◆ 回 転 移 相 式 渦 流 探 傷 に 関 す る 説 明
回 転 移 相 式 渦 流 探 傷
渦流試験の原理
#description【ふるさと納税】麦とホップ定期便【4ヶ月コース】麦とホップが毎月届く!(500ml×24本) 仙台工場産をお届け:宮城県名取市 - 0252c
回転移相の原理

回 転 移 相 の 効 果
keywords#

2020-03-19

【ふるさと納税】麦とホップ定期便【4ヶ月コース】麦とホップが毎月届く!(500ml×24本) 仙台工場産をお届け
製品仕様
商品名【ふるさと納税】麦とホップ定期便【4ヶ月コース】麦とホップが毎月届く!(500ml×24本) 仙台工場産をお届け
名称ビール
商品内容麦とホップ 500ml
※飲酒は20歳になってから
内容量・個数4ヶ月に渡り、毎月10日前後に発送!
24本(1ケース)×4回
アルコール分5%
原材料発泡酒(麦芽、ホップ、大麦)、スピリッツ(大麦)
プリン体約11mg
※プリン体の表記については、サッポロビール調べによる総プリン体の数値です。
消費期限製造後 9ヶ月間
(通常お届け後6ヶ月以内)
保存方法常温、冷蔵
配送方法常温
商品説明地元名取生産の発泡酒『麦とホップ500ml1ケース』を4ヶ月の定期便でお届けします!

2018年6月4日、麦とホップは発売10周年を迎えました。
新しい技術や、科学のちからを借りれは、ずいぶんと効率的においしいものがつくれるようになったこの時代。
それでも私たちが信じ続けたのは、「素材の一粒一粒から引出したうまみには、勝てない」ということ。
こだわり続けたのは、「麦とホップだけで、圧倒的なうまさをつくる」ということ。
決してやさしい道のりではありませんでしたが、だからこそ、みなさまの「おいしい!」の声がどんなに勇気になったことか。今、あらためて、そのありがたさを感じています。

名取市にあるサッポロビール仙台工場で製造された商品です。

〜麦と、ホップ、だけがいい。 10年目の答えです。〜
麦とホップは、発売から10年間ずっと、麦とホップだけでつくることに、こだわり続けてきました。素材の持ち味を信じて、じっくりとうまみを引き出せば、余計なものは必要ない。麦を、ホップ、だけがいい。
今まで通りのこだわりに、今まで以上に向き合って、丁寧に丁寧に仕上げた、10年目の新しい麦とホップ、どうぞお楽しみ下さい。

〜麦と、ホップ、だけがいい 3つのこだわり〜
「麦」 麦原料100%のうまさに、こだわり抜く。
厳選された大麦だけをバランス良く配合することで、麦のうまみと飲み飽きないコクを引き出すことに成功。さらにヨーロッパ産大麦麦芽を一部使用し、雑味のない後味を実現しました。
「ホップ」 手間を惜しまず、味に深みをだす。
品質が良いドイツ産アロマホップを一部使用。ホップは三段階に分けて麦汁に加えられ、丁寧に煮沸されます。手間はかかりますが、この工程を抜きにして深みのある味わいはだせません。
「製法」 時間もまた、うまさに変わる。
サッポロビールの技術の粋が詰まった「長期熟成製法」。仕込み時にじっくりと熱をかけ、通常よりも長い時間をかけて熟成。余計なものを足さず、素材本来のうまみだけを引き出しています。
だから、一口目の満足感が違う。

〜地域と共に復興を〜
名取市にあるサッポロビール仙台工場ではできたて生ビールを味わえるビール園や、自然の中を散策できるビオトープ園を備えています。 東日本大震災の際には避難所となり、地域住民数百人の命を繋ぎました。 名取に根ざす地元工場として、地域と手を取り合いながら復興の歩みを進めています。

※毎月10日前後に発送となります。
※数ヶ月に渡るに渡るお届けとなりますので、毎月10日前後にご不在になられる場合は、毎月5日までにご連絡をお願いします。
また、ご連絡なく寄付者様都合でお受け取り頂けなかった場合は、特産品の再送は致しませんので、ご注意ください。
販売元洞口酒店
宮城県名取市増田3丁目3−17
製造元サッポロビール株式会社



・ふるさと納税よくある質問はこちら
・寄附申込みのキャンセル、返礼品の変更・返品はできません。あらかじめご了承ください。

【ふるさと納税】麦とホップ定期便【4ヶ月コース】麦とホップが毎月届く!(500ml×24本) 仙台工場産をお届け


※飲酒は20歳になってから









8月末までの期間限定!地元工場製造で新鮮な味!

2.#description
図 3 図 4

図3は一般的に使用されているホイストンブリッジの渦電流式欠陥検出用ブリッジ回路です。
出力条件  平衡時(出力ゼロ)  L1:R2=L2:R1
欠陥検出出力時  |L1-L2| になります。
図4は、図3の検出部(コイル)を示したもので、貫通型の欠陥検出を示します。上記図3及び図4の様に接続することによって欠陥出力が可能です。
検出される出力は、交流電源(AC)を使用しているため電流変化と位相変化が現れます。又、検出部にコイルを使用しているために変化量はインピーダンスの変化によって、変化した電流変化値と位相変化値となって現れます。
図 5 図 6

図5は、貫通型検出コイル中に非磁性金属片Cを挿入して時の図であり、検出コイルに一定交流電源を接続して交流を流した時に発生するベクトル図を図6に示します。
検出コイルは、一般にRとL(インダクタンス)との合成で成り立っています。
図5の金属片Cの良部BをL o中におかれているとき図6のZ1でθ1の位相角度になりあます。又、金属片Cを移動し、L o中に疵部Aをおいた時、図6のZ2でθ2に変化します。
この時、良部と疵部の位相変化量は、
|θ2-θ1|=θ3となり条件(金属材質、寸法、コイルインピーダンスR・ωL、交流周波数)を変えない限りこの値は一定となります。
従って、一般的な渦流探傷方法では、一定条件での欠陥検出の位相角変化は理論上不可能です。
今回、開発した渦流探傷器は、上記一定条件において、疵の位相角度を任意に可変出来る装置です。
(国際特許)
(欠陥検出装置のベクトル表示)
図 7

3.回転移相の原理
流探傷器は、従来の渦流探傷器で使用されているコイルインピーダンスのベクトル変化量(図7左図の位相変化量θ3)での検出のみでなく、検出コイル内での磁束の変化も検出し、制御コイルによりコイル内部の磁束が一定となるように磁束を制御しています。
検出コイル内に金属材料が挿入されますと、コイル内のガタ信号(ノイズ信号)によりコイルインピーダンスは変化します。
この時、金属表面に疵が発生していますとコイルインピーダンスのベクトル量と、磁束の変化量も変わり制御コイルからの信号と検出コイルからの信号により欠陥の検出が可能となります。
この制御コイルからの、制御信号の位相を変化させることで、通常分離が出来にくかった疵信号とガタ信号(ノイズ信号)の位相差を任意に変化(図7右図)させることができます。
回転移相型コイルは、図8の構成となっています。
図 8

従来の渦流探傷器では、L1とL2の検出回路で構成されており、|L1-L2|のベクトル変化量
(図7左図のθ3)の情報でしかないので条件を変えない限りこの位相差は一定となり、このままではSN比は向上しません。
図 9

図9のコイル空心時の磁束本数をφa(この値は一定)とします。そのコイルに金属材料を挿入しますと、金属材
料の磁束本数がφbとなり内部空間磁束と金属材料内磁束の関係は、φa-φb:φbとなります。
この状態で疵部にきますと金属材料の体積が減るため金属材料内の磁束本数が減り金属材料内の磁束本数はφb-⊿φとなります。又、この⊿φが疵信号とガタ信号の位相差に相当します。
従って、この⊿φの値を変化させることで疵信号とガタ信号の位相差を任意に変化させることができます。これが回転移相の原理です。 又、磁束と電流の間には、φ=I/Tの関係から、電流Iを変化させれば磁束が変化します。又、図10のベクトル図において、RとVは同相であり、又、ωLとIが同相であることから電流Iを変化させることで疵信号とガタ信号の位相差θ3が変化します。
図 10

◆ 回 転 移 相 の 効 果
keywords#
SUS304、φ10㎜、深さ50μm
従来方式 回転移相方式


磁性材、コーナー部クラック疵、深さ20μm、長さ0.2㎜
従来方式 回転移相方式



Copyright (C) Nihon Estekku Co.,Ltd. All Rights Reserved.