パーソナルチェア 本革 レザー 革張り 革製 リクライニング機能&別働フットレスト機能付/リクライニングチェア/1人用ソファ/ソファ【冨士ファニチア製(富士ファニチャー製)】【木製】【送料無料】【代引き不可】【受注生産商品】【日本製】
用語説明マーク

◆ 回 転 移 相 式 渦 流 探 傷 に 関 す る 説 明
回 転 移 相 式 渦 流 探 傷
渦流試験の原理
#descriptionパーソナルチェア 本革 レザー 革張り 革製 リクライニング機能&別働フットレスト機能付/リクライニングチェア/1人用ソファ/ソファ【冨士ファニチア製(富士ファニチャー製)】【木製】【送料無料】【代引き不可】【受注生産商品】【日本製】:MADE IN TOKUSHIMA SHOP - 86011
回転移相の原理

回 転 移 相 の 効 果
keywords#

2019-11-21
カテゴリトップ>木工製品>家具>パーソナルチェア
送料無料玄関渡しのみ受注生産商品代引き不可

サイズ

【外寸】W90×D87〜148×H95〜83cm,
【座面高】40cm,
【肘高】51.5cm

材料

【張り地】本革】合成皮革,
【座面】ダイメトロール,
【木部】成型合板、オーク突き板

納期目安

受注後、約40日
※記載納期は目安です。確実な納期は、ご注文後、ご連絡させて頂きます。

備考

開梱設置をご希望の方は、ご注文フォームの配送日時指定の希望欄に開梱設置希望と入力して下さい。後ほど訂正額をご連絡致します。

送料ランク

送料無料
※北海道・沖縄・離島は別途料金を後ほどご連絡させて頂きます。

梱包サイズ、個数

W90×D151×H98cm:1個




一日の疲れを癒す、くつろぎのソファシリーズのパーソナルチェア

体全体をやさしく包み込むクッションが、快適な座り心地を演出するパーソナルチェア。誰もが快適に過ごせる機能性。家族誰一人として妥協する必要のない無段階調節機能。あらゆるポジションに合うリクライニングと別働フットレスト機能付き本革パーソナルチェア。映画鑑賞、癒しの時間、お昼寝の時間、リクライニングだけしたい!フットだけ出して足を乗せたい。あらゆるシーンに合わせた使い方のできる優れモノの本革パーソナルチェア。

リクライニング機能付き・ダイメトロールを使用

2人掛椅子、3人掛椅子のどのシートも背もたれがリクライニングし、お好みの角度に固定できます。リラックスしたいときに最適な椅子です。ダイメトロールを使用しているので体を面でサポートし、人体の微妙な感覚にフィットします。軽くて丈夫な理想的なクッション材です。

心地よい座り心地のために

座り心地は人それぞれ好みがあります。また、デザインや用途によってもクッションのやわらかさが違ってきます。やわらかく包み込まれるようなソフト感がほしい椅子には、ポケットコイルスプリング、適度の張りのほしい椅子にはウェーブスプリング、軽さとしなやかな座り心地を求める椅子にはダイメトロールと、椅子の個性に合わせ、最も適切な使用を心がけております。

機能へのこだわり・・・

人それぞれ体型が違う様に心地よさの感じ方も違います。また、その日の体調によっても感覚は違ってくるものです。冨士ファニチアは少しでも多くの人に居心地の良い家具造りを常に目指し、いろいろな機能の付いた商品を提供しております。パーソナルチェアにおいては、最適な角度で身体を支えてくれるリクライニング 機能で、お好みの角度に背もたれの角度を変えられるものなど、自分だけのベストポジションを見つけられるはずです。リビングダイニングだけではなく書斎やオフィスにも機能的で座りやすく、味わい深い椅子をお選びいただけます。





シリーズの一覧

こちらのページで販売しているのは 「パーソナルチェア」です。

パーソナルチェア2人掛リクライナーCB2人掛リクライナー3人掛リクライナー

オーダー&セミオーダーにすべて対応いたさいます。富士インテリアは置き家具から造作家具までインテリアのあらゆるニーズにお答えします。その中でも冨士ファニチア製品は成型合板の特徴である軽さにこだわった製品です。
【パーソナルチェア】リクライニング機能&別働フットレスト機能付パーソナルチェア パーソナルチェア 本革 レザー 革張り 革製/リクライニングチェア/1人用ソファ/ソファ 

2.#description
図 3 図 4

図3は一般的に使用されているホイストンブリッジの渦電流式欠陥検出用ブリッジ回路です。
出力条件  平衡時(出力ゼロ)  L1:R2=L2:R1
欠陥検出出力時  |L1-L2| になります。
図4は、図3の検出部(コイル)を示したもので、貫通型の欠陥検出を示します。上記図3及び図4の様に接続することによって欠陥出力が可能です。
検出される出力は、交流電源(AC)を使用しているため電流変化と位相変化が現れます。又、検出部にコイルを使用しているために変化量はインピーダンスの変化によって、変化した電流変化値と位相変化値となって現れます。
図 5 図 6

図5は、貫通型検出コイル中に非磁性金属片Cを挿入して時の図であり、検出コイルに一定交流電源を接続して交流を流した時に発生するベクトル図を図6に示します。
検出コイルは、一般にRとL(インダクタンス)との合成で成り立っています。
図5の金属片Cの良部BをL o中におかれているとき図6のZ1でθ1の位相角度になりあます。又、金属片Cを移動し、L o中に疵部Aをおいた時、図6のZ2でθ2に変化します。
この時、良部と疵部の位相変化量は、
|θ2-θ1|=θ3となり条件(金属材質、寸法、コイルインピーダンスR・ωL、交流周波数)を変えない限りこの値は一定となります。
従って、一般的な渦流探傷方法では、一定条件での欠陥検出の位相角変化は理論上不可能です。
今回、開発した渦流探傷器は、上記一定条件において、疵の位相角度を任意に可変出来る装置です。
(国際特許)
(欠陥検出装置のベクトル表示)
図 7

3.回転移相の原理
流探傷器は、従来の渦流探傷器で使用されているコイルインピーダンスのベクトル変化量(図7左図の位相変化量θ3)での検出のみでなく、検出コイル内での磁束の変化も検出し、制御コイルによりコイル内部の磁束が一定となるように磁束を制御しています。
検出コイル内に金属材料が挿入されますと、コイル内のガタ信号(ノイズ信号)によりコイルインピーダンスは変化します。
この時、金属表面に疵が発生していますとコイルインピーダンスのベクトル量と、磁束の変化量も変わり制御コイルからの信号と検出コイルからの信号により欠陥の検出が可能となります。
この制御コイルからの、制御信号の位相を変化させることで、通常分離が出来にくかった疵信号とガタ信号(ノイズ信号)の位相差を任意に変化(図7右図)させることができます。
回転移相型コイルは、図8の構成となっています。
図 8

従来の渦流探傷器では、L1とL2の検出回路で構成されており、|L1-L2|のベクトル変化量
(図7左図のθ3)の情報でしかないので条件を変えない限りこの位相差は一定となり、このままではSN比は向上しません。
図 9

図9のコイル空心時の磁束本数をφa(この値は一定)とします。そのコイルに金属材料を挿入しますと、金属材
料の磁束本数がφbとなり内部空間磁束と金属材料内磁束の関係は、φa-φb:φbとなります。
この状態で疵部にきますと金属材料の体積が減るため金属材料内の磁束本数が減り金属材料内の磁束本数はφb-⊿φとなります。又、この⊿φが疵信号とガタ信号の位相差に相当します。
従って、この⊿φの値を変化させることで疵信号とガタ信号の位相差を任意に変化させることができます。これが回転移相の原理です。 又、磁束と電流の間には、φ=I/Tの関係から、電流Iを変化させれば磁束が変化します。又、図10のベクトル図において、RとVは同相であり、又、ωLとIが同相であることから電流Iを変化させることで疵信号とガタ信号の位相差θ3が変化します。
図 10

◆ 回 転 移 相 の 効 果
keywords#
SUS304、φ10㎜、深さ50μm
従来方式 回転移相方式


磁性材、コーナー部クラック疵、深さ20μm、長さ0.2㎜
従来方式 回転移相方式



Copyright (C) Nihon Estekku Co.,Ltd. All Rights Reserved.