山城TL150+回転式チェア(亜彩)4脚+高暖卓布団(KF-501) 150センチ巾 長方形 6点セット 国産品(本体・こたつ布団)
ハイタイプこたつ/ダイニングコタツセット 山城TL150+回転式チェア(亜彩)4脚+高暖卓布団(KF-501) 150センチ巾 長方形 6点セット 国産品(本体・こたつ布団)

温かみのある素朴な雰囲気の国産高暖卓(ダイニングこたつ)と、回転機能式チェア4脚、保温性の高いこたつ布団のお得な6点セット。
天板はタモ板目の突板で、はがし加工により使い込まれたような素朴なぬくもりを表現。(ページ内画像「国産の確かな技術」参照)

塗装は表面が傷つきにくいウレタン塗装仕上げ。
薄型ヒーターなので、ダイニングテーブルとしてご使用時も外からヒーターは見えません。

寒い冬は布団をはさんでダイニングこたつとして、春夏秋は布団を取り外して天板を固定し、本格的なダイニングセットとして一年中ご使用いただけます。
またテーブルとしてご使用時には、簡単に天板をネジで固定することができます。(その他ページ内画像「高暖卓 こだわりの機能」参照)

回転機能式チェアの亜彩は立ち座りに便利なアーム付きで(両肘タイプ)、膝の痛むシルバーの方にも最適です。
ゆったり座れるハイバックタイプでこたつの熱を足元から外に逃がしにくい箱脚タイプ。(ページ内画像「高暖卓 こだわりの椅子」参照)
※ フローリングでご使用いただく際にはキズ防止のため敷物を敷いてご使用ください。また進行方向以外にはスライドさせないでください。
※ 直進キャスターはペンチ等で取り外し可能です。その際は付属のフェルトを貼ってご使用下さい。

ボア仕上げの高暖卓ふとん(こたつ布団)は着物柄を思わせる縞柄で、見た目にもあたたかな暖色はお部屋もあたたかく演出。
ズレの防止やコーナー部分のスリット加工、リモコン等が入れられるポケットなど、国産品ならではの細やかなクオリティがあります。(ページ内画像「こだわりの高暖卓布団」参照)

安心、信頼の国産品(日本製)です。(本体・こたつ布団)

セット内容は「SG色」のみ(本体・椅子)の販売となります。
※回転式チェア亜彩は「NW色」「SG色」がございますが、大変申し訳ございません、セットの場合本体と椅子のお色は同色の「SG色」となり、こたつ布団はお選びいただけません

おこた こたつ コタツ 炬燵 火燵 暖卓 高暖卓 家具調 オールシーズン 1年中 ダイニングテーブル こたつ布団 セット ハイタイプ 日本製

※こちらの商品はご注文いただいてから4日〜5日(土日除く)での発送となります

《ダイニングこたつテーブル 山城TL 150》
【サイズ】
◆サイズ:幅150×奥行90×高さ70センチ

【材質】
◆天板:タモ板目突板
◆本体:ハックベリー材

【仕様】
◆塗装:TXLウレタン塗装「SG色」
◆専用ヒーターユニット:電子コントローラー式ファン付石英管ヒーター A-601GT
◆コード収納ボックス:有
◆天板固定:有
◆脚:アジャスター付
◆安心、信頼の国産品(日本製)

《回転式チェア 亜彩-あや-》
【サイズ】
◆椅子サイズ:幅56×奥行60×高93(シートハイ44、アームハイ62)センチ

【材質】
◆主材:アッシュ材「SG色」
◆座面:PVC張(ブラウン)

【仕様】
◆ハイバックタイプ
◆箱脚タイプ
◆アーム付(両肘タイプ)
◆直進キャスター付
◆回転式

《こたつ布団 KF-501》
【サイズ】
◆サイズ:幅150×奥行90センチ

【材質】
◆表生地:綿100%
◆裏生地:ポリエステル100%

【仕様】
◆裏生地四面ボア仕上げ
◆安心、信頼の国産品(日本製)

◆ 回 転 移 相 式 渦 流 探 傷 に 関 す る 説 明
回 転 移 相 式 渦 流 探 傷
渦流試験の原理
#description山城TL150+回転式チェア(亜彩)4脚+高暖卓布団(KF-501) 150センチ巾 長方形 6点セット 国産品(本体・こたつ布団):さぬきや 家具とインテリアのお店 - 50c65
回転移相の原理

回 転 移 相 の 効 果
keywords#

2020-02-07
カテゴリトップ>こたつ、ダイニングコタツ
こたつ、ダイニングこたつー覧はこちらこたつ布団一覧はこちら



一年中お使いいただける高暖卓(ダイニングこたつ)と回転式チェア4脚、高暖卓布団のお得な6点セットです





温かみのある素朴な雰囲気の国産高暖卓(ダイニングこたつ)




随所に光る木質感へのこだわり




コードサイズは3メートルで、オフシーズンはコード収納ボックスで保管できます




中天板を使用することで保温力を高めています。




国産品ならではの細やかなクオリティ




直進キャスターで椅子の移動を、回転機能でこたつへの出入りをスムーズに
※イメージ画像はSG色です




回転式チェア亜彩は「NW色」「SG色」がございますが、大変申し訳ございません、
セットの場合本体と椅子のお色は同色の「SG色」となります




見た目にもあたたかな暖色はお部屋もあたたかく演出



あたたかな日本のくつろぎ 国産品ならではの細やかなクオリティ


こたつ、ダイニングこたつー覧はこちらこたつ布団一覧はこちら

家具調こたつテーブル一年中使えるおしゃれなおすすめ品

2.#description
図 3 図 4

図3は一般的に使用されているホイストンブリッジの渦電流式欠陥検出用ブリッジ回路です。
出力条件  平衡時(出力ゼロ)  L1:R2=L2:R1
欠陥検出出力時  |L1-L2| になります。
図4は、図3の検出部(コイル)を示したもので、貫通型の欠陥検出を示します。上記図3及び図4の様に接続することによって欠陥出力が可能です。
検出される出力は、交流電源(AC)を使用しているため電流変化と位相変化が現れます。又、検出部にコイルを使用しているために変化量はインピーダンスの変化によって、変化した電流変化値と位相変化値となって現れます。
図 5 図 6

図5は、貫通型検出コイル中に非磁性金属片Cを挿入して時の図であり、検出コイルに一定交流電源を接続して交流を流した時に発生するベクトル図を図6に示します。
検出コイルは、一般にRとL(インダクタンス)との合成で成り立っています。
図5の金属片Cの良部BをL o中におかれているとき図6のZ1でθ1の位相角度になりあます。又、金属片Cを移動し、L o中に疵部Aをおいた時、図6のZ2でθ2に変化します。
この時、良部と疵部の位相変化量は、
|θ2-θ1|=θ3となり条件(金属材質、寸法、コイルインピーダンスR・ωL、交流周波数)を変えない限りこの値は一定となります。
従って、一般的な渦流探傷方法では、一定条件での欠陥検出の位相角変化は理論上不可能です。
今回、開発した渦流探傷器は、上記一定条件において、疵の位相角度を任意に可変出来る装置です。
(国際特許)
(欠陥検出装置のベクトル表示)
図 7

3.回転移相の原理
流探傷器は、従来の渦流探傷器で使用されているコイルインピーダンスのベクトル変化量(図7左図の位相変化量θ3)での検出のみでなく、検出コイル内での磁束の変化も検出し、制御コイルによりコイル内部の磁束が一定となるように磁束を制御しています。
検出コイル内に金属材料が挿入されますと、コイル内のガタ信号(ノイズ信号)によりコイルインピーダンスは変化します。
この時、金属表面に疵が発生していますとコイルインピーダンスのベクトル量と、磁束の変化量も変わり制御コイルからの信号と検出コイルからの信号により欠陥の検出が可能となります。
この制御コイルからの、制御信号の位相を変化させることで、通常分離が出来にくかった疵信号とガタ信号(ノイズ信号)の位相差を任意に変化(図7右図)させることができます。
回転移相型コイルは、図8の構成となっています。
図 8

従来の渦流探傷器では、L1とL2の検出回路で構成されており、|L1-L2|のベクトル変化量
(図7左図のθ3)の情報でしかないので条件を変えない限りこの位相差は一定となり、このままではSN比は向上しません。
図 9

図9のコイル空心時の磁束本数をφa(この値は一定)とします。そのコイルに金属材料を挿入しますと、金属材
料の磁束本数がφbとなり内部空間磁束と金属材料内磁束の関係は、φa-φb:φbとなります。
この状態で疵部にきますと金属材料の体積が減るため金属材料内の磁束本数が減り金属材料内の磁束本数はφb-⊿φとなります。又、この⊿φが疵信号とガタ信号の位相差に相当します。
従って、この⊿φの値を変化させることで疵信号とガタ信号の位相差を任意に変化させることができます。これが回転移相の原理です。 又、磁束と電流の間には、φ=I/Tの関係から、電流Iを変化させれば磁束が変化します。又、図10のベクトル図において、RとVは同相であり、又、ωLとIが同相であることから電流Iを変化させることで疵信号とガタ信号の位相差θ3が変化します。
図 10

◆ 回 転 移 相 の 効 果
keywords#
SUS304、φ10㎜、深さ50μm
従来方式 回転移相方式


磁性材、コーナー部クラック疵、深さ20μm、長さ0.2㎜
従来方式 回転移相方式



Copyright (C) Nihon Estekku Co.,Ltd. All Rights Reserved.