オーダーメイドチマチョゴリ・シルクベスト(ベスト単品オーダー)・サランピンク045■o-silk-or-045-s
◆ 回 転 移 相 式 渦 流 探 傷 に 関 す る 説 明
回 転 移 相 式 渦 流 探 傷
渦流試験の原理
#descriptionオーダーメイドチマチョゴリ・シルクベスト(ベスト単品オーダー)・サランピンク045■o-silk-or-045-s:チマチョゴリ韓服韓国雑貨Yumekobo - c41af
回転移相の原理

回 転 移 相 の 効 果
keywords#

2019-11-01
カテゴリトップ>■アイテムカテゴリから選ぶ>オーダーメイド衣装>女性用シルクオーダーメイド・ベスト単品

商品詳細
サイズ・素材等■主な素材/シルク、(ファー取り付け時はミンクもしくはラビットファー)■主な仕様/シルク、刺繍・ファー付■

※ご確認ください。
・オーダー製作開始からお届けまではチマチョゴリは通常約2〜3週間、ベスト1〜2週間となります。お急ぎの場合はご相談下さい。
・袖先の刺繍デザイン、色、チマの裾のポイントはご注文時異なる場合がございます。
・商品写真はブラウザーによって生地や刺繍の色が実物の色と異なって見えます。ご了承の上御注文下さい。
・柄の位置は仕立てのサイズにより多少異なりますご了承下さい。
・オーダー確定のお客様で生地見本をご希望の方へは生地見本を送らせて頂きますのでお申し付け下さい。(お時間が無い場合は対応できない場合もございます)・オーダー製作開始後はキャンセル、変更が出来ませんのでご了承下さい。
・オーダー品は全て事前支払いとなります。(銀行ゆうちょ振り込みのみ※・ヤフーはカード決済可能)
・チマチョゴリはお仕立て後のお直しが難しいのでご了承下さい(チマ丈を短くする事と簡易的にチョゴリの胸を小さくすることは可能です)

株式会社夢市場各商品ロゴ画像

商品画像1
*画像の衣装小物 (胸の飾りノリゲ、コッシン、ヘア飾り)等はイメージ写真でセット内容とは異なります。
製作期間は時期や作品によって若干異なりますが2〜3週間です。
お急ぎのお客様は直接ご連絡ください。


チマチョゴリをグレードアップしてくれる素敵なアイテム
オーダーメイドチマチョゴリ・シルクベスト(ベスト単品オーダー)・サランピンク045

いつも着ているチマチョゴリをほんの少しだけ雰囲気を変えたい…
チマチョゴリ用ベストは羽織るだけで又違うイメージになります。
これから成人式やブライダルシーズンに向けておすすめしたいアイテムです。
日本でも流行のトレンドファー付きはふわふわでとても可愛いいデザインです・・・
お客様のお好みに合わせたベストもオーダー制作いたします。
デザインやイメージをお伝えください。
富貴を意味する牡丹と蝶の刺繍が胸に施された素敵なベスト

※ベストは襟の形の変更や、ファーの取り付け、ファーの色変更等できます。(備考欄にご希望をご記入下さい)


商品画像2
商品画像3
商品画像4
商品画像5
商品画像6
商品画像7

商品画像8
商品画像9
商品画像10
商品画像11
■お仕立て上がりサイズ(トップバスト)は下記となります■

・Sサイズ(80〜84cm)
・Мサイズ(85〜89cm)
・Lサイズ(90〜94cm)
・LLサイズ(95〜100cm)
がございます。
ご注文サイズはご購入時備考欄にお書き添え下さい。
スタッフ感想
オーダーからお届けまで1〜2週間ほどお時間を頂きます。

商品画像1
*画像の衣装小物 (胸の飾りノリゲ、コッシン、ヘア飾り)等はイメージ写真でセット内容とは異なります。
製作期間は時期や作品によって若干異なりますが2〜3週間です。
お急ぎのお客様は直接ご連絡ください。

チマチョゴリをグレードアップしてくれる素敵なアイテム

2.#description
図 3 図 4

図3は一般的に使用されているホイストンブリッジの渦電流式欠陥検出用ブリッジ回路です。
出力条件  平衡時(出力ゼロ)  L1:R2=L2:R1
欠陥検出出力時  |L1-L2| になります。
図4は、図3の検出部(コイル)を示したもので、貫通型の欠陥検出を示します。上記図3及び図4の様に接続することによって欠陥出力が可能です。
検出される出力は、交流電源(AC)を使用しているため電流変化と位相変化が現れます。又、検出部にコイルを使用しているために変化量はインピーダンスの変化によって、変化した電流変化値と位相変化値となって現れます。
図 5 図 6

図5は、貫通型検出コイル中に非磁性金属片Cを挿入して時の図であり、検出コイルに一定交流電源を接続して交流を流した時に発生するベクトル図を図6に示します。
検出コイルは、一般にRとL(インダクタンス)との合成で成り立っています。
図5の金属片Cの良部BをL o中におかれているとき図6のZ1でθ1の位相角度になりあます。又、金属片Cを移動し、L o中に疵部Aをおいた時、図6のZ2でθ2に変化します。
この時、良部と疵部の位相変化量は、
|θ2-θ1|=θ3となり条件(金属材質、寸法、コイルインピーダンスR・ωL、交流周波数)を変えない限りこの値は一定となります。
従って、一般的な渦流探傷方法では、一定条件での欠陥検出の位相角変化は理論上不可能です。
今回、開発した渦流探傷器は、上記一定条件において、疵の位相角度を任意に可変出来る装置です。
(国際特許)
(欠陥検出装置のベクトル表示)
図 7

3.回転移相の原理
流探傷器は、従来の渦流探傷器で使用されているコイルインピーダンスのベクトル変化量(図7左図の位相変化量θ3)での検出のみでなく、検出コイル内での磁束の変化も検出し、制御コイルによりコイル内部の磁束が一定となるように磁束を制御しています。
検出コイル内に金属材料が挿入されますと、コイル内のガタ信号(ノイズ信号)によりコイルインピーダンスは変化します。
この時、金属表面に疵が発生していますとコイルインピーダンスのベクトル量と、磁束の変化量も変わり制御コイルからの信号と検出コイルからの信号により欠陥の検出が可能となります。
この制御コイルからの、制御信号の位相を変化させることで、通常分離が出来にくかった疵信号とガタ信号(ノイズ信号)の位相差を任意に変化(図7右図)させることができます。
回転移相型コイルは、図8の構成となっています。
図 8

従来の渦流探傷器では、L1とL2の検出回路で構成されており、|L1-L2|のベクトル変化量
(図7左図のθ3)の情報でしかないので条件を変えない限りこの位相差は一定となり、このままではSN比は向上しません。
図 9

図9のコイル空心時の磁束本数をφa(この値は一定)とします。そのコイルに金属材料を挿入しますと、金属材
料の磁束本数がφbとなり内部空間磁束と金属材料内磁束の関係は、φa-φb:φbとなります。
この状態で疵部にきますと金属材料の体積が減るため金属材料内の磁束本数が減り金属材料内の磁束本数はφb-⊿φとなります。又、この⊿φが疵信号とガタ信号の位相差に相当します。
従って、この⊿φの値を変化させることで疵信号とガタ信号の位相差を任意に変化させることができます。これが回転移相の原理です。 又、磁束と電流の間には、φ=I/Tの関係から、電流Iを変化させれば磁束が変化します。又、図10のベクトル図において、RとVは同相であり、又、ωLとIが同相であることから電流Iを変化させることで疵信号とガタ信号の位相差θ3が変化します。
図 10

◆ 回 転 移 相 の 効 果
keywords#
SUS304、φ10㎜、深さ50μm
従来方式 回転移相方式


磁性材、コーナー部クラック疵、深さ20μm、長さ0.2㎜
従来方式 回転移相方式



Copyright (C) Nihon Estekku Co.,Ltd. All Rights Reserved.