【送料無料】【メーカー公認店】
携帯型水素吸飲器 Beautyfly ビューティフライ

/水素吸入/水素吸引/水素ガス吸入/水素ガス吸引/飲用/2WAY/
◆ 回 転 移 相 式 渦 流 探 傷 に 関 す る 説 明
回 転 移 相 式 渦 流 探 傷
渦流試験の原理
#description【送料無料】【メーカー公認店】携帯型水素吸飲器 Beautyfly ビューティフライ/水素吸入/水素吸引/水素ガス吸入/水素ガス吸引/飲用/2WAY/:水素水専門店【クリスティーヌ】 - c8982
回転移相の原理

回 転 移 相 の 効 果
keywords#

2019-08-05
カテゴリトップ>その他
この商品の特徴
「水素を吸う」「水素水を飲む」をこれ1台で。持ち運びに便利な携帯型水素吸飲器「Beautyflyビューティフライ」。

1.TPOに応じて、水素を【吸う・飲む】使い分けられます。
2.持ち運びに便利なサイズ。電源が確保できる場所であれば、いつでも、どこでもお使いいただけます。車のシガーソケットにつなげられる付属品付。
3.バブリング方式だから、お好きな飲み物が水素飲料に。水が最も水素濃度が高まりますが、ジュースやお茶などでもお使いいただけます。
4.ホワイト、シルバー、レッドの3色から選べるカラーバリエーション。

装置名称携帯型水素吸飲器
商品品番HW-001+
定格電源AC100V〜240V 50/60Hz 車載用DC12V
消費電力10W
水素生成量平均17ml/min
水素濃度700ppb(0.7ppm)※メーカー公表値。15分生成時。
※当店調べでは以下の通り
15分生成:0.9〜1.0ppm、30分生成:0.9〜1.1ppm
使用温度範囲5〜35℃
本体サイズW69×D69×H200mm
本体重量360g
製造国日本

※メーカー保証1年

<ご使用上の注意>
・ライター、ガスコンロ、たばこ、静電気など火気のあるところでは使用しないでください。
・水素吸飲器は30分を超えて使用しないでください。続けてご使用になる場合は、30分以上間隔をあけてください。
・専用チューブは常に清潔なものを使用してください。また本体内部の槽洗浄は精製水で行ってください。
注)洗剤(塩素系、酸性タイプ)を用いると有毒ガスが発生し、健康を害する恐れがあります。
注)専用液は飲まない、手で触れないでください。
万が一飲み込んだ場合や身体に付着した場合は、ただちにうがいや流水で洗い流してください。
・水素出口に専用チューブ以外は取り付けないでください。
・チューブ先端に他の物で延長しないでください。
ご使用方法

本体の電解層(プール)に専用液(電解補助液)150mlを入れ、電気を通して電解分解し水素を発生させます。その発生した水素ガスをチューブを通して水に直接バブリングさせて水素水を作ったり、吸入用鼻カニューラで水素を吸入したりできます。

【水素水の生成方法】
同梱の専用コップ、コップキャップ、エアレーション、専用接続チューブを接続します。スタート/ストップボタンをONにすると、運転後、15分後に自動停止します。水道水を使う場合は、塩素などが含まれていて体によくありませんので、浄水器を通した水を使用した方がよいでしょう。

【水素ガス吸入方法】
本体に水素吸入用鼻カニューラを接続して水素吸入をします。1回15分、30分まで。その後続けて使用する場合は30分以上間隔をあけてください。

【その他のご利用方法】
水素水生成用のチューブを、化粧水やシャンプーに入れて水素入りにすることも可能。
シャンプーの場合の使用例:
1.大きめの容器をご用意ください。(泡立ってふきこぼれることを防ぎます)
2.約150mlのお湯を準備して、お好みのシャンプー液を約2プッシュ入れます。
3.シャンプー液を入れたらまず手で軽く混ぜて大きな泡が少し出るようにします。
4.アルミホイルなどの蓋をして水素ガスの出るチューブを差し込みます。
5.15分ほどバブリングします。エアレーションを使用することにより細かい泡が立ちます。
6.普段通りシャンプーを行います。

商品情報

【セット内容】
本体、
AC電源アダプター、
車載電源アダプター、
車載電源コード、
精製水150ml(1本)、
電解補助液150ml(3本)、
コップキャップ、
専用コップ、
漏斗(ロート)、
水素吸入用鼻カニューラ(2個)、
水素水生成専用接続チューブ、
エアレーション(2個)、
防塵キャップ(5個)

広告文責:株式会社インタークリスティーヌ  0120-552-268
販売元:スリーイーサイエンス株式会社
商品区分:電化製品
製造国:日本

【BOX受取対象商品(美容・健康)】
【ラッキーシール対応】












※ディスプレイの環境により、実際のお色とは異なって見える場合がございますので予めご了承ください。


携帯型水素吸飲器 Beautyfly ビューティフライ
この商品を購入された方のレビューすべてのレビューを見る(1件)
このショップのレビューを見る
総合評価条件に満たないため総合評価は表示できません。

りずあんさん 40代/女性

評価5.00

投稿日:2019年01月25日

私の水素水生活

が始まりました♪目覚めの1杯、お風呂上がりの1杯、本を読みながら寝る前の水素吸入、体が浄化されていくような感覚で、毎日とても気持ちがいいです!2wayでこのお値段、どこでも持ち運びができる水筒のようなコンパクトサイズ、完璧です☆使い方のDVDも分かりやすかったです。店舗様で実際に水素含有量を出しているのが信頼でき、安心して購入することができました。 

使い道実用品・普段使い使う人自分用購入回数はじめて

2.#description
図 3 図 4

図3は一般的に使用されているホイストンブリッジの渦電流式欠陥検出用ブリッジ回路です。
出力条件  平衡時(出力ゼロ)  L1:R2=L2:R1
欠陥検出出力時  |L1-L2| になります。
図4は、図3の検出部(コイル)を示したもので、貫通型の欠陥検出を示します。上記図3及び図4の様に接続することによって欠陥出力が可能です。
検出される出力は、交流電源(AC)を使用しているため電流変化と位相変化が現れます。又、検出部にコイルを使用しているために変化量はインピーダンスの変化によって、変化した電流変化値と位相変化値となって現れます。
図 5 図 6

図5は、貫通型検出コイル中に非磁性金属片Cを挿入して時の図であり、検出コイルに一定交流電源を接続して交流を流した時に発生するベクトル図を図6に示します。
検出コイルは、一般にRとL(インダクタンス)との合成で成り立っています。
図5の金属片Cの良部BをL o中におかれているとき図6のZ1でθ1の位相角度になりあます。又、金属片Cを移動し、L o中に疵部Aをおいた時、図6のZ2でθ2に変化します。
この時、良部と疵部の位相変化量は、
|θ2-θ1|=θ3となり条件(金属材質、寸法、コイルインピーダンスR・ωL、交流周波数)を変えない限りこの値は一定となります。
従って、一般的な渦流探傷方法では、一定条件での欠陥検出の位相角変化は理論上不可能です。
今回、開発した渦流探傷器は、上記一定条件において、疵の位相角度を任意に可変出来る装置です。
(国際特許)
(欠陥検出装置のベクトル表示)
図 7

3.回転移相の原理
流探傷器は、従来の渦流探傷器で使用されているコイルインピーダンスのベクトル変化量(図7左図の位相変化量θ3)での検出のみでなく、検出コイル内での磁束の変化も検出し、制御コイルによりコイル内部の磁束が一定となるように磁束を制御しています。
検出コイル内に金属材料が挿入されますと、コイル内のガタ信号(ノイズ信号)によりコイルインピーダンスは変化します。
この時、金属表面に疵が発生していますとコイルインピーダンスのベクトル量と、磁束の変化量も変わり制御コイルからの信号と検出コイルからの信号により欠陥の検出が可能となります。
この制御コイルからの、制御信号の位相を変化させることで、通常分離が出来にくかった疵信号とガタ信号(ノイズ信号)の位相差を任意に変化(図7右図)させることができます。
回転移相型コイルは、図8の構成となっています。
図 8

従来の渦流探傷器では、L1とL2の検出回路で構成されており、|L1-L2|のベクトル変化量
(図7左図のθ3)の情報でしかないので条件を変えない限りこの位相差は一定となり、このままではSN比は向上しません。
図 9

図9のコイル空心時の磁束本数をφa(この値は一定)とします。そのコイルに金属材料を挿入しますと、金属材
料の磁束本数がφbとなり内部空間磁束と金属材料内磁束の関係は、φa-φb:φbとなります。
この状態で疵部にきますと金属材料の体積が減るため金属材料内の磁束本数が減り金属材料内の磁束本数はφb-⊿φとなります。又、この⊿φが疵信号とガタ信号の位相差に相当します。
従って、この⊿φの値を変化させることで疵信号とガタ信号の位相差を任意に変化させることができます。これが回転移相の原理です。 又、磁束と電流の間には、φ=I/Tの関係から、電流Iを変化させれば磁束が変化します。又、図10のベクトル図において、RとVは同相であり、又、ωLとIが同相であることから電流Iを変化させることで疵信号とガタ信号の位相差θ3が変化します。
図 10

◆ 回 転 移 相 の 効 果
keywords#
SUS304、φ10㎜、深さ50μm
従来方式 回転移相方式


磁性材、コーナー部クラック疵、深さ20μm、長さ0.2㎜
従来方式 回転移相方式



Copyright (C) Nihon Estekku Co.,Ltd. All Rights Reserved.