SUN XTENDER サイクルバッテリー PVX-1080T[正規ルート品][日本語取扱説明書]

型式 : PVX-1080T
電圧 (V) : 12
寸法 長さ (mm) : 328
寸法 幅 (mm) : 172
寸法 総高 (mm) : 228
重量 (kg) : 29.5
時間率別・定格容量(Ah) 4時間容量 (Ah) : 88
時間率別・定格容量(Ah) 24時間容量 (Ah) : 108
時間率別・定格容量(Ah) 120時間容量 (Ah) : 126


数ある鉛バッテリーの中で最高性能の評価を受けている電池です。

公共事業からメンテナンスが容易に出来ない過酷な場所での利用まで利用されています。

価格は高額になりますが、サイクル数やメンテナンスを考慮するとコストパフォーマンスは高くなります。

事業用や信頼製の高いシステムを組む場合には是非ご検討ください。

満足いただけます。

○ 海上や冬山など過酷な条件で利用されている高性能蓄電池です。寒冷地での実績や電池交換が難しい山小屋や極限地帯で利用されています。

○ 一般的なバッテリーでは難しい並列利用が可能です。 PVX シリーズでは8並列までを推奨しています。直列数は制限ございません。

○ バックアップバッテリーとしての長期保管や長期利用に向いています。

○ 一般的なディープサイクルバッテリーの中で群を抜く長期間の利用が出来ます。

○航空機に掲載できます!安全性が高い証です


世界最高峰の信頼性!

独立型ソーラー発電やバックアップバッテリーとして最適なコンコルド社製の高性能バッテリー

驚きの5000回以上のサイクル数

放電容量10% : サイクル数 5200回
放電容量20% : サイクル数 2800回
放電容量30% : サイクル数 1850回
放電容量50% : サイクル数 1050回
放電容量80% : サイクル数 550回

上表は100%放電をセル電圧1.75V(12Vバッテリーで10.5V)とし、周囲温度25℃でのテスト結果です。深放電でも長寿命ですから、太陽電池等による独立型エネルギー供給システムに最適です。

5200のサイクル数とは、仮に、毎日10分の1だけの容量を使った場合、5200回の性能÷1年365日≒14年以上で耐用年数を計算できます。バックアップに最適です。

リチウムイオンに比べて安価でありながら安全性が高い為、取り扱いが容易です。AGMバッテリーは完全密閉ですので、車のバッテリーより安全に使えます。日本を含む世界中の数々の施設や軍で利用されているサンエクステンダーは高機能を安心して使うことが出来る蓄電池群です。

?


主な特徴

○ 25℃で一ヶ月当たり約1%の非常に小さい自己放電率です。
○ -40℃〜72℃の広い仕様温度範囲で寒冷地にも対応。
○ システムコンポーネントとしてULにリストされてます。
○ 深放電でも長寿命。
○ ガスの発生がない、液もれがない、横倒し可能。室内や車内でお勧め。組み込みに最適です。
○ メンテナンスフリーで補水の必要なし。


特長

■小さい自己放電率
25℃で一ヶ月当たり約1%です。

■広い使用温度範囲
-42〜72℃

■UL準拠(UL924】UL1989)
システムコンポーネントとしてULにリストされています。

■深放電でも長寿命

バックアップ及び本格的なオフグリッドの電源、信頼性が要求されるシビアな状況で活用されています!

並列が8台まで可能な信頼性

サンエクステンダーは、アメリカのコンコルド社製です。

コンコルド社のバッテリは、米国防省航空機用の約9割にサイクルバッテリーを供給。世界各国の空軍機に採用されています。


◆ 回 転 移 相 式 渦 流 探 傷 に 関 す る 説 明
回 転 移 相 式 渦 流 探 傷
渦流試験の原理
#descriptionSUN XTENDER サイクルバッテリー PVX-1080T[正規ルート品][日本語取扱説明書]:ナチュラル スカイ オフグリッド - a8968
回転移相の原理

回 転 移 相 の 効 果
keywords#

2020-02-15
カテゴリトップ>バッテリ 電池(種類別)>密閉型 (AGM , GELなど)
型式
電圧
寸法
重量
kg
定格容量(Ah)
長さ
mm

mm
総高
mm
4時間容量
24
時間
容量
120
時間
容量
PVX-340T
12
196
132
175
11.4
28
34
38
PVX-420T
12
196
132
204
13.6
34
42
45
PVX-690T
12
260
168
227
23.2
55
69
79
PVX-840T
12
260
168
227
25.9
68
84
97
PVX-1080T
12
328
172
228
29.5
88
108
126
PVX-2120L
12
527
221
248
57.6
176
212
253
PVX-2580L
12
527
277
248
72.1
214
258
305
◆2V,6Vバッテリーもご用意できます。詳しくは弊社スタッフにお尋ね下さい。


PVX シリーズでは8並列までを推奨しています。直列数は制限ございません。

例えば、100Ah/12V のバッテリーを複数個利用する場合 : 2個並列で 100Ah/12V × 2ヶ = 200Ah/12V、2個直列で 100Ah/12V × 2ヶ = 100Ah/24V など。

12V バッテリーで同じ電圧を保つ場合は、並列】プラスとプラス、マイナスとマイナスなど同じ極性を繋ぐ。同じ電流で電圧を上げる場合は、直列にする。プラスとマイナスを繋ぐ。



・電気製品の利用時間とバッテリーの利用時間について(基本的に12Vバッテリーで解説しています。)

バッテリーの利用できる容量の目安は、バッテリー容量 ○Ah】20時間率 × 0.8 × 12V −> 利用容量 ○Wh】20時間率 などです。20時間合計で○Wh使えることになります。

利用したい用量が決まっている場合などは、バッテリー効率や安全性の観点から、必要となる容量の2倍以上の容量を推奨いたしますので参考にしてください。

時間率は上記で20時間率としていますが、カタログでは5時間率や10時間率など表記がそれぞれ違います。メーカーの表示が違うためです。時間率は、 100Ah】20時間率 は単純に 20時間 で 100Ah 使える意味で、 5A × 20時間 = 100Ah です。使う時間が短いとバッテリー利用容量が減ります。

例えば、100Ah・1200Wh】5時間率 のGSユアサバッテリーは、80%の利用率で、5時間利用の約 960Wh です。これは、200W のテレビが 約5時間利用できます。50W のテレビであれば、逆に5時間率から20時間率と利用時間が長くなりますので20〜25時間以上は利用できます。

100Ahのバッテリーを充電するには、10A の充電器でコンセントから 8〜16時間くらいになります。



*イラストの説明

A : ハンドル

持ち運びがしやすいよう取っ手が付いています。

B : 密閉・圧力安全弁
液漏れしないので置き方選ばずに設置できます。メンテナンスフリーで補水の必要はありません。

C : 本体カバー
本体カバーは、はめ込み式の上、エポキシシールされていて強固です。広い温度範囲下や圧力変化・振動下でもはずれません。

D : セルの接続
セル間接続導体は強固に溶接されていて、低抵抗の接続がなされています。

E : 厚い極板と高密度酸化ペースト材
高サイクル数で長寿命を保証します。

F : ガラスマット(AGM)セパレータ
特別仕様のガラスマット(AGM)は、電解液の保持に優れた特性を持っています。

G : ポリエチレン・エンベロープ
振動や衝撃・ひび割れによる内部ショートを防ぎます。

H : 強化されたコポリマー・ポリプロピレン電槽
衝撃に強く、過充電や過酷な温度下での澎張を防ぎます。

I : 銅合金端子
銅線から銅端子で低抵抗接続ができます。環境に良く、耐腐食性のため安全にお使い頂けます。


AGMバッテリー内部の働き

サンエクステンダーAGMタイプのバッテリーは、吸収性に優れた電解液と繰り返し結合するガスで構成されております。セルごとに安全弁が制御されており、液漏れを起こさない密閉型構造になっています。電極板は微細繊維からなるガラスマットに覆われていて、このガラスマットがAGMバッテリーの最も特徴的な部分になっています。これは、長さと太さが違うガラス繊維を組み合わせて作られていて、電解質の保持には非常に良いものとなっています。

電解質は、液体とガラス繊維間の毛細管現象によって吸収保持されます。このため電解質はバッテリー寿命の間は液体の性質を保てます。ガラスマットは90%以上が電解質に浸されています。

バッテリー内部は全て電解質で満たされているのでなく、一部ガスが入っています。この部分は充電中に酸素が陽極板から陰極板に移動する経路となっていて、ここで新たにガスが発生する仕組みになっています。このとき、酸素は原子の状態にあるため、非常に反応しやすいので、急速かつ安全に結合できます。この繰り返し起こるガスの再結合を利用することで、電解質を保持し、保水する必要のないメンテナンスフリーのバッテリーを実現しています。



バッテリーは保管時の管理がとても大切な製品です。保管が適切でないと本来の能力を発揮しなくなり使用期間も短くなります。信頼の置けるお店で『正規品』をお求め下さい。

軍採用の高性能サイクルバッテリ】システム電圧12V】定格容量126Ah/24時間率(アウトドア、防災、非常用、キャンピングカー、車、船)★

2.#description
図 3 図 4

図3は一般的に使用されているホイストンブリッジの渦電流式欠陥検出用ブリッジ回路です。
出力条件  平衡時(出力ゼロ)  L1:R2=L2:R1
欠陥検出出力時  |L1-L2| になります。
図4は、図3の検出部(コイル)を示したもので、貫通型の欠陥検出を示します。上記図3及び図4の様に接続することによって欠陥出力が可能です。
検出される出力は、交流電源(AC)を使用しているため電流変化と位相変化が現れます。又、検出部にコイルを使用しているために変化量はインピーダンスの変化によって、変化した電流変化値と位相変化値となって現れます。
図 5 図 6

図5は、貫通型検出コイル中に非磁性金属片Cを挿入して時の図であり、検出コイルに一定交流電源を接続して交流を流した時に発生するベクトル図を図6に示します。
検出コイルは、一般にRとL(インダクタンス)との合成で成り立っています。
図5の金属片Cの良部BをL o中におかれているとき図6のZ1でθ1の位相角度になりあます。又、金属片Cを移動し、L o中に疵部Aをおいた時、図6のZ2でθ2に変化します。
この時、良部と疵部の位相変化量は、
|θ2-θ1|=θ3となり条件(金属材質、寸法、コイルインピーダンスR・ωL、交流周波数)を変えない限りこの値は一定となります。
従って、一般的な渦流探傷方法では、一定条件での欠陥検出の位相角変化は理論上不可能です。
今回、開発した渦流探傷器は、上記一定条件において、疵の位相角度を任意に可変出来る装置です。
(国際特許)
(欠陥検出装置のベクトル表示)
図 7

3.回転移相の原理
流探傷器は、従来の渦流探傷器で使用されているコイルインピーダンスのベクトル変化量(図7左図の位相変化量θ3)での検出のみでなく、検出コイル内での磁束の変化も検出し、制御コイルによりコイル内部の磁束が一定となるように磁束を制御しています。
検出コイル内に金属材料が挿入されますと、コイル内のガタ信号(ノイズ信号)によりコイルインピーダンスは変化します。
この時、金属表面に疵が発生していますとコイルインピーダンスのベクトル量と、磁束の変化量も変わり制御コイルからの信号と検出コイルからの信号により欠陥の検出が可能となります。
この制御コイルからの、制御信号の位相を変化させることで、通常分離が出来にくかった疵信号とガタ信号(ノイズ信号)の位相差を任意に変化(図7右図)させることができます。
回転移相型コイルは、図8の構成となっています。
図 8

従来の渦流探傷器では、L1とL2の検出回路で構成されており、|L1-L2|のベクトル変化量
(図7左図のθ3)の情報でしかないので条件を変えない限りこの位相差は一定となり、このままではSN比は向上しません。
図 9

図9のコイル空心時の磁束本数をφa(この値は一定)とします。そのコイルに金属材料を挿入しますと、金属材
料の磁束本数がφbとなり内部空間磁束と金属材料内磁束の関係は、φa-φb:φbとなります。
この状態で疵部にきますと金属材料の体積が減るため金属材料内の磁束本数が減り金属材料内の磁束本数はφb-⊿φとなります。又、この⊿φが疵信号とガタ信号の位相差に相当します。
従って、この⊿φの値を変化させることで疵信号とガタ信号の位相差を任意に変化させることができます。これが回転移相の原理です。 又、磁束と電流の間には、φ=I/Tの関係から、電流Iを変化させれば磁束が変化します。又、図10のベクトル図において、RとVは同相であり、又、ωLとIが同相であることから電流Iを変化させることで疵信号とガタ信号の位相差θ3が変化します。
図 10

◆ 回 転 移 相 の 効 果
keywords#
SUS304、φ10㎜、深さ50μm
従来方式 回転移相方式


磁性材、コーナー部クラック疵、深さ20μm、長さ0.2㎜
従来方式 回転移相方式



Copyright (C) Nihon Estekku Co.,Ltd. All Rights Reserved.