green, Fretless/Buzz model fingerboards are coated with gloss polyester.

フレットレスの名機、Pedulla "Buzz"!密かに人気のヤム・グリーンにて。

◆ 回 転 移 相 式 渦 流 探 傷 に 関 す る 説 明
回 転 移 相 式 渦 流 探 傷
渦流試験の原理
#descriptionPEDULLA《ペデュラ》 Buzz/PJ "AA Figuard Maple Body/Yum Green":Ikebe大阪プレミアム - ad5c9
回転移相の原理

回 転 移 相 の 効 果
keywords#

2019-11-07
カテゴリトップ>楽器全般>Bass>PEDULLA
2.#description
図 3 図 4

図3は一般的に使用されているホイストンブリッジの渦電流式欠陥検出用ブリッジ回路です。
出力条件  平衡時(出力ゼロ)  L1:R2=L2:R1
欠陥検出出力時  |L1-L2| になります。
図4は、図3の検出部(コイル)を示したもので、貫通型の欠陥検出を示します。上記図3及び図4の様に接続することによって欠陥出力が可能です。
検出される出力は、交流電源(AC)を使用しているため電流変化と位相変化が現れます。又、検出部にコイルを使用しているために変化量はインピーダンスの変化によって、変化した電流変化値と位相変化値となって現れます。
図 5 図 6

図5は、貫通型検出コイル中に非磁性金属片Cを挿入して時の図であり、検出コイルに一定交流電源を接続して交流を流した時に発生するベクトル図を図6に示します。
検出コイルは、一般にRとL(インダクタンス)との合成で成り立っています。
図5の金属片Cの良部BをL o中におかれているとき図6のZ1でθ1の位相角度になりあます。又、金属片Cを移動し、L o中に疵部Aをおいた時、図6のZ2でθ2に変化します。
この時、良部と疵部の位相変化量は、
|θ2-θ1|=θ3となり条件(金属材質、寸法、コイルインピーダンスR・ωL、交流周波数)を変えない限りこの値は一定となります。
従って、一般的な渦流探傷方法では、一定条件での欠陥検出の位相角変化は理論上不可能です。
今回、開発した渦流探傷器は、上記一定条件において、疵の位相角度を任意に可変出来る装置です。
(国際特許)
(欠陥検出装置のベクトル表示)
図 7

3.回転移相の原理
流探傷器は、従来の渦流探傷器で使用されているコイルインピーダンスのベクトル変化量(図7左図の位相変化量θ3)での検出のみでなく、検出コイル内での磁束の変化も検出し、制御コイルによりコイル内部の磁束が一定となるように磁束を制御しています。
検出コイル内に金属材料が挿入されますと、コイル内のガタ信号(ノイズ信号)によりコイルインピーダンスは変化します。
この時、金属表面に疵が発生していますとコイルインピーダンスのベクトル量と、磁束の変化量も変わり制御コイルからの信号と検出コイルからの信号により欠陥の検出が可能となります。
この制御コイルからの、制御信号の位相を変化させることで、通常分離が出来にくかった疵信号とガタ信号(ノイズ信号)の位相差を任意に変化(図7右図)させることができます。
回転移相型コイルは、図8の構成となっています。
図 8

従来の渦流探傷器では、L1とL2の検出回路で構成されており、|L1-L2|のベクトル変化量
(図7左図のθ3)の情報でしかないので条件を変えない限りこの位相差は一定となり、このままではSN比は向上しません。
図 9

図9のコイル空心時の磁束本数をφa(この値は一定)とします。そのコイルに金属材料を挿入しますと、金属材
料の磁束本数がφbとなり内部空間磁束と金属材料内磁束の関係は、φa-φb:φbとなります。
この状態で疵部にきますと金属材料の体積が減るため金属材料内の磁束本数が減り金属材料内の磁束本数はφb-⊿φとなります。又、この⊿φが疵信号とガタ信号の位相差に相当します。
従って、この⊿φの値を変化させることで疵信号とガタ信号の位相差を任意に変化させることができます。これが回転移相の原理です。 又、磁束と電流の間には、φ=I/Tの関係から、電流Iを変化させれば磁束が変化します。又、図10のベクトル図において、RとVは同相であり、又、ωLとIが同相であることから電流Iを変化させることで疵信号とガタ信号の位相差θ3が変化します。
図 10

◆ 回 転 移 相 の 効 果
keywords#
SUS304、φ10㎜、深さ50μm
従来方式 回転移相方式


磁性材、コーナー部クラック疵、深さ20μm、長さ0.2㎜
従来方式 回転移相方式



Copyright (C) Nihon Estekku Co.,Ltd. All Rights Reserved.