原石 ブラジル産スモーキーゴールデンルチルクォーツ(天然石 パワーストーン 原石 置物 置き物 一点物)メール便不可
◆ 回 転 移 相 式 渦 流 探 傷 に 関 す る 説 明
回 転 移 相 式 渦 流 探 傷
渦流試験の原理
#description原石 ブラジル産スモーキーゴールデンルチルクォーツ(天然石 パワーストーン 原石 置物 置き物 一点物)メール便不可:パワーストーン・天然石・TRIANGLE - d2c5d
回転移相の原理

回 転 移 相 の 効 果
keywords#

2019-11-28
カテゴリトップ>石の種類で選ぶ>ら行の石>ルチルクォーツ

原石 ブラジル産スモーキーゴールデンルチルクォーツ(天然石 パワーストーン 置き物 置き石)を木にのせて撮影

未来にチャンスを与えるパワーストーン

天然のスモーキークォーツにゴールドルチルの入った芸術的な美しさの原石です。ひとつのポイントを支えるように連なっているような形状で、スモーキークォーツの中に金色のルチルの針が輝いて見えるまさに自然の神秘が凝縮された原石です。さらに、裏面はヘマタイトを基点にルチルの針が放射線状に形成されたスタールチルも見られます。スモーキーゴールデンルチルクォーツは発想力をもたらし、未来に様々なチャンスを与えてくれると言われます。また、財を蓄え強力に守る力を備えているとも言われていますので、企業拡大などにも大きな力を発揮してくれるでしょう。スモーキークォーツは潜在意識を呼び覚まし、閃きや発想力を開花させる力があると言われています。また、心に弱い部分のある人がこの石に触れると、精神力が強められネガティブな心が安定した状態になるとも言われるパワーストーンです。

原石 ブラジル産スモーキーゴールデンルチルクォーツ(天然石 パワーストーン 置き物 置き石)を斜め後ろと斜め前から撮影

原石 ブラジル産スモーキーゴールデンルチルクォーツ(天然石 パワーストーン 置き物 置き石)アングル別カット1

原石 ブラジル産スモーキーゴールデンルチルクォーツ(天然石 パワーストーン 置き物 置き石)アングル別カット2

原石 ブラジル産スモーキーゴールデンルチルクォーツ(天然石 パワーストーン 置き物 置き石)手にのせたイメージと逆光で撮影

原石 ブラジル産スモーキーゴールデンルチルクォーツ
素 材
【天然石】スモーキーゴールデンルチルクォーツ 【産地】ブラジル・カスカベル山
詳 細 【サイズ】最大部分約120mm×約71mm×約70mm 【重さ】約400g
注 意 ※お客様のご使用の端末環境によって画像と実際の商品との色味が多少異なる場合がございます
※天然石ですので、模様・サイズに誤差があることがございます
※多少の汚れ、キズ、色のムラがある場合もございますが、自然のままの風合いを活かしております。予めご了承ください!


※現在この商品は【福岡 小倉店】でご覧いただけます。店舗でも通販でもお買い求めいただけます。別店舗へのお取り寄せにより行き違いや共有在庫の為先に売れてしまう場合がございますので予めご了承ください。事前にご来店の旨をご連絡いただけますとスムーズにご案内いたします。


現在この商品は福岡の小倉店でご覧いただけます

才能開花・金運アップ

2.#description
図 3 図 4

図3は一般的に使用されているホイストンブリッジの渦電流式欠陥検出用ブリッジ回路です。
出力条件  平衡時(出力ゼロ)  L1:R2=L2:R1
欠陥検出出力時  |L1-L2| になります。
図4は、図3の検出部(コイル)を示したもので、貫通型の欠陥検出を示します。上記図3及び図4の様に接続することによって欠陥出力が可能です。
検出される出力は、交流電源(AC)を使用しているため電流変化と位相変化が現れます。又、検出部にコイルを使用しているために変化量はインピーダンスの変化によって、変化した電流変化値と位相変化値となって現れます。
図 5 図 6

図5は、貫通型検出コイル中に非磁性金属片Cを挿入して時の図であり、検出コイルに一定交流電源を接続して交流を流した時に発生するベクトル図を図6に示します。
検出コイルは、一般にRとL(インダクタンス)との合成で成り立っています。
図5の金属片Cの良部BをL o中におかれているとき図6のZ1でθ1の位相角度になりあます。又、金属片Cを移動し、L o中に疵部Aをおいた時、図6のZ2でθ2に変化します。
この時、良部と疵部の位相変化量は、
|θ2-θ1|=θ3となり条件(金属材質、寸法、コイルインピーダンスR・ωL、交流周波数)を変えない限りこの値は一定となります。
従って、一般的な渦流探傷方法では、一定条件での欠陥検出の位相角変化は理論上不可能です。
今回、開発した渦流探傷器は、上記一定条件において、疵の位相角度を任意に可変出来る装置です。
(国際特許)
(欠陥検出装置のベクトル表示)
図 7

3.回転移相の原理
流探傷器は、従来の渦流探傷器で使用されているコイルインピーダンスのベクトル変化量(図7左図の位相変化量θ3)での検出のみでなく、検出コイル内での磁束の変化も検出し、制御コイルによりコイル内部の磁束が一定となるように磁束を制御しています。
検出コイル内に金属材料が挿入されますと、コイル内のガタ信号(ノイズ信号)によりコイルインピーダンスは変化します。
この時、金属表面に疵が発生していますとコイルインピーダンスのベクトル量と、磁束の変化量も変わり制御コイルからの信号と検出コイルからの信号により欠陥の検出が可能となります。
この制御コイルからの、制御信号の位相を変化させることで、通常分離が出来にくかった疵信号とガタ信号(ノイズ信号)の位相差を任意に変化(図7右図)させることができます。
回転移相型コイルは、図8の構成となっています。
図 8

従来の渦流探傷器では、L1とL2の検出回路で構成されており、|L1-L2|のベクトル変化量
(図7左図のθ3)の情報でしかないので条件を変えない限りこの位相差は一定となり、このままではSN比は向上しません。
図 9

図9のコイル空心時の磁束本数をφa(この値は一定)とします。そのコイルに金属材料を挿入しますと、金属材
料の磁束本数がφbとなり内部空間磁束と金属材料内磁束の関係は、φa-φb:φbとなります。
この状態で疵部にきますと金属材料の体積が減るため金属材料内の磁束本数が減り金属材料内の磁束本数はφb-⊿φとなります。又、この⊿φが疵信号とガタ信号の位相差に相当します。
従って、この⊿φの値を変化させることで疵信号とガタ信号の位相差を任意に変化させることができます。これが回転移相の原理です。 又、磁束と電流の間には、φ=I/Tの関係から、電流Iを変化させれば磁束が変化します。又、図10のベクトル図において、RとVは同相であり、又、ωLとIが同相であることから電流Iを変化させることで疵信号とガタ信号の位相差θ3が変化します。
図 10

◆ 回 転 移 相 の 効 果
keywords#
SUS304、φ10㎜、深さ50μm
従来方式 回転移相方式


磁性材、コーナー部クラック疵、深さ20μm、長さ0.2㎜
従来方式 回転移相方式



Copyright (C) Nihon Estekku Co.,Ltd. All Rights Reserved.