【イベント開催中!】 GPR GP EVOLUTION TITAN 【GPエボリューションチタン】 (MOTO GUZZI STELVIO 1200 8V 2011-14 SLIP ON EXHAUST MUFFLER WITH KAT) スリップオンマフラー■商品番号
GU.31.GPETO

■商品概要
EC公認】ヨーロッパ識別番号公認付き
dBリダクション】dBキラー着脱式
ステンレスクランプ ラバー製パッド付き
取り付けにオール必要なハードウェア付属
同じ重量 (各サイレンサー):約2.7kg
サイレンサー長さ:約430mm
エキゾーストパイプ】インターナルパーツ:高品質ステンレス製
サイレンサースリーブ:チタン着脱式キャタライザー付き
・ With EC approval / verification number approved throughout Europe (entry into the vehicle’s registration papers)
・ db reduction / db Eater removable
・ Stainless steel clamp with rubber pad
・ all necessary hardware for installation are included

・ similar ・ weight per silencer about2.7 kg
・ silencer length approx 430 mm
・ An exhaust pipe and internal parts made of high quality stainless steel
・ silencer sleeve in titanium ・ with removable catalyst

■適合車種
▼MOTOGUZZI
STELVIO1200 11-14

■詳細説明
Included is an homologated dB reduction in GPR Germany. This is mounted in the end cap at the Model GPE using snap ring.
It is also supplied by GPR Germany depending on the model in addition to the dB- Eater above a funnel-shaped insert is mounted in the inlet of the muffler to the noise level to the permissible level lower.
Attention is the exhaust system without the supplied dB reductions in public traffic moved invalidate the approval!
For noise limited race tracks is also a special Racing dB-eater available which can provide a perfect balance of sound and power delivery .
the Italian based company GPR has specialized more and more in the construction of exhaust systems for motorcycles in the past two decades. Because a lot of experience in metalworking addition to stainless steel quality materials such as titanium and Inconel Carbon are processed in the finest manner as a matter of course. GPR exhaust systems are of course internationally used by many race teams even in the Moto GP has already accomplished the company GPR with Casey Stoner! The resulting experience is of course 1: taken into mass production. 1 So you can choose between various versions of different GPR silencer choose it can be found in the extensive assortment for almost any motorcycle right GPR exhaust.
【参考訳】
GPRドイツで承認されたdBの削減が含まれています。これはスナップリングを使用してGPEモデルのエンドキャップに取り付けられています。
これは、GPR Germanyからも供給されています。モデルに応じて、漏斗状のインサートの上のdB- Eaterは、マフラーの入口に許容レベルより低いノイズレベルまで取り付けられています。
注目されているのは、公共交通機関でのdB削減が行われていない排出システムです。
サウンド制限されたレーストラックでは、サウンドとパワーデリバリのバランスを完全に取ることができる特別なレーシングdB-eaterもあります。
イタリアに拠点を置く同社のGPRは、過去20年間に二輪車のエキゾーストシステムの構築にますます専門に従事してきました。チタンやインコネルカーボンなどのステンレススチール質材料への金属加工の経験は、もちろん最善の方法で処理されているため、多くの経験があります。 GPRエキゾーストシステムはもちろん、Moto GPでも多くのレースチームが国際的に使用していますが、すでにCasey StonerとGPRを達成しています!その結果の経験はもちろん1です:大量生産に持ち込まれる。 1だから、さまざまなバージョンのGPRサイレンサーの中から選択することができます。これは、ほとんどすべてのオートバイのGPRエキゾーストを対象とした幅広い品揃えに含まれています。

■注意点
※サイレンサーの形状や大きさ】サイレンサーエンドの形状】サイレンサーエンドの仕様は車両により異なりまして、商品画像と異なるケースがございます。
※車検の適合に関しては保障致しかねます。
※取り扱い説明書は英語となります。
※公道走行不可
※輸入商材の為、納期が遅れる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※海外仕様モデル向けに作られています。一部国内仕様の車両に限っては装着するにあたり加工が必要なケースがございます。

◆ 回 転 移 相 式 渦 流 探 傷 に 関 す る 説 明
回 転 移 相 式 渦 流 探 傷
渦流試験の原理
#description【イベント開催中!】 GPR GP EVOLUTION TITAN 【GPエボリューションチタン】 (MOTO GUZZI STELVIO 1200 8V 2011-14 SLIP ON EXHAUST MUFFLER WITH KAT) スリップオンマフラー:ウェビック  - ba080
回転移相の原理

回 転 移 相 の 効 果
keywords#

2019-11-11
カテゴリトップ>カスタムパーツ>マフラー>スリップオンマフラー
【送料無料】マフラー STELVIO1200 GPR ジーピーアール GU.31.GPETO

2.#description
図 3 図 4

図3は一般的に使用されているホイストンブリッジの渦電流式欠陥検出用ブリッジ回路です。
出力条件  平衡時(出力ゼロ)  L1:R2=L2:R1
欠陥検出出力時  |L1-L2| になります。
図4は、図3の検出部(コイル)を示したもので、貫通型の欠陥検出を示します。上記図3及び図4の様に接続することによって欠陥出力が可能です。
検出される出力は、交流電源(AC)を使用しているため電流変化と位相変化が現れます。又、検出部にコイルを使用しているために変化量はインピーダンスの変化によって、変化した電流変化値と位相変化値となって現れます。
図 5 図 6

図5は、貫通型検出コイル中に非磁性金属片Cを挿入して時の図であり、検出コイルに一定交流電源を接続して交流を流した時に発生するベクトル図を図6に示します。
検出コイルは、一般にRとL(インダクタンス)との合成で成り立っています。
図5の金属片Cの良部BをL o中におかれているとき図6のZ1でθ1の位相角度になりあます。又、金属片Cを移動し、L o中に疵部Aをおいた時、図6のZ2でθ2に変化します。
この時、良部と疵部の位相変化量は、
|θ2-θ1|=θ3となり条件(金属材質、寸法、コイルインピーダンスR・ωL、交流周波数)を変えない限りこの値は一定となります。
従って、一般的な渦流探傷方法では、一定条件での欠陥検出の位相角変化は理論上不可能です。
今回、開発した渦流探傷器は、上記一定条件において、疵の位相角度を任意に可変出来る装置です。
(国際特許)
(欠陥検出装置のベクトル表示)
図 7

3.回転移相の原理
流探傷器は、従来の渦流探傷器で使用されているコイルインピーダンスのベクトル変化量(図7左図の位相変化量θ3)での検出のみでなく、検出コイル内での磁束の変化も検出し、制御コイルによりコイル内部の磁束が一定となるように磁束を制御しています。
検出コイル内に金属材料が挿入されますと、コイル内のガタ信号(ノイズ信号)によりコイルインピーダンスは変化します。
この時、金属表面に疵が発生していますとコイルインピーダンスのベクトル量と、磁束の変化量も変わり制御コイルからの信号と検出コイルからの信号により欠陥の検出が可能となります。
この制御コイルからの、制御信号の位相を変化させることで、通常分離が出来にくかった疵信号とガタ信号(ノイズ信号)の位相差を任意に変化(図7右図)させることができます。
回転移相型コイルは、図8の構成となっています。
図 8

従来の渦流探傷器では、L1とL2の検出回路で構成されており、|L1-L2|のベクトル変化量
(図7左図のθ3)の情報でしかないので条件を変えない限りこの位相差は一定となり、このままではSN比は向上しません。
図 9

図9のコイル空心時の磁束本数をφa(この値は一定)とします。そのコイルに金属材料を挿入しますと、金属材
料の磁束本数がφbとなり内部空間磁束と金属材料内磁束の関係は、φa-φb:φbとなります。
この状態で疵部にきますと金属材料の体積が減るため金属材料内の磁束本数が減り金属材料内の磁束本数はφb-⊿φとなります。又、この⊿φが疵信号とガタ信号の位相差に相当します。
従って、この⊿φの値を変化させることで疵信号とガタ信号の位相差を任意に変化させることができます。これが回転移相の原理です。 又、磁束と電流の間には、φ=I/Tの関係から、電流Iを変化させれば磁束が変化します。又、図10のベクトル図において、RとVは同相であり、又、ωLとIが同相であることから電流Iを変化させることで疵信号とガタ信号の位相差θ3が変化します。
図 10

◆ 回 転 移 相 の 効 果
keywords#
SUS304、φ10㎜、深さ50μm
従来方式 回転移相方式


磁性材、コーナー部クラック疵、深さ20μm、長さ0.2㎜
従来方式 回転移相方式



Copyright (C) Nihon Estekku Co.,Ltd. All Rights Reserved.