MOTHER(マザー) ダイニングテーブル 変形 無垢 ウォールナット オーク 100 160
※材、サイズによりお値段が異なります。
【送料無料】
[ テーブル 天然無垢 ムク 岩倉デザイン セラウッド塗装 ]【ポイント10倍】

次回使えるクーポン配布中


◆ 回 転 移 相 式 渦 流 探 傷 に 関 す る 説 明
回 転 移 相 式 渦 流 探 傷
渦流試験の原理
#descriptionMOTHER(マザー) ダイニングテーブル 変形 無垢 ウォールナット オーク 100 160 ※材、サイズによりお値段が異なります。【送料無料】[ テーブル 天然無垢 ムク 岩倉デザイン セラウッド塗装 ]【ポイント10倍】:インテリア マルキン - 077ff
回転移相の原理

回 転 移 相 の 効 果
keywords#

2019-08-14
カテゴリトップ>ダイニング>ダイニングテーブル
お問い合わせ
弊社のページをコピーした悪質な模倣サイトにご注意下さい。
GREENシリーズはコチラ。
ロックストーン 商品一覧はコチラ

岩倉榮利デザインの変形ダイニングテーブル。ベーシックなスタイルを心がけて作った、シンプルデザインです。紫外線や汚れに強く、限りなくメンテナンスフリーに近い「セラウッド塗装」を施した、やさしい木目とナチュラルな素材感が魅力のシリーズです。

材、サイズをお選びください。 ※クリックで画像拡大します。

  • W1600 ウォールナット材

  • W1600 オーク材

  • W1000 ウォールナット材

  • W1000 オーク材

波を思い出した。たどり着いたのは優美な流れ -質実-

繊細なフォルムは、穏やかな波のようだ。丸でも四角でもない。
その不安定な天板がもたらす絶妙な視線のずれ。そこから生まれる心地よい距離感・・・。
7無駄のない美しさと機能性を備えた「本物」に出会えたとき、人は「暮らす」ということをもっとも大切に考えるのかもしれない。

  • 岩倉えいり
  • Designer:岩倉 榮利

    1981年、自身のデザインしたオリジナル家具ブランドとして「ロックストーン」を開設。以来、ロックストーンのみならず家具デザイナーとして様々な家具ブランドを手掛けるも、単なるデザインの提案にとどまらず、生産・流通・販売までの具体的な経営活動を通じた、従来のインテリアデザインの概念を超えた活動を展開。また、家具を中心とする空間プロデュースや究極の日本の宿づくり、JAPANブランド育成事業など様々な創作活動の中で、日本の伝統工芸と洗練されたオリジナリティー 溢れるデザインの融合を具現化させている。

商品情報
サイズ幅100×奥行90×高さ72cm
幅160×奥行110×高さ72cm
材 質オーク材/ウォールナット材

※材、サイズによって値段が変わります。ご注文後、当店より正しい金額をメールにてご案内させていただきます。
塗 装セラウッド塗装
送 料送料無料
(北海道・東北・沖縄・一部地域・離島等は除きます。お問い合わせください。)
TEL:06-6641-0467
備 考

組み立て商品(2梱包)】組み立て時間:約10〜15分

納 期

メーカー取り寄せのため、在庫がある場合、約1〜2週間後のお届けが可能です。

ダイニングテーブル 変形 160 無垢 ウォールナット オーク 食卓テーブル 天然無垢 ムク 岩倉榮利デザイン セラウッド塗装

2.#description
図 3 図 4

図3は一般的に使用されているホイストンブリッジの渦電流式欠陥検出用ブリッジ回路です。
出力条件  平衡時(出力ゼロ)  L1:R2=L2:R1
欠陥検出出力時  |L1-L2| になります。
図4は、図3の検出部(コイル)を示したもので、貫通型の欠陥検出を示します。上記図3及び図4の様に接続することによって欠陥出力が可能です。
検出される出力は、交流電源(AC)を使用しているため電流変化と位相変化が現れます。又、検出部にコイルを使用しているために変化量はインピーダンスの変化によって、変化した電流変化値と位相変化値となって現れます。
図 5 図 6

図5は、貫通型検出コイル中に非磁性金属片Cを挿入して時の図であり、検出コイルに一定交流電源を接続して交流を流した時に発生するベクトル図を図6に示します。
検出コイルは、一般にRとL(インダクタンス)との合成で成り立っています。
図5の金属片Cの良部BをL o中におかれているとき図6のZ1でθ1の位相角度になりあます。又、金属片Cを移動し、L o中に疵部Aをおいた時、図6のZ2でθ2に変化します。
この時、良部と疵部の位相変化量は、
|θ2-θ1|=θ3となり条件(金属材質、寸法、コイルインピーダンスR・ωL、交流周波数)を変えない限りこの値は一定となります。
従って、一般的な渦流探傷方法では、一定条件での欠陥検出の位相角変化は理論上不可能です。
今回、開発した渦流探傷器は、上記一定条件において、疵の位相角度を任意に可変出来る装置です。
(国際特許)
(欠陥検出装置のベクトル表示)
図 7

3.回転移相の原理
流探傷器は、従来の渦流探傷器で使用されているコイルインピーダンスのベクトル変化量(図7左図の位相変化量θ3)での検出のみでなく、検出コイル内での磁束の変化も検出し、制御コイルによりコイル内部の磁束が一定となるように磁束を制御しています。
検出コイル内に金属材料が挿入されますと、コイル内のガタ信号(ノイズ信号)によりコイルインピーダンスは変化します。
この時、金属表面に疵が発生していますとコイルインピーダンスのベクトル量と、磁束の変化量も変わり制御コイルからの信号と検出コイルからの信号により欠陥の検出が可能となります。
この制御コイルからの、制御信号の位相を変化させることで、通常分離が出来にくかった疵信号とガタ信号(ノイズ信号)の位相差を任意に変化(図7右図)させることができます。
回転移相型コイルは、図8の構成となっています。
図 8

従来の渦流探傷器では、L1とL2の検出回路で構成されており、|L1-L2|のベクトル変化量
(図7左図のθ3)の情報でしかないので条件を変えない限りこの位相差は一定となり、このままではSN比は向上しません。
図 9

図9のコイル空心時の磁束本数をφa(この値は一定)とします。そのコイルに金属材料を挿入しますと、金属材
料の磁束本数がφbとなり内部空間磁束と金属材料内磁束の関係は、φa-φb:φbとなります。
この状態で疵部にきますと金属材料の体積が減るため金属材料内の磁束本数が減り金属材料内の磁束本数はφb-⊿φとなります。又、この⊿φが疵信号とガタ信号の位相差に相当します。
従って、この⊿φの値を変化させることで疵信号とガタ信号の位相差を任意に変化させることができます。これが回転移相の原理です。 又、磁束と電流の間には、φ=I/Tの関係から、電流Iを変化させれば磁束が変化します。又、図10のベクトル図において、RとVは同相であり、又、ωLとIが同相であることから電流Iを変化させることで疵信号とガタ信号の位相差θ3が変化します。
図 10

◆ 回 転 移 相 の 効 果
keywords#
SUS304、φ10㎜、深さ50μm
従来方式 回転移相方式


磁性材、コーナー部クラック疵、深さ20μm、長さ0.2㎜
従来方式 回転移相方式



Copyright (C) Nihon Estekku Co.,Ltd. All Rights Reserved.