◆ 回 転 移 相 式 渦 流 探 傷 に 関 す る 説 明
回 転 移 相 式 渦 流 探 傷
渦流試験の原理
#descriptionマキタ CU180DZ A-65470 BL1860B DC18RD 18V充電式運搬車+パイプフレ−ム+バッテリx2個+2口急速充電器セット 新品 一部地域発送不可:プロショップE-道具館 - 977dd
回転移相の原理

回 転 移 相 の 効 果
keywords#

2020-02-07

マキタ CU180DZ A-65470 BL1860B DC18RD 18V充電式運搬車+パイプフレ−ム+バッテリx2個+2口急速充電器セット 新品 一部地域発送不可マキタ製の18V充電式運搬車のCU180DZと
パイプフレーム:A-65470とバッテリ:BL1860Bx2個と2口急速充電器のセットです。

主要機能
・電動機:インホイ−ルモ−タ−
・電圧:直流18V
・最高速度 前進:3.5km/hまたは1.5km/h
      後進:1.0km/h
・走行可能距離(*1:7.2km(BL1860Bx2個)
 *バッテリ2個搭載可能/切替スイッチ付
・使用可能時間(*1:120分(BL1860Bx2個)
 *バッテリ2個搭載可能/切替スイッチ付
(*1:数値は参考値です。バッテリの充電状態や作業条件により異なります。)
・最小回転半径:1075mm(前輪を軸に回転した場合)
・最大登坂能力:12°
・最大積載量:130Kg
・ブレーキ 前輪:ワイヤ式 デイスクブレーキ
      後輪:ペダル固定式
・タイヤ 前輪:チューブレスタイヤ
     後輪:ノ−パンクタイヤ
・本機寸法(長さx幅x高さ)最大:1560mmX1060mmX900mm
             最少:1110mmX670mmX820mm
・質量(バッテリBL1860B 1個含む):45kg

特徴
●パイプフレ−ム荷台付
 ・箱、袋、コンテナなどの運搬に!
 ・荷台サイズ調整幅 幅:660〜980mm
           長さ:850〜1095mm
 ・荷ヒモフック付(8ヶ所)
●作業用途に合わせて選べる2つのスタイル(別売部品が必要)
 バケット荷台:砂、砂利、土など細かい物の運搬に!
 (*水、セメントなど水気の多い物の運搬は不可です。)
 ロックレバー解除でラクラク荷下ろし。
●18Vバッテリ1個でパワフル運搬
 ・最大積載量:130Kg(たくさんラクラク運べる)
 ・最大登坂能力:12°(坂道でもぐんぐん進む、高出力)
 ・強力ブレーキ付(坂道でも確実に減速・停止)
●後輪タイヤ幅の無段階調整が可能
 調整幅:480〜760mm
●悪路の走行に便利:一輪車用フット(標準付属品)
●水道ホースで丸洗いが可能
 APT:故障しないことを保証するものではありません。
●車に積み込めるコンパクト設計
 ハンドルを折りたためばさらにコンパクト。
●ロック付ブレーキレバー
●チャイルドロックキ−
●バッテリ切替スイッチ
●高輝度LEDライト付

定価は199800円(税別)で、
本体:CU180DZ、パイプフレームセット品:A-65470、
バッテリ:BL1860Bx2+2口急速充電器:DC18RDのセットです。

3枚目の写真のバケット式荷台は別売りです。

是非宜しくお願い致します!



ご注意!
こちらの商品は、北海道の一部地域、沖縄県全域、およびその他の県の他離島の方には発送できません。
 また、一部山間部や遠隔地も運送会社が配達してくれない場合がございますので、
 質問欄にてお問合せしてください。
こちらの商品は、商品代引き便での発送は取り扱いしておりません。
・大型商品につきましては、配達時間の指定はできません。
・商品の発送は車上渡しになりますので、
 重量の重い商品の荷下ろしの際はリフト等をご用意していただくか、
 お客様にお手伝いしていただきますよう、お願いいたします。
大型商品は運送会社が個人宛てには発送してくれなくなりましたので、
 法人名義をお持ちの場合は法人名を連絡してください。
 なお、法人名義をお持ちでない場合は、○○商店等の名義で発送させていただきます。
 この点はご了承願います。

・長尺および大型の商品に関しましては、運送会社の送料設定が製品のサイズではなく、
 特殊な質量換算で算出しています。
 よって、長尺および大型商品の送料設定に関しましては、実際の質量と異なる場合がございます。
 この点はご了承願います。



送料無料の商品の一部には商品代引便での発送に対応できないものがございますので、
商品代引便で発送をご希望の場合はここからメ-ルでお問い合わせを願います。

また、弊社へのお問い合わせ、こんな物を出品して欲しいというご要望やご希望、
またはカタログ請求をして頂く場合にもここからメ-ルでお気軽にお問い合わせ下さい。

道具・工具・園芸用品プロショップ!全品安心保証付!

2.#description
図 3 図 4

図3は一般的に使用されているホイストンブリッジの渦電流式欠陥検出用ブリッジ回路です。
出力条件  平衡時(出力ゼロ)  L1:R2=L2:R1
欠陥検出出力時  |L1-L2| になります。
図4は、図3の検出部(コイル)を示したもので、貫通型の欠陥検出を示します。上記図3及び図4の様に接続することによって欠陥出力が可能です。
検出される出力は、交流電源(AC)を使用しているため電流変化と位相変化が現れます。又、検出部にコイルを使用しているために変化量はインピーダンスの変化によって、変化した電流変化値と位相変化値となって現れます。
図 5 図 6

図5は、貫通型検出コイル中に非磁性金属片Cを挿入して時の図であり、検出コイルに一定交流電源を接続して交流を流した時に発生するベクトル図を図6に示します。
検出コイルは、一般にRとL(インダクタンス)との合成で成り立っています。
図5の金属片Cの良部BをL o中におかれているとき図6のZ1でθ1の位相角度になりあます。又、金属片Cを移動し、L o中に疵部Aをおいた時、図6のZ2でθ2に変化します。
この時、良部と疵部の位相変化量は、
|θ2-θ1|=θ3となり条件(金属材質、寸法、コイルインピーダンスR・ωL、交流周波数)を変えない限りこの値は一定となります。
従って、一般的な渦流探傷方法では、一定条件での欠陥検出の位相角変化は理論上不可能です。
今回、開発した渦流探傷器は、上記一定条件において、疵の位相角度を任意に可変出来る装置です。
(国際特許)
(欠陥検出装置のベクトル表示)
図 7

3.回転移相の原理
流探傷器は、従来の渦流探傷器で使用されているコイルインピーダンスのベクトル変化量(図7左図の位相変化量θ3)での検出のみでなく、検出コイル内での磁束の変化も検出し、制御コイルによりコイル内部の磁束が一定となるように磁束を制御しています。
検出コイル内に金属材料が挿入されますと、コイル内のガタ信号(ノイズ信号)によりコイルインピーダンスは変化します。
この時、金属表面に疵が発生していますとコイルインピーダンスのベクトル量と、磁束の変化量も変わり制御コイルからの信号と検出コイルからの信号により欠陥の検出が可能となります。
この制御コイルからの、制御信号の位相を変化させることで、通常分離が出来にくかった疵信号とガタ信号(ノイズ信号)の位相差を任意に変化(図7右図)させることができます。
回転移相型コイルは、図8の構成となっています。
図 8

従来の渦流探傷器では、L1とL2の検出回路で構成されており、|L1-L2|のベクトル変化量
(図7左図のθ3)の情報でしかないので条件を変えない限りこの位相差は一定となり、このままではSN比は向上しません。
図 9

図9のコイル空心時の磁束本数をφa(この値は一定)とします。そのコイルに金属材料を挿入しますと、金属材
料の磁束本数がφbとなり内部空間磁束と金属材料内磁束の関係は、φa-φb:φbとなります。
この状態で疵部にきますと金属材料の体積が減るため金属材料内の磁束本数が減り金属材料内の磁束本数はφb-⊿φとなります。又、この⊿φが疵信号とガタ信号の位相差に相当します。
従って、この⊿φの値を変化させることで疵信号とガタ信号の位相差を任意に変化させることができます。これが回転移相の原理です。 又、磁束と電流の間には、φ=I/Tの関係から、電流Iを変化させれば磁束が変化します。又、図10のベクトル図において、RとVは同相であり、又、ωLとIが同相であることから電流Iを変化させることで疵信号とガタ信号の位相差θ3が変化します。
図 10

◆ 回 転 移 相 の 効 果
keywords#
SUS304、φ10㎜、深さ50μm
従来方式 回転移相方式


磁性材、コーナー部クラック疵、深さ20μm、長さ0.2㎜
従来方式 回転移相方式



Copyright (C) Nihon Estekku Co.,Ltd. All Rights Reserved.