ティアック Bluetooth出力搭載 USB対応レコードプレーヤー TN−400BT−WA



【商品解説】
apxX対応Bluetoothトランスミッター搭載 フォノEQアンプ内蔵】USBデジタル出力対応アナログターンテーブル
●3スピード・ベルトドライブ方式
LP盤、EP盤などの33 1】3回転や45回転はもちろん、SP盤再生用の78回転にも対応したベルトドライブ方式のターンテーブルを採用。高精度な回転数を維持するDCモーターに加え、ベルトドライブ方式ならではの滑らかな回転が特長です。
●安定した基本性能
簡単に好みのカートリッジに交換できるユニバーサル型ヘッドシェル、アンチスケーティング調整機構付スタティスティック型S字トーンアームを採用
●MM型カートリッジが付属
オーディオテクニカ社製VM型カートリッジAT95Eが付属。またMM型フォノイコライザーアンプを内蔵しておりフォノ入力のないアンプにも接続可能。
●CDクオリティによるUSBデジタルオーディオ出力
USB経由でパソコンにCDクオリティ(PCM最大48KHz】16bit)のデジタル音声信号として出力することが可能。
●高音質Blutoothワイヤレス再生
内蔵のBluetoothトランスミッターを使うことでワイヤレススピーカーなどのBluetooth機器に音楽信号をワイヤレスで送信してレコードを聴くことが可能です。
【スペック】
●型式:TN400BTWA(ウォル(TN-400BT-WA)
●JANコード:4907034221349
●本体サイズ:幅420×高さ117×奥行356mm(高さはダストカバーを装着して閉じた状態)
●本体重量:4.9kg
●ターンテーブル形式:ベルトドライブ方式、DCモーター、回転数33 1】3、45、78回転
●トーンアーム形式:スタティックバランス型S字トーンアーム
●カートリッジ形式:MM型カートリッジAT95Eを装着済
●消費電力:1.5W(スタンバイ時0.5W)
●付属品:フェルトマット、EP盤用アダプター、カウンターウェイト、ヘッドシェル(VM型カートリッジAT95E装着済、ダストカバー、ヒンジ×2、RCAオーディオケーブル、RCAケーブル、ACアダプター、取扱説明書(保証書付)

配送方法

この商品は、宅配便でお届けする商品です。

宅配便(佐川急便)でのお届けになります。
お買い上げ合計5,000円以上で送料無料となります。
※5,000円未満の場合は、一律540円(税込)となります。


●出荷可能日から最短日時でお届けします。(日時指定は出来ません。)
※お届け時に不在だった場合は、「ご不在連絡表」が投函されます。
 「ご不在連絡表」に記載された佐川急便の連絡先へ、再配達のご依頼をお願い致します。
●お届けは玄関先までとなります。
●宅配便でお届けする商品をご購入の場合、不用品リサイクル回収はお受けしておりません。
●全て揃い次第の出荷となりますので、2種類以上、または2個以上でのご注文の場合、出荷が遅れる場合があります。

詳細はこちら


この商品は、宅配便(佐川急便)でのお届けになります。

出荷可能日から最短日時でお届けします。

■配送区分:宅配便

■商品のお届けについて

宅配でお届けする商品は、出荷完了のご連絡のメールを送信致します。
到着日については、上記メール内のリンクを(佐川急便お荷物お問い合わせサービス)にてご確認ください。

1度の注文で複数の配送先に配送する事は出来ません。
※注文時に「複数の送付先に送る」で2箇所以上への配送先を設定した場合、全てキャンセルとさせて頂きます。

◆ 回 転 移 相 式 渦 流 探 傷 に 関 す る 説 明
回 転 移 相 式 渦 流 探 傷
渦流試験の原理
#descriptionティアック Bluetooth出力搭載 USB対応レコードプレーヤー TN−400BT−WA:コジマ - d3ba9
回転移相の原理

回 転 移 相 の 効 果
keywords#

2019-11-03
カテゴリトップ>オーディオ・ヘッドホン>オーディオ・ヘッドホン>オーディオ・ラジオ>レコードプレーヤー・ターンテーブル
2.#description
図 3 図 4

図3は一般的に使用されているホイストンブリッジの渦電流式欠陥検出用ブリッジ回路です。
出力条件  平衡時(出力ゼロ)  L1:R2=L2:R1
欠陥検出出力時  |L1-L2| になります。
図4は、図3の検出部(コイル)を示したもので、貫通型の欠陥検出を示します。上記図3及び図4の様に接続することによって欠陥出力が可能です。
検出される出力は、交流電源(AC)を使用しているため電流変化と位相変化が現れます。又、検出部にコイルを使用しているために変化量はインピーダンスの変化によって、変化した電流変化値と位相変化値となって現れます。
図 5 図 6

図5は、貫通型検出コイル中に非磁性金属片Cを挿入して時の図であり、検出コイルに一定交流電源を接続して交流を流した時に発生するベクトル図を図6に示します。
検出コイルは、一般にRとL(インダクタンス)との合成で成り立っています。
図5の金属片Cの良部BをL o中におかれているとき図6のZ1でθ1の位相角度になりあます。又、金属片Cを移動し、L o中に疵部Aをおいた時、図6のZ2でθ2に変化します。
この時、良部と疵部の位相変化量は、
|θ2-θ1|=θ3となり条件(金属材質、寸法、コイルインピーダンスR・ωL、交流周波数)を変えない限りこの値は一定となります。
従って、一般的な渦流探傷方法では、一定条件での欠陥検出の位相角変化は理論上不可能です。
今回、開発した渦流探傷器は、上記一定条件において、疵の位相角度を任意に可変出来る装置です。
(国際特許)
(欠陥検出装置のベクトル表示)
図 7

3.回転移相の原理
流探傷器は、従来の渦流探傷器で使用されているコイルインピーダンスのベクトル変化量(図7左図の位相変化量θ3)での検出のみでなく、検出コイル内での磁束の変化も検出し、制御コイルによりコイル内部の磁束が一定となるように磁束を制御しています。
検出コイル内に金属材料が挿入されますと、コイル内のガタ信号(ノイズ信号)によりコイルインピーダンスは変化します。
この時、金属表面に疵が発生していますとコイルインピーダンスのベクトル量と、磁束の変化量も変わり制御コイルからの信号と検出コイルからの信号により欠陥の検出が可能となります。
この制御コイルからの、制御信号の位相を変化させることで、通常分離が出来にくかった疵信号とガタ信号(ノイズ信号)の位相差を任意に変化(図7右図)させることができます。
回転移相型コイルは、図8の構成となっています。
図 8

従来の渦流探傷器では、L1とL2の検出回路で構成されており、|L1-L2|のベクトル変化量
(図7左図のθ3)の情報でしかないので条件を変えない限りこの位相差は一定となり、このままではSN比は向上しません。
図 9

図9のコイル空心時の磁束本数をφa(この値は一定)とします。そのコイルに金属材料を挿入しますと、金属材
料の磁束本数がφbとなり内部空間磁束と金属材料内磁束の関係は、φa-φb:φbとなります。
この状態で疵部にきますと金属材料の体積が減るため金属材料内の磁束本数が減り金属材料内の磁束本数はφb-⊿φとなります。又、この⊿φが疵信号とガタ信号の位相差に相当します。
従って、この⊿φの値を変化させることで疵信号とガタ信号の位相差を任意に変化させることができます。これが回転移相の原理です。 又、磁束と電流の間には、φ=I/Tの関係から、電流Iを変化させれば磁束が変化します。又、図10のベクトル図において、RとVは同相であり、又、ωLとIが同相であることから電流Iを変化させることで疵信号とガタ信号の位相差θ3が変化します。
図 10

◆ 回 転 移 相 の 効 果
keywords#
SUS304、φ10㎜、深さ50μm
従来方式 回転移相方式


磁性材、コーナー部クラック疵、深さ20μm、長さ0.2㎜
従来方式 回転移相方式



Copyright (C) Nihon Estekku Co.,Ltd. All Rights Reserved.