IDEAL エアサスペンション EXPERT(エキスパート) KIT 3シリーズ E46 2WD エアサス イデアル
◆ 回 転 移 相 式 渦 流 探 傷 に 関 す る 説 明
回 転 移 相 式 渦 流 探 傷
渦流試験の原理
#descriptionIDEAL エアサスペンション EXPERT(エキスパート) KIT 3シリーズ E46 2WD エアサス イデアル:車高調 カー用品専門店 車楽院 - 079ba
回転移相の原理

回 転 移 相 の 効 果
keywords#

2020-02-08
カテゴリトップ>外車・その他自動車メーカー 車種別>B>BMW/ビーエムダブリュー>3シリーズ
■メーカーIDEAL/イデアル
■品名エアサスペンション
■商品名EXPERT(エキスパート) KIT
■メーカー品番A-BM-S-01-C
■自動車メーカーBMW
■車種3シリーズ
■型式E46
■型式備考
■駆動方式2WD
■年式98〜06
■アッパーマウントFRONTR
■アッパーマウントFrキャンバー調整
■アッパーマウントREARA
■アッパーマウントRrキャンバー調整×
■エアーバック構造 FRONTベローズ
■エアーバック構造 REARベローズ
■備考※フロントアッパーマウントをオプションピロボールに変更可能(別売)
■商品説明●車高の調整範囲
0〜200mm。※車種によって異なる。
●車高の上昇、下降スピード
4〜7秒程度
●足回り
フルタップ調整式ショックアブソーバー
コーナーリング時に車両が跳ねたり、安定性を向上させる為にフルタップ式エアサスの性質に最も優れた制御設定が行えます。エアーで車高調整を可能にするだけでなく、ショックの調整で高さを自由に最大から最小まで車高を調整することができます。
減衰調整36段階可能。
トップマウントにピローボールを搭載し、キャンバー角の調整することが可能です。(一部商品)
●ハイスピードコンプレッサー
ノイズを抑えるハイテクサイレンサープレートベースが搭載されています。
●エアーゲージ
車高を表示する圧力ゲージ。ゲージを見て車高の調整をすることが可能です。圧力ゲージはエアバックと接続し、十分な圧力を保てます。機械式コントローラーが付属します。(2輪仕様)車内にいながら簡単にスイッチひとつで車高の調整をすることが可能です。車の走行状況に合わせていつでもお好みの高さに調整ができます。
安価で優れた性能。お値段以上が味わえるイデアル特徴のひとつです。
■納期メーカー取り寄せ品の為、通常2〜4営業日以内に発送致します。
■商品注意事項※スプリング式のサスペンションからエアーサスペンションへの交換は、構造等変更検査(公認車検)を受ける為に、メーカーから購入出来る構造証明書を別途ご用意頂く必要がございます。(価格等の詳細はメーカーサイトをご確認下さい)

※当店では、構造証明書発行の手続きや、公認車検の代行、及び代行手配等、製品本体の販売以外のサービスを行っておりませんので、商品がお手元に届いた後、お客様ご自身でメーカーサイトより発行をご依頼下さい。

※取り付け店に公認車検の代行を依頼する場合は、必ず事前に取り付け店にご確認頂きますようお願い申し上げます。

※メーカーから構造証明書を購入する際、車検証の写し、公認車検を受ける陸運局名称、各種画像等が必要となります。

※商品にユーザー登録証が同梱されている場合は、そちらの登録証を使用してメーカーサイトからご登録頂く事で、製品保証や構造証明書を発行する事が出来ます。
■決済方法に関して ※こちらの商品は代金引換がご利用頂けません。代金引換でご注文頂いた場合は、お客様にご確認の上、他決済方法への変更依頼、又はご注文のキャンセル処理を行わせて頂きます。

※ ご注文前に必ずご確認下さい
お急ぎの場合はご購入前に納期確認をお願い致します。
納期について
*メーカー在庫が欠品の場合、1〜2ヶ月以上のお時間を頂く場合がございます。
*メーカーにて予告無く廃盤、仕様変更になっている場合があります。

返品・キャンセルに関して
*お客様都合による返品・キャンセル・商品の変更は一切お受けしておりません。
*在庫・納期・適合未確認でご購入された商品のキャンセルは一切お受けしておりません。
メーカー希望小売価格はメーカーサイトに基づいて掲載しています。

A-BM-S-01-C エアサス 利便性と価格を重視 IDEAL イデアル

2.#description
図 3 図 4

図3は一般的に使用されているホイストンブリッジの渦電流式欠陥検出用ブリッジ回路です。
出力条件  平衡時(出力ゼロ)  L1:R2=L2:R1
欠陥検出出力時  |L1-L2| になります。
図4は、図3の検出部(コイル)を示したもので、貫通型の欠陥検出を示します。上記図3及び図4の様に接続することによって欠陥出力が可能です。
検出される出力は、交流電源(AC)を使用しているため電流変化と位相変化が現れます。又、検出部にコイルを使用しているために変化量はインピーダンスの変化によって、変化した電流変化値と位相変化値となって現れます。
図 5 図 6

図5は、貫通型検出コイル中に非磁性金属片Cを挿入して時の図であり、検出コイルに一定交流電源を接続して交流を流した時に発生するベクトル図を図6に示します。
検出コイルは、一般にRとL(インダクタンス)との合成で成り立っています。
図5の金属片Cの良部BをL o中におかれているとき図6のZ1でθ1の位相角度になりあます。又、金属片Cを移動し、L o中に疵部Aをおいた時、図6のZ2でθ2に変化します。
この時、良部と疵部の位相変化量は、
|θ2-θ1|=θ3となり条件(金属材質、寸法、コイルインピーダンスR・ωL、交流周波数)を変えない限りこの値は一定となります。
従って、一般的な渦流探傷方法では、一定条件での欠陥検出の位相角変化は理論上不可能です。
今回、開発した渦流探傷器は、上記一定条件において、疵の位相角度を任意に可変出来る装置です。
(国際特許)
(欠陥検出装置のベクトル表示)
図 7

3.回転移相の原理
流探傷器は、従来の渦流探傷器で使用されているコイルインピーダンスのベクトル変化量(図7左図の位相変化量θ3)での検出のみでなく、検出コイル内での磁束の変化も検出し、制御コイルによりコイル内部の磁束が一定となるように磁束を制御しています。
検出コイル内に金属材料が挿入されますと、コイル内のガタ信号(ノイズ信号)によりコイルインピーダンスは変化します。
この時、金属表面に疵が発生していますとコイルインピーダンスのベクトル量と、磁束の変化量も変わり制御コイルからの信号と検出コイルからの信号により欠陥の検出が可能となります。
この制御コイルからの、制御信号の位相を変化させることで、通常分離が出来にくかった疵信号とガタ信号(ノイズ信号)の位相差を任意に変化(図7右図)させることができます。
回転移相型コイルは、図8の構成となっています。
図 8

従来の渦流探傷器では、L1とL2の検出回路で構成されており、|L1-L2|のベクトル変化量
(図7左図のθ3)の情報でしかないので条件を変えない限りこの位相差は一定となり、このままではSN比は向上しません。
図 9

図9のコイル空心時の磁束本数をφa(この値は一定)とします。そのコイルに金属材料を挿入しますと、金属材
料の磁束本数がφbとなり内部空間磁束と金属材料内磁束の関係は、φa-φb:φbとなります。
この状態で疵部にきますと金属材料の体積が減るため金属材料内の磁束本数が減り金属材料内の磁束本数はφb-⊿φとなります。又、この⊿φが疵信号とガタ信号の位相差に相当します。
従って、この⊿φの値を変化させることで疵信号とガタ信号の位相差を任意に変化させることができます。これが回転移相の原理です。 又、磁束と電流の間には、φ=I/Tの関係から、電流Iを変化させれば磁束が変化します。又、図10のベクトル図において、RとVは同相であり、又、ωLとIが同相であることから電流Iを変化させることで疵信号とガタ信号の位相差θ3が変化します。
図 10

◆ 回 転 移 相 の 効 果
keywords#
SUS304、φ10㎜、深さ50μm
従来方式 回転移相方式


磁性材、コーナー部クラック疵、深さ20μm、長さ0.2㎜
従来方式 回転移相方式



Copyright (C) Nihon Estekku Co.,Ltd. All Rights Reserved.