レブイット REVIT テキスタイルトラウザーズ ディフェンダープロ GTX ショート 男女兼用 黒 XLサイズ FPT068-1012-XL HD店レブイット REVIT テキスタイルトラウザーズ ディフェンダープロ GTX (DEFENDER PRO GTX) 男女兼用
サイズ:XL(ショート)
カラー:ブラック
標準装備プロテクター:肘(SEEFLEX CE-Level2)、腰(TRYONIC Seesoft CE-Level1)

【素材】
PWR shell 750D with Teflon coating
PWR shell 1000D with Teflon coating
PWR shell 500D stretch
leather panels at the inside of the legs
sure grip
防水透湿素材:GORE-TEX Liner with Micro Grid Backer Technology
【仕様説明】
使用季節:春、夏、秋、冬
ベンチレーション:太もも
調整機能:腰、裾
再帰反射:裾
着脱式ライナー:防水/透湿ライナー(ゴアテックス)
その他機能:ジャケット接続用ファスナー(ショート/ロング)、膝・腰部シャーリング、調節式プロテクターポケット、裾ファスナー、シートグリップパネル
プロテクションを強化した全天候型アドベンチャー。
世界中のアドベンチャーツーリストから愛されてきた「ディフェンダー」の正常進化モデル。
CE規格レベル2をクリアしたSEEFLEXプロテクターを装備し安全性に磨きをかけました。
耐摩擦生地を使用したことと併せ、ライダーを保護します。
【機能】
・ショートファスナー
ジャケットとトラウザーを腰の辺りで接続する為の短いファスナー。レブイットのウエア同士であれば、モデルやサイズに関係なく接続が可能です。背中のズリ上がりを防止。SAFEWAYの装着も可能です。
・ロングファスナー
レブイットの同モデル且つ同サイズのジャケットとトラウザーを、腰を周回するように接続する為の長いファスナー。ワンピース化することで強力な一体感を得ることができます。
※ADRENAINE EVOはMAVERICK EVOと接続が可能です。
・PWR/shell 500D
耐摩擦性に優れたナイロン素材。表地に、PUコーティングをしている為、撥水効果があります。
・SEEFLEX CE-Level 2 プロテクター
新基準EN1621-1:2012に準拠したCE-Level2 SEEFLEX(TM)プロテクターは、レブイット R&D部門の最新の技術革新によって誕生しました。新基準での様々な温度範囲での衝撃レベルもクリアししています。 SEEFLEX(TM)プロテクターは、着用者の快適性を犠牲にすることなく柔らかで通気性も良好ですが、大きく基準を上回る耐衝撃性を誇ります。レブイットはこのプロテクターの開発で世界的な工業デザイン賞のレッド・ドット・デザイン賞を2015年に授与されました。
・ラミネーテッド リフレクション
入射光を光源の方向にまっすぐ戻す「再帰性反射」を実現した高機能素材です。危険の多い夜間の安全性を最大限にサポートします。耐摩擦性に優れたナイロン素材。表地に、PUコーティングをしている為、撥水効果があります。

FPT068-1012-XL
HD店


◆ 回 転 移 相 式 渦 流 探 傷 に 関 す る 説 明
回 転 移 相 式 渦 流 探 傷
渦流試験の原理
#descriptionレブイット REVIT テキスタイルトラウザーズ ディフェンダープロ GTX ショート 男女兼用 黒 XLサイズ FPT068-1012-XL HD店:ヒロチー商事 ハーレー - 226d2
回転移相の原理

回 転 移 相 の 効 果
keywords#

2019-11-03
カテゴリトップ>アパレル/ヘルメット>アパレル>メーカー一覧 2>レブイット REVIT>パンツ
2.#description
図 3 図 4

図3は一般的に使用されているホイストンブリッジの渦電流式欠陥検出用ブリッジ回路です。
出力条件  平衡時(出力ゼロ)  L1:R2=L2:R1
欠陥検出出力時  |L1-L2| になります。
図4は、図3の検出部(コイル)を示したもので、貫通型の欠陥検出を示します。上記図3及び図4の様に接続することによって欠陥出力が可能です。
検出される出力は、交流電源(AC)を使用しているため電流変化と位相変化が現れます。又、検出部にコイルを使用しているために変化量はインピーダンスの変化によって、変化した電流変化値と位相変化値となって現れます。
図 5 図 6

図5は、貫通型検出コイル中に非磁性金属片Cを挿入して時の図であり、検出コイルに一定交流電源を接続して交流を流した時に発生するベクトル図を図6に示します。
検出コイルは、一般にRとL(インダクタンス)との合成で成り立っています。
図5の金属片Cの良部BをL o中におかれているとき図6のZ1でθ1の位相角度になりあます。又、金属片Cを移動し、L o中に疵部Aをおいた時、図6のZ2でθ2に変化します。
この時、良部と疵部の位相変化量は、
|θ2-θ1|=θ3となり条件(金属材質、寸法、コイルインピーダンスR・ωL、交流周波数)を変えない限りこの値は一定となります。
従って、一般的な渦流探傷方法では、一定条件での欠陥検出の位相角変化は理論上不可能です。
今回、開発した渦流探傷器は、上記一定条件において、疵の位相角度を任意に可変出来る装置です。
(国際特許)
(欠陥検出装置のベクトル表示)
図 7

3.回転移相の原理
流探傷器は、従来の渦流探傷器で使用されているコイルインピーダンスのベクトル変化量(図7左図の位相変化量θ3)での検出のみでなく、検出コイル内での磁束の変化も検出し、制御コイルによりコイル内部の磁束が一定となるように磁束を制御しています。
検出コイル内に金属材料が挿入されますと、コイル内のガタ信号(ノイズ信号)によりコイルインピーダンスは変化します。
この時、金属表面に疵が発生していますとコイルインピーダンスのベクトル量と、磁束の変化量も変わり制御コイルからの信号と検出コイルからの信号により欠陥の検出が可能となります。
この制御コイルからの、制御信号の位相を変化させることで、通常分離が出来にくかった疵信号とガタ信号(ノイズ信号)の位相差を任意に変化(図7右図)させることができます。
回転移相型コイルは、図8の構成となっています。
図 8

従来の渦流探傷器では、L1とL2の検出回路で構成されており、|L1-L2|のベクトル変化量
(図7左図のθ3)の情報でしかないので条件を変えない限りこの位相差は一定となり、このままではSN比は向上しません。
図 9

図9のコイル空心時の磁束本数をφa(この値は一定)とします。そのコイルに金属材料を挿入しますと、金属材
料の磁束本数がφbとなり内部空間磁束と金属材料内磁束の関係は、φa-φb:φbとなります。
この状態で疵部にきますと金属材料の体積が減るため金属材料内の磁束本数が減り金属材料内の磁束本数はφb-⊿φとなります。又、この⊿φが疵信号とガタ信号の位相差に相当します。
従って、この⊿φの値を変化させることで疵信号とガタ信号の位相差を任意に変化させることができます。これが回転移相の原理です。 又、磁束と電流の間には、φ=I/Tの関係から、電流Iを変化させれば磁束が変化します。又、図10のベクトル図において、RとVは同相であり、又、ωLとIが同相であることから電流Iを変化させることで疵信号とガタ信号の位相差θ3が変化します。
図 10

◆ 回 転 移 相 の 効 果
keywords#
SUS304、φ10㎜、深さ50μm
従来方式 回転移相方式


磁性材、コーナー部クラック疵、深さ20μm、長さ0.2㎜
従来方式 回転移相方式



Copyright (C) Nihon Estekku Co.,Ltd. All Rights Reserved.