カリモク XU6010 XU6000 PCチェア 肘付きデスクチェアー 本革張ソファ パソコン椅子 ロッキング式 アイアン コンパクト オフィスチェア ハイバック 送料無料 karimoku 日本製家具 正規取扱店 おすすめ おしゃれ OAチェア■商品サイズ:W630【横幅】×D710【奥行】×H970〜1050【高さ】×SH420〜500mm【座高】
■材質   :ブナ成型合板
■表張材  :内側:牛本革
外側:合成皮革
■クッション:コイルバネ・ウレタンフォーム・3Dネット・メッシュシート
■注文内容 :チェア×1
■生産国  :日本




緩やかなリクライニング角度で深く腰掛けたとき腰と肩がフィットするので、ふとした時に身体全体を預けることができます。ゆったりロッキングするので負荷が少なく3Dネットで安定感ある座り心地が得られます。また最大の特徴は普通のOAチェアはウレタンがほとんどクッション材の大半を占めていましたがこのチェアは重心を少し後ろにしてクッション材を多重にすることで長時間の作業をサポートして蒸れはモチロン、お尻や腰に優しい設計となっています。重量を抑えてるので動きやすく、じっくり作業するときには身体に優しい、よく動くデスクワーカーにピッタリのチェアとなっています




【このソファは本革張り地と布張り地/合成皮革があります。】
◆ 回 転 移 相 式 渦 流 探 傷 に 関 す る 説 明
回 転 移 相 式 渦 流 探 傷
渦流試験の原理
#descriptionカリモク XU6010 XU6000 PCチェア 肘付きデスクチェアー 本革張ソファ パソコン椅子 ロッキング式 アイアン コンパクト オフィスチェア ハイバック 送料無料 karimoku 日本製家具 正規取扱店 おすすめ おしゃれ OAチェア:エヒラ家具e-flat支店 - 45783
回転移相の原理

回 転 移 相 の 効 果
keywords#

2020-03-11
カテゴリトップ>PCチェア


■この商品の詳細■
納 期セミオーダーの為、約4週間で出荷予定
送 料


 ※北海道・沖縄・離島等など別途送料をいただく場合がございます
 ※郡部や離島や沖縄など組立・搬入サービスを行っていない地域もあります
 その場合は玄関下ろしとなります。都市部以外の方はご相談ください
 階段からの搬入が出来ない場合、吊上げ・クレーン作業が必要な場合があります。
返品・交換 カリモクの商品はオーダー制のため、
 注文後に変更・キャンセルは一切できません
 色など、ご確認の上ご注文下さい
 ご不明な点はお気軽にご連絡ください
 搬入不可での返品はお受けできません
備 考 こちらの商品は設置搬入サービス付きです
 配送日は全曜日指定できます(取置きは最長3ヶ月程度です)
 2F以上の設置の場合は搬入経路を必ずご確認ください
 よくある質問はコチラ

木部・布地ベースをランクアップさせた場合はあとから金額を変更いたします。


〜機能〜

・はりつめた知的空間に“くつろぎ”のひとときをそえるロッキングシステム
・もたれは深く大腿部を圧迫しない、自然な姿勢でロッキングします
・通気性、保湿性に優れた天然の理想織物といわれる本革(牛)を張り地に使用しました
・360度自由に向きが変えられるスイベル(回転)機能が付いています
・ガスの圧力を利用して、ハンドル操作でシート部を昇降させます
・移動が楽にできる、キャスターを採用した商品です



独自の高度な乾燥技術を駆使して
「狂い」の少ない家具をつくります
細微にわたる優れた技術力が
気の良さを最大限に引出します
厳しい審査基準を設定して
耐久性、安全性を保証しています
天然素材に見られる「割れ、狂い」の原因となるのは 木材に含まれる水分です。カリモクでは木材の乾燥と 適正な含水率を確保する為に、独自で確立した多数の 工程を一年にわたって実施し、材質の厳重チェックを 重ねながら高度な温度・湿度管理を行っております。 家具の確かな品質は目に見えないところで 判断されるもの。強度の左右する内部構造や組付けにも目を配っています。また加工には先端のエレクト ロニクス技術と手彫りなどの伝統的な匠の技を高次元で 融合させ、カリモク独自の造形力を表現しています 当社基準に基づき家具の耐久性を確保する為の品質検査や 試験をあらゆるケースを想定して厳しく実施しています。 また耐震対策としてリビングボードや食器棚などの安全試験を 行うほか、検証データを元に安定したデザインの製品開発にも 着手しています

●大切な人の健康を守る、身体にやさしい安心・安全な家具作り。
カリモクは業界に先駆けて身体に害のあるホルムアルデヒドを除去。国内最高基準を達成しています。

家具メーカーにおいてカリモクがいち早く取り組んだのが化学物質の削減です。シックハウス症候群などの原因とされる
ホルムアルデヒド等の削除ですシックハウス症候群などの原因とされるホルムアルデヒド等の放出量を抑えるため、
合板・パーティクルボード・MDF・接着剤・塗料にF☆☆☆☆(JIS・JAS規格)を採用。
住宅品質確保促進法に定められた「等級3」をクリアしています。


●安心して長くお使いいただくために
1.木製家具は耐久消費財。だからこそメンテナンスを
することでより長く安全にご使用いただけます。

木製家具は修理やパーツ交換によってリフレッシュのできる製品です。カリモクでは修理のご要望にお応えする体制を整え、ご購入後もお客様のインテリアライフをしっかりとサポートします。

2.カリモクは全国に27拠点でトータルサポート

例えばお客様のご婚礼や転勤などによる遠隔地への転居が生じた場合でも全国に展開するカリモクネットワーク体制によって万全を期しています。アフターフォローや家具に関するご相談に随時お応えしています。また各メーカーや営業所間をオンラインネットワークシステムで結び、正確な物流デリバリーを行うための商品流通システムを稼動しています。

3.お気に入りの家具を安心して末永くご愛用いただく為に

素材、構造といった基本品質の作り込みと検査にも厳重な管理・実施をしておりますが万が一の故障があった際にお客様に安心していただけるよう「3年保証」を設けました。取り扱い保証書にしたがって正常な使用状態で万が一故障した場合に当社保証規定により、修理させていただきます。

ムリをしない自然体な姿勢へ導いてくれる

人にとって快適に座ることとはどういうことなのか、それを知ることから座り心地研究は始まりました。大学に学び、異業種の先進企業より知識を得ながら、ようやく「家具」の理想が何かを習得したのです。そして「人間工学」の考え方をベースに多くの日本人被験者を計測、収集した膨大なデータを基にほとんどの日本人が快適と感じる構造をお届けすることができるようになりました。
椅子を例としましたが全ての家具において人にやさしい計算された構造となっています。

身体への負担が少ない理想的な着座姿勢を実現

2.#description
図 3 図 4

図3は一般的に使用されているホイストンブリッジの渦電流式欠陥検出用ブリッジ回路です。
出力条件  平衡時(出力ゼロ)  L1:R2=L2:R1
欠陥検出出力時  |L1-L2| になります。
図4は、図3の検出部(コイル)を示したもので、貫通型の欠陥検出を示します。上記図3及び図4の様に接続することによって欠陥出力が可能です。
検出される出力は、交流電源(AC)を使用しているため電流変化と位相変化が現れます。又、検出部にコイルを使用しているために変化量はインピーダンスの変化によって、変化した電流変化値と位相変化値となって現れます。
図 5 図 6

図5は、貫通型検出コイル中に非磁性金属片Cを挿入して時の図であり、検出コイルに一定交流電源を接続して交流を流した時に発生するベクトル図を図6に示します。
検出コイルは、一般にRとL(インダクタンス)との合成で成り立っています。
図5の金属片Cの良部BをL o中におかれているとき図6のZ1でθ1の位相角度になりあます。又、金属片Cを移動し、L o中に疵部Aをおいた時、図6のZ2でθ2に変化します。
この時、良部と疵部の位相変化量は、
|θ2-θ1|=θ3となり条件(金属材質、寸法、コイルインピーダンスR・ωL、交流周波数)を変えない限りこの値は一定となります。
従って、一般的な渦流探傷方法では、一定条件での欠陥検出の位相角変化は理論上不可能です。
今回、開発した渦流探傷器は、上記一定条件において、疵の位相角度を任意に可変出来る装置です。
(国際特許)
(欠陥検出装置のベクトル表示)
図 7

3.回転移相の原理
流探傷器は、従来の渦流探傷器で使用されているコイルインピーダンスのベクトル変化量(図7左図の位相変化量θ3)での検出のみでなく、検出コイル内での磁束の変化も検出し、制御コイルによりコイル内部の磁束が一定となるように磁束を制御しています。
検出コイル内に金属材料が挿入されますと、コイル内のガタ信号(ノイズ信号)によりコイルインピーダンスは変化します。
この時、金属表面に疵が発生していますとコイルインピーダンスのベクトル量と、磁束の変化量も変わり制御コイルからの信号と検出コイルからの信号により欠陥の検出が可能となります。
この制御コイルからの、制御信号の位相を変化させることで、通常分離が出来にくかった疵信号とガタ信号(ノイズ信号)の位相差を任意に変化(図7右図)させることができます。
回転移相型コイルは、図8の構成となっています。
図 8

従来の渦流探傷器では、L1とL2の検出回路で構成されており、|L1-L2|のベクトル変化量
(図7左図のθ3)の情報でしかないので条件を変えない限りこの位相差は一定となり、このままではSN比は向上しません。
図 9

図9のコイル空心時の磁束本数をφa(この値は一定)とします。そのコイルに金属材料を挿入しますと、金属材
料の磁束本数がφbとなり内部空間磁束と金属材料内磁束の関係は、φa-φb:φbとなります。
この状態で疵部にきますと金属材料の体積が減るため金属材料内の磁束本数が減り金属材料内の磁束本数はφb-⊿φとなります。又、この⊿φが疵信号とガタ信号の位相差に相当します。
従って、この⊿φの値を変化させることで疵信号とガタ信号の位相差を任意に変化させることができます。これが回転移相の原理です。 又、磁束と電流の間には、φ=I/Tの関係から、電流Iを変化させれば磁束が変化します。又、図10のベクトル図において、RとVは同相であり、又、ωLとIが同相であることから電流Iを変化させることで疵信号とガタ信号の位相差θ3が変化します。
図 10

◆ 回 転 移 相 の 効 果
keywords#
SUS304、φ10㎜、深さ50μm
従来方式 回転移相方式


磁性材、コーナー部クラック疵、深さ20μm、長さ0.2㎜
従来方式 回転移相方式



Copyright (C) Nihon Estekku Co.,Ltd. All Rights Reserved.