◆ 回 転 移 相 式 渦 流 探 傷 に 関 す る 説 明
回 転 移 相 式 渦 流 探 傷
渦流試験の原理
#description【正規品・送料無料!】SEIKO/セイコー PROSPEX/プロスペックス Diver Scuba/ダイバースキューバ TRANSOCEAN/トランスオーシャン オートマチック 自動巻き(手巻き付)ブラック×ローズゴールド ステンレス SBDC041:ジュエリー&腕時計 Bene - f2c58
回転移相の原理

回 転 移 相 の 効 果
keywords#

2020-03-14



【正規品・送料無料!】
SEIKO/セイコー
PROSPEX/プロスペックス
Diver Scuba/ダイバースキューバ
TRANSOCEAN/
トランスオーシャン
オートマチック 自動巻き(手巻き付)
ブラック×ローズゴールド
ステンレス SBDC041
※安心の【正規品・新品】でございます♪
※誠に申し訳ございませんが、北海道や沖縄県など、
地域によりまして、送料の一部ご負担をお願いしております。

メーカー希望小売価格はメーカー商品タグに基づいて掲載しています

SEIKO プロスペックス トランスオーシャン SBDC041





ダイバーズウオッチは、水中で活動するダイバーの安全に直接かかわるため、苛酷な環境下でも正確に時を刻み続けるための防水性、耐衝撃性、暗い海中でも認識できる高い視認性など、さまざまな要件を満たすことが要求されます。“TRANSOCEAN”は、そうした本格的なダイバーズウオッチとしての機能はそのままに、着用シーンを問わないスマートなデザインで、清潔感がありながらもワイルドでタフな印象を演出する、二律背反の本格ダイバーズウオッチです!

シャツの袖口などに引っ掛かりにくいよう、ケースからバンドへ流れるようなフォルムを採用し、スポーツシーンだけでなく、ビジネスやリゾートなど、さまざまなシーンで着用できるよう、適度なボリューム感におさえ、装着感を考慮してケースサイドから裏ぶたに向かってすり鉢状に絞り込むことで、手首を曲げた際にも邪魔になりにくい構造になっています。200m潜水が可能な空気潜水防水・4,800A/mの直流磁界にさらされても影響をうけない耐磁性能を誇ります♪

ケース・バンドは筋目仕上げと鏡面仕上げの異なる二つの仕上げ加工で、斜面や側面に施された鏡面仕上げ部が、太陽の陽射しを反射する海面のように、腕の動きに合わせてさりげなく煌めき手元を彩ります。装着時にぶつけやすい回転ベゼルには、傷がつきにくいセラミックスを採用し、ダイバーズウオッチの規格で定める視認性を確保しながら、高級感のある金属製の立体的なアワーマーク(時目盛り)をレイアウトして都会的でスタイリッシュな表情に仕上げています♪


品番SBDC041【正規品】メーカー保証:1年
素材ケース:ステンレススチール(一部ピンクゴールド色めっき・硬質コーティング)/ベゼル:セラミックス/バンド:ステンレススチール(ダブルロック中留)/風防:サファイヤガラス(内面無反射コーティング)
サイズ(約)縦45.5mm×横45mm×厚さ13.8mm/重さ:205g
スペックメカニカル・自動巻き(手巻き付)/駆動期間:最大巻上時約50時間持続/石数 23石/振動数 6振動/200m潜水用防水/逆回転防止ベゼル/秒針停止機能/ルミブライト(針・インデックス)/耐磁時計(JIS1種)/カレンダー(日付)機能つき/スクリューバック/ねじロック式りゅうず/ダブルロック中留/精度:平均日差+25秒〜-15秒
付属品オリジナルボックス/保証書/取扱説明書


200m潜水用防水メンズメカニカルウォッチ!!
着用シーンを問わないスマートなデザインで
清潔感とワイルドでタフな印象を演出する
二律背反の本格ダイバーズウオッチ♪

2.#description
図 3 図 4

図3は一般的に使用されているホイストンブリッジの渦電流式欠陥検出用ブリッジ回路です。
出力条件  平衡時(出力ゼロ)  L1:R2=L2:R1
欠陥検出出力時  |L1-L2| になります。
図4は、図3の検出部(コイル)を示したもので、貫通型の欠陥検出を示します。上記図3及び図4の様に接続することによって欠陥出力が可能です。
検出される出力は、交流電源(AC)を使用しているため電流変化と位相変化が現れます。又、検出部にコイルを使用しているために変化量はインピーダンスの変化によって、変化した電流変化値と位相変化値となって現れます。
図 5 図 6

図5は、貫通型検出コイル中に非磁性金属片Cを挿入して時の図であり、検出コイルに一定交流電源を接続して交流を流した時に発生するベクトル図を図6に示します。
検出コイルは、一般にRとL(インダクタンス)との合成で成り立っています。
図5の金属片Cの良部BをL o中におかれているとき図6のZ1でθ1の位相角度になりあます。又、金属片Cを移動し、L o中に疵部Aをおいた時、図6のZ2でθ2に変化します。
この時、良部と疵部の位相変化量は、
|θ2-θ1|=θ3となり条件(金属材質、寸法、コイルインピーダンスR・ωL、交流周波数)を変えない限りこの値は一定となります。
従って、一般的な渦流探傷方法では、一定条件での欠陥検出の位相角変化は理論上不可能です。
今回、開発した渦流探傷器は、上記一定条件において、疵の位相角度を任意に可変出来る装置です。
(国際特許)
(欠陥検出装置のベクトル表示)
図 7

3.回転移相の原理
流探傷器は、従来の渦流探傷器で使用されているコイルインピーダンスのベクトル変化量(図7左図の位相変化量θ3)での検出のみでなく、検出コイル内での磁束の変化も検出し、制御コイルによりコイル内部の磁束が一定となるように磁束を制御しています。
検出コイル内に金属材料が挿入されますと、コイル内のガタ信号(ノイズ信号)によりコイルインピーダンスは変化します。
この時、金属表面に疵が発生していますとコイルインピーダンスのベクトル量と、磁束の変化量も変わり制御コイルからの信号と検出コイルからの信号により欠陥の検出が可能となります。
この制御コイルからの、制御信号の位相を変化させることで、通常分離が出来にくかった疵信号とガタ信号(ノイズ信号)の位相差を任意に変化(図7右図)させることができます。
回転移相型コイルは、図8の構成となっています。
図 8

従来の渦流探傷器では、L1とL2の検出回路で構成されており、|L1-L2|のベクトル変化量
(図7左図のθ3)の情報でしかないので条件を変えない限りこの位相差は一定となり、このままではSN比は向上しません。
図 9

図9のコイル空心時の磁束本数をφa(この値は一定)とします。そのコイルに金属材料を挿入しますと、金属材
料の磁束本数がφbとなり内部空間磁束と金属材料内磁束の関係は、φa-φb:φbとなります。
この状態で疵部にきますと金属材料の体積が減るため金属材料内の磁束本数が減り金属材料内の磁束本数はφb-⊿φとなります。又、この⊿φが疵信号とガタ信号の位相差に相当します。
従って、この⊿φの値を変化させることで疵信号とガタ信号の位相差を任意に変化させることができます。これが回転移相の原理です。 又、磁束と電流の間には、φ=I/Tの関係から、電流Iを変化させれば磁束が変化します。又、図10のベクトル図において、RとVは同相であり、又、ωLとIが同相であることから電流Iを変化させることで疵信号とガタ信号の位相差θ3が変化します。
図 10

◆ 回 転 移 相 の 効 果
keywords#
SUS304、φ10㎜、深さ50μm
従来方式 回転移相方式


磁性材、コーナー部クラック疵、深さ20μm、長さ0.2㎜
従来方式 回転移相方式



Copyright (C) Nihon Estekku Co.,Ltd. All Rights Reserved.