【新品/取寄品/代引不可】NAG Fortran Library Mark26 FLL6I26DFL (Linux 64 (Intel 64 / AMD64)、GNU gfortran、Double Precision、32-bit integers)配送区分:Fサイズ

NM600YE

※ご注文手続き後、当店より発送予定日または取寄商品の在庫有無・納期を記載したご注文確認メールをお送りいたしますので必ずご確認をお願い致します。

こちらの商品はお取り寄せの商品となり、通常、土日祝を除く7営業日前後での発送となります。(詳細納期はご注文後にメールにてご案内致します。)※発注手配の可否をメールにてご確認させて頂く場合がございます。必ず当店からご案内するメールをご確認ください。 ※商品の手配ができない場合や、発注手配可否の確認が取れない場合には誠に申し訳ございませんがキャンセルとさせていただきます。
※直送の場合別途送料が掛かる場合がございます
※キャンペーン期間特価の場合ご注文金額が変更となる可能性がございます。

※メーカーや弊社取引先へ申請書のご記入・提出をお願いする場合がございます。

プログラミングツール(数値計算ライブラリ)
・商品詳細 : NAG FortranライブラリはFortran言語でご利用可能な科学技術計算及び統計計算を行う1844種類のサブルーチンを提供します。本ライブラリは現代のハードウエア及びソフトウエア環境で高いパフォーマンスと計算精度を両立しています。搭載される計算ルーチンはIntelMKL等のベンダーコア数学ライブラリとの併用で計算パフォーマンスが向上するように設計されています。ユーザプログラムからNAGライブラリのルーチンを呼び出す事で、多種多様な計算を簡単に行っていただけます。【提供される計算ルーチン】連立方程式(スパース、密)、固有値問題(スパース、密)、逆行列、多項式の根、特異値問題、最適化(線形計画(LP)、2次計画(QP)、混合整数計画(MIP)、半正定値計画(SDP)、逐次二次計画(SQP)、非線形計画(NLP)、最小二乗、焼きなまし法、輸送問題等)、時系列予測(ARIMA、GARCH等)、生存時間解析、偏微分方程式、常微分方程式、求積、数値積分、メッシュ生成、ウェーブレット変換、FFT、補間、フィッティング、乱数発生、相関分析、回帰分析、分割表、分散分析、単変量推定、多変量解析、平滑化、ノンパラメトリック統計、特殊ルーチンNAGライブラリは世界中の銀行、証券会社などの金融機関、大手通信会社、自動車メーカー、光学機器メーカ、大学、各種研究所など様々な機関でご利用いただいています。
・言語 : 英語
・メディアコード1 : CD-ROM
・OS(WINDOWS/MAC/その他) : その他
・OS説明 : Linux 4.4.14 (glibc-2.21) and compatible

◆ 回 転 移 相 式 渦 流 探 傷 に 関 す る 説 明
回 転 移 相 式 渦 流 探 傷
渦流試験の原理
#description【新品/取寄品/代引不可】NAG Fortran Library Mark26 FLL6I26DFL (Linux 64 (Intel 64 / AMD64)、GNU gfortran、Double Precision、32-bit integers): Outlet Plaza - fdd5b
回転移相の原理

回 転 移 相 の 効 果
keywords#

2019-09-12
カテゴリトップ>rakuten>PC周辺機器>ソフト>ビジネス>プログラミング>FORTRAN
2.#description
図 3 図 4

図3は一般的に使用されているホイストンブリッジの渦電流式欠陥検出用ブリッジ回路です。
出力条件  平衡時(出力ゼロ)  L1:R2=L2:R1
欠陥検出出力時  |L1-L2| になります。
図4は、図3の検出部(コイル)を示したもので、貫通型の欠陥検出を示します。上記図3及び図4の様に接続することによって欠陥出力が可能です。
検出される出力は、交流電源(AC)を使用しているため電流変化と位相変化が現れます。又、検出部にコイルを使用しているために変化量はインピーダンスの変化によって、変化した電流変化値と位相変化値となって現れます。
図 5 図 6

図5は、貫通型検出コイル中に非磁性金属片Cを挿入して時の図であり、検出コイルに一定交流電源を接続して交流を流した時に発生するベクトル図を図6に示します。
検出コイルは、一般にRとL(インダクタンス)との合成で成り立っています。
図5の金属片Cの良部BをL o中におかれているとき図6のZ1でθ1の位相角度になりあます。又、金属片Cを移動し、L o中に疵部Aをおいた時、図6のZ2でθ2に変化します。
この時、良部と疵部の位相変化量は、
|θ2-θ1|=θ3となり条件(金属材質、寸法、コイルインピーダンスR・ωL、交流周波数)を変えない限りこの値は一定となります。
従って、一般的な渦流探傷方法では、一定条件での欠陥検出の位相角変化は理論上不可能です。
今回、開発した渦流探傷器は、上記一定条件において、疵の位相角度を任意に可変出来る装置です。
(国際特許)
(欠陥検出装置のベクトル表示)
図 7

3.回転移相の原理
流探傷器は、従来の渦流探傷器で使用されているコイルインピーダンスのベクトル変化量(図7左図の位相変化量θ3)での検出のみでなく、検出コイル内での磁束の変化も検出し、制御コイルによりコイル内部の磁束が一定となるように磁束を制御しています。
検出コイル内に金属材料が挿入されますと、コイル内のガタ信号(ノイズ信号)によりコイルインピーダンスは変化します。
この時、金属表面に疵が発生していますとコイルインピーダンスのベクトル量と、磁束の変化量も変わり制御コイルからの信号と検出コイルからの信号により欠陥の検出が可能となります。
この制御コイルからの、制御信号の位相を変化させることで、通常分離が出来にくかった疵信号とガタ信号(ノイズ信号)の位相差を任意に変化(図7右図)させることができます。
回転移相型コイルは、図8の構成となっています。
図 8

従来の渦流探傷器では、L1とL2の検出回路で構成されており、|L1-L2|のベクトル変化量
(図7左図のθ3)の情報でしかないので条件を変えない限りこの位相差は一定となり、このままではSN比は向上しません。
図 9

図9のコイル空心時の磁束本数をφa(この値は一定)とします。そのコイルに金属材料を挿入しますと、金属材
料の磁束本数がφbとなり内部空間磁束と金属材料内磁束の関係は、φa-φb:φbとなります。
この状態で疵部にきますと金属材料の体積が減るため金属材料内の磁束本数が減り金属材料内の磁束本数はφb-⊿φとなります。又、この⊿φが疵信号とガタ信号の位相差に相当します。
従って、この⊿φの値を変化させることで疵信号とガタ信号の位相差を任意に変化させることができます。これが回転移相の原理です。 又、磁束と電流の間には、φ=I/Tの関係から、電流Iを変化させれば磁束が変化します。又、図10のベクトル図において、RとVは同相であり、又、ωLとIが同相であることから電流Iを変化させることで疵信号とガタ信号の位相差θ3が変化します。
図 10

◆ 回 転 移 相 の 効 果
keywords#
SUS304、φ10㎜、深さ50μm
従来方式 回転移相方式


磁性材、コーナー部クラック疵、深さ20μm、長さ0.2㎜
従来方式 回転移相方式



Copyright (C) Nihon Estekku Co.,Ltd. All Rights Reserved.