Ovation Celebrity Elite Plus Super Shallow Body CE48P-TGE(Tiger Eye)《アコースティックギター/エレアコ》【送料無料】
Celebrity Elite Plus Super Shallow Body CE48P
セレブリティ・エリート・プラスは、ボディ・トップにフィギュアド・コア、キルト・メイプルの美しい杢目を持った材を使用したマルチ・サウンド・ホールのモデルです。
ボディは、オベーションのラインナップの中でも最も浅いスーパー・シャロー・リラコード・ボディで、エレキギターになれたギタリストにも演奏しやすいデザインです。
プリアンプには、チューナーと3バンド・イコライザーを装備したOP-4BTを搭載しています。

■ソフトケース付き
特徴
・ボディ・トップには、フィギュアド材を使用
・マルチ・ウッドを使用したマルチ・サウンド・ホール
・クォーターソウン・スキャロップドXブレーシング
・スーパー・シャロー・リラコード・ボディ
・チューナーと3バンド・イコライザーを装備したOP-4BTプリアンプ
Specification
Body Style: Super Shallow Cutaway
Top: Figured Koa
Top Finish: Gloss
Bracing: Quartersawn Scalloped X
Body Binding: Ivory White
Epaulet: Multi-Wood
Back: Lyrachord Super Shallow Bowl
Scale Length: 25 1/4" (641 mm)
Neck: Nato
Neck Finish: Satin
Neck Binding: Ivory White
Fingerboard: Rosewood
Fingerboard Radius: 10" (254mm)
Number of Frets: 20 Fully Accessible; 24 on High E String
Postion Inlays: Abalone
Nut (Material/Width): ABS,1 11/16" (43mm)
Bridge: Rosewood
Hardware: Chrome
Special Electronics: OP-4BT with Ovation Slimline Pickup
Tuning Machines: Chrome

 【エレアコ】《オベーション》
◆ 回 転 移 相 式 渦 流 探 傷 に 関 す る 説 明
回 転 移 相 式 渦 流 探 傷
渦流試験の原理
#descriptionOvation Celebrity Elite Plus Super Shallow Body CE48P-TGE(Tiger Eye)《アコースティックギター/エレアコ》【送料無料】:昭和32年創業の老舗 クロサワ楽器 - 13506
回転移相の原理

回 転 移 相 の 効 果
keywords#

2019-10-21
カテゴリトップ>アコースティックギター>ブランド名O>Ovation
この商品を購入された方のレビューすべてのレビューを見る(1件)
このショップのレビューを見る
総合評価条件に満たないため総合評価は表示できません。

鳳龍麒麟さん 50代/男性

評価4.00

投稿日:2018年09月17日

初エレアコなのでちょっといろいろ感じます

トップのトラ目はとても美しかったですソフトケースはついてきましたが、ピックとポリっシュくらいは付けてほしかったですエレアコとして、チューナーが付いているのですが、反応あわせて輸入元で機能チェックされているのか?少し疑問になりました。簡単なものだから使えばわかるだろってことで取説もなかったですが、鳴らしている音と表示されている音がなんかずれているような気が…どうやって確認しようか?悩んでいます... …続きを読む

使い道趣味使う人自分用購入回数はじめて

2.#description
図 3 図 4

図3は一般的に使用されているホイストンブリッジの渦電流式欠陥検出用ブリッジ回路です。
出力条件  平衡時(出力ゼロ)  L1:R2=L2:R1
欠陥検出出力時  |L1-L2| になります。
図4は、図3の検出部(コイル)を示したもので、貫通型の欠陥検出を示します。上記図3及び図4の様に接続することによって欠陥出力が可能です。
検出される出力は、交流電源(AC)を使用しているため電流変化と位相変化が現れます。又、検出部にコイルを使用しているために変化量はインピーダンスの変化によって、変化した電流変化値と位相変化値となって現れます。
図 5 図 6

図5は、貫通型検出コイル中に非磁性金属片Cを挿入して時の図であり、検出コイルに一定交流電源を接続して交流を流した時に発生するベクトル図を図6に示します。
検出コイルは、一般にRとL(インダクタンス)との合成で成り立っています。
図5の金属片Cの良部BをL o中におかれているとき図6のZ1でθ1の位相角度になりあます。又、金属片Cを移動し、L o中に疵部Aをおいた時、図6のZ2でθ2に変化します。
この時、良部と疵部の位相変化量は、
|θ2-θ1|=θ3となり条件(金属材質、寸法、コイルインピーダンスR・ωL、交流周波数)を変えない限りこの値は一定となります。
従って、一般的な渦流探傷方法では、一定条件での欠陥検出の位相角変化は理論上不可能です。
今回、開発した渦流探傷器は、上記一定条件において、疵の位相角度を任意に可変出来る装置です。
(国際特許)
(欠陥検出装置のベクトル表示)
図 7

3.回転移相の原理
流探傷器は、従来の渦流探傷器で使用されているコイルインピーダンスのベクトル変化量(図7左図の位相変化量θ3)での検出のみでなく、検出コイル内での磁束の変化も検出し、制御コイルによりコイル内部の磁束が一定となるように磁束を制御しています。
検出コイル内に金属材料が挿入されますと、コイル内のガタ信号(ノイズ信号)によりコイルインピーダンスは変化します。
この時、金属表面に疵が発生していますとコイルインピーダンスのベクトル量と、磁束の変化量も変わり制御コイルからの信号と検出コイルからの信号により欠陥の検出が可能となります。
この制御コイルからの、制御信号の位相を変化させることで、通常分離が出来にくかった疵信号とガタ信号(ノイズ信号)の位相差を任意に変化(図7右図)させることができます。
回転移相型コイルは、図8の構成となっています。
図 8

従来の渦流探傷器では、L1とL2の検出回路で構成されており、|L1-L2|のベクトル変化量
(図7左図のθ3)の情報でしかないので条件を変えない限りこの位相差は一定となり、このままではSN比は向上しません。
図 9

図9のコイル空心時の磁束本数をφa(この値は一定)とします。そのコイルに金属材料を挿入しますと、金属材
料の磁束本数がφbとなり内部空間磁束と金属材料内磁束の関係は、φa-φb:φbとなります。
この状態で疵部にきますと金属材料の体積が減るため金属材料内の磁束本数が減り金属材料内の磁束本数はφb-⊿φとなります。又、この⊿φが疵信号とガタ信号の位相差に相当します。
従って、この⊿φの値を変化させることで疵信号とガタ信号の位相差を任意に変化させることができます。これが回転移相の原理です。 又、磁束と電流の間には、φ=I/Tの関係から、電流Iを変化させれば磁束が変化します。又、図10のベクトル図において、RとVは同相であり、又、ωLとIが同相であることから電流Iを変化させることで疵信号とガタ信号の位相差θ3が変化します。
図 10

◆ 回 転 移 相 の 効 果
keywords#
SUS304、φ10㎜、深さ50μm
従来方式 回転移相方式


磁性材、コーナー部クラック疵、深さ20μm、長さ0.2㎜
従来方式 回転移相方式



Copyright (C) Nihon Estekku Co.,Ltd. All Rights Reserved.