シモンズ マットレス セミダブル ニューフィット 設置配送
寝具 シモンズマットレス ポケットコイル AB1712A
アイテム
シモンズ マットレス セミダブルサイズ AB1712A
仕様
6.5インチ ニューフィット セミダブル
線形1.7mm
幅1200 長さ1950 厚み255mm
その他
北海道、沖縄、離島他、一部地域では
マットレスをお届け出来ない場合がございます。
運送会社確認後のご案内となります事
ご了承下さいませ。
シモンズ・関連製品
セミダブルサイズで探す
ニューフィット(マットレス:AB1712A)
シモンズベッド TOP
シモンズベッド シモンズマットレス セミダブル ニューフィット 。体型や動きに細やかに反応、硬い・柔らかいといった感触を超えた心地よいフィット感と寝心地。 ポケットコイル マットレス シモンズ

シモンズ マットレス ニューフィット:セミダブル AB1712A

ポケットコイルならではの快適な寝心地

ソフトで快適な寝心地をお届けする程良いクッション性。
ニューフィット

ポケットコイルマットレスの高い品質

シモンズマットレス

「世界のベッド」 と称され、
各国で愛されてきたシモンズベッドの魅力。

1925年、研究に研究を重ねて誕生した

シモンズベッド ポケットコイルマットレス

ポケットコイル

コイルスプリングをひとつひとつ独立した特殊不織布に
ポケット(袋)で包み込むというシモンズ独自の製法により、
睡眠中のどんな動きにも細やかに反応。

一ヶ所の振動が全体に響いたり、横揺れするなど、
オープンコイルにありがちだった欠点をクリア!

体の軽い部分は浅く、重たい部分は深く沈み込み、
常に自然な寝姿勢の、かつてない理想の眠りをお届けします。

ポケットコイル

強度と通気性を誇るポケットコイルの袋

圧縮したコイルを包み込むポケット(袋)には強さが求められます。
シモンズポケットコイルマットレスのポケットコイルの袋は
特殊技術(ニードルパンチ製法)によって作った不織布からできており、
引張・引裂強度の高さと通気性の良さが特徴です。

ベッドの性能と耐久性を追及するスプリング素材

マットレスのスプリング素材にふさわしい
超硬鋼線 1.7mm(JIS規格ピアノ鋼線と同等)を使用しています。

豊かな弾性を持つ圧縮コイル材

6.5インチ(高さ約28cm)のコイルを約17cmに圧縮。
もともと弾性の強いコイルをさらに圧縮することで、
理想的な寝心地を生む弾性を実現しています。

形状保全と耐久性に優れたコイル配列

ポケットコイルは交互配列に比べ並行配列のほうが
形状保全と耐久性の面で優れています。
並行配列はコイル同士の摩擦が少なく、
マットレスの両端や上下部分の欠落を防ぎ、
マットレス周囲の強度が保てます

たくさんのコイルが作り出す理想の体圧分散

ポケットコイルは、直径の小さなコイル(59mm)を使用。
従来の64mm径から改良する事で、
マットレス内のコイル数が約20%アップしました。
たくさんのコイルで身体を支え、優れた体圧分散を生み出しています

世界中で認められたクオリティ。
シモンズベッド ポケットコイルマットレス

シモンズベッド イメージ

スタッフの一言

シモンズ マットレス セミダブル ニューフィット
Beautyrest Selection AB1712Aモデル

コイル線径1.7mmに加工硬化されたワイヤーは身体の同じ部分に圧力をかけることなく、
体型や動きに細やかに反応してソフトなフィット感を醸し出します。
身体をしっかりと支え適度なクッション性も確保。
硬い・柔らかいといった感触を超えた心地よいフィット感と寝心地をお楽しみいただけます。

spec

■マットレス:6.5インチ ニューフィット セミダブル 線形1.7mm
■寸法:幅1200 長さ1950 厚み255mm

北海道、沖縄、離島他、一部地域ではマットレスをお届け出来ない場合がございます。
運送会社確認後のご案内となります事ご了承下さいませ。

商品のお届け


シモンズ正規販売店。設置配送シモンズマットレスセミダブル

◆ 回 転 移 相 式 渦 流 探 傷 に 関 す る 説 明
回 転 移 相 式 渦 流 探 傷
渦流試験の原理
#descriptionシモンズ マットレス セミダブル ニューフィット 設置配送 寝具 シモンズマットレス ポケットコイル AB1712A:家具屋さんの通販SHOP K-Style. - f688e
回転移相の原理

回 転 移 相 の 効 果
keywords#

2019-11-02
カテゴリトップ>家具メーカー別>シモンズ>マットレス ABモデル>ニューフィット
2.#description
図 3 図 4

図3は一般的に使用されているホイストンブリッジの渦電流式欠陥検出用ブリッジ回路です。
出力条件  平衡時(出力ゼロ)  L1:R2=L2:R1
欠陥検出出力時  |L1-L2| になります。
図4は、図3の検出部(コイル)を示したもので、貫通型の欠陥検出を示します。上記図3及び図4の様に接続することによって欠陥出力が可能です。
検出される出力は、交流電源(AC)を使用しているため電流変化と位相変化が現れます。又、検出部にコイルを使用しているために変化量はインピーダンスの変化によって、変化した電流変化値と位相変化値となって現れます。
図 5 図 6

図5は、貫通型検出コイル中に非磁性金属片Cを挿入して時の図であり、検出コイルに一定交流電源を接続して交流を流した時に発生するベクトル図を図6に示します。
検出コイルは、一般にRとL(インダクタンス)との合成で成り立っています。
図5の金属片Cの良部BをL o中におかれているとき図6のZ1でθ1の位相角度になりあます。又、金属片Cを移動し、L o中に疵部Aをおいた時、図6のZ2でθ2に変化します。
この時、良部と疵部の位相変化量は、
|θ2-θ1|=θ3となり条件(金属材質、寸法、コイルインピーダンスR・ωL、交流周波数)を変えない限りこの値は一定となります。
従って、一般的な渦流探傷方法では、一定条件での欠陥検出の位相角変化は理論上不可能です。
今回、開発した渦流探傷器は、上記一定条件において、疵の位相角度を任意に可変出来る装置です。
(国際特許)
(欠陥検出装置のベクトル表示)
図 7

3.回転移相の原理
流探傷器は、従来の渦流探傷器で使用されているコイルインピーダンスのベクトル変化量(図7左図の位相変化量θ3)での検出のみでなく、検出コイル内での磁束の変化も検出し、制御コイルによりコイル内部の磁束が一定となるように磁束を制御しています。
検出コイル内に金属材料が挿入されますと、コイル内のガタ信号(ノイズ信号)によりコイルインピーダンスは変化します。
この時、金属表面に疵が発生していますとコイルインピーダンスのベクトル量と、磁束の変化量も変わり制御コイルからの信号と検出コイルからの信号により欠陥の検出が可能となります。
この制御コイルからの、制御信号の位相を変化させることで、通常分離が出来にくかった疵信号とガタ信号(ノイズ信号)の位相差を任意に変化(図7右図)させることができます。
回転移相型コイルは、図8の構成となっています。
図 8

従来の渦流探傷器では、L1とL2の検出回路で構成されており、|L1-L2|のベクトル変化量
(図7左図のθ3)の情報でしかないので条件を変えない限りこの位相差は一定となり、このままではSN比は向上しません。
図 9

図9のコイル空心時の磁束本数をφa(この値は一定)とします。そのコイルに金属材料を挿入しますと、金属材
料の磁束本数がφbとなり内部空間磁束と金属材料内磁束の関係は、φa-φb:φbとなります。
この状態で疵部にきますと金属材料の体積が減るため金属材料内の磁束本数が減り金属材料内の磁束本数はφb-⊿φとなります。又、この⊿φが疵信号とガタ信号の位相差に相当します。
従って、この⊿φの値を変化させることで疵信号とガタ信号の位相差を任意に変化させることができます。これが回転移相の原理です。 又、磁束と電流の間には、φ=I/Tの関係から、電流Iを変化させれば磁束が変化します。又、図10のベクトル図において、RとVは同相であり、又、ωLとIが同相であることから電流Iを変化させることで疵信号とガタ信号の位相差θ3が変化します。
図 10

◆ 回 転 移 相 の 効 果
keywords#
SUS304、φ10㎜、深さ50μm
従来方式 回転移相方式


磁性材、コーナー部クラック疵、深さ20μm、長さ0.2㎜
従来方式 回転移相方式



Copyright (C) Nihon Estekku Co.,Ltd. All Rights Reserved.