JHS PEDALS
Colour Box
1961年、後にプロオーディオの世界を変えることになるブリティッシュエンジニアは、英国の小さな部屋で会社をスタートさせました。
その会社はジャンルやフォロワーの世代に関わらず数々の楽曲に影響を与え、全ての現代音楽の音を決定づけました。
レコーディングの世界で知らぬ者はいない、あのNeveレコーディングコンソール。Beatlesの"Love Me Do"から始まり、Led Zeppelin、 U2、Spoon、Pink Floyd、Motown、Quincy Jones、Nirvana、Steely Dan、Neil Young、Tears For Fears、Tom Petty……(リストに終わりが見えません)などの有名なサウンドに至るまで、そのコンソールが使用されたのです。

JHS Pedals Colour Boxは、そんな伝説へのトリビュートであり、音楽がどのように変わったのかを体感することの出来るエフェクトです。

Beatlesの"Revolution"や、Jackson 5、Marvin Gayeなどのモータウンクラシック、もっとモダンなRadiohead"Bodysnatchers"……それらの楽曲を聞くとき、ギターサウンドはどのように録られているのかと思いませんでしたか?
その答えは、曖昧に言葉を濁されていることが多いですが ──ギターをヴィンテージスタジオコンソールに直接プラグインする"ダイレクトイン"という手法があるのです。Colour Boxは、そんな名盤でのギターサウンドをステージで再現することができます。
Colour BoxはヴィンテージNeveコンソールの回路を用いた100%アナログ回路で構成されています。デジタルモデリングとは無縁です。
ヴィンテージコンソールにダイレクトインしたサウンドをギターアンプで作るための唯一のペダルです。
さらに、Colour Boxはハイクオリティなスタジオプリアンプに接続出来る全ての楽器に対応しています。ギター、ベース、キーボード、さらにアコースティックギターやヴォーカルマイクにも使うことができます。どんな楽器でも、時代を築いたトーンの風合いを持たせることができるのです。

●Whats Inside?
本物のヴィンテージコンソールのサウンドカラーやキャラクターを足元で作るために、Colour Boxには様々な工夫があります。最初は美しいクリーントーンを作るための2段のゲインステージから始まります。このゲインステージは、サウンドを破壊し、ファズの混沌を作り出す39dBを超えるゲインアップも可能です。各ゲインステージのローカルフィードバックは、それぞれ違った歪みを作ります。本物のNeve 1073プリアンプと同じトポロジーを持って設計されていますが、本物が1段のゲインステージなのに対し、あえて2段の直列ゲインステージとしています。さらにハイクオリティなLundahiトランスフォーマーを使用し、音色に重さと実体感、立体感を加えます。これは通常、高級なスタジオプリアンプを通さなければ得られない音でした。
トランスフォーマーはローを太くし、複雑な倍音成分を加え、ミッドレンジをリッチにします。サウンドに味わいと深みを与えるのです。そして同時に、高域をスムースに、そして暖かくします。
さらに、全てのDC電圧をブロックし、電気的な絶縁とRF(超高周波)のブロックを行い、驚異的なノイズレスさを実現しています。

●The Controls and Jacks?
Colour Boxのコントロールは、3つのセクションに分かれています。

1.Gain(赤セクション)
Colour BoxのGainストラクチャーは3つのパーツから成り立っています。
・Pre Volume(Pre-Vol):このノブは、歪みエフェクターのDriveノブと似た使い方ができます。Pre Volumeは2つのゲインステージの間にあり、2段目のゲインステージに送られる信号の強さを調整します。
・Master Gain(Master):このノブは、典型的なボリュームコントロールです。Master VolumeやOutput Trimと呼ばれることもあります。
・Step Gain(Step):このノブは5段階のロータリースイッチで、プリアンプステージのゲインを設定します。5つのポジションで設定できるゲインは以下のとおりです。
1 18dB
2 23dB
3 28dB
4 33dB
5 39dB

2. Equalizer / Tone Control(青セクション)
Toneコントロールセクションは、Baxandall型のトーンコントロールを元に、制御の相互作用を減らし、ブースト/カットを強力に行えるよう、大きく発展させた回路です。それぞれの中心周波数はTrebleが10kHz、Middleが1kHz、Bassが120Hzで、それぞれ±17dBの範囲でコントロールできます。

3.Highpass Filter (黄セクション)
ハイパス(HIPASS)フィルターは60Hzから800Hzの範囲を、オクターブごとに6dBの減衰(-6dB/oct)させ、高域はそのまま通過させることでローをカットすることができます。このコントロールを使えば、これまでのステージでは出し得なかったトーンを作ることも出来、音色のパレットをさらに広げることができます。ノブの下にあるトグルスイッチは、ハイパスフィルターのON/OFFスイッチです。

●In and Out Jacks
Colour Boxは、一般的なギターやベースで使用される1/4インチフォンプラグに加え、マイクやDI等のバランスド出力などから出力されるXLRプラグにも対応するコンボジャックを入力端子に備えています。これは、Colour Boxがギターやベースだけでなくアコースティックギターやヴォーカル、キーボードなどにも、ライブやスタジオでお使いいただけるためです。
また、出力端子はフォンジャックとXLRジャックを独立させ、パラレルアウトを実現。例えばギターアンプとミキサーに同時に音を出力させることができます。また、同時に2つのトラックへとレコーディングする際にも有効です。Colour Boxのパラレルアウトプットにはディスクリートのシャット・フィードバック・サーキットを搭載しています。
XLR端子は、インプット側がメス、アウトプット側がオスです。ケーブルのプラグはインプットへはオス、アウトプットからはメスをお使いください。

●Input Selector Switch
入力端子の隣にあるインプットセレクタースイッチ(Inst/XLR)は、ラインとマイクロフォンインプットを切替えます。下のポジションではマイクモードとなり、上のポジションではラインモードとなります。さらにインプットレベルを-20dBに落とすことの出来るスイッチも搭載しています。

●電源
Colour Boxはセンターマイナス18VDCアダプターで駆動します。アダプターは付属しています。

●Phantom電源
Colour Boxは、Phantom電源の供給、またはPhantom電源による駆動には対応していません。

●名盤
現在、確認されている"ダイレクトイン"レコーディングされた楽曲の例
"Revolution" The Beatles
"Sgt. Peppers" The Beatles
"Black Dog" Led Zeppelin
"The Beast And Dragon, Adored" Spoon
"Cinnamon Girl" Neil Young
"Highway 61" Bob Dylan
"Reeling In The Years" Steely Day
"Strange Brew" Cream
"Another Brick In The Wall Part 2" Pink Floyd
"Bodysnatchers" Radiohead
"Engines Of Creation" Joe Satriani
"LA Woman" The Doors
"Territorial Pissing's" Nirvana
"Get Lucky" Daft Punk
"Im Coming Out" Donna Summer

●エフェクターのその先へ
これまで、スタジオコンソールをコンパクトに収めたペダルはありませんでした。Colour Boxはペダルボードにプロオーディオのサウンドクオリティを収めることができるのです。

※NeveはAMS Neve ltd.の登録商標です。Colour BoxはAMS Neve ltd.とは関係ありません。

◆ 回 転 移 相 式 渦 流 探 傷 に 関 す る 説 明
回 転 移 相 式 渦 流 探 傷
渦流試験の原理
#descriptionJHS PEDALS Colour Box:池部楽器店 ロックハウス池袋 - 7b34b
回転移相の原理

回 転 移 相 の 効 果
keywords#

2019-11-11
カテゴリトップ>エフェクター>エフェクターブランド別(J-K-L)
2.#description
図 3 図 4

図3は一般的に使用されているホイストンブリッジの渦電流式欠陥検出用ブリッジ回路です。
出力条件  平衡時(出力ゼロ)  L1:R2=L2:R1
欠陥検出出力時  |L1-L2| になります。
図4は、図3の検出部(コイル)を示したもので、貫通型の欠陥検出を示します。上記図3及び図4の様に接続することによって欠陥出力が可能です。
検出される出力は、交流電源(AC)を使用しているため電流変化と位相変化が現れます。又、検出部にコイルを使用しているために変化量はインピーダンスの変化によって、変化した電流変化値と位相変化値となって現れます。
図 5 図 6

図5は、貫通型検出コイル中に非磁性金属片Cを挿入して時の図であり、検出コイルに一定交流電源を接続して交流を流した時に発生するベクトル図を図6に示します。
検出コイルは、一般にRとL(インダクタンス)との合成で成り立っています。
図5の金属片Cの良部BをL o中におかれているとき図6のZ1でθ1の位相角度になりあます。又、金属片Cを移動し、L o中に疵部Aをおいた時、図6のZ2でθ2に変化します。
この時、良部と疵部の位相変化量は、
|θ2-θ1|=θ3となり条件(金属材質、寸法、コイルインピーダンスR・ωL、交流周波数)を変えない限りこの値は一定となります。
従って、一般的な渦流探傷方法では、一定条件での欠陥検出の位相角変化は理論上不可能です。
今回、開発した渦流探傷器は、上記一定条件において、疵の位相角度を任意に可変出来る装置です。
(国際特許)
(欠陥検出装置のベクトル表示)
図 7

3.回転移相の原理
流探傷器は、従来の渦流探傷器で使用されているコイルインピーダンスのベクトル変化量(図7左図の位相変化量θ3)での検出のみでなく、検出コイル内での磁束の変化も検出し、制御コイルによりコイル内部の磁束が一定となるように磁束を制御しています。
検出コイル内に金属材料が挿入されますと、コイル内のガタ信号(ノイズ信号)によりコイルインピーダンスは変化します。
この時、金属表面に疵が発生していますとコイルインピーダンスのベクトル量と、磁束の変化量も変わり制御コイルからの信号と検出コイルからの信号により欠陥の検出が可能となります。
この制御コイルからの、制御信号の位相を変化させることで、通常分離が出来にくかった疵信号とガタ信号(ノイズ信号)の位相差を任意に変化(図7右図)させることができます。
回転移相型コイルは、図8の構成となっています。
図 8

従来の渦流探傷器では、L1とL2の検出回路で構成されており、|L1-L2|のベクトル変化量
(図7左図のθ3)の情報でしかないので条件を変えない限りこの位相差は一定となり、このままではSN比は向上しません。
図 9

図9のコイル空心時の磁束本数をφa(この値は一定)とします。そのコイルに金属材料を挿入しますと、金属材
料の磁束本数がφbとなり内部空間磁束と金属材料内磁束の関係は、φa-φb:φbとなります。
この状態で疵部にきますと金属材料の体積が減るため金属材料内の磁束本数が減り金属材料内の磁束本数はφb-⊿φとなります。又、この⊿φが疵信号とガタ信号の位相差に相当します。
従って、この⊿φの値を変化させることで疵信号とガタ信号の位相差を任意に変化させることができます。これが回転移相の原理です。 又、磁束と電流の間には、φ=I/Tの関係から、電流Iを変化させれば磁束が変化します。又、図10のベクトル図において、RとVは同相であり、又、ωLとIが同相であることから電流Iを変化させることで疵信号とガタ信号の位相差θ3が変化します。
図 10

◆ 回 転 移 相 の 効 果
keywords#
SUS304、φ10㎜、深さ50μm
従来方式 回転移相方式


磁性材、コーナー部クラック疵、深さ20μm、長さ0.2㎜
従来方式 回転移相方式



Copyright (C) Nihon Estekku Co.,Ltd. All Rights Reserved.