パナソニック VIERA(ビエラ) GX850シリーズ 4K対応/4Kチューナー内蔵 43V型 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ TH-43GX850●AI技術の豊かな明暗再現「AIHDRリマスター」
●迫力ある立体音響「DolbyAtmos」
●地震に強く倒れにくい「転倒防止スタンド」
●AI技術による豊かな明暗再現「AI HDRリマスター」
●地上デジタル放送など通常の映像もAI技術により高コン(トラストに変換する「AI HDRリマスター」を新搭載。
●輝度に忠実な色彩を再現する技術と合わせて臨場感ある高画質を実現しました。
●上下左右から音に包まれる迫力の立体音響「Dolby Atmos(R)(ドルビーアトモス)」
●迫力のある音を実現する30W「ダイナミックサウンドシステム」に加え、「Dolby Atmos(R)(ドルビーアトモス)」を新採用。
●左右、さらに上下から音が聞こえてくる3次元立体音響をビエラのスピーカーで楽しめます。
●地震に強く倒れにくい1「転倒防止スタンド」2
●吸着機能付き「転倒防止スタンド」を搭載。
●地震などによりテレビが大きく揺れたときにも、テレビ台にしっかり吸着3して倒れにくくします。
●移動時は吸着操作スイッチを押すと簡単に解除できます。
●USBハードディスク録画対応4(2番組同時録画対応)
●らくらくリモコン付属
●スタンド(固定式)付属(組み立てが必要です)
●転倒防止部品付属
●付属品:リモコン、単3形乾電池×2、電源コード、スタンド(一式)、転倒・落下防止部品(一式)、取扱説明書、保証書
●本機は従来のB-CASカードに代わり「ACASチップ」を内蔵しています。
●1試験条件(1):43、49、55、65GX850において。
●(2):JMA神戸波、JMA仙台市青葉区波にて加震。
●(3):設置面がガラスのテレビ台に設置し、転倒・落下防止部品なしで実施。
●テレビ台は床に固定あり、なしの両方で実施。
●(4):転倒防止スタンドでないテレビと比較して。
●2転倒防止スタンドは、いかなる条件においても転倒・落下しないことを保証するものではありません。
●また、当社は、災害等によるテレビの転倒・落下に伴う損害については補償いたしかねます。
●使用上の注意を十分ご確認のうえ、ご使用ください。
●3凹凸のない平らな面に設置してください。
●凹凸のある設置面では、吸着効果を発揮しません。
●また、設置面の素材、使用場所や使用環境により吸着効果が弱まる場合があります。
●4対応ハードディスクなど詳細については、当社HP(panasonic.jp/support/tv/connect)をご参照ください。
●本体寸法:61.9cm*96.6cm*24.8cm(17kg) 高さ*幅*奥行き(質量)
●【お届け時間指定】はご利用になれませんので、あらかじめご了承ください。
●沖縄・離島への配送料金は別途見積もり(配送不可の場合も有)となりますのでご了承ください。
●JANコード:4549980233511
ビジュアル>液晶テレビ>〜49型液晶テレビ>パナソニックTH43GX850
こちらの商品の送料区分は「0」です。

【送料無料】VIERA(ビエラ) GX850シリーズ 4K対応/4Kチューナー内蔵 43V型 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ (TH43GX850)

◆ 回 転 移 相 式 渦 流 探 傷 に 関 す る 説 明
回 転 移 相 式 渦 流 探 傷
渦流試験の原理
#descriptionパナソニック VIERA(ビエラ) GX850シリーズ 4K対応/4Kチューナー内蔵 43V型 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ TH-43GX850:激安!家電のタンタンショップ - a1813
回転移相の原理

回 転 移 相 の 効 果
keywords#

2020-02-14
カテゴリトップ>映像・音響・パソコン・OA家電>ビジュアル>液晶テレビ>〜49型液晶テレビ
2.#description
図 3 図 4

図3は一般的に使用されているホイストンブリッジの渦電流式欠陥検出用ブリッジ回路です。
出力条件  平衡時(出力ゼロ)  L1:R2=L2:R1
欠陥検出出力時  |L1-L2| になります。
図4は、図3の検出部(コイル)を示したもので、貫通型の欠陥検出を示します。上記図3及び図4の様に接続することによって欠陥出力が可能です。
検出される出力は、交流電源(AC)を使用しているため電流変化と位相変化が現れます。又、検出部にコイルを使用しているために変化量はインピーダンスの変化によって、変化した電流変化値と位相変化値となって現れます。
図 5 図 6

図5は、貫通型検出コイル中に非磁性金属片Cを挿入して時の図であり、検出コイルに一定交流電源を接続して交流を流した時に発生するベクトル図を図6に示します。
検出コイルは、一般にRとL(インダクタンス)との合成で成り立っています。
図5の金属片Cの良部BをL o中におかれているとき図6のZ1でθ1の位相角度になりあます。又、金属片Cを移動し、L o中に疵部Aをおいた時、図6のZ2でθ2に変化します。
この時、良部と疵部の位相変化量は、
|θ2-θ1|=θ3となり条件(金属材質、寸法、コイルインピーダンスR・ωL、交流周波数)を変えない限りこの値は一定となります。
従って、一般的な渦流探傷方法では、一定条件での欠陥検出の位相角変化は理論上不可能です。
今回、開発した渦流探傷器は、上記一定条件において、疵の位相角度を任意に可変出来る装置です。
(国際特許)
(欠陥検出装置のベクトル表示)
図 7

3.回転移相の原理
流探傷器は、従来の渦流探傷器で使用されているコイルインピーダンスのベクトル変化量(図7左図の位相変化量θ3)での検出のみでなく、検出コイル内での磁束の変化も検出し、制御コイルによりコイル内部の磁束が一定となるように磁束を制御しています。
検出コイル内に金属材料が挿入されますと、コイル内のガタ信号(ノイズ信号)によりコイルインピーダンスは変化します。
この時、金属表面に疵が発生していますとコイルインピーダンスのベクトル量と、磁束の変化量も変わり制御コイルからの信号と検出コイルからの信号により欠陥の検出が可能となります。
この制御コイルからの、制御信号の位相を変化させることで、通常分離が出来にくかった疵信号とガタ信号(ノイズ信号)の位相差を任意に変化(図7右図)させることができます。
回転移相型コイルは、図8の構成となっています。
図 8

従来の渦流探傷器では、L1とL2の検出回路で構成されており、|L1-L2|のベクトル変化量
(図7左図のθ3)の情報でしかないので条件を変えない限りこの位相差は一定となり、このままではSN比は向上しません。
図 9

図9のコイル空心時の磁束本数をφa(この値は一定)とします。そのコイルに金属材料を挿入しますと、金属材
料の磁束本数がφbとなり内部空間磁束と金属材料内磁束の関係は、φa-φb:φbとなります。
この状態で疵部にきますと金属材料の体積が減るため金属材料内の磁束本数が減り金属材料内の磁束本数はφb-⊿φとなります。又、この⊿φが疵信号とガタ信号の位相差に相当します。
従って、この⊿φの値を変化させることで疵信号とガタ信号の位相差を任意に変化させることができます。これが回転移相の原理です。 又、磁束と電流の間には、φ=I/Tの関係から、電流Iを変化させれば磁束が変化します。又、図10のベクトル図において、RとVは同相であり、又、ωLとIが同相であることから電流Iを変化させることで疵信号とガタ信号の位相差θ3が変化します。
図 10

◆ 回 転 移 相 の 効 果
keywords#
SUS304、φ10㎜、深さ50μm
従来方式 回転移相方式


磁性材、コーナー部クラック疵、深さ20μm、長さ0.2㎜
従来方式 回転移相方式



Copyright (C) Nihon Estekku Co.,Ltd. All Rights Reserved.