Taylor / 110
【中古】
【楽器/アコギ/テイラー/ドレッドノート/ハードケース付/2007年製】
担当者コメント

Taylorの中でもお手頃な価格帯ながら、完成度の高さで人気の2007年製 110が入荷!
今やアコースティックギター界において大手ブランドとなったTaylor
大定番のドレッドノートのフルサイズで製造されつつも、
コストパフォーマンスに優れており人気の高いモデル 110
トップにシトカスプルース単板トップを採用し、サイド&バックにサペリを使用
一音一音しっかりと輪郭のあるブライトなサウンドで人気のモデル
非常に鳴りが豊かかつ、倍音も多く、しっかりと低音も鳴ることで愛用者も多く、
エントリークラスを位置しながらも非常に人気の高いモデル
全体的に使用感は多く、ピッキングキズや打痕が見受けられます。
ラッカーフィニッシュが施され、本来の状態は不明ですが
ネック裏やボディなどに使用に伴うものと思われる光沢が見受けられます。
演奏上の問題はなく、割れなどもないのでまだまだお使いいただける1本
ブリッジのエンドピンが数箇所交換されています。
純正ハードケースの側面の足が一箇所欠品しています。
2007年製 純正ハードケース付
弦高 12フレット上 6弦側約2.3mm 〜 1弦側約1.8mm
■BODY: Sitka Spruce Top, Sapele Side & Back Sapele Mahogany
■NECK: Sapele Mahogany
■FINGER BOARD: Rosewood




商品状態

中古品 キズあり 
※状態は画像にてご確認ください。
店頭にて買取を行った中古品となります
傷、打痕等の詳細は画像にてご確認ください。
その他、写真に写りきらない打痕、スリ傷等が存在する場合がございます。
当店専任リペアマンによるメンテナンス済みです。


■ フレット残り : 8〜9割
■ ネック状態 : ほぼストレート
■ トラスロッド : 余裕あり


商品状態、フレットやネックの状態は担当者の主観によるものになります。
画像と合わせてご確認ください。



タイプ

ドレッドノート


型番

110


カラー

ナチュラル系


シリアルNo.

20070726822


付属品

純正ハードケース


注意事項

USED品のためパーツのカスタムがされている場合がございます。
ご希望の場合には各部分の拡大画像をメールにてお送りいたします。

実店舗での並行販売品のため、在庫更新の遅れにより品切れの場合がございます。
品切れの場合にはキャンセル処理をさせていただきますのでご容赦ください。


ご不明な点は「商品についての問合わせ」よりお気軽にお申し付けください。


【送料無料】

◆ 回 転 移 相 式 渦 流 探 傷 に 関 す る 説 明
回 転 移 相 式 渦 流 探 傷
渦流試験の原理
#descriptionTaylor / 110【中古】【楽器/アコギ/テイラー/ドレッドノート/ハードケース付/2007年製】:お宝市番館 - f2384
回転移相の原理

回 転 移 相 の 効 果
keywords#

2019-09-08
カテゴリトップ>カテゴリトップ>お宝市番館 加古川店
2.#description
図 3 図 4

図3は一般的に使用されているホイストンブリッジの渦電流式欠陥検出用ブリッジ回路です。
出力条件  平衡時(出力ゼロ)  L1:R2=L2:R1
欠陥検出出力時  |L1-L2| になります。
図4は、図3の検出部(コイル)を示したもので、貫通型の欠陥検出を示します。上記図3及び図4の様に接続することによって欠陥出力が可能です。
検出される出力は、交流電源(AC)を使用しているため電流変化と位相変化が現れます。又、検出部にコイルを使用しているために変化量はインピーダンスの変化によって、変化した電流変化値と位相変化値となって現れます。
図 5 図 6

図5は、貫通型検出コイル中に非磁性金属片Cを挿入して時の図であり、検出コイルに一定交流電源を接続して交流を流した時に発生するベクトル図を図6に示します。
検出コイルは、一般にRとL(インダクタンス)との合成で成り立っています。
図5の金属片Cの良部BをL o中におかれているとき図6のZ1でθ1の位相角度になりあます。又、金属片Cを移動し、L o中に疵部Aをおいた時、図6のZ2でθ2に変化します。
この時、良部と疵部の位相変化量は、
|θ2-θ1|=θ3となり条件(金属材質、寸法、コイルインピーダンスR・ωL、交流周波数)を変えない限りこの値は一定となります。
従って、一般的な渦流探傷方法では、一定条件での欠陥検出の位相角変化は理論上不可能です。
今回、開発した渦流探傷器は、上記一定条件において、疵の位相角度を任意に可変出来る装置です。
(国際特許)
(欠陥検出装置のベクトル表示)
図 7

3.回転移相の原理
流探傷器は、従来の渦流探傷器で使用されているコイルインピーダンスのベクトル変化量(図7左図の位相変化量θ3)での検出のみでなく、検出コイル内での磁束の変化も検出し、制御コイルによりコイル内部の磁束が一定となるように磁束を制御しています。
検出コイル内に金属材料が挿入されますと、コイル内のガタ信号(ノイズ信号)によりコイルインピーダンスは変化します。
この時、金属表面に疵が発生していますとコイルインピーダンスのベクトル量と、磁束の変化量も変わり制御コイルからの信号と検出コイルからの信号により欠陥の検出が可能となります。
この制御コイルからの、制御信号の位相を変化させることで、通常分離が出来にくかった疵信号とガタ信号(ノイズ信号)の位相差を任意に変化(図7右図)させることができます。
回転移相型コイルは、図8の構成となっています。
図 8

従来の渦流探傷器では、L1とL2の検出回路で構成されており、|L1-L2|のベクトル変化量
(図7左図のθ3)の情報でしかないので条件を変えない限りこの位相差は一定となり、このままではSN比は向上しません。
図 9

図9のコイル空心時の磁束本数をφa(この値は一定)とします。そのコイルに金属材料を挿入しますと、金属材
料の磁束本数がφbとなり内部空間磁束と金属材料内磁束の関係は、φa-φb:φbとなります。
この状態で疵部にきますと金属材料の体積が減るため金属材料内の磁束本数が減り金属材料内の磁束本数はφb-⊿φとなります。又、この⊿φが疵信号とガタ信号の位相差に相当します。
従って、この⊿φの値を変化させることで疵信号とガタ信号の位相差を任意に変化させることができます。これが回転移相の原理です。 又、磁束と電流の間には、φ=I/Tの関係から、電流Iを変化させれば磁束が変化します。又、図10のベクトル図において、RとVは同相であり、又、ωLとIが同相であることから電流Iを変化させることで疵信号とガタ信号の位相差θ3が変化します。
図 10

◆ 回 転 移 相 の 効 果
keywords#
SUS304、φ10㎜、深さ50μm
従来方式 回転移相方式


磁性材、コーナー部クラック疵、深さ20μm、長さ0.2㎜
従来方式 回転移相方式



Copyright (C) Nihon Estekku Co.,Ltd. All Rights Reserved.