【期間限定ポイント20倍!】Harikae / ハリカエ : 【レディース】Turtle neck Pleats knit / 全3色 : タートルネック プリーツ ニット セーター レディース トップス : FW17H0041【ANN】

国際配送対象商品(海外配送)詳細はこちらです。

Rakuten International Shipping Item
Details click here


商品詳細

【 デザイン 】
HARIKAE定番のニットアイテムになります。編み方はプリーツ、アイレット、リブを組み合わせており、プリーツは編みで構成している為、崩れることがなく、美しさを保ってくれます。プリーツとリブを上質なウールにより、自然に組み合わせることで、立体感と美しいシルエットを生み出しています。

【素材】
滑らかで、肌触りの優しい上質なウールを使用。

【 シルエット、サイズ感 】
全面に施されたプリーツにより立体感と美しいシルエットを生み出しています。

スタッフサイズ参考例
*あくまでも個人的見解でのサイズ例になりますので参考までにご確認下さい。

スタッフ 参考サイズ:XS
( 身長165cm 体重45kg / B85cm W60cm H88cm / 普段使用しているサイズ M )
XSサイズ着用で丁度良いサイズ感になります。


SIZE

XS / 着丈:63cm 身幅:50cm 肩幅:28cm 袖丈:64cm 袖口:7cm
S / 着丈:65cm 身幅:55cm 肩幅:30cm 袖丈:66cm 袖口:7cm

【モデル情報】
身長165cm 体重45kg 着用サイズXS
B85cm W60cm H88cm
※個体差がありますので、若干の誤差が生じます。ご了承ください。

MATERIAL

ウール100%

ブランド

Harikae [ハリカエ]
“見えない部分をデザインすることで、一見シンプルだけど、よく見ると発見のある服”というコンセプトをもとに、民芸など生活に根付いた技法や素材、色をミックスして作られている2016年秋冬デビューのコレクション。さまざまなテクスチャを試し考え抜かれたシンプルなデザインは、異なる編み方を使ってソフトなプリーツと編み地を実現し、仕上げにオープン ニット ディテールと刺繍を取り入れています。













春に使えるアイテムがお得【ARKnets SPRING CAMPAIGN】【正規取扱 / 1万円以上で送料無料 / 昼12時30分までの注文で即日発送】

◆ 回 転 移 相 式 渦 流 探 傷 に 関 す る 説 明
回 転 移 相 式 渦 流 探 傷
渦流試験の原理
#description【期間限定ポイント20倍!】Harikae / ハリカエ : 【レディース】Turtle neck Pleats knit / 全3色 : タートルネック プリーツ ニット セーター レディース トップス : FW17H0041【ANN】:ARKnets - f2574
回転移相の原理

回 転 移 相 の 効 果
keywords#

2019-07-02
カテゴリトップ>カテゴリ一覧>TOPS[トップス]>ニット・セーター
2.#description
図 3 図 4

図3は一般的に使用されているホイストンブリッジの渦電流式欠陥検出用ブリッジ回路です。
出力条件  平衡時(出力ゼロ)  L1:R2=L2:R1
欠陥検出出力時  |L1-L2| になります。
図4は、図3の検出部(コイル)を示したもので、貫通型の欠陥検出を示します。上記図3及び図4の様に接続することによって欠陥出力が可能です。
検出される出力は、交流電源(AC)を使用しているため電流変化と位相変化が現れます。又、検出部にコイルを使用しているために変化量はインピーダンスの変化によって、変化した電流変化値と位相変化値となって現れます。
図 5 図 6

図5は、貫通型検出コイル中に非磁性金属片Cを挿入して時の図であり、検出コイルに一定交流電源を接続して交流を流した時に発生するベクトル図を図6に示します。
検出コイルは、一般にRとL(インダクタンス)との合成で成り立っています。
図5の金属片Cの良部BをL o中におかれているとき図6のZ1でθ1の位相角度になりあます。又、金属片Cを移動し、L o中に疵部Aをおいた時、図6のZ2でθ2に変化します。
この時、良部と疵部の位相変化量は、
|θ2-θ1|=θ3となり条件(金属材質、寸法、コイルインピーダンスR・ωL、交流周波数)を変えない限りこの値は一定となります。
従って、一般的な渦流探傷方法では、一定条件での欠陥検出の位相角変化は理論上不可能です。
今回、開発した渦流探傷器は、上記一定条件において、疵の位相角度を任意に可変出来る装置です。
(国際特許)
(欠陥検出装置のベクトル表示)
図 7

3.回転移相の原理
流探傷器は、従来の渦流探傷器で使用されているコイルインピーダンスのベクトル変化量(図7左図の位相変化量θ3)での検出のみでなく、検出コイル内での磁束の変化も検出し、制御コイルによりコイル内部の磁束が一定となるように磁束を制御しています。
検出コイル内に金属材料が挿入されますと、コイル内のガタ信号(ノイズ信号)によりコイルインピーダンスは変化します。
この時、金属表面に疵が発生していますとコイルインピーダンスのベクトル量と、磁束の変化量も変わり制御コイルからの信号と検出コイルからの信号により欠陥の検出が可能となります。
この制御コイルからの、制御信号の位相を変化させることで、通常分離が出来にくかった疵信号とガタ信号(ノイズ信号)の位相差を任意に変化(図7右図)させることができます。
回転移相型コイルは、図8の構成となっています。
図 8

従来の渦流探傷器では、L1とL2の検出回路で構成されており、|L1-L2|のベクトル変化量
(図7左図のθ3)の情報でしかないので条件を変えない限りこの位相差は一定となり、このままではSN比は向上しません。
図 9

図9のコイル空心時の磁束本数をφa(この値は一定)とします。そのコイルに金属材料を挿入しますと、金属材
料の磁束本数がφbとなり内部空間磁束と金属材料内磁束の関係は、φa-φb:φbとなります。
この状態で疵部にきますと金属材料の体積が減るため金属材料内の磁束本数が減り金属材料内の磁束本数はφb-⊿φとなります。又、この⊿φが疵信号とガタ信号の位相差に相当します。
従って、この⊿φの値を変化させることで疵信号とガタ信号の位相差を任意に変化させることができます。これが回転移相の原理です。 又、磁束と電流の間には、φ=I/Tの関係から、電流Iを変化させれば磁束が変化します。又、図10のベクトル図において、RとVは同相であり、又、ωLとIが同相であることから電流Iを変化させることで疵信号とガタ信号の位相差θ3が変化します。
図 10

◆ 回 転 移 相 の 効 果
keywords#
SUS304、φ10㎜、深さ50μm
従来方式 回転移相方式


磁性材、コーナー部クラック疵、深さ20μm、長さ0.2㎜
従来方式 回転移相方式



Copyright (C) Nihon Estekku Co.,Ltd. All Rights Reserved.