サルタレッリ フローレンス 3ドアキャビネット カップボード (食器棚/ガラスキャビネット/ショーケース) アイボリー
【直輸入 イタリア製ヨーロピアン家具 鏡面仕上のアンティーク調デザイン ユリの花がモチーフのフローレンス ロココ調の姫系・白家具シリーズ】


◆ 回 転 移 相 式 渦 流 探 傷 に 関 す る 説 明
回 転 移 相 式 渦 流 探 傷
渦流試験の原理
#descriptionサルタレッリ フローレンス 3ドアキャビネット カップボード (食器棚/ガラスキャビネット/ショーケース) アイボリー 【直輸入 イタリア製ヨーロピアン家具 鏡面仕上のアンティーク調デザイン ユリの花がモチーフのフローレンス ロココ調の姫系・白家具シリーズ】:メルカート・モビリ - 3689c
回転移相の原理

回 転 移 相 の 効 果
keywords#

2019-10-20
カテゴリトップ>アイテム別>キャビネット

サルタレッリ フローレンス
シリーズの特徴

特色美しい曲面のシルエットとユリの花をイメージした大胆なモチーフが印象的な、
イタリア・サルタレッリモビリ社(Saltarelli MOBILI)のフローレンス(FLORENCE)コレクション。

落ち着いた気品のある優雅さは、ヨーロピアンクラシック家具ファン以外からも人気の、サルタレッリモビリを代表する輸入家具コレクションです。

光沢のあるパールホワイトを基本とした淡い色使いはお部屋を明るく演出してくれます。
アンティーク調のムードも採り入れつつも、モダンなお部屋によく調和します。

リビングルームやダイニングルームをトータルでコーディネイトできる人気のシリーズです。

グラス・カップ・食器など、コレクションを展示する飾り棚(カップボード)です。

大切なコレクションを埃から守り、ダウンライトの照明がキラキラと照らします。

ミラーバックや装飾入りガラスに光が乱反射し、ラグジュアリーな空間を演出します。
優雅な曲面ガラスや、要所を引き締めるゴールドの金具、ラインストーンの取手、輝くウレタンコーティングも見どころです。

また、下台の引出し・扉は収納力も高く実用性も充分です。
リビング・ダイニング・エントランスを豪華に彩ります。


サルタレッリ フローレンス
商品詳細

寸法・重量W 129 × D 53.5 × H 210 cm

重量:上台79kg 下台68kg 天飾り4.5kg

ダウンライト(LED仕様) 調光器付き

送料区分送料サイズ:サイズ6

配送方法:開梱設置便

組立区分:完成品(一部組み立て)

配送については、こちらをご確認下さい。


北海道、沖縄、一部地域は別途見積もりとなります

材質主材:MDF(中密度繊維板)/樹脂

天板・ドア・引出部:UV塗装

上記以外:ウレタン塗装

裏面は未塗装となります

仕様ダウンライト付き(LED) 調光機能付き

棚ガラス2枚(高さ調整可)

引出し部はレール付き

床面保護用の脚部貼り付け用フェルト付属

☆サルタレッリモビリ認定販売店証明書タグ付き☆

※当店オリジナルカタログ付属いたします。
カラーリング等輝くパール仕上げのアイボリーホワイト。

鏡面仕上げのテーブル天面や引出し天面には優雅なユリのモチーフが描かれています。

また、お好みで輝きのアイボリーホワイト、重厚な木目調ウォールナットカラー(茶色・ブラウン系)をお選びいただけます。

モニターの発色の具合によって実際のものと色が異なる場合があります。
ご利用シーンダイニングルーム/リビングルーム/収納家具

商品区分イタリア家具>ブランド別>サルタレッリモビリ>フローレンス>アイボリー

輸入家具>収納家具>キャビネット>カップボード

製造国・ブランド等イタリア製

サルタレッリモビリ社

フローレンスコレクション

展示状況サルタレッリモビリ社の

フローレンス・アマルフィ・ヴェルサイユ・ジュリエッタは、

川口本店・練馬店にて常設展示がございます。

※当店は、サルタレッリ認定販売店となりますので、安心してお買い求め下さい。
お問い合わせ*ヨーロピアン白家具・姫系家具ならおまかせください*
メルカート・モビリ 

TEL:03-6913-3273

営業時間:AM10:00-PM19:00








イタリア家具 アンティーク ヨーロピアン クラシック 輸入家具 白家具 猫脚 ロココ調 エレガント 大理石 タロッコ 象嵌 クラシカル フレンチ カントリー 輸入 インテリア北欧

2.#description
図 3 図 4

図3は一般的に使用されているホイストンブリッジの渦電流式欠陥検出用ブリッジ回路です。
出力条件  平衡時(出力ゼロ)  L1:R2=L2:R1
欠陥検出出力時  |L1-L2| になります。
図4は、図3の検出部(コイル)を示したもので、貫通型の欠陥検出を示します。上記図3及び図4の様に接続することによって欠陥出力が可能です。
検出される出力は、交流電源(AC)を使用しているため電流変化と位相変化が現れます。又、検出部にコイルを使用しているために変化量はインピーダンスの変化によって、変化した電流変化値と位相変化値となって現れます。
図 5 図 6

図5は、貫通型検出コイル中に非磁性金属片Cを挿入して時の図であり、検出コイルに一定交流電源を接続して交流を流した時に発生するベクトル図を図6に示します。
検出コイルは、一般にRとL(インダクタンス)との合成で成り立っています。
図5の金属片Cの良部BをL o中におかれているとき図6のZ1でθ1の位相角度になりあます。又、金属片Cを移動し、L o中に疵部Aをおいた時、図6のZ2でθ2に変化します。
この時、良部と疵部の位相変化量は、
|θ2-θ1|=θ3となり条件(金属材質、寸法、コイルインピーダンスR・ωL、交流周波数)を変えない限りこの値は一定となります。
従って、一般的な渦流探傷方法では、一定条件での欠陥検出の位相角変化は理論上不可能です。
今回、開発した渦流探傷器は、上記一定条件において、疵の位相角度を任意に可変出来る装置です。
(国際特許)
(欠陥検出装置のベクトル表示)
図 7

3.回転移相の原理
流探傷器は、従来の渦流探傷器で使用されているコイルインピーダンスのベクトル変化量(図7左図の位相変化量θ3)での検出のみでなく、検出コイル内での磁束の変化も検出し、制御コイルによりコイル内部の磁束が一定となるように磁束を制御しています。
検出コイル内に金属材料が挿入されますと、コイル内のガタ信号(ノイズ信号)によりコイルインピーダンスは変化します。
この時、金属表面に疵が発生していますとコイルインピーダンスのベクトル量と、磁束の変化量も変わり制御コイルからの信号と検出コイルからの信号により欠陥の検出が可能となります。
この制御コイルからの、制御信号の位相を変化させることで、通常分離が出来にくかった疵信号とガタ信号(ノイズ信号)の位相差を任意に変化(図7右図)させることができます。
回転移相型コイルは、図8の構成となっています。
図 8

従来の渦流探傷器では、L1とL2の検出回路で構成されており、|L1-L2|のベクトル変化量
(図7左図のθ3)の情報でしかないので条件を変えない限りこの位相差は一定となり、このままではSN比は向上しません。
図 9

図9のコイル空心時の磁束本数をφa(この値は一定)とします。そのコイルに金属材料を挿入しますと、金属材
料の磁束本数がφbとなり内部空間磁束と金属材料内磁束の関係は、φa-φb:φbとなります。
この状態で疵部にきますと金属材料の体積が減るため金属材料内の磁束本数が減り金属材料内の磁束本数はφb-⊿φとなります。又、この⊿φが疵信号とガタ信号の位相差に相当します。
従って、この⊿φの値を変化させることで疵信号とガタ信号の位相差を任意に変化させることができます。これが回転移相の原理です。 又、磁束と電流の間には、φ=I/Tの関係から、電流Iを変化させれば磁束が変化します。又、図10のベクトル図において、RとVは同相であり、又、ωLとIが同相であることから電流Iを変化させることで疵信号とガタ信号の位相差θ3が変化します。
図 10

◆ 回 転 移 相 の 効 果
keywords#
SUS304、φ10㎜、深さ50μm
従来方式 回転移相方式


磁性材、コーナー部クラック疵、深さ20μm、長さ0.2㎜
従来方式 回転移相方式



Copyright (C) Nihon Estekku Co.,Ltd. All Rights Reserved.