NOJIMA ファサームS2 フルエキゾースト 4-1 Ca ZEPHYR/X -00 《ノジマ NMB627》4ストフルエキゾーストメーカー ノジマ
商品名 NOJIMA ファサームS2 フルエキゾースト 4−1 Ca ZEPHYR】X −00カタログ品番 NMB627メーカー 品番NMB627
JANコード4520616106652定価(税抜)\92,000
□取寄
適応車両 ゼファー400】χ(89−00)

商品説明・取扱注意事項
●機械曲げステンレスEXパイ
●集合形式 4−1
●音量 94db
●外径 φ100・タンデムステップ不可※JMCA認定※ファサームは、すべてスタンダードの状態で性能を発揮するよう設計されていますので基本的にはキャブレターのジェット変更等は必要ございません。商品概要等400クラスにもノジマ伝統の突き抜ける様なパワーフィールとノジマサウンドを。そんなコンセプトを守りながら、エンジンオイルやオイルフィルター交換時の利便性等も考慮し、生み出されたFASARM400クラスシリーズ。騒音規制値をクリアしながらノジマならではのパワーを発揮。スタンダードなS2、テールアップのR2、S2のJMCA仕様S2−JMCAをラインナップ。触媒の必要なモデルには専用のS2−JMCA触媒仕様を設定。※S2とS2−JMCAの違いはバッフル脱着の可否の違いです(S2−JMCAはバッフル脱着不可)。◎二重パンチングパイプ&多層消音材数種類の消音材を多層に使い分け、コアとなるパンチングパイプを独自の寸法で2重に重ねる事で、消音効果を最大限に発揮。従来のSTDサイレンサー同等の排気効率ながら、伝統の音質「ノジマサウンド」はそのままに音量を現代的なレベルに抑える事に成功しました。平成13年騒音規制

適合 。◎軽量サイレンサーカーボンとステンレスサイレンサーをラインアップ。伝統のノジマサウンドを奏でます。タイプFASARM S2 フルエキゾースト 4−1素材ステンレスエキゾーストパイプ】カーボンサイレンサーカーボン仕上げ機械曲げステンレス STD Ca音量94db重量重量6.5kg(STD重量12.5kg)排ガス規JMCA認定 排気ガス規制以前フィルタ外し○ドレン○Cスタンド−タンデムステップ○
キャッチフレーズ ミドルクラスにも伝統のノジマサウンド。音量規制クリア、オイル】フィルター交換可。
備考 受注発注商品 排ガス規制以前  01−の車両は車検NG NMB607−CLです
●適用車種カワサキ[KAWASAKI]ZEPHYR χ[ゼファー](96−00)カワサキ[KAWASAKI]ZEPHYR400[ゼファー](89−95)
●カテゴリフルエキゾースト−−− (カスタムパーツ)
●仕様エキパイ曲げ機械曲げステンレス集合形式フルエキゾースト:4−1サイレンサーSTD CaJMCA認定材質・素材ステンレスエキゾーストパイプ】カーボンサイレンサー(カラー)カーボン生産国日本STD重量(kg)12.5重量(kg)6.5音量(db)94外径100ドレンボルト○オイルフィルター○センタースタンド−タンデムステップ○
メーカー 品番カタログ品番 ]NMB627[カラー]カーボン材質[素材]ステンレスエキゾーストパイプ】カーボンサイレンサー重量[キログラム]6.5(kg)仕様FASARM S2

適合 −タイプSTD全長[長さ]440(mm)外径100(mm)JMCA認定STD重量[キログラム]12.5(kg)音量[デシベル]94(db)集合方式フルエキゾースト:4−1ドレンボルト○オイルフィルター○センタースタンド−ステップ○タンデム○規制

適合 】排ガス成績表[有】無]排気ガス規制以前取扱説明書(クリック))

◆ 回 転 移 相 式 渦 流 探 傷 に 関 す る 説 明
回 転 移 相 式 渦 流 探 傷
渦流試験の原理
#descriptionNOJIMA ファサームS2 フルエキゾースト 4-1 Ca ZEPHYR/X -00 《ノジマ NMB627》:バイク・バイク用品はとやグループ - 59902
回転移相の原理

回 転 移 相 の 効 果
keywords#

2019-11-03
カテゴリトップ>カスタムパーツ>マフラー・排気系

※号機番号と適応車種を必ずご確認のうえ、ご注文くださいますようお願いいたします。
ご不明点等は、ご注文前にお問合せください。
※掲載商品と実際の商品との色合いが異なる場合がございます。ご了承の程、宜しくお願いします。
※商品は予告なく仕様の変更や販売を終了している場合がございますので予めご了承下さい。
※レース専用パーツを装着しての一般公道走行は禁止されています。



【取寄品】【ノジマ】

2.#description
図 3 図 4

図3は一般的に使用されているホイストンブリッジの渦電流式欠陥検出用ブリッジ回路です。
出力条件  平衡時(出力ゼロ)  L1:R2=L2:R1
欠陥検出出力時  |L1-L2| になります。
図4は、図3の検出部(コイル)を示したもので、貫通型の欠陥検出を示します。上記図3及び図4の様に接続することによって欠陥出力が可能です。
検出される出力は、交流電源(AC)を使用しているため電流変化と位相変化が現れます。又、検出部にコイルを使用しているために変化量はインピーダンスの変化によって、変化した電流変化値と位相変化値となって現れます。
図 5 図 6

図5は、貫通型検出コイル中に非磁性金属片Cを挿入して時の図であり、検出コイルに一定交流電源を接続して交流を流した時に発生するベクトル図を図6に示します。
検出コイルは、一般にRとL(インダクタンス)との合成で成り立っています。
図5の金属片Cの良部BをL o中におかれているとき図6のZ1でθ1の位相角度になりあます。又、金属片Cを移動し、L o中に疵部Aをおいた時、図6のZ2でθ2に変化します。
この時、良部と疵部の位相変化量は、
|θ2-θ1|=θ3となり条件(金属材質、寸法、コイルインピーダンスR・ωL、交流周波数)を変えない限りこの値は一定となります。
従って、一般的な渦流探傷方法では、一定条件での欠陥検出の位相角変化は理論上不可能です。
今回、開発した渦流探傷器は、上記一定条件において、疵の位相角度を任意に可変出来る装置です。
(国際特許)
(欠陥検出装置のベクトル表示)
図 7

3.回転移相の原理
流探傷器は、従来の渦流探傷器で使用されているコイルインピーダンスのベクトル変化量(図7左図の位相変化量θ3)での検出のみでなく、検出コイル内での磁束の変化も検出し、制御コイルによりコイル内部の磁束が一定となるように磁束を制御しています。
検出コイル内に金属材料が挿入されますと、コイル内のガタ信号(ノイズ信号)によりコイルインピーダンスは変化します。
この時、金属表面に疵が発生していますとコイルインピーダンスのベクトル量と、磁束の変化量も変わり制御コイルからの信号と検出コイルからの信号により欠陥の検出が可能となります。
この制御コイルからの、制御信号の位相を変化させることで、通常分離が出来にくかった疵信号とガタ信号(ノイズ信号)の位相差を任意に変化(図7右図)させることができます。
回転移相型コイルは、図8の構成となっています。
図 8

従来の渦流探傷器では、L1とL2の検出回路で構成されており、|L1-L2|のベクトル変化量
(図7左図のθ3)の情報でしかないので条件を変えない限りこの位相差は一定となり、このままではSN比は向上しません。
図 9

図9のコイル空心時の磁束本数をφa(この値は一定)とします。そのコイルに金属材料を挿入しますと、金属材
料の磁束本数がφbとなり内部空間磁束と金属材料内磁束の関係は、φa-φb:φbとなります。
この状態で疵部にきますと金属材料の体積が減るため金属材料内の磁束本数が減り金属材料内の磁束本数はφb-⊿φとなります。又、この⊿φが疵信号とガタ信号の位相差に相当します。
従って、この⊿φの値を変化させることで疵信号とガタ信号の位相差を任意に変化させることができます。これが回転移相の原理です。 又、磁束と電流の間には、φ=I/Tの関係から、電流Iを変化させれば磁束が変化します。又、図10のベクトル図において、RとVは同相であり、又、ωLとIが同相であることから電流Iを変化させることで疵信号とガタ信号の位相差θ3が変化します。
図 10

◆ 回 転 移 相 の 効 果
keywords#
SUS304、φ10㎜、深さ50μm
従来方式 回転移相方式


磁性材、コーナー部クラック疵、深さ20μm、長さ0.2㎜
従来方式 回転移相方式



Copyright (C) Nihon Estekku Co.,Ltd. All Rights Reserved.