【要メーカー取寄】
ダンロップ VEURO VE303
275/35R19 100W XL
注)タイヤ1本あたりのお値段です
◆ 回 転 移 相 式 渦 流 探 傷 に 関 す る 説 明
回 転 移 相 式 渦 流 探 傷
渦流試験の原理
#description【要メーカー取寄】 ダンロップ VEURO VE303 275/35R19 100W XL 注)タイヤ1本あたりのお値段です:Eタイヤショップ - ef8a4
回転移相の原理

回 転 移 相 の 効 果
keywords#

2019-11-07
カテゴリトップ>その他
ご購入前に必ずご確認ください
納期についてメーカーからのお取り寄せが必要です。
メーカー欠品時はお届けまでにお時間がかかる場合がございます。お急ぎのお客様は事前に納期をお問い合わせください。
土日祝日のご注文やお問合せはメーカー定休の為、メーカー在庫・納期は休み明けの確認・ご連絡となります。
※ご注文確認後にメールまたはお電話にてお届け時期のご連絡をさせていただきます。
※発売前の商品のご注文は予約注文とさせていただきます。
送料・配送について 沖縄県へのお届けは1個あたり3600円の追加送料を頂戴いたします。
※追加送料はご注文の確認後にご請求させていただきます。
ご注文の変更・キャンセルについてメーカー取寄せのご注文はメーカーオーダー後のキャンセル・変更をお受けいたしかねます。その他のご注文に関しましても商品発送後のお客様都合によるキャンセル・ご注文内容の変更はお受けいたしかねます。
ご注文の際は商品の種類や取付予定のお車などお間違いのないようお願いいたします。車種適合に関してご不明な点はお問合せください。
配送日時指定についてメーカー取寄せの場合は配送日時指定のご注文でもご希望に添えない場合がございます。
メーカーオーダーについてお届けまで長期に渡る際はメールまたはお電話にて納期ご了承の確認をさせていただいております。その場合は納期ご了承後に取寄せ商品のメーカーオーダーをさせていただきます。
お断りこちらの商品はタイヤ単品での販売となります。
ホイールは付属しませんので、ご注文の際はお気を付け下さいませ。

お客様からのご注文を可能な状態にしておりますが、店頭・メーカーに在庫がない場合がございます。在庫状況につきましては当店までお問い合わせください。

メーカーの予告なく、廃盤となる場合がございます。その場合はご注文をキャンセルとさせて頂きます。
商品の適合についてご不明な点は当店までお問い合わせください。

■この商品について■

最上級の静粛性能
高次元の操縦安定性能
安心感のあるウェット性能
環境に配慮した低燃費性能
強靭な対摩耗性能

「高性能ラグジュアリーカーにふさわしいタイヤとは、どうあるべきか」
「プレミアムな走りとは、どうあるべきか」を追求してきたVEURO。

2002年に登場した VEURO VE301は、プレミアムコンフォートタイヤの新境地を切り開き、
VEURO VE302では、驚くほどの静さと手応えのあるハンドリングを身につけた。
乗る人に上質な時間を提供し続けてきたVEURO。

そして、2013年。VEUROは、また進化を遂げる。

ダンロップで最上級の静粛性能、優れた操縦安定性能にさらに磨きをかけ、
低燃費性能をまとった、新たな「VEURO」が誕生する。


参考装着車種

フェアレディZ(Z34 後輪用), 6シリーズ 650i(F12 後輪用), ジャガー XK(後輪用),

※車両の年式・型式・グレードなどにより装着サイズが異なる場合があります。また、乗用車用タイヤの場合、インチアップ・インチダウンサイズの可能性もあります。お車のタイヤサイズを必ずご確認ください。


【サマータイヤ1本】【19インチ】275/35R19

2.#description
図 3 図 4

図3は一般的に使用されているホイストンブリッジの渦電流式欠陥検出用ブリッジ回路です。
出力条件  平衡時(出力ゼロ)  L1:R2=L2:R1
欠陥検出出力時  |L1-L2| になります。
図4は、図3の検出部(コイル)を示したもので、貫通型の欠陥検出を示します。上記図3及び図4の様に接続することによって欠陥出力が可能です。
検出される出力は、交流電源(AC)を使用しているため電流変化と位相変化が現れます。又、検出部にコイルを使用しているために変化量はインピーダンスの変化によって、変化した電流変化値と位相変化値となって現れます。
図 5 図 6

図5は、貫通型検出コイル中に非磁性金属片Cを挿入して時の図であり、検出コイルに一定交流電源を接続して交流を流した時に発生するベクトル図を図6に示します。
検出コイルは、一般にRとL(インダクタンス)との合成で成り立っています。
図5の金属片Cの良部BをL o中におかれているとき図6のZ1でθ1の位相角度になりあます。又、金属片Cを移動し、L o中に疵部Aをおいた時、図6のZ2でθ2に変化します。
この時、良部と疵部の位相変化量は、
|θ2-θ1|=θ3となり条件(金属材質、寸法、コイルインピーダンスR・ωL、交流周波数)を変えない限りこの値は一定となります。
従って、一般的な渦流探傷方法では、一定条件での欠陥検出の位相角変化は理論上不可能です。
今回、開発した渦流探傷器は、上記一定条件において、疵の位相角度を任意に可変出来る装置です。
(国際特許)
(欠陥検出装置のベクトル表示)
図 7

3.回転移相の原理
流探傷器は、従来の渦流探傷器で使用されているコイルインピーダンスのベクトル変化量(図7左図の位相変化量θ3)での検出のみでなく、検出コイル内での磁束の変化も検出し、制御コイルによりコイル内部の磁束が一定となるように磁束を制御しています。
検出コイル内に金属材料が挿入されますと、コイル内のガタ信号(ノイズ信号)によりコイルインピーダンスは変化します。
この時、金属表面に疵が発生していますとコイルインピーダンスのベクトル量と、磁束の変化量も変わり制御コイルからの信号と検出コイルからの信号により欠陥の検出が可能となります。
この制御コイルからの、制御信号の位相を変化させることで、通常分離が出来にくかった疵信号とガタ信号(ノイズ信号)の位相差を任意に変化(図7右図)させることができます。
回転移相型コイルは、図8の構成となっています。
図 8

従来の渦流探傷器では、L1とL2の検出回路で構成されており、|L1-L2|のベクトル変化量
(図7左図のθ3)の情報でしかないので条件を変えない限りこの位相差は一定となり、このままではSN比は向上しません。
図 9

図9のコイル空心時の磁束本数をφa(この値は一定)とします。そのコイルに金属材料を挿入しますと、金属材
料の磁束本数がφbとなり内部空間磁束と金属材料内磁束の関係は、φa-φb:φbとなります。
この状態で疵部にきますと金属材料の体積が減るため金属材料内の磁束本数が減り金属材料内の磁束本数はφb-⊿φとなります。又、この⊿φが疵信号とガタ信号の位相差に相当します。
従って、この⊿φの値を変化させることで疵信号とガタ信号の位相差を任意に変化させることができます。これが回転移相の原理です。 又、磁束と電流の間には、φ=I/Tの関係から、電流Iを変化させれば磁束が変化します。又、図10のベクトル図において、RとVは同相であり、又、ωLとIが同相であることから電流Iを変化させることで疵信号とガタ信号の位相差θ3が変化します。
図 10

◆ 回 転 移 相 の 効 果
keywords#
SUS304、φ10㎜、深さ50μm
従来方式 回転移相方式


磁性材、コーナー部クラック疵、深さ20μm、長さ0.2㎜
従来方式 回転移相方式



Copyright (C) Nihon Estekku Co.,Ltd. All Rights Reserved.