GET HOT ゲットホット タイヤウォーマー GP-EVOLUTION オプション:NEON-TYPE1 オプション:温度計付き オプション:温度切り替えセレクター LOW設定70度オプション:温度切り替えセレクター なし / オプション:温度計なし / オプション:NEONなしはこちら
オプション:温度切り替えセレクター なし / オプション:温度計付き / オプション:NEONなしはこちら
オプション:温度切り替えセレクター なし / オプション:温度計なし / オプション:NEON-TYPE1はこちら
オプション:温度切り替えセレクター なし / オプション:温度計付き / オプション:NEON-TYPE1はこちら
オプション:温度切り替えセレクター なし / オプション:温度計なし / オプション:NEON-TYPE2はこちら
オプション:温度切り替えセレクター なし / オプション:温度計付き / オプション:NEON-TYPE2はこちら
オプション:温度切り替えセレクター LOW設定80度 / オプション:温度計なし / オプション:NEONなしはこちら
オプション:温度切り替えセレクター LOW設定80度 / オプション:温度計付き / オプション:NEONなしはこちら
オプション:温度切り替えセレクター LOW設定80度 / オプション:温度計なし / オプション:NEON-TYPE1はこちら
オプション:温度切り替えセレクター LOW設定80度 / オプション:温度計付き / オプション:NEON-TYPE1はこちら
オプション:温度切り替えセレクター LOW設定80度 / オプション:温度計なし / オプション:NEON-TYPE2はこちら
オプション:温度切り替えセレクター LOW設定80度 / オプション:温度計付き / オプション:NEON-TYPE2はこちら
オプション:温度切り替えセレクター LOW設定75度 / オプション:温度計なし / オプション:NEONなしはこちら
オプション:温度切り替えセレクター LOW設定75度 / オプション:温度計付き / オプション:NEONなしはこちら
オプション:温度切り替えセレクター LOW設定75度 / オプション:温度計なし / オプション:NEON-TYPE1はこちら
オプション:温度切り替えセレクター LOW設定75度 / オプション:温度計付き / オプション:NEON-TYPE1はこちら
オプション:温度切り替えセレクター LOW設定75度 / オプション:温度計なし / オプション:NEON-TYPE2はこちら
オプション:温度切り替えセレクター LOW設定75度 / オプション:温度計付き / オプション:NEON-TYPE2はこちら
オプション:温度切り替えセレクター LOW設定70度 / オプション:温度計なし / オプション:NEONなしはこちら
オプション:温度切り替えセレクター LOW設定70度 / オプション:温度計付き / オプション:NEONなしはこちら
オプション:温度切り替えセレクター LOW設定70度 / オプション:温度計なし / オプション:NEON-TYPE1はこちら
オプション:温度切り替えセレクター LOW設定70度 / オプション:温度計なし / オプション:NEON-TYPE2はこちら
オプション:温度切り替えセレクター LOW設定70度 / オプション:温度計付き / オプション:NEON-TYPE2はこちら

※リンク先に商品がない場合、すでに完売している商品となります。予めご了承ください。

■商品番号
GET-EVO12G-T-T1-C70

■商品概要
サイズ:MINI-12インチ
カラー:グリーン/ホワイト

オプション:NEON-TYPE1 オプション:温度切り替えセレクター LOW設定70度 オプション:温度計付き

他のカラーリングはこちら
オプションはこちら

■適合車種
▼その他
汎用

■詳細説明
NSF100やNSR50など、12インチはこちらのサイズとなります。
GET HOTシリーズ最高峰のGP-EVOLUTIONは国内外において数々のトップチームに採用されたパフォーマンスを持つ。
一切の妥協を廃したその作りは タイヤを壊さないこと、加熱力、保温性を最大限に考慮して設計されております。
1本づつ手作業で熱バランスが取られたタイヤウォーマーはフロント、リアでほぼ同じ時間で温まります。
遠赤外線で加熱されたタイヤは深い熱を持ち、タイヤ性能を100%発揮させることを可能とさせます。
【特徴】
・大径サイドウォール標準装備
・遠赤外線面状発熱体GET HOT (TYPE-RX)採用
・遠赤外線にてタイヤを焦がさずに芯まで加熱
・温まりにニクロム線のようなムラを生じさせません。
・特殊難燃ポリエステル生地を表面生地に使用。使用する素材全て難燃素材にて構成。
・NOMEXアラミドファイバー使用
・全サイズラインナップ
・2年保証付き

【NEON TYPE-1】
GP-EVOLUTIONオプションパーツのNEON TYPE-1。サーモスタットが働いて電源がOFFになると消灯し、再度温度が下がって電源が入ると赤のLEDが点灯します
【NEON TYPE-2】
GP-EVOLUTIONオプションパーツのNEON TYPE-2。TYPE-1の機能に加え、常時点灯のグリーンのランプが着きます。
【温度切り替えセレクター】
GP-EVOLUTIONオプションパーツの温度切り替えセレクター。温度をHI/LOWで切り替えることにより状況に合わせた設定が可能。
【温度計】
オプションパーツで最も人気の高い温度計。ウォーマーの実際の温度が目で確認できるため、何かと便利です。


■注意点
※装着は走行の30-40分前に行ってください。
※タイヤウォーマー巻きつけの際には必ず最後まで伸ばして巻ききったことを確認してください。たるんだまま使用を続けてしまうと致命的なダメージを与える可能性がございます。
※タイヤがあたたまるまでの間、タイヤが汗をかいたような状態となり、表面がぬれたようになる場合がございますがこれはタイヤウォーマーの密着性、そして外気温との温度差によって起こる現象です。タイヤが温まれば表面は乾きます。
※温度計はウォーマーの温度を表示するものです。タイヤの温度ではありません。温度の目安としてご活用ください。
※温度上昇は外気温によって影響を受けますので気温の低い時期などは温度上昇が遅くなる場合がございます。
※サイズの合わない車種への装着は絶対にしないよう心がけてください。
※タイヤウォーマーを丸めたまま電源を入れないでください。必ず致命的なダメージを受けてしまいます。
※サーモスタットはタイヤに押し当てられてはじめて温度を感知しますので、タイヤウォーマーは必ずタイヤに装着してご利用ください。カラ炊き等はしないよう心がけてください。
※タイヤウォーマーは圧迫されるような力がかかりますとトラブルが起こる可能性が十分考えられますのでご注意ください。
※フェンダークリアランスや路面のクリアランス、スイングアームのクリアランスには十分ご注意ください。クリアランスがないのを無理に押し込むとダメージを受ける場合が十分考えられます。車種によってはフェンダー等の加工が必要な場合がございます。
※壁に立てかけて使用しないようご注意ください。
※タイヤウォーマーを使用する際は万一に備えてなるべくそばを離れないように心がけてください。
※何かトラブル等が発生しましたらすぐに使用を中止してください。
※万が一温度計が95度以上を示すようであればトラブルの可能性が高いと思われますのですぐに使用を中止し、メーカーまでご連絡ください。
※画像6-7は、オプション:温度計です。
※画像8は、オプション:NEON TYPE-1です。
※画像9は、オプション:NEON TYPE-2です。
※画像10は、オプション:温度切り替えセレクターです。
※オプションをお選び頂いた場合、タイヤウォーマー本体に装着した状態で出荷させて頂きます。


◆ 回 転 移 相 式 渦 流 探 傷 に 関 す る 説 明
回 転 移 相 式 渦 流 探 傷
渦流試験の原理
#descriptionGET HOT ゲットホット タイヤウォーマー GP-EVOLUTION オプション:NEON-TYPE1 オプション:温度計付き オプション:温度切り替えセレクター LOW設定70度:ウェビック  - b1fb4
回転移相の原理

回 転 移 相 の 効 果
keywords#

2019-07-01
カテゴリトップ>タイヤ>その他タイヤ関連用品>タイヤウォーマー
【送料無料】その他タイヤ関連用品 GET HOT ゲットホット GET-EVO12G-T-T1-C70

2.#description
図 3 図 4

図3は一般的に使用されているホイストンブリッジの渦電流式欠陥検出用ブリッジ回路です。
出力条件  平衡時(出力ゼロ)  L1:R2=L2:R1
欠陥検出出力時  |L1-L2| になります。
図4は、図3の検出部(コイル)を示したもので、貫通型の欠陥検出を示します。上記図3及び図4の様に接続することによって欠陥出力が可能です。
検出される出力は、交流電源(AC)を使用しているため電流変化と位相変化が現れます。又、検出部にコイルを使用しているために変化量はインピーダンスの変化によって、変化した電流変化値と位相変化値となって現れます。
図 5 図 6

図5は、貫通型検出コイル中に非磁性金属片Cを挿入して時の図であり、検出コイルに一定交流電源を接続して交流を流した時に発生するベクトル図を図6に示します。
検出コイルは、一般にRとL(インダクタンス)との合成で成り立っています。
図5の金属片Cの良部BをL o中におかれているとき図6のZ1でθ1の位相角度になりあます。又、金属片Cを移動し、L o中に疵部Aをおいた時、図6のZ2でθ2に変化します。
この時、良部と疵部の位相変化量は、
|θ2-θ1|=θ3となり条件(金属材質、寸法、コイルインピーダンスR・ωL、交流周波数)を変えない限りこの値は一定となります。
従って、一般的な渦流探傷方法では、一定条件での欠陥検出の位相角変化は理論上不可能です。
今回、開発した渦流探傷器は、上記一定条件において、疵の位相角度を任意に可変出来る装置です。
(国際特許)
(欠陥検出装置のベクトル表示)
図 7

3.回転移相の原理
流探傷器は、従来の渦流探傷器で使用されているコイルインピーダンスのベクトル変化量(図7左図の位相変化量θ3)での検出のみでなく、検出コイル内での磁束の変化も検出し、制御コイルによりコイル内部の磁束が一定となるように磁束を制御しています。
検出コイル内に金属材料が挿入されますと、コイル内のガタ信号(ノイズ信号)によりコイルインピーダンスは変化します。
この時、金属表面に疵が発生していますとコイルインピーダンスのベクトル量と、磁束の変化量も変わり制御コイルからの信号と検出コイルからの信号により欠陥の検出が可能となります。
この制御コイルからの、制御信号の位相を変化させることで、通常分離が出来にくかった疵信号とガタ信号(ノイズ信号)の位相差を任意に変化(図7右図)させることができます。
回転移相型コイルは、図8の構成となっています。
図 8

従来の渦流探傷器では、L1とL2の検出回路で構成されており、|L1-L2|のベクトル変化量
(図7左図のθ3)の情報でしかないので条件を変えない限りこの位相差は一定となり、このままではSN比は向上しません。
図 9

図9のコイル空心時の磁束本数をφa(この値は一定)とします。そのコイルに金属材料を挿入しますと、金属材
料の磁束本数がφbとなり内部空間磁束と金属材料内磁束の関係は、φa-φb:φbとなります。
この状態で疵部にきますと金属材料の体積が減るため金属材料内の磁束本数が減り金属材料内の磁束本数はφb-⊿φとなります。又、この⊿φが疵信号とガタ信号の位相差に相当します。
従って、この⊿φの値を変化させることで疵信号とガタ信号の位相差を任意に変化させることができます。これが回転移相の原理です。 又、磁束と電流の間には、φ=I/Tの関係から、電流Iを変化させれば磁束が変化します。又、図10のベクトル図において、RとVは同相であり、又、ωLとIが同相であることから電流Iを変化させることで疵信号とガタ信号の位相差θ3が変化します。
図 10

◆ 回 転 移 相 の 効 果
keywords#
SUS304、φ10㎜、深さ50μm
従来方式 回転移相方式


磁性材、コーナー部クラック疵、深さ20μm、長さ0.2㎜
従来方式 回転移相方式



Copyright (C) Nihon Estekku Co.,Ltd. All Rights Reserved.