正規取扱店 HTC (Hollywood Trading Company) #551 PLAIN STUDS BELT(プレーンスタッズベルト) ダークブラウンレザー×シルバースタッズ肉厚のレザーにアンティック加工の施されたスタッズをシンプルに打ち込んだPLAIN STUDS BELTです。
ベルトの幅:約43mm
30インチ(約72〜82cm) 32インチ(約77〜87cm) 34インチ(約82〜92cm) 36インチ(約87〜97cm) 38インチ(約92〜102cm)
(※表記サイズはベルトのバックルの先から穴までの実寸値です。現在お使いのベルト実寸を計測のうえサイズをお選びください。またハンドメイドの製品のため多少の個体差も御座います。)


※HTCの商品は1930年から1950年代に生産されたスタッズベルトなどの手作りによる再現です。
そのため画像の商品はほんの一例で、革の質感(厚み、傷やシワ、色)、スタッズの角度、アンティーク加工具合などが1点1点異なります。またターコイズの天然石は黒いターコイズや白いターコイズが混じっているものがございます。(これが天然石の証明にもなります)
これこそがHTCの目指す70年という歳月を超えた他では真似できないブランドとしての誇りそのものです。当店では上記の理由などでは不良品とは判断致しませんので予めご了承下さいませ。


【HTC 一覧はこちら】


【HTC BLACK(HTCブラック)はこちら】


正規販売店

THREE WOODスリーウッド

HTC正規取扱店THREE WOOD

HTC(Hollywood Trading Company)

Brand History


1930〜50年代に生産されていたスタッズベルト。今となっては年間数十本くらいでしか市場で出回らない希少なアイテム。
1994年,独立後にオーナーである ZIP STEVENSON はデニムに最も似合うベルト、スタッズベルトに全米を巡るバイイングにより出会った。でも、サイズや量、程度など顧客の需要にはとても応えられるほど手に入れられるものではなかった。そこで彼は当時使われていた工具、ジュエリーをもとに打ち込み始めて1年、彼の納得のいく、70年間の月日を忘れさせられる手作り感のあるベルトに仕上げた。これがZIPとベルトのスタートである。
それから5年後の2000年より、HOLLYWOOD TRADING COMPANY (HTC)として、世界各国に愛されるベルトブランドとして現在に至る。全米を見渡しても数少ない MADE IN USA をHTCは誇りとし、変わることのない手作り感をこの先も続けていく。

<HTC 正規代理店 THREE WOOD(スリーウッド)です>

送料・代引き手数料無料 HTC(Hollywood Trading Company)
#551 PLAIN STUDS BELT(プレーンスタッズベルト) ダークブラウンレザー×シルバースタッズ

HTC THREEWOOD

HTC THREEWOOD

正規取扱店

【HTC アイテム一覧】

【HTC BELT(ベルト)一覧】 【HTC BRACELET(ブレスレット)一覧】

【HTC OTHERS 一覧】 【HTC EURO 一覧】

【HTC MEXICAN RING,PENDANT 一覧】

【HTC Shoes 一覧】 【HTC Hat 一覧】  

【HTC BLACK(HTCブラック) 一覧】
平日14時まで即日出荷可。正規取扱店THREE WOOD(スリーウッド)

◆ 回 転 移 相 式 渦 流 探 傷 に 関 す る 説 明
回 転 移 相 式 渦 流 探 傷
渦流試験の原理
#description正規取扱店 HTC (Hollywood Trading Company) #551 PLAIN STUDS BELT(プレーンスタッズベルト) ダークブラウンレザー×シルバースタッズ:THREE WOOD - 86a86
回転移相の原理

回 転 移 相 の 効 果
keywords#

2020-03-20
カテゴリトップ>HTC>HTC Belt(ベルト)>OTHERS BELT(その他のベルト)
2.#description
図 3 図 4

図3は一般的に使用されているホイストンブリッジの渦電流式欠陥検出用ブリッジ回路です。
出力条件  平衡時(出力ゼロ)  L1:R2=L2:R1
欠陥検出出力時  |L1-L2| になります。
図4は、図3の検出部(コイル)を示したもので、貫通型の欠陥検出を示します。上記図3及び図4の様に接続することによって欠陥出力が可能です。
検出される出力は、交流電源(AC)を使用しているため電流変化と位相変化が現れます。又、検出部にコイルを使用しているために変化量はインピーダンスの変化によって、変化した電流変化値と位相変化値となって現れます。
図 5 図 6

図5は、貫通型検出コイル中に非磁性金属片Cを挿入して時の図であり、検出コイルに一定交流電源を接続して交流を流した時に発生するベクトル図を図6に示します。
検出コイルは、一般にRとL(インダクタンス)との合成で成り立っています。
図5の金属片Cの良部BをL o中におかれているとき図6のZ1でθ1の位相角度になりあます。又、金属片Cを移動し、L o中に疵部Aをおいた時、図6のZ2でθ2に変化します。
この時、良部と疵部の位相変化量は、
|θ2-θ1|=θ3となり条件(金属材質、寸法、コイルインピーダンスR・ωL、交流周波数)を変えない限りこの値は一定となります。
従って、一般的な渦流探傷方法では、一定条件での欠陥検出の位相角変化は理論上不可能です。
今回、開発した渦流探傷器は、上記一定条件において、疵の位相角度を任意に可変出来る装置です。
(国際特許)
(欠陥検出装置のベクトル表示)
図 7

3.回転移相の原理
流探傷器は、従来の渦流探傷器で使用されているコイルインピーダンスのベクトル変化量(図7左図の位相変化量θ3)での検出のみでなく、検出コイル内での磁束の変化も検出し、制御コイルによりコイル内部の磁束が一定となるように磁束を制御しています。
検出コイル内に金属材料が挿入されますと、コイル内のガタ信号(ノイズ信号)によりコイルインピーダンスは変化します。
この時、金属表面に疵が発生していますとコイルインピーダンスのベクトル量と、磁束の変化量も変わり制御コイルからの信号と検出コイルからの信号により欠陥の検出が可能となります。
この制御コイルからの、制御信号の位相を変化させることで、通常分離が出来にくかった疵信号とガタ信号(ノイズ信号)の位相差を任意に変化(図7右図)させることができます。
回転移相型コイルは、図8の構成となっています。
図 8

従来の渦流探傷器では、L1とL2の検出回路で構成されており、|L1-L2|のベクトル変化量
(図7左図のθ3)の情報でしかないので条件を変えない限りこの位相差は一定となり、このままではSN比は向上しません。
図 9

図9のコイル空心時の磁束本数をφa(この値は一定)とします。そのコイルに金属材料を挿入しますと、金属材
料の磁束本数がφbとなり内部空間磁束と金属材料内磁束の関係は、φa-φb:φbとなります。
この状態で疵部にきますと金属材料の体積が減るため金属材料内の磁束本数が減り金属材料内の磁束本数はφb-⊿φとなります。又、この⊿φが疵信号とガタ信号の位相差に相当します。
従って、この⊿φの値を変化させることで疵信号とガタ信号の位相差を任意に変化させることができます。これが回転移相の原理です。 又、磁束と電流の間には、φ=I/Tの関係から、電流Iを変化させれば磁束が変化します。又、図10のベクトル図において、RとVは同相であり、又、ωLとIが同相であることから電流Iを変化させることで疵信号とガタ信号の位相差θ3が変化します。
図 10

◆ 回 転 移 相 の 効 果
keywords#
SUS304、φ10㎜、深さ50μm
従来方式 回転移相方式


磁性材、コーナー部クラック疵、深さ20μm、長さ0.2㎜
従来方式 回転移相方式



Copyright (C) Nihon Estekku Co.,Ltd. All Rights Reserved.