グチャンキリム 細かなジジム織り/セッヂャーデ180×100cm
ベージュ・アイボリー 孔雀のモチーフ
◆ 回 転 移 相 式 渦 流 探 傷 に 関 す る 説 明
回 転 移 相 式 渦 流 探 傷
渦流試験の原理
#descriptionグチャンキリム 細かなジジム織り/セッヂャーデ180×100cmベージュ・アイボリー 孔雀のモチーフ:ガラタバザール(キリム&雑貨) - c6b94
回転移相の原理

回 転 移 相 の 効 果
keywords#

2019-11-13
カテゴリトップ>キリム(平織ラグ)>新しく織られたキリム>グチャン族キリム
商品詳細
商品番号
20487
サイズ
縦180x横100cm(フリンジを含まない)
産 地
東イラン・グチャン
織られた年代
新しいキリム
素 材
ウール×ウール / 手織り
コンディション
織り目がぎゅっと詰まって、細かくしっかりした織り地。カラフルな動物モチーフ、周囲のボーダー部分は、飾り糸を絡めて織るジジム織りで表現され、立体感のあるテクスチャが楽しめます。
備 考
丁寧に手織りされた、同じものは2つとない一点もののラグです。
実店舗でも販売しているため、タイミングにより商品が売り切れの場合がございます。あらかじめご了承ください。
お手入れについて
普段のお手入れは、丁寧に掃除機をかけてホコリをとる程度で十分です。時々、お天気のよい日に、外に出して裏からはたいてホコリを出し、風を通してください。
ウール製品は湿気に弱いので乾燥を保つようお願いします。加湿器の当たる場所、結露などのある場所でのご使用は避けてください。

数年に一度は、専門の絨毯クリーニングでさっぱりと水洗いすることをおすすめいたします。
お問い合わせ
お電話でお問い合わせ

商品について、わかりづらい点がございましたら、ご遠慮なくお問い合わせください。
お電話口では、商品番号をお知らせいただくようお願いいたします。


キリム専用滑り止め




グチャンキリム 細かなジジム織り/セッヂャーデ180×100cm
ベージュ・アイボリー 孔雀のモチーフ

サイズ:180x100cm
産 地:東イラン・グチャン
年 代:新しいキリム
素 材:ウール×ウール

イラン東北部、ホラサン州のグチャンエリアで現在織られているキリムです。このピースは、古い時代の緻密な織りを再現すべく手の込んだジジム織りを豊富に使って、素朴ながらも整った仕上がりになっています。
全体を茶色や黄色に染めることもありますが、こちらは織られたままのはっきりとした色合いを残しています。

織り目がぎゅっと詰まって、細かくしっかりした織り地。カラフルな動物モチーフ、周囲のボーダー部分は、飾り糸を絡めて織るジジム織りで表現され、立体感のあるテクスチャが楽しめます。


















Key:Persian Kilim, Mashad, Quchan, Tribal rug, Hand weaven Kilim, wool, Nomad, ペルシャキリム、ノマド、トライバルラグ、部族絨毯、手織りキリム、アクセントラグ、玄関マット

2.#description
図 3 図 4

図3は一般的に使用されているホイストンブリッジの渦電流式欠陥検出用ブリッジ回路です。
出力条件  平衡時(出力ゼロ)  L1:R2=L2:R1
欠陥検出出力時  |L1-L2| になります。
図4は、図3の検出部(コイル)を示したもので、貫通型の欠陥検出を示します。上記図3及び図4の様に接続することによって欠陥出力が可能です。
検出される出力は、交流電源(AC)を使用しているため電流変化と位相変化が現れます。又、検出部にコイルを使用しているために変化量はインピーダンスの変化によって、変化した電流変化値と位相変化値となって現れます。
図 5 図 6

図5は、貫通型検出コイル中に非磁性金属片Cを挿入して時の図であり、検出コイルに一定交流電源を接続して交流を流した時に発生するベクトル図を図6に示します。
検出コイルは、一般にRとL(インダクタンス)との合成で成り立っています。
図5の金属片Cの良部BをL o中におかれているとき図6のZ1でθ1の位相角度になりあます。又、金属片Cを移動し、L o中に疵部Aをおいた時、図6のZ2でθ2に変化します。
この時、良部と疵部の位相変化量は、
|θ2-θ1|=θ3となり条件(金属材質、寸法、コイルインピーダンスR・ωL、交流周波数)を変えない限りこの値は一定となります。
従って、一般的な渦流探傷方法では、一定条件での欠陥検出の位相角変化は理論上不可能です。
今回、開発した渦流探傷器は、上記一定条件において、疵の位相角度を任意に可変出来る装置です。
(国際特許)
(欠陥検出装置のベクトル表示)
図 7

3.回転移相の原理
流探傷器は、従来の渦流探傷器で使用されているコイルインピーダンスのベクトル変化量(図7左図の位相変化量θ3)での検出のみでなく、検出コイル内での磁束の変化も検出し、制御コイルによりコイル内部の磁束が一定となるように磁束を制御しています。
検出コイル内に金属材料が挿入されますと、コイル内のガタ信号(ノイズ信号)によりコイルインピーダンスは変化します。
この時、金属表面に疵が発生していますとコイルインピーダンスのベクトル量と、磁束の変化量も変わり制御コイルからの信号と検出コイルからの信号により欠陥の検出が可能となります。
この制御コイルからの、制御信号の位相を変化させることで、通常分離が出来にくかった疵信号とガタ信号(ノイズ信号)の位相差を任意に変化(図7右図)させることができます。
回転移相型コイルは、図8の構成となっています。
図 8

従来の渦流探傷器では、L1とL2の検出回路で構成されており、|L1-L2|のベクトル変化量
(図7左図のθ3)の情報でしかないので条件を変えない限りこの位相差は一定となり、このままではSN比は向上しません。
図 9

図9のコイル空心時の磁束本数をφa(この値は一定)とします。そのコイルに金属材料を挿入しますと、金属材
料の磁束本数がφbとなり内部空間磁束と金属材料内磁束の関係は、φa-φb:φbとなります。
この状態で疵部にきますと金属材料の体積が減るため金属材料内の磁束本数が減り金属材料内の磁束本数はφb-⊿φとなります。又、この⊿φが疵信号とガタ信号の位相差に相当します。
従って、この⊿φの値を変化させることで疵信号とガタ信号の位相差を任意に変化させることができます。これが回転移相の原理です。 又、磁束と電流の間には、φ=I/Tの関係から、電流Iを変化させれば磁束が変化します。又、図10のベクトル図において、RとVは同相であり、又、ωLとIが同相であることから電流Iを変化させることで疵信号とガタ信号の位相差θ3が変化します。
図 10

◆ 回 転 移 相 の 効 果
keywords#
SUS304、φ10㎜、深さ50μm
従来方式 回転移相方式


磁性材、コーナー部クラック疵、深さ20μm、長さ0.2㎜
従来方式 回転移相方式



Copyright (C) Nihon Estekku Co.,Ltd. All Rights Reserved.