鑑定書付きネックレス
ダイヤモンド 0.4ct
D IF EXCELLENT H&C 3EX
ベネチアン プラチナ Pt900/Pt850

◆ 回 転 移 相 式 渦 流 探 傷 に 関 す る 説 明
回 転 移 相 式 渦 流 探 傷
渦流試験の原理
#description鑑定書付きネックレス ダイヤモンド 0.4ct D IF EXCELLENT H&C 3EX ベネチアン プラチナ Pt900/Pt850:ダイヤモンド卸 ファウスト - f5eb4
回転移相の原理

回 転 移 相 の 効 果
keywords#

2019-11-08
カテゴリトップ>ネックレスグレードで探す>Dカラー>IF>EXCELLENT(H&C)(3EX)カット
0.4ct ダイヤモンド ネックレス
卸価格のダイヤネックレス

ダイヤモンド:0.4ctUP
グレード:Dカラー IF EXCELLENT(H&C)(3EX)
鑑定書:CGL(中央宝石研究所)
枠材質:プラチナ(Pt900) 
チェーン材質:プラチナ(Pt850)
チェーン長さ:約40cm(3cm箇所にアジャスター管有り)
チェーン太さ:約0.7mm
参考ダイヤサイズ:約4.7mm
作成納期:2週間
★ エクセレント
★ ハート&キューピッド
★ トリプルエクセレント
写真のダイヤは0.3ctサイズを実販売枠にセットしたものです。
写真撮影、その他ご購入ダイヤモンドサイズによりましては、若干イメージと異なる場合がございます。
予めご了承いただけますようお願いいたします。
リング作成後のキャンセルはできませんので、ご注意くださいませ。



店内検索用語句
【0.4ct】 【Dカラー】 【FL/IF】 【EX HC 3EX】 【n01-2v】 【NECLACE】 【DP-2】 【VE】



鑑定書付き、ダイヤモンド&プラチナネックレス
★ 鑑定書付きダイヤモンドネックレス。
ネックレスにもリングと同じく、鑑定書付きのダイヤモンドをとお考えなら、当社にお任せください。
ペンダントにセットされたハイグレードダイヤモンドは貴女の首元でキラキラと輝いてくれます。
※写真は0.3ctのネックレスです。ダイヤモンドサイズによっては若干イメージと異なる場合がございます。

人気上昇中!落ち着きのある4点留め
★シンプルで知的!装着時の落ち着きのバツグン。
若々しくて装着時にも落ち着くデザインの4本爪タイプ。
底面が平坦な作りで装着時の落ち着きはバツグンです。
カジュアル的にお使いいただけるのはもちろん、お仕事中、フォーマルネックレスとしてもおすすめです。
※チェーンはスッキリと照りのある、ベネチアンタイプをセットいたしました。

ダイヤモンドグレード

 0.4ct  グレード : Dカラー / IF / EX HC 3EX

無色のD〜Zまでの等級があり、D,E,Fが一般的にカラーレスグレードと呼ばれています。
Zに近づくほど黄色が強くなります。




透明度をあらわすグレードで、表の右側に行くほど、キズの量が増えます。
FL,IFは希少グレードで、VVS1がトップグレードと考えてもよいでしょう。




ダイヤモンドのカット(プロポーション)をあらわすグレードで輝きに影響するグレードです。
理想的にカットされたダイヤモンドは、効率よく光を反射し、輝きの強いものになります。



婚約指輪(エンゲージリング)の憧れ!ハート&キューピッド

婚約指輪(エンゲージリング)のカットの最高峰!トリプルエクセレント

鑑定書と保証書が付属いたします。

お好きなケースをお選びください。


ご返品について
商品到着後、8日以内のご返品が可能でございます。
その場合、商品代金のみのご返金となります。
※代引き手数料、送料はご返金対象外となります。
また、ご返金に発生いたします費用、振込み手数料等、ご返金金額より差し引かせていただきますので、ご了承くださいませ。



■ダイヤモンドネックレス
納期お急ぎの方は
ご希望日をご相談ください!

2.#description
図 3 図 4

図3は一般的に使用されているホイストンブリッジの渦電流式欠陥検出用ブリッジ回路です。
出力条件  平衡時(出力ゼロ)  L1:R2=L2:R1
欠陥検出出力時  |L1-L2| になります。
図4は、図3の検出部(コイル)を示したもので、貫通型の欠陥検出を示します。上記図3及び図4の様に接続することによって欠陥出力が可能です。
検出される出力は、交流電源(AC)を使用しているため電流変化と位相変化が現れます。又、検出部にコイルを使用しているために変化量はインピーダンスの変化によって、変化した電流変化値と位相変化値となって現れます。
図 5 図 6

図5は、貫通型検出コイル中に非磁性金属片Cを挿入して時の図であり、検出コイルに一定交流電源を接続して交流を流した時に発生するベクトル図を図6に示します。
検出コイルは、一般にRとL(インダクタンス)との合成で成り立っています。
図5の金属片Cの良部BをL o中におかれているとき図6のZ1でθ1の位相角度になりあます。又、金属片Cを移動し、L o中に疵部Aをおいた時、図6のZ2でθ2に変化します。
この時、良部と疵部の位相変化量は、
|θ2-θ1|=θ3となり条件(金属材質、寸法、コイルインピーダンスR・ωL、交流周波数)を変えない限りこの値は一定となります。
従って、一般的な渦流探傷方法では、一定条件での欠陥検出の位相角変化は理論上不可能です。
今回、開発した渦流探傷器は、上記一定条件において、疵の位相角度を任意に可変出来る装置です。
(国際特許)
(欠陥検出装置のベクトル表示)
図 7

3.回転移相の原理
流探傷器は、従来の渦流探傷器で使用されているコイルインピーダンスのベクトル変化量(図7左図の位相変化量θ3)での検出のみでなく、検出コイル内での磁束の変化も検出し、制御コイルによりコイル内部の磁束が一定となるように磁束を制御しています。
検出コイル内に金属材料が挿入されますと、コイル内のガタ信号(ノイズ信号)によりコイルインピーダンスは変化します。
この時、金属表面に疵が発生していますとコイルインピーダンスのベクトル量と、磁束の変化量も変わり制御コイルからの信号と検出コイルからの信号により欠陥の検出が可能となります。
この制御コイルからの、制御信号の位相を変化させることで、通常分離が出来にくかった疵信号とガタ信号(ノイズ信号)の位相差を任意に変化(図7右図)させることができます。
回転移相型コイルは、図8の構成となっています。
図 8

従来の渦流探傷器では、L1とL2の検出回路で構成されており、|L1-L2|のベクトル変化量
(図7左図のθ3)の情報でしかないので条件を変えない限りこの位相差は一定となり、このままではSN比は向上しません。
図 9

図9のコイル空心時の磁束本数をφa(この値は一定)とします。そのコイルに金属材料を挿入しますと、金属材
料の磁束本数がφbとなり内部空間磁束と金属材料内磁束の関係は、φa-φb:φbとなります。
この状態で疵部にきますと金属材料の体積が減るため金属材料内の磁束本数が減り金属材料内の磁束本数はφb-⊿φとなります。又、この⊿φが疵信号とガタ信号の位相差に相当します。
従って、この⊿φの値を変化させることで疵信号とガタ信号の位相差を任意に変化させることができます。これが回転移相の原理です。 又、磁束と電流の間には、φ=I/Tの関係から、電流Iを変化させれば磁束が変化します。又、図10のベクトル図において、RとVは同相であり、又、ωLとIが同相であることから電流Iを変化させることで疵信号とガタ信号の位相差θ3が変化します。
図 10

◆ 回 転 移 相 の 効 果
keywords#
SUS304、φ10㎜、深さ50μm
従来方式 回転移相方式


磁性材、コーナー部クラック疵、深さ20μm、長さ0.2㎜
従来方式 回転移相方式



Copyright (C) Nihon Estekku Co.,Ltd. All Rights Reserved.