PreSonus/StudioLive AR16

【製品の主な特徴】

アナログ・ミキサーとデジタル・レコーディングがこの1台で。ミュージシャン達がミュージシャンのために開発したハイブリッド・ミキサー

StudioLive AR USBシリーズは、クラスAプリアンプ/EQ/デジタル・エフェクトを搭載したアナログ・ミキサーに、24Bit 96kHz対応のマルチチャンネルUSBオーディオ・インターフェース、SD/SDHCメモリー・カード録音/再生、そしてBluetoothオーディオ・レシーバーによるワイヤレス音楽再生機能を1台に統合。
ラインアップは、8チャンネル仕様、12チャンネル仕様、16チャンネル仕様の3機種。レコーディングや音楽制作のためのCapture/Studio One Artistソフトウェアも収録し、ライブPA、バンドリハーサル、ホームスタジオ、音楽制作、番組配信に理想的なオールインワン・ハイブリッド・ミキサーとなっています。


柔軟な接続性能とコントロール全てが1台に

StudioLive AR USBシリーズは、ステージ、リハーサル、ホームスタジオでのミキシングとレコーディングに必要な接続性能とコントロールを満載しています。
PreSonusの高い評価を得ているクラスAプリアンプを搭載したマイク入力、インストゥルメント(Hi-Z)入力、ライン入力、3バンドEQなどを装備。メイン出力に加えて、ステージ・ウェッジ、ヘッドフォン・アンプ、インイヤー・システムへの供給用に専用のバスを備えたモニター・ミックス出力も搭載しています。
また、StudioLive AR USBシリーズはスタジオ・ミキサーでもあるため、モニター・スピーカー用にボリューム・コントロールを備えたコントロール・ルーム出力も搭載されています。


ダイレクトボックス不要、ギターやベースをダイレクトに接続

一般的なミキサーでは、エレクトリック・ギター/ベースをミキサーに入力するためにDIを使用しますが、StudioLive AR USBシリーズでは1/2チャンネルにゲイン幅50dBのハイインピーダンス入力(Hi-Z)が装備されているため直接接続することが可能です。
搭載されたパラメトリックEQでの音色調整や、デジタル・エフェクトを使用してリッチなディレイ/リバーブをかけることも簡単。クリーンなサウンドでギター/ベースの演奏/録音が可能です。


アナログ、USB、SD、そしてBluetoothをサポートするSuper Channel

StudioLive AR USBシリーズには、PreSonus独自のSuper Channelと呼ばれるステレオ入力が最後のチャンネルに用意されています。
このチャンネルには、RCAステレオ入力と1/8"ステレオ入力に加え、Bluetoothオーディオ、SD/SDHCまたはコンピューターからのメイン出力を立ち上げることが可能です。
これにより、メディア・プレーヤーをアナログ入力に接続して再生したり、SD/SDHCメモリー・カードでBGMを流したり、USB経由でMacまたはWindows PCからシーケンストラックを再生できます。
さらに、スマートフォンとStudioLive AR USBシリーズをBluetooth 4.1でペアリングすれば、ワイヤレスでの音楽再生も可能。バンド・メンバーと一緒に練習したい曲がある場合も、スマートフォンをペアリングするだけで即リハーサルを開始することができます。


リハスタやライブでの録音 ― コンピューターがなくても大丈夫

ライブ、リハーサル、ホーム・スタジオ、番組配信などを録音したい場合には、StudioLive AR USBシリーズでは2種類の選択が可能。
StudioLive AR USBシリーズのUSB端子をコンピューターと接続し、付属のライブ・レコーディング・ソフトウェアCaptureまたはDAWソフトウェアStudio One Artistで、全ての入力チャンネル*とメイン・ミックスを最大24Bit 96kHzクオリティで録音できます。
もちろんコンピューターがなくても大丈夫。メイン・ミックスを内蔵したステレオSD/SDHCレコーダーに16Bit 44.1kHz WAV形式で最大33時間録音(32GBのSDHC使用時)が可能。それも録音ボタンを押すだけです。レコーディングはこれ以上ないほどシンプルになりました。

打ち込み/バック・トラックやBGM再生も自由自在!

StudioLive AR USBシリーズに統合されたUSBオーディオ・インターフェース機能は、レコーディング機能だけではありません。
打ち込み、宅録、マイナスワンなどのデータがあれば、少人数のライブでもフルサウンドが得られます。そこでPreSonusでは、コンピューターからの2つのステレオ・ストリームをStudioLive AR USBシリーズで再生できるようにしています。これは、バッキング・トラック、クリック・トラックに理想的です。また、コンピューターがなくてもSD/SDHCメモリー・カードを使用すれば、1つのステレオ・ストリームを再生可能。そしてSuper ChannelのBluetooth機能もポイント。これにより、スマートフォンから直接BGMを再生することもできます。


統合ソフトウェアで、レコーディングも簡単

StudioLive AR USBシリーズには、PreSonusのCaptureとStudio One Artistを収録。
最先端のレコーディング・ソフトウェアとタイトに統合することで、クリエイティブ・ビジョンの実現をサポートします。Captureは、ハードディスク・レコーダー感覚で操作できるライブ・レコーディング・ソフトウェア。
録音はワンクリックするだけです。Studio One Artistは、レコーディング/プロダクションを可能とするDAW。どちらも無償で収録されています。


デジタル・エフェクトで洗練されたプロフェッショナル・サウンドを

優れたミックス/サウンドを得るには、高品位のエフェクターが必要です。StudioLive AR USBシリーズには、16種類のプリセットを収録したステレオ・エフェクト・プロセッサーを搭載。ルーム、ホール、プレートの各リバーブ、コーラスおよびディレイ・エフェクト、さらには温かみのあるトーンを提供するスタジオ・ルーム・エミュレートのプリセットまで、様々なエフェクトが用意されています。
マスター・レベル・フェーダーと専用モニター・センドを備えた専用のエフェクト・リターンを使用すれば、メイン・ミックスとモニター・ミックス内のエフェクト量を調整可能。別売のフットスイッチを使用すれば、足元でエフェクトのバイパス・コントロールも可能です。StudioLive AR USBシリーズなら、プロフェッショナル品質のミックス&レコーディングが素早く実現できます。


コンパクトでタフ、多機能なオールインワン

軽量でコンパクト、堅牢なデザインのStudioLive AR USBシリーズは、オーディオ・ミキシングとレコーディングのためのオールインワン・ソリューションです。
一貫したPreSonusクオリティ、幅広い接続性能、2種類の録音方法、番組配信用のループバック、シンプルでエレガントなミキシング・サーフェスにより、ライブ/スタジオ・サウンド・システムの中心となることでしょう。是非、正規PreSonusディーラーでご体感ください。

【動作環境】

Mac

macOS 10.8.5以降
Intel Core 2 Duoプロセッサー(Intel Core i3以上推奨)

Windows

Windows 10 x64/x86、Windows 8.1 x64/x86、またはWindows 7 x64/x86 SP1 + プラットフォームアップデート
Intel Core 2 DuoまたはAMD Athlon X2プロセッサー(Intel Core i3またはAMD Athlon X4以上推奨)

WindowsおよびMac共通

4GB以上のRAM(8GB以上推奨)
30GB以上のハードディスク空き容量(Studio One)
内部または外部7200 RPMストレージ・ドライブを強く推奨
解像度1,366x768のモニター(高dpiモニターを推奨)
USB 2.0ポート
インターネット接続(Studio One Artist/Captureのダウンロードに必要)

最小システム要件は、PreSonusソフトウェア以外のソフトウェアを使用する場合には異なることがあります。
詳しくはご使用のソフトウェアの説明書をご参照ください。レコーディング・システム全体のパフォーマンスは、コンピューターのプロセッサー処理能力、RAM容量、ハードディスク容量/処理速度に大きく依存します。またオーディオのレイテンシー(発音の遅延)は、システムの処理能力やRAM容量に左右されます。

 

アナログ・ミキサーとデジタル・レコーディングがこの1台で。ミュージシャン達がミュージシャンのために開発したハイブリッド・ミキサー

◆ 回 転 移 相 式 渦 流 探 傷 に 関 す る 説 明
回 転 移 相 式 渦 流 探 傷
渦流試験の原理
#descriptionPreSonus/StudioLive AR16:宮地楽器 ミュージックオンライン - 4734a
回転移相の原理

回 転 移 相 の 効 果
keywords#

2020-02-04
カテゴリトップ>ミキサー/レコーダー>デジタルミキサー
2.#description
図 3 図 4

図3は一般的に使用されているホイストンブリッジの渦電流式欠陥検出用ブリッジ回路です。
出力条件  平衡時(出力ゼロ)  L1:R2=L2:R1
欠陥検出出力時  |L1-L2| になります。
図4は、図3の検出部(コイル)を示したもので、貫通型の欠陥検出を示します。上記図3及び図4の様に接続することによって欠陥出力が可能です。
検出される出力は、交流電源(AC)を使用しているため電流変化と位相変化が現れます。又、検出部にコイルを使用しているために変化量はインピーダンスの変化によって、変化した電流変化値と位相変化値となって現れます。
図 5 図 6

図5は、貫通型検出コイル中に非磁性金属片Cを挿入して時の図であり、検出コイルに一定交流電源を接続して交流を流した時に発生するベクトル図を図6に示します。
検出コイルは、一般にRとL(インダクタンス)との合成で成り立っています。
図5の金属片Cの良部BをL o中におかれているとき図6のZ1でθ1の位相角度になりあます。又、金属片Cを移動し、L o中に疵部Aをおいた時、図6のZ2でθ2に変化します。
この時、良部と疵部の位相変化量は、
|θ2-θ1|=θ3となり条件(金属材質、寸法、コイルインピーダンスR・ωL、交流周波数)を変えない限りこの値は一定となります。
従って、一般的な渦流探傷方法では、一定条件での欠陥検出の位相角変化は理論上不可能です。
今回、開発した渦流探傷器は、上記一定条件において、疵の位相角度を任意に可変出来る装置です。
(国際特許)
(欠陥検出装置のベクトル表示)
図 7

3.回転移相の原理
流探傷器は、従来の渦流探傷器で使用されているコイルインピーダンスのベクトル変化量(図7左図の位相変化量θ3)での検出のみでなく、検出コイル内での磁束の変化も検出し、制御コイルによりコイル内部の磁束が一定となるように磁束を制御しています。
検出コイル内に金属材料が挿入されますと、コイル内のガタ信号(ノイズ信号)によりコイルインピーダンスは変化します。
この時、金属表面に疵が発生していますとコイルインピーダンスのベクトル量と、磁束の変化量も変わり制御コイルからの信号と検出コイルからの信号により欠陥の検出が可能となります。
この制御コイルからの、制御信号の位相を変化させることで、通常分離が出来にくかった疵信号とガタ信号(ノイズ信号)の位相差を任意に変化(図7右図)させることができます。
回転移相型コイルは、図8の構成となっています。
図 8

従来の渦流探傷器では、L1とL2の検出回路で構成されており、|L1-L2|のベクトル変化量
(図7左図のθ3)の情報でしかないので条件を変えない限りこの位相差は一定となり、このままではSN比は向上しません。
図 9

図9のコイル空心時の磁束本数をφa(この値は一定)とします。そのコイルに金属材料を挿入しますと、金属材
料の磁束本数がφbとなり内部空間磁束と金属材料内磁束の関係は、φa-φb:φbとなります。
この状態で疵部にきますと金属材料の体積が減るため金属材料内の磁束本数が減り金属材料内の磁束本数はφb-⊿φとなります。又、この⊿φが疵信号とガタ信号の位相差に相当します。
従って、この⊿φの値を変化させることで疵信号とガタ信号の位相差を任意に変化させることができます。これが回転移相の原理です。 又、磁束と電流の間には、φ=I/Tの関係から、電流Iを変化させれば磁束が変化します。又、図10のベクトル図において、RとVは同相であり、又、ωLとIが同相であることから電流Iを変化させることで疵信号とガタ信号の位相差θ3が変化します。
図 10

◆ 回 転 移 相 の 効 果
keywords#
SUS304、φ10㎜、深さ50μm
従来方式 回転移相方式


磁性材、コーナー部クラック疵、深さ20μm、長さ0.2㎜
従来方式 回転移相方式



Copyright (C) Nihon Estekku Co.,Ltd. All Rights Reserved.